どんなヤツでも一つくらいは武器がありますよね、アイツの武器は巨根でした

俺が勤めている地元中小企業に去年、中学で同級生だったK(♂)が入社してきたんだ。
中2と中3で同じクラスだったんだが、別に友達でもなかったし、3年間で言葉を交わしたのは4回くらい(笑)
隣町の底辺私学へ進学したと聞いてたが、同窓会にも来ないし、卒業してからずっと音信不通だった。
俺だけじゃなく、中学時代にKと友達付き合いしてた奴はいなかった。

まず、外見が人を寄せ付けない。
チビのくせに猫背で、欠食児童みたいな骸骨体型。
土色のニキビ面に銀縁メガネをかけて、ギョロリと剥いた目は濁ってて全然生気がない。
悪相というか死相というか、死神そのものだったな。

性格にも問題があった。
暗いなんてもんじゃなくて、他人とまともにコミュニケーションが取れない。
本人にも周囲と交わる気はないらしく、授業中も休み時間も誰とも喋らず、席に座ったまま、どこを見るでもなくボーっとしてた。
時どきニヤリと笑顔みたいな表情を見せるんだが、どす黒い歯茎と黄色い歯が剥き出しになって、気味悪さ3割増し。
声も粘着系というか、まとわり付くような嫌な話し方だったし。
運動神経は皆無、成績も底辺、音楽とか美術とか才能があるわけでなし、面白いことも言えない(つうか会話ができない)。
こういうタイプは普通いじめの標的になるんだが、気味悪すぎたのか、ヤンキー系を含め、敢えて関わろうって奴はいなかった。
ヲタ系のグループとも接触は皆無だったし、当然女子からも嫌われまくってた。

・・・で、十数年ぶりに会ったKだが、キモさにターボが掛かっていた。
相変わらずのチビ(160cm強くらい)でガリガリだったが、ヘルメットみたいだった髪型は額が後退し、頭頂部は地肌が見えてた(まだ20代なのに)。
ニキビは汚らしい痘痕に変わり、ヒゲが濃くなってたから、青黒い剃り跡で気持ち悪さは倍増だ。
うちの会社、3人が相次いで辞めたばかりで人手不足だったのは事実だが、何でよりによってKみたいな奴を雇ったのか、未だに理解できない。

最初、俺と同じ営業に配属されたんだが、1日(正確には半日)で『不適合』の烙印が押されて内勤部署へ。
他人とまともに会話できない奴が営業できるわけない。
てなわけで庶務に回されたんだが、程なく内勤の社員やパートさん・・・、特に女性陣からクレームがついた。
致命的なポカをやらかしたわけじゃないが、とにかく「挨拶ができない」「会話ができない」「電話応対もできない」と。
それでも外見が普通なら「新人だから」と見守ってもらえたかもしれんが、死神だもんな。

ちなみにうちの社、営業(内勤班)と庶務と経理が同じ大部屋に入ってて、社員同士は日頃から部署を越えて行き来してる。
特にパートさんを含めて大部屋に7人いる女性陣は仲が良く、『7人娘(オバハンもいるが)』なんて呼ばれてた。

7人娘はこんな感じ(もちろん仮名、年齢は一部推定)。

▼菅井さん:52歳。
出産で一旦退職した元正社員で、子育てが終わってパートで復帰した。
息子は浪人生。
“肉付きのいい菅井きん”に市原悦子を加えた外見。
あまり化粧っ気はなく体は流線型(笑)
気さくでいいお母さんだけど。

▼山田さん:44歳の派遣社員。
子供は高校生と中学生の2人。
“アゴのあまり長くない山田邦子”。
オバさん系の茶髪で、大柄というかガタイがいいって印象。
お喋りで職場内の噂の発信源はほとんどこの人。
ちょっと意地悪な面もあるけど、まあ近所によくいるタイプかもな。

▼小林さん:40歳の正社員。
バツ1で子供(娘)がいるらしいが、プライベートはあまり話さない。
“小林麻美の人相を悪くした感じ”で、ちょっと工藤静香が入ってる。
まあ美人の部類だろうが、細身であまり肉感的じゃない。
仕事はデキる(男ならきっと管理職だった)。
ヘビースモーカー。

▼鶴田さん:33歳のパート。
結婚6年目で子供なし。
色白&瓜実顔で、“鶴田真由を崩した感じ”。
小柄で細身。
笑うと歯茎が見えるのが難点だが、職場じゃ一番の美人だな(つっても、たかが知れてるけど)。
性格も優しいし。
『専務が口説いたが落ちなかった』という噂も。

▼中澤さん:30歳。
新婚さんで「子供ができたら退社する」と公言。
元モー娘の中澤裕子に似てなくもない。
かつては職場のアイドル的存在。
スタイルは結構よさげで、ぴっちりしたスーツで化粧も濃いから、人妻になってもお水臭さが抜けない。
スモーカー。
明るくてよく喋る。

▼横峯さん:25歳の正社員。
顔は女子ゴルフの横峯さくらにかなり似てる。
ポスト中澤さんで職場のアイドル・・・となるには、ちょっと地味でパンチが弱い。
体型は普通で性格は大人しい。
営業の先輩と職場恋愛中。

▼谷さん:19歳。
高卒の新人社員。
“仏頂面の谷亮子”。
色白で胸は小さめだが、尻と太股は立派。
ただし色気はない。
あまり愛想がいい方じゃないし、トロいところもあるが、仕事はまじめ。
典型的な田舎娘だな。
男はいないらしい。

(※当たり前だが、ルックス論評は俺の主観だ)

・・・で、Kなんだが、とにかく「気味が悪い」「怖い」というのが女性陣の意見だった。
具体的に何か嫌なことをされたわけじゃないらしいが、オバさんも若い子も含め、生理的に傍にいて欲しくないって感じか。

で、なぜか俺に、「A君(←俺)、アイツ何とかしてよ」とお鉢が回ってくる。
仕事のミスとか色々と注意せにゃならんのだが、直接話すのは嫌らしい。

「あなた、同じ中学でしょ」と言われても、俺だってほとんど付き合いないんだが。

そのうち男性社員もKへの小言を俺に言ってくるようになった。
奴に直接言っても、通じてるのか通じてないのか分からないそうだ。
仕方なく俺がKに、「電話受けたらさぁ、自分の部署を名乗って『お世話になっております』くらい言えよ」とか指導するはめになった。

俺もKとは付き合いたくなかったんだが、頼まれたら仕方ない。
正直、俺も頼りにされて意気に感じたというか、いい気になってた面もあった。
気味悪いけど悪人ってわけじゃないし。
俺は外回りだったから、日頃、奴からの『不快光線』を大して浴びてなかったせいもあったかも。
まあ、俺が言ったところで、「はぁ」って感じでニヤリと笑うだけ。
分かったんだか分からないんだか、結局分からないんだけどな。

そんなKだが、案の定というか1年も経たないうちに辞めた。
一応、自主退社という形だが、社内外からの評判も最悪だったし、無断欠勤とかミスも目立ったから、実質的なクビだったと思う。
むしろ、よく1年近くもったなというのが正直な感想だった。
当然のように職場の送別会なんて無し。
「送別会しようか」って言い出す雰囲気でもなかった。
そういや、入社後の歓迎会でも、同期の谷さんは来たのにKは来なかったもんな。

K最後の出勤日も普通に終わり、社員もパートも普通に帰宅。
気の毒になったわけじゃないが、帰り支度するKに声を掛けてみた。

「送別会じゃねえけど、帰りちょっと付き合えよ」

飲みに誘ったのは初めてだった。
積極的に一緒に飲みたい気はさらさらなくて、要は“嫌われ者のKに気さくに声を掛ける俺って良い奴”という気分に浸りたかっただけかもしれん。
意外や、Kは素直について来た。
誘った手前、突き放すわけにもいかず、2人でこぢんまりした居酒屋へ繰り出した。
飲みながら、間の持たない俺は色々と話し掛けたんだが、Kは例の不気味な笑みが混じった無表情で飲むばかり。
それでもポツリポツリと話す内容から、奴が高校卒業後、まともに就職したこともなく、半ば引きこもりだったと判明した。
はっきりは言わなかったが、精神科にも通っていたみたいだ。

俺が一方的に話しても仕方ないし、そろそろ引き上げるかと思い始めた時、Kがいきなりカバンからデジカメを取り出した。
そして、例の粘着質の声で話し始めたんだ。

「これ・・・特別に見せてやるよぉ・・・ヘヘッ」

爬虫類みたいな声(どんな声だ)で差し出したデジカメのスイッチを入れると、液晶画面に全裸で大股開きした女の画像が出てきた。
顔は横向いてたし、画面から切れてたが、若い女らしい。
ただ体にメリハリはないし、どう見ても素人の女。
股間に修正もなかったから、どこかの裏投稿サイトから取り込んだ画像かと思った。

が、次の写真を見た時、俺は思わず鼻から焼酎を噴き出しそうになった。
大写しになったチンコの先を咥えてVサインしてる女のアップは、まぎれもなく新人の谷さんだった。

「お・・・おま・・・っ!」

慌てて1枚目を見直した。
背景や、わずかに見える横顔からして、やはり谷さんだ。
さらに次の画像は、脇を下にして横たわる全裸の谷さんが片脚を高く上げている。
その脚を抱えるような姿勢でチンコを挿入しながらカメラを構えてるのは、どう見てもK。
ラブホの壁鏡に映った姿をハメ撮りしたらしい。
谷さんは日頃の仏頂面からは想像できない恍惚の表情だった。

「これ・・・どうしたんだよっ!?」

俺の質問にKは答えず、無表情のまま続けた。

「まだあるよぉ・・・」

結局、全部で40枚くらいあったと思う。
“7人娘”全員のハメ撮り画像が。
そう、見たくもないババアを含めて全員だ。
ちなみに、それぞれにコメントすると・・・。

▼菅井さん:肌は思ったより綺麗だった。
だが乳は垂れ、腹も弛んで、ついでに尻肉も下がってる。
脱いでも流線型だった。
ウエエェ~!ババアの裸なんて見たくねえよぉ。

▼山田さん:思ったよりオッパイ大きい。
ついでに乳首も巨大だったが、それほど形は崩れてない。
お腹のムダ肉と妊娠腺は気になるが、頭に紙袋かぶせれば十分エッチできるかも・・・。
正直、ちょっとオッキした。

▼小林さん:やはり貧乳。
乳首黒い。
マン毛モジャモジャ。
普段はとっつきにくい雰囲気だけど、恍惚の表情でチンポにむしゃぶりついてた。
半分白目剥いてて、ちょっと怖かった。

▼鶴田さん:細身で肌がきれい。
オッパイは小さかったけど形が良くて、この中で唯一マジでオッキした。
でもマン毛がほとんどなかったのは驚き。
薄毛なのか剃ってるのか・・・。

▼中澤さん:実はこの子、昔一度だけ酔った勢いでエッチしたことある。
その頃より体型も崩れてたし、肌も汚い。
あのスタイルの良さは下着でかなり補正していると判明。

▼横峯さん:外見だけでなく裸も普通。
オッパイが横に広がってる感じ。
正常位でチンコ突っ込まれながら、両手でVサインしてるのには、ちょっと引いたけど。
ザーメンを口から垂れ流してた。

▼谷さん:若いだけ。
確かに肌の張りは、他のオバさんやおネエさんとは違ったけどな。
ほとんどボンレスハムの体にオッキする奴もいるんだと、その方が驚いた。

どれも全身ヌードとフェラ顔アップが1枚ずつと、後はハメ撮りが何枚か。
どの女のも1枚はK本人が写ってたから、流出画像を入手したわけじゃなくK自身が撮影したらしい。

興味を惹いたのは、どの女も無理やりヤッたわけじゃないらしいこと。
泥酔させたり眠らせたりって感じでもなかった。
つうか、どの女も喜んで頬張ったり、ハメたりしてたんだよな。

ちなみに、Kのチンコが写ってるのも何枚かあったが、気持ち悪いほどのデカさと形だったな。
女の手で2握り半くらいあって、亀頭も異常な大きさ。
色もどす黒くて、なんかエイリアン的というか爬虫類っぽいチンコだった。
どんなチンコだよw
ともあれ、ガリガリの体に不釣合いな禍々しさだったな。

場所はラブホがほとんどだが、自宅らしき画像も数枚あった。
Kの下宿は行ったことないから、どこかは分からなんだが。
ただ、どう見ても同じ女と違う場所でやってる画像もあったんだよな。
つうことは複数回ハメたってことか?
当然、聞いたよ。

「お前、どうやってハメたんだよ?」とか、「口説いたのか?脅したのか?」とか。

Kはニヤニヤ笑うだけ。
しつこく問い質すと、一言。

「熱意だよぉ・・・ヘヘッ」

最後まで気味の悪い男だった。

7人娘以外の女の画像も何枚かあった。
そのうち1人だけ見たことあるなと思ったのだが、よくよく考えたら山田さんの娘。
会社に届け物しに来た時に見かけたんだが、母親に似ず結構カワイイ子だった。
画像じゃ素っ裸で大股開いたまま、無邪気に横向きダブルピースやってた。
ただ、この子まだ中2のはず。
これって犯罪だろ・・・と気付いたのはKと別れてからだった。

しかし、チンコのデカさは認めるとしても、あの気味悪い男とハメる女の心理って・・・、理解不能。
それからというもの、職場に行くたび、それぞれの女の乱れ姿を想像するようになった。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました完
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました

強気な姉さん女房が寝取

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画