エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※やっと出来た清楚な彼女は、男達の肉便器だった完

前回の話

やっと出来た彼女の由梨が、目の前で男達に廻されるのを見ていただけの俺。勃起しても小さいペニスをバカにされ、思わず由梨に覆いかぶさって挿入した。

初めて経験した女性の膣に、思わずうめき声を漏らした俺に、
『あれ? 入ったの?』
と、由梨が言った……。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「マジでヒデぇわw 入ってるってw」
「由梨がガバマンなだけだろw」
男達は、爆笑しながら言う。俺は、入れたのに”入ったの?”と聞かれて、顔どころか耳まで真っ赤にして恥を感じていた。


俺は、泣きそうな気持ちのまま男達の方を見た。すると、男達はすでに回復して勃起していた。こうやって比べてみると、確かに俺のモノは子供サイズみたいに感じる。

『ごめんなさい。達也さん、本当に愛してます。こんな私でも、受け止めてくれますか?』
俺に正常位で入れられて、下からそんな事を言う由梨。俺は、もちろんだと答えた。
『嬉しい……。達也さん、して下さい。達也さんの色に染めて下さい♡』
由梨は嬉しそうにそう言った。男達は、そんな俺達のやりとりを、驚くほど静かに聞いていた。

俺は、思い切って腰を動かし始めた。二人の男が見ているので、やりづらいという気持ちは強いが、由梨を俺色に染めたい一心で腰を振り始めた。すると、軟らかい肉にこすられて、鳥肌が立つほど気持ちいい。俺は、夢中で腰を振った。
「由梨、愛してるよ」
俺は、心の底からそう思いながら言った。どれだけ汚されようと、由梨は由梨だ。心までは汚されていない……。そう思って、俺は由梨にキスをした。

由梨は嬉しそうに俺に抱きつき、舌を絡めてきてくれる。それは、生き物のようだった。由梨の舌は、生き物のように俺の舌を絡め取り、吸い込んでいく。由梨といつもしていたキスは、なんだったのだろう? そう思うほどの違いだった。由梨は、今まではずっと抑えていたのだと思う。おとなしいキスしか出来ない女の子を演じてきたのだと思う。

『私も、愛してます。達也さん、私平気だから……。遠慮せずに、もっと強くしてください……』
由梨は、戸惑ったような感じで言う。俺は、遠慮をしているわけではなく、始めてのセックスなので上手く腰が振れないだけだ。それでも俺は、うなずいて腰をもっと早く振り始めた。なかなか上手く振れないが、由梨のことを俺色に染めたいという気持ちから、必死で頑張った。

『達也さん、気持ちいいです……』
由梨は、そんな風に言ってくれる。俺は、嬉しくなってさらに張り切って腰を振る。
『達也さん、もっと奥まで……』
由梨は、俺のことを少し不思議そうに見ながら言う。でも、俺は一番奥まで入れているつもりだ。

「由梨、オマエって、ナチュラルにヒデぇなw」
「それがたっちゃんのMAXだってw」
黙って見ていた男達が、また爆笑しながら言ってきた。

『えっ? ご、ごめんなさい……』
男達に言われて、慌てて俺に謝る由梨。
「下手くそでゴメン……」
俺は、屈辱で泣きそうな気持ちのまま謝っていた。
『そ、そんなことないよ! 私が上になるね!』
由梨はそんな風に言ってくれるが、どう見ても戸惑っている感じだ。そして、由梨は俺を寝かせると、上になって乗っかってきた。すぐに熱い肉に締め付けられて、俺は思わず声が漏れた。

正常位で繋がるよりも、さらにきつく締まる感じがした。でも、この体位だと由梨のビラビラにつけられたピアスも、恥丘に掘られた肉奴隷という入れ墨もはっきりと見えてしまう。
由梨は、レースクィーンのエロいコスプレのまま、俺の上で腰を振り続ける。
そして、それをニヤニヤ笑いながら、黙って見ている二人の男。俺は、こんな状況なのにもの凄く気持ち良いと思っていた。生まれて初めて経験するセックスで、その上、由梨はエロいコスプレをしている。興奮が凄いのだと思う。

俺は泣きそうな気持ちのまま、快感に声を漏らしていた。
『気持ちいい? 達也さん、気持ちいいですか?』
由梨は腰を動かしながら聞いてくる。由梨の腰の動きは、俺のピストンなんかは問題にならないほどスムーズで早かった。上下や前後、左右に回すような動きまで入り、初体験の俺でも、由梨のこの動きが熟練のそれなんだとわかる。

結婚もしたいと思っていた彼女が、異常なほど騎乗位が上手い……。それは、ついさっきまで童貞だった俺にとっては、ショックでしかない。

由梨は俺が気持ち良いとうめくと、嬉しそうな顔をして身体を折り曲げ、俺の乳首まで舐めてきた。まだ経験のない俺は、正直乳首を舐められてもそれほど気持ちいいとは思えなかった。でも、エロいコスプレ姿で上に乗っかり、ガンガン腰を振りながら乳首まで舐めてくる由梨に、かなり引いてしまった。

由梨は乳首舐めを続けながら、腰をぐいぐい押し付けてくる。少しでも奥に入れようとしている感じだった。しばらく乳首を舐め続けていた由梨だったが、急に顔を上げて俺を見た。由梨はなんともいえない寂しそうな目で俺を見つめながら、
『私、気持ち良くない? 緩い?』
と、聞いてきた。
「そんなことないよ! めちゃくちゃ気持ち良いよ! 何でそんなこと聞くの?」
俺は、由梨が何でそんなことを聞いてくるのか、全く理解できなかった。

「だから、それがたっちゃんのMAXなんだってw それ以上、長くならねーよw」
男の一人が、笑いながら言う。その言葉を聞いた由梨は、一瞬不満そうな顔になった気がした……。

すると、長いチンポの方の男がベッドに乗ってきた。すると、由梨の動きが止まった。
「なに準備してんだよw 欲しいのか?w」
男がからかうような口調で言う。由梨は、泣きそうな顔で俺を見つめる。なにも言わずに俺を見つめる由梨。息が詰まりそうだった。

すると、由梨は生唾を飲み込んだ後、
『達也さん、ごめんなさい』
と言った後、俺に倒れ込んできた。俺の胸の上に由梨の大きな胸が押し当てられ、抱き合うような格好になる。

『お願いします! 由梨の淫乱ケツマンコに、長くて素敵なおチンポ、入れて下さいぃ!』
由梨はそんなことを叫んだ後、自分のお尻を左右にクパァと広げた。唖然とする俺に構わず、男は由梨のアナルにペニスを押し当ててきた。そして、何の躊躇もなく押し込んでいった。
『ンオォッ!』
その瞬間、由梨が獣みたいな声を上げた。

そして、男のペニスが由梨のアナルに押し入っていくと、すでに膣に入っていた俺のペニスに、肉壁越しにゴリゴリと当たってきた。それは、固くて大きいということが、肉壁越しでもよくわかってしまった。

今まで生きてきた中で、味わったことのないような圧倒的敗北感を感じながら、俺は由梨の顔を見つめていた。でも、由梨は俺の視線など気づきもしないように、口を半開きにして白目でも剥きそうな顔をしている。

『ンオォ……。届いてるよぉ、ケツマンコ越しに子宮に当たってるよぉ♡』
由梨は、幸福で顔がほころんでいるような表情で、そんな言葉を吐いた……。
「やっぱり無理だろw お前は巨根好きなんだよw おら、どうする? 抜くか? 続けるか?」
由梨を二本刺しにしたまま、男が聞く。
『続けるぅ! してぇっ! ケツマンコ、ゴンゴンしてえっ!』
由梨は、とろけた顔のまま叫ぶ。すると、男が腰を振り始めた。
『ンホォおぉ♡ 奥潰れるぅッ! もっとぉッ! そう、あぁぁっ♡ ンぎもぢいいぃっ!!』
由梨はアナルを激しく犯されて、痛がる様子はまったくなく、さっき男達に生ハメ中出しをされたときよりも、激しくあえいでしまっている。
そう言えば、俺と繋がっているとき、由梨はまったくあえぎ声を出さなかった。この差はなんだろう……。やっぱり、サイズの違い? 俺は、悔しいとすら感じなくなってしまった。

そして俺も、男のチンポが出入りする度に、ゴリゴリと削られるような感じになり、イキそうな感じになってしまっている。まるで、男に無理矢理イカされているような感じで、より屈辱を感じてしまう。

「たっちゃんの、ゴリゴリ当たるねぇw 気持ちいい?」
男は、俺にそんな事を聞いてくる。俺はすっかり萎縮してしまい、何も言えなかった。

すると、いきなり由梨が腰を持ち上げて、俺のペニスを抜いてしまった。
『カズさん、お願いします! おまんこに入れて下さいぃっ! 太チンポで二本刺しにしてぇ!』
由梨は、俺のことを見ることもなく、もう一人の太チンポの方におねだりをする。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/09/16 20:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー