エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

パートの男女比1:7? 残りはニューハーフ?

私の職場では女性がかなり多く、男女比は1:7くらいです。
パートさんも何人かいますが30代の主婦が殆どです。

私は独身のマネージャーなのですが、かなり気を使います。
とにかく平等を意識して、個人的な話はしないようにしています。

たまに、仕事の愚痴なんかを言ったりすると、
次の日には何とはなしに職場全体に広がったりしています。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

そんなある日、1人のパートさんが一身上の都合と言うことでやめる事になりました。
真面目な人で、品の良い感じの野生的な感もある女性の職場の中、良い感じの方だったので残念に思っていました。

そしてその晩内輪だけで飲み会をすると言うので私も呼ばれて飲み会に行くことになりました。

一次会も終わり帰ろうかと思っていると、やめるパートさん(亜由美さん)と、亜由美さんと仲良しのパートさん(真紀さん)に声をかけられ、二次会に行くことになりました。

通常の飲み会の二次会なら絶対にお断りするのですが、亜由美さんが辞める時なのでよかろうと思いました。

三人でお店をどこにしようか歩いていると、真面目な主婦を亜由美さんとするなら、こちらも品の良いおしゃべりで要領の良い真紀さんが、
「マネージャーさんのアパートってこの辺なんですよね?行って見たい」
と言って来た。

当然まずい、部屋は綺麗にしているから構わないが、パートさん二人をアパートになんて絶対にありえません。
どこで、誰の目が光ってるかわからないのだから断るしかありません。

でも、その日亜由美さんは薄手のロングスカートに黒のキャミソールに上着を羽織ってる格好。
真紀さんは膝上10cmくらいのスカートにおしゃれな感じのカットソー。

二人とも細身なんですが、亜由美さんは胸が大き目で真紀さんは更にスレンダー系。
その姿に誘われる感じでアパートに上げてしまいました。

部屋に入って珈琲でも出してやろうとすると二人は強引に冷蔵庫を開け、残り物の食材でおつまみを作ってビールを持ってきました。

なんか圧倒されて部屋で一人取り残されてしまった私でしたが、結婚するのも良いのかもとか、不謹慎にも品の良いパートさん二人を見て思ってしまいました。

さて、終始奥様パワーに圧倒され気味で、その後は彼女は?結婚しないの?職場では誰が好み?などなど、とても職場内では答えられないような事ばかり聞いてくる。

すると真紀さんが
「亜由美さんはマネージャーの事好きなんですよぉ。いつもマネージャーの事ばっかり話してきて」
「真紀さんやめて下さい。真紀さんだって二人で盛り上がってるじゃないですか」
と、要するに二人とも私に悪からずの印象を持ってるようで、話の節々にも職場内では私の事を悪く言う人はいないとか、内心はほっとしました。平等一筋に接してきた甲斐があったというものです。


そして話は進み、いい加減酔ってきた真紀さんが、

真紀「マネージャー最近エッチしてる?」と聞いてきた。

私「いやいや、彼女いないですからね。ご無沙汰ですよ。はっはっは」

受け答えの基本は、即座に答える。笑い話にしてしまう。って所です。

真紀「えーそうなんだ、職場の○○ちゃん(二十歳の女の子)がマネージャーの事誘惑しちゃうって言ってたわよぉ。」

亜由美「誘惑に負けちゃったりして・・・」

私「負けませんよ。子供ですよ○○さんの年齢は。はっはっは」

真紀「じゃぁ亜由美さんと私の年齢は?負ける?ホラホラ」
と真紀さんは膝上のスカートを股下10cnくらいまで上に上げた。
さすがに凝視してしまった俺は固まった。

亜由美「マネージャーエッチな目で見てる・・・」

私「あははは。素敵な太ももだったからついね♪」(とりあえず褒めとく)

亜由美「私の足は?」
と亜由美さんもロングスカートをまくって太ももを見せてきた。

とたんに真紀さんが亜由美さんのスカートを引っ張り亜由美さんの水色でレースの入った下着が現れる。

怒った亜由美さんは真紀さんのスカートを引っ張り、今度は真紀さんの黒の下着が・・・
二人ともかなり酔っているようだった。

すると真紀さんが
「マネージャーの下着も見せてよ。ずるい」
とわけのわからんことを言ってきた。

ズボンを引っ張られ、勢いでパンツまで下がって二人の下着を見て大きくなってきた私のアソコがピョコンと、ほんとにひょっこり出てしまった。

とっさに隠そうとした私だがそれより先に、亜由美さんが隠そうとしてくれて両手で私のアソコを覆った。もちろん触れている。

触られて更に気持ちよくなって拡大した私のアソコは亜由美さんの手では隠れない大きさになってしまった。

「凄い」

まじまじと二人は私のアソコに顔を寄せて凝視。

真紀「私にも触らせて」
と二人で触ってきた。
思わず「あぁ」と声を出してしまった。

そりゃぁ私だって男ですよ。品の良い素敵な奥様二人に触られてば大きくなるし声もでる。

二人が触りながら私の両脇に来て、顔を私の顔に近づけてきて
「気持ちいいの?凄い大きいですねマネージャー。エッチずっとしてないんでしょ?したい??」
などと卑猥な事を言ってきた。アソコをしごきながら。

二人の背中に手を回して両手に花と言うか主婦ですが、私はブレーキが効かなくなってしまいました。

「したいですよ。わかるでしょ。こんなになってるんだから・・・」
そう言いながら二人の尻や胸を触っても抵抗なし。

すると真紀さんが私のアソコをくわえてしまいました。
亜由美さんはフェラをしてる真紀さんに釘付けです。
亜由美さんの顔を私に向けさせて私はキスをしました。舌が熱く私の口に入ってきました。

ちゅぽちゅぽと厭らしい音を立ててフェラをする真紀さん。その音を聞きながら亜由美さんとDキス。私の手も自然と二人の下着の中に向かっていじると、二人ともヌルヌルとなっていて腰をピクンピクン反応させてくれる。

真紀「大き過ぎてあごがいたくなっちゃう」
そういうとくわえていた口を離し、竿をペロペロ舐め始める。それを見た亜由美さんも

亜由美「私も舐めたい」
そして二人で舐め始めた。

Wフェラなんて初めての体験で、気持ちいいのは言うまでもないが、凄い満足度。二人の女に舐めさせているなんてこの上ない喜びでした。

そして興奮した私は先にフェラをしてくれた真紀さんのパンティをずらしバックのまま挿入。
亜由美さんを脇に引っ張りキスをしながら真紀さんを責めた。

真紀「凄い、太すぎる・・・きもちいい」
と声を絶え絶え喘ぐスレンダー真紀さんを犯しながら、触ると驚くほどグラマーな亜由美さんの尻からアソコを指マン。

私「亜由美さんも欲しいですか?」

亜由美「欲しい、私も真紀さんみたいにして下さい。」

そして二人を四つんばいにさせて代わる代わる責めました。
その後は亜由美さんを仰向けに、真紀さんをその上に抱き合わせて、2・3回突いては入れ替えながらほんとに楽しませてもらいました。

結局私は3回もいってしまい。
気がつけば11時を回っていました。

真紀さんと私のアパートでの事です。
うちの会社は基本的に月にフリーで休みの取れる日が一日あって、平日に一日休みをとるようにしてます。(土曜に仕事の日が一日あるのが理由なんですが)

その日は当然と言うか真紀さんも休みをとって、家には仕事と言うことにしてるようですが、一緒に過ごす日が多いんです。
たまに亜由美さんも来たりします。

前の日までに食材やらタバコやら必要なモノをそろえて穴熊を決め込むので、一日中部屋の中にいっぱなしになり、みなさんが考えているようなことは当然疲れるほどするんですが、世間話も結構します。

私としては女性陣は何を話してるんだろうなぁって事が気になって、いろいろ聞いていました。

品は良いのですが、おしゃべりでお調子者なところのある真紀さんは結構いろんな事を話してくれます。

エアコンをかけた部屋で二人で汗だくになった後、シャワーを浴びてベットに戻った時のこと、裸でくっついてキスとかおさわりをしながら聞いた話しです。

私「え、じゃぁ結構女性同士では下ネタとか話してるんですかぁ・・・」

真紀「そうよぉ。女同士なんてそんなものなの。遠藤さんなんか旦那さんと殆ど毎日エッチしてるって言ってたし、しないと寂しいんだって」

私「えーそんな事聞いたら、どういう顔して話したらいいかわかんないですよ」

真紀[知らない顔して話すの得意でしょ?私にもそうだしねぇ」

私「いや、それは仕方がないんですよ。いつも言ってるじゃないですか」

などと責められながらも、いろいろ聞いてます。

真紀「そう言えばね、□□さんはフェラ得意なんだってよぉ。結婚前に付き合ってた彼に鍛えられたんだって話してたわ」

私「可愛い顔してるのにね。そうなんですか」

真紀「可愛い顔だって・・・してもらいたいの? 私はどう?上手かな?」

私「上手いですよ。舌の使い方が強いって言うか絡まる感じで」

真紀「なによぉ。お尻まで舐めるの教えたのマネージャーなんだからね」

私「結構楽しんでるじゃないですか、大きくなるって」

真紀「それはそうだけど、だって更にググッって太くなるんだもの。効果ありって感じで楽しいのよ」

私「真紀さん、上になるの好きですものね」

真紀「だって旦那とのときは思いっきり動くなんて出来ないでしょぉ」

私「激しすぎるんですよ。真紀さんは」

真紀「だって、当たるんだもの・・・。マネージャーのは」

と話してると私のほうが触っていたのですが、いつの間にか形勢逆転と言う感じで私のアソコを触りだします。

真紀「じゃぁ上手いか味わってね」

そう言うとフェラを初めてくれて、真紀さんの品の良いとがったアゴをモグモグ動かし、舌を這わせたり、唾液を垂らしたりしながらテクニックを披露してくれて、上に書いたアナル舐めをしてくれました。

舐めてもらうときはオムツを交換するときみたいな格好になるので、他の人にはみせられないですが、アナルを舐めながらしごかれると自分でも驚くほど更に大きくなります。いく寸前みたいな感じでカチカチになるんです。

満足そうに私のアソコを眺める真紀さんは、騎乗位で挿入すると凄いグラインドで腰を使ってきます。やはり旦那さんには見せられないだろうなぁと思うほど卑猥な腰使いです。

関係をもつ前までは品の良い明るい真紀さんがこんなに動くなんて思いもよらないことでした。

真紀「あたるの、凄いマネージャーのおちんちん、私のいいところにあたっちゃう」
と、言いながら何回かいったあと疲れたみたいでキスをしてきました。

真紀「どうだった?上手に出来たかな?わ・た・し」

絶対に外見からは想像も出来ない表情に求め方です。
でも、やっぱりこう言う求め方をされると男としては興奮してしまい、体位を変えて今度は私が責め、バックから思いっきり突きました。

真紀「初めてのときもバックだったわよね。凄いあたるぅぅ」
と片手を前方に突き出し何かを掴み取るような格好でいく真紀さんを見ると我慢できなくなり、

私「いきますよ」
そういうと
真紀「だめ!いくときは正常位にして」
と注文をつけてきます。

真紀「キスしながらいってぇ」

正常位に体位を変え挿入すると、私が動き出す前に真紀さんが仰向けの状態で足を踏ん張り腰を使い出して

真紀「ダメ、そんなに動いちゃまたいくぅ」

自分で動いてるんだけど・・・と思いながらも、そんな姿で動かれたら我慢しきれなくなって果ててしまいました。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  ドM一家の嫁
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/09/06 12:30 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー