女癖が悪いので有名な男と嬉しそうにディープキスしながら踊る妻が見えました

結婚7年目になる夫婦です。私40歳、妻は37歳、子供はいません。。

妻は性欲は特に強いわけではないのですが、アルコールが入るとどの男性に対してもオープンになってしまう癖がありましたが、5年前に知り合いの結婚式の2次会パーティーで乾杯した後、普段なかなか会えない懐かしい顔と話に花が咲き、妻も女性の友人たちの輪の中にいたので安心していました。

私が気分が悪くなりトイレに行って帰ってきたら、ミラーボールの回る中チークタイムが始まっていて、女癖が悪いので有名な男と嬉しそうにディープキスしながら踊る妻が人垣の向こうに見えました。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

実際はそうでもないのですが、とても遠くに見えました。
暗かったのですが片方の手は腰のあたりに、もう片方の手は、多分胸をまさぐっていたのがなんとなく確認できました。

私の知り合いが多くいたので虚勢をはって妻の方は見てないフリをして
「自分は知らないから、妻をつれもどさないんだよ」的な演技をしていました。

本当は気になって仕方がないのに、妻ひとりすら御せない男と思われたくないという小さなプライドです。

まわりはそんな妻の様子を知ってか知らずか再び昔話で盛り上がり始めました。
また気分が悪くなりトイレに行って帰ってくると目をとろんとさせた妻が私のところへやって来て
「どうしたの大丈夫?」と聞いてきました。

妻に目を合わせないようにして「ああ」と答えました。皮肉っぽく「おまえこそ、だいぶ酒がはいってるみたいだな」というと「そうかな?」と目をそらしました。


パーティーの帰り道女性の友人が言葉少なに「あまり奥さん怒らないであげてね」と小声で言ってきました。

あの後は見てないのですが、あの男なら続きがありそうでした。
見栄を張らず連れ戻せば良かったと後悔しました。

私は見ていないが友人が教えてくれたと言って、妻に詰め寄りました。自分で見たと言えないのです。ほんとうに了見の小さな男です。


俯いて「酔って楽しくなって気が付くとチークでキスしていました」
と言いました。

「体を手がまさぐりはじめたのでマズイと思ったが、おめでたい席でなるべく事を荒立てたくなかったんです」といいました。

自分も悪いのを棚に上げ怒鳴りたくなったのをこらえて

「服の中にも手が入っていたそうじゃないか」とつぶやくようにカマをかけると、乳房は直接、性器はパンティーの上から触られたとぽつりぽつりと告白しました。

私に助けてもらおうと思ったが、私は友人たちとの話しに夢中でこっちを向いてくれなかったと恨めしそうに言いました。

やがて、その先に行きそうになったがチークが終り渋々離してくれたので、逃げてくると私が青い顔をしてトイレから出てきたところだったそうです。


なり振りかまわず妻を助けてやれば良かったと後悔しました。

私は本当の事を言って謝れませんでした。多分それを言えば妻を失うでしょう。
妻には許しを与えた格好になりましたが真実は自分が知っています。

この事があってから、私はそういった席ではなるべく妻のそばを離れないようにしています。
妻も酒は飲まなくなりました。

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧

他の体験談を探す
【同じジャンルの体験談】
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました2
・いつもより早く帰宅すると、嫁が元カレにリベンジポルノで脅されていた完
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2
・奇跡的に付き合ってくれた自慢の彼女が、処女は他の人に奪ってもらうと言った完
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取


究極の寝取られ 上司に愛おしい若妻を結婚させました

滞納家賃はカラダ払いで~鬼畜大家に寝取られる美人母娘~

[ 2018/03/05 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ