エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

仕事で顔見知りの姉妹の家に行ったら、エロマッサージを受けている真っ最中だった

近所に俺と年が近い姉妹が住んでいた。
妹の方は俺より1個下。
お姉さんは正確には分からないが少し俺より上。
そこそこ可愛い美人姉妹だった。
よく中学の頃は妹の通学の時のヘルメットをクンクンしたり変態ぶりを発揮していた。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

妹はもうどこか嫁にいったらしいが、お姉さんの方は家にいて結婚して旦那と暮らしている。
大人になってから光回線関係の仕事につき、その姉妹の家にも行く事になった。
ほんと偶然だが、その家に回線を引きにいく工事をしにいった。
最初に工事に行った日は、軽い打ち合わせと現状確認、次回の時に工事となっていた。

そして工事の日に約束通り行ったのだが、チャイムを鳴らしても出てこない。
ほんとはダメだが、近所という事もありドアノブを回してみると開いた。
車は置いてあるようなので、いる事はいると思った。
それに小さい頃に遊びに行った事もあるので、少し中も覚えている。

「誰かいませんか~?入りますよ~」と何度も声を掛けてみた。

鍵が開いていて、それにチャイムや呼びかけにも応じなかったので、もしかして何かあったのかと思って思い切って中に入ってみた。

そうするとどうやら3階の寝室で女性の声がした。
恐らく奥さんともう1人誰か女性がいるようだ。
在宅マッサージだろうか。
そっと隙間から覗いてみると、ベッドに寝かされたお姉さんの方がマッサージ師の女の人に施術されているようだった。
チャイムや俺の声は3階には声は聞こえないのだろうか。
そしてお姉さんは腰にタオルをかけられてうつ伏せに寝ていた。

それを見て勃起していた。
まぁそれもそうだろう。
腰にタオルをかけられて後は裸なのだ。
全身にオイルみたいなのを塗られてかなり気持ちよさそうに施術されている。

玄関の靴の数で、この家にはお姉さんとそのマッサージ師の人しかいない事はだいたい予想できた。
なのでしばらくドアの隙間から覗かせてもらう事にした。

しばらくすると、マッサージ師の人が終わりの合図と共に寝てしまったお姉さんを起こそうとしたが、どうやら寝てしまったようだ。
確かにマッサージを受けて気持ちよくて眠りそうになった事はあるが、呼びかけにも応じないくらい寝るだろうか。
自宅という事もあり安心しているのだろう。
施術師さんも女性だろうし気を許しているのだろう。
でも他人だよなと思っていた。

ここから俺は驚きの光景を目にしたのだ。
なんと女のマッサージ師さんが女性の顔にキスをしている。

(え?どうして?)

目の前で起こっている事に頭がついていかない。

(もしかしてこのマッサージ師ってレズ?)

そう思って見ていた。

お姉さんの寝ている近くに飲み物が置いてあるが紙コップ。
マッサージ師の人にお茶を出すなら自宅なのでコップなどを使うだろう。
紙コップという事はマッサージ師の人が持ち込んだものだろうという事は容易に予想がついた。
恐らく睡眠薬でも入れたのだろう。

最初はキスだけだったが、だんだん行為がエスカレートして馬乗りになるような形で、自分の陰部をお姉さんのお尻の上で擦って腰を動かしていた。
これは完全にレズだなと確信した。

今度はうつ伏せから仰向けにして座位の体勢で向かい合うように抱きかかえ、濃厚なキスをして絡み合っていた。
お姉さんは完全に寝ているのでもうやられるがままだ。

今度はマッサージ師の女も自分の体にオイルを塗りたくり、お姉さんの体に擦りつけるような感じでキスをしながらとにかく抱き合って絡んでいた。
最悪起きてしまっても女性同士だし、マッサージの最中なので施術の一部と言えば済むからやりたい放題だった。

最後にカバンから男の陰部のおもちゃを取り出し、自分に取り付けるようにして、大胆にもそれをお姉さんに挿入していた。
こんな女同士でやっている光景は生まれて初めて見たのだが異様に興奮した事を覚えている。
俺の陰部もガチガチで我慢汁が出まくっていた。

マッサージ師は睡眠薬を入れた入れてないにしろ、これは正当なサービスではない事は確か。
動画を撮って証拠を残して、後で問い詰めてやろうと考えた。

一通り事を終えると、なんとマッサージ師の女は人の家のシャワールームでシャワーを浴びにいこうとしていた。
なぜ分かったかと言うと、事を終えた後に、「さぁ、シャワー浴びてこようっと」と言ったからだ。

すかさず寝室のドアから離れて別室に隠れて、マッサージ師がのを後をつけた。
後を追うと、もうさっそく服を脱いでシャワーを浴びていたようだった。
そこへ入るとマッサージ師の来ていた衣服がカゴに入れられていた。

パンツやブラなので少し興奮したが、脱衣所とシャワールームのドア越しに・・・。

「今の光景は全て録画させて頂きましたよ。警察に連絡しますからね」

俺がそう言うとシャワールームの扉が一気に開いて、真っ裸のマッサージ師が出てきた。

「ごめんなさい、それだけは勘弁してください!」

そうお願いしてきた。

俺も途中まで見ていたのもまずかったが、何より証拠を取るためだとそこを強く主張した。

「あなた睡眠薬入れたでしょ?そんな事したら罪重いですよ」と言ってやった。

次の瞬間真っ裸のマッサージ師が俺に抱きついてキスしてきた。

突き放して、「何するんですか!」と股間は勃起していたがそう怒鳴った。

35歳くらいだろうか、見た目は。
長い黒髪に細身というよりは適度に肉付きもある、どちらかというとスポーツ女子的な体つきに、その時の俺は理性を保つのが精一杯だった。

すると、「私を抱いてもいいです。その代わり今回の事は内緒で、あと動画も目の前で消してください」と頼まれた。

どうせ勝手に家の中に入ってしまった俺でも少なからず落ち度はあるし、こんなチャンス滅多にない。
この女を抱く事にした。

俺「わかった。じゃあその条件でいいよ」

マッサージ師「あまり長いと薬から目が覚めてしまうといけないので早めにお願いします」

俺「それなら今日とあと1回抱かせてくれたらでいいよ」

強気に出てみた。
そんな急かされてはこっちが損だと思ったからだ。

俺「2回目の時に目の前で動画を消すよ」

マッサージ師「分かりました。じゃあとりあえず早めにお願いします」

さっそく裸のマッサージ師に抱きつき、濡れた体全身を触りまくった。
こちらも服を全部脱ぎ捨て、立ったまま脱衣所のような狭い空間で濃厚なキスをして、時間もなかったので胸をしゃぶり、その後指を女の陰部に入れて音を立てて出し入れした。
女は感じるのを堪えているかのような顔をしていた。
それを見てこちらもかなり興奮してきた。
もう我慢できなかったので立ったまま正面から生でそのまま挿入。

「うっ!」と少し女を声を漏らし、そのまま何度もピストンして突いてやった。

思った以上に締りのいい女だった。
人の家でこんな事をしている事がさらに興奮を掻き立てた。

「はぁ、はぁ」という声と共に女と俺の腰が何度もぶつかり合う。

マッサージ師が、「そろそろ急いで下さい」とお願いしてきたので、まぁどうせあと1回は出来るし勿体無いがイク事にした。

そのまま体を抱き寄せ、声が出せないようにキスをしながら最後の力を振り絞って腰を激しく動かした。

「うー!」と声にならない声を出していたが、ここで外に出してとか言わせないためにキスをして口を塞いだ。

悪いのはアンタだ。
選ばす事をさせなかった。
パン!パン!と打ち付けたあと、精子をたっぷりと女の中に出してやった。
しばらく気持ちよくて抱きついたまましばらくドクドクと脈打っていた。

その後女は慌てて体を洗いにいって、お姉さんの元へ行こうとしていた。

その前に女の身分証と携帯の連絡先を聞いて、「じゃあ、次の日は近いうちに連絡するから」と耳打ちすると、女は頷いて寝室に戻っていった。

もちろんその2週間後にマッサージ師と会って、約束通りホテルでSEXをした。
朝から夕方まで存分に楽しんだあと、動画を消してそれっきり会う事はなかった。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー