夫とのデート中に、バイト先の社長の精液が漏れてくることがあります

私は、結婚して2年目の25歳の主婦です。
主人とは恋愛結婚で結ばれました。
けれども私には、独身時代からお付き合いしている男性がいます。
それも58歳の男性なんです。
その人は、大学生の時のバイト先の社長なんです。

バイト中は関係を持ったりはしませんでした。
卒業後、偶然街中で会い、お食事に誘われたのです。
懐かしさと安心感でお酒もかなり飲みました。
ふと気づくと、ホテルのベッドの上で下着だけにされていました。
社長が私の上に覆い被さり、唇に舌を差し込んできました。
もちろん抵抗しましたが、ダメなんです。
キスすると力が抜けちゃうんです。
舌と舌が絡み合いました。
唾液が飛び散るほど激しいディープキスになったのです。

いつの間にか下着まで脱がされていました。
丸裸の私の体にキスの雨が降りました。
色々なところを舐めてくるのです。
特にクンニされた時、私はベッドのシーツを掴み、大声で喘いでしまいました。
そしてとうとう、おちんちんを挿入されました。
硬くて太くて熱いおちんちんでした。
私の狭い肉襞を、グイグイと突き破るように、奥深く入ってきたのです。
私、彼の身体にしがみつながらアクメを迎えちゃったのです。

男性経験はありましたが、同世代と違ってすごく感じてしまいました。
そして何度も何度もイッてしまったんです。
お酒のせいもあったでしょう。
けれども年齢を重ねた男性のエッチのテクニックってすごいんです。

私は予感しました。
この人の身体を、今後も求めてしまうだろうと。

彼は決して格好いいルックスでもなく、メタボな体型です。
その後も彼の方から誘いが来ました。
初めは断っていましたが、何度も誘われると了解してしまうものです。
だって、体が彼を欲しがっているのですからね。
歓びを教えられるうちに何度も関係を結ぶこととなったのです。

色々教わりました。
フェラチオは口にたっぷり唾液を含んで舐めること。
ぴちゃぴちゃと、わざと音を立てて淫靡な空気を作るように。
同時に玉袋へのタッチも忘れずに。
場合によっては、アナルまで刺激しちゃうのです。
フェラチオしながら刺激することもあれば、アナルを直接舌で舐めることもありました。
ちょっと意外だったのが、男性も乳首を攻められると弱いということ。
彼は特にそうだったみたいです。
ちょっと舐めただけで乳首が硬くなってしまうのです。

いつだったか・・・。
エッチしている二人の姿をビデオで撮ったことがあります。
ソファーに彼が座り、その膝元で私がフェラチオするんです。
テレビには私との行為を撮影したビデオを音量を上げて流しています。
自分の喘ぎ声を聞きながらおしゃぶりしていると、一瞬彼のが大きく膨らんだ瞬間、生温かく生臭い精液が口に広がりました。

「飲みなさい。さあ」

そう言われ初めて精液を飲み干しました。
精液の味はちょっと苦かったです。
後からわかることですが、精液の味って、その人の体調によって微妙に違うんです。
ペニスの先からビクビクしながら精液が流れました。
それを舌ですくい、口に含みます。

「美味しそうに舐めなさい。それが礼儀だよ」なんて言われちゃいました。

素直な私は、精液を飲み干すたびに美味しそうな顔を作り、「美味しかった・・・ごちそうさま」と言うようになったのです。

それから何度目かの日のことです。
拒み続けていましたが、膣内に射精されたんです。
中出しというやつです。
ビクビクと痙攣しながら子宮に掛かりました。
安全日とは言えショックでした。
それからは、安全日だと必ず中に射精されるようになりました。

主人とデートの日、前もって呼び出され中出しされたのです。
もちろん、「拭ってはいけない」と言われます。
主人とデート中に社長の精液がショーツに流れ出てくることもありました。
罪悪感と一緒に、なんとも言えない快感も同時にありました。

結婚してからも、何度も中に出されています。
社長は、「妊娠させたい」と言って無理やり射精をします。
そして今、生理が遅れています。
妊娠したのだと思います。

社長の子でしょうか?
夫の子でしょうか?

私、なんだか、怖いのです・・・。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2

強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/09/27 17:27 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー