エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる2

前回の話

仕事も家庭も順調で、そろそろ子供も作る時期なのかな? と思っていた矢先に、妻に”あなた、ごめんなさい。好きな人が出来ちゃいました……”と告白された。
全てが音を立てて崩壊するかと思ったが、いま私の目の前には、穏やかで優しい笑みを浮かべた妻が、コーヒーを置いてくれている。

『あなた、コーヒー入りましたよ。考え事してたんですか?』
妻は、最近目に見えて美しくなった。もともと、私なんかにはもったいない程の美しい妻だと思っていたが、最近は街を一緒に歩いていると、すれ違った男性のほぼ全てが、妻のことを見ているなと感じるほどになった。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「い、いや、別に。それより、今日はどこか出かけようか?」
私は、休日なので妻を誘った。
『はい! どこに連れてってくれるの?』
満面の笑みで言う妻。本当に嬉しそうだ。とても、心のどこかに他の男を思う気持ちがあるとは思えない。


「じゃあ、久しぶりに井の頭公園にする? あ、純子はこの前行ったばっかりか」
私は、少しからかうような口調で言った。
『もう〜。イジワル』
妻も、おどけた感じだ。あのカズ君とのデートの日以来、私達の関係はハッキリと変わった。悪く変わると思っていたのに、逆に良い関係になった。
妻は美しくなっただけではなく、明るくなった。そして、私への愛情も、はっきりと感じることが出来るほど大きくなったように思う。

「でも、久しぶりにどうかな? あの焼き鳥も久しぶりに食べてみたいし」
『すっごく混んでたよ。でも、すごく美味しかった!』
妻は、何の気なしに言う。
「い、行ったんだ……」
私は、思わず暗い声を出してしまう。
『あれ? 言わなかったでしたっけ?』
「うん」
『ゴメンね。じゃあ、さっそく行きましょ!』
妻はそう言って、出かける支度をする。女性は、支度に時間がかかると思うが、妻は本当に早い。たぶん、化粧が少なくてすむからだと思う。ノーメイクでも充分に綺麗なので、本当にあっという間に用意をしてくれる。

そして、二人でのデートが始まった。妻は、嬉しそうに手を繋いでくる。私は、嬉しいと思いながらも、こんな風にカズ君と手を繋いで歩いたのかな? と思い、モヤモヤしてしまう。
でも、妻は本当に嬉しそうに手を繋いで歩いてくれる。

そして、井の頭線に乗ってあっという間に井の頭公園に着いた。土曜日ということもあり、結構な人混みだ。でも、季候もちょうど良く、散歩するには申し分ない感じだ。

そして、焼き鳥を食べたり、ボートに乗ったりして妻と過ごす。本当に楽しい一日だけど、時折妻がボーッとするような事があった。何か、考えているというか、思い出しているような感じだった。私は、モヤモヤしながらも、何も言えずにいた。

あの日、妻は夜中に寝言で”ダメ、カズ君、キスはダメだよ……”と言った。それは、夢で見ただけなのか、実際にデートの時にしてしまったことが反映されているのかどちらだろう? と、ずっと考えていた。妻が隠し事をしているとは思っていないが、でも、本当にしていないのだろうかと疑う気持ちが消せない……。

すると、ボートの上で、いきなり妻にキスをされた。
『あなた、愛してます。初めてのデートの時、ボートに乗ったのに結婚まで出来たね』
妻は、照れくさそうに言う。ここのボートは、カップルが乗ると別れるという噂がある。でも、私達はそれを打ち破って結婚まで出来た。

「そうだね。でも、今日乗ったから、離婚の危機かもね」
私が冗談で言うと、妻がポロポロッと涙をこぼした。
「ご、ごめん! 冗談だよ!」
慌てて謝る私に、
『ずっと一緒にいて下さい』
と、泣き笑いで言った妻を、私はギュッと抱きしめた。カズ君とデートをしたことで、私の妻への思いも、妻の私への思いも増したようだ。おかしなものだとは思うが、危機感を感じることで、あらためて自分の気持ちに気がつくと言うこともあるのだと思う。

そして、時が過ぎ、妻がカズ君とデートをする日がやってきた。
「今日は、友達と飯食べるから、ゆっくり遊べば良いよ」
私は、ウソをついた。友達と食べる気になどならない私は、一人で夕食を済ませるつもりだ。

『……ありがとうございます。本当に、ごめんなさい』
妻は、すごく苦しそうだ。いくら公認とはいえ、気がとがめるのは当たり前だと思う。
「謝る事なんてないよ。純子にはいつも笑っていて欲しいだけだよ。ほら、遅れちゃうぞ!」
そう言って、私は彼女を送り出した。

でも、今日の私は、すぐに行動に移った。私の中のモヤモヤした気持ちが、私を良からぬ行動に駆り立ててしまった。

私は、この日のために買ったポロシャツを着て、眼鏡をかけた。薄い色の入っている眼鏡で、サングラスとまでは行かないが、瞳は見えづらくなる。そして、キャスケットもかぶると、たぶんパッと見は、私とはわからないはずだ。

そんな、下手な変装までして妻の後を尾行する私。妻は、少し足取りが重い感じだ。慎重に、国道の反対側の歩道を歩きながら後をつける。なんか、スパイみたいだなと少しだけテンションが上がった。でも、私は迷っていた。見ない方が良い事って、あるはずだ……。そんな気持ちと、真実を知りたいという気持ちでせめぎ合っていた。

すると、妻は駅に着いた。妻に向かって手を振る男性。妻は、さっきまでの重い足取りがウソのように、小走りで駆け寄っていく。顔が見えないのがせめてもの救いだったかも知れない。たぶん、妻は笑顔で駆け寄っているはずだ……。

そして、カズ君は思っていたのとは違う感じだった。チャラい今時の大学生……。イケメンの大学生……。そんな姿をイメージしていた。
カズ君は、ブサイクでもキモくもないが、イケメンでもなかった。優しそうな笑顔の、真面目な青年という感じだった。身長は175cm程度で、痩せ型。ジャンルわけするとすれば、草食男子と言う言葉がピッタリときそうだ。

私は、想像とのギャップに戸惑いながらも、二人の後をつけた。二人はSuicaで改札を抜けて行く。妻がSuicaを持っていることに戸惑いながらも、慌てて券売機で切符を買う。どこで降りるかもわからないので、とりあえず400円の切符を買った。

そして、慌ててホームに入る私。すると、ちょうど二人が電車に乗るのが見えた。渋谷行きだ。私は、すぐに乗り込み、ドキドキしながら離れた位置で二人を見ていた。二人は、イチャイチャすることもなく、少し離れて立っている。でも、二人とも嬉しそうな顔でお互いを見つめ合っている。

私は、妻のこんな顔は久しぶりに見た。昔、私に見せてくれていた顔だ。私は、まるで廻りが見えていない二人に安心して、少しずつ近づいていく。すると、二人が固く手を握っているのが見えてしまった。普通に握るのではなく、いわゆる恋人つなぎをする二人。私は、思わずそこから目をそらしてしまった。

そして、電車が揺れてカズ君の方によろめく妻。そのまま、彼の胸に頬を寄せて動かない。そんな妻の肩を、そっと抱きしめるカズ君。何とも言えない良い雰囲気だと思ってしまった。

そして、終点までそのままの姿勢を続けた二人。電車がホームに滑り込むと、二人は出ていった。人混みの中、迷子にならないように手を繋いで歩く二人。私は、離れた位置から二人を追う。

駅から出ると、雑貨屋や本屋に立ち寄り、楽しそうに買い物をする二人。何か買って店を出ると、店の外でお金を渡そうとするカズ君。妻は、笑顔でそれを拒否する。その代わりに、袋から買ったものを取り出す妻。それは、定期入れみたいなものだった。そして、片方を彼に渡した。
妻はカバンから、カズ君はポケットから定期入れみたいなものを取り出すと、Suicaを新しい定期入れにしまいこんだ。
二人とも、それを目の前で並べて嬉しそうに笑っている。おそろいの定期入れ。まるで、中高生のカップルみたいな事をしている。

妻は、無邪気に笑っている。こんな笑顔を見せる妻を見て、私は胸が張り裂けそうだった。

その後は、二人は散歩みたいに街を歩き、カフェでお茶をしたり、ウィンドウショッピングをする。どこから見ても、大学生のカップルみたいだ。私は、自分が部外者のような、疎外感を感じていた。もしかして、これが正しい姿で、私と結婚したこと自体が間違い……。そんなことまで考えてしまう。

私は、二人の仲の良さに嫉妬もするし焦燥感も強く持ったが、思っていたよりも距離感があるというか、イチャついていないことにホッとしてもいた。私は、尾行を続けながらも、私が心配しすぎていただけで、プラトニックな関係なんだなと思い始めていた。妻の性格を考えれば、当然そうなるだろうなと思った。

でも、二人は手を繋いだまま歩き続け、ラブホテルの前で止った。路地裏で人通りも少ないので、かなり離れた位置から見ていた私だが、心臓が急にドキドキし始めた。

でも、妻はカズ君と手を離し、顔の前で両手を伸ばし、無理無理という感じで手を振るように動かす。カズ君は、強引に動くのかな? と思ったが、あっさり引き下がると、恥ずかしそうにうつむいて歩き始めた。私は、ホッとしながらも、少し拍子抜けした。もちろん、そんな事は起きて欲しくない。でも、好き合っている二人が、なにもしないのも違和感を感じる。

なによりも、妻はカズ君に抱かれたいと思っているんじゃないか? そんな風に思っている。もしそれを妻が望むのならば、それはやむを得ないとも思う。私は、妻のことを本当に愛しているからこそ、妻のしたいようにさせてあげたいと思っていた。いびつな愛情だとは思う。

うつむいたまま、妻の前を足早に歩き始めたカズ君。妻は後をついていく。でも、少し歩いたところで、妻がカズ君のシャツの裾を掴んだ。急ブレーキが掛かり、たたらを踏むカズ君。慌てて後を振り返る。そして、すこし会話をした後、二人はギュッと手を握ってホテルに入っていった……。

私は、目の前で起こった妻の心変わりに、激しく動揺して泣きそうな気持ちだった。そして同時に、デートを許可すると言うことは、こういう状況も許可したということなんだなと、今さらのように理解した。私は、覚悟が足りなかったのかも知れない。妻がこんなことをするなんて、あるはずがないとタカをくくっていたのかもしれない。

私は、もうこれ以上は見たくないと思ってしまい、一人で帰宅した。今頃何をしているのだろう? 二人は結ばれてしまったのだろうか? そんな事で頭がいっぱいになりながら、私は、一人寂しく帰宅した。

家に帰ると、私は激しい後悔に襲われていた。ガランとした一人きりの部屋。もしも、このまま妻が帰ってこなかったら? カズ君と人生を歩むことを決めてしまったら? そんな事ばかりを考えてしまう。

そのまま、私は後悔と悪い想像に押しつぶされそうになりながら、妻の帰りを待った。そして、23時を少し過ぎ時、玄関で鍵を開ける音がした。私は、慌てて玄関に行き、妻に声をかけた。
すると、妻は私の顔を見た途端、涙をあふれさせた。
『ごめんなさい。あなた、ごめんなさい』
妻はそう言って、私に抱きついてきた。私は、ギュッと彼女を抱きしめながら、彼女の次の言葉を待った。

『カズ君と……ラブホテルに行っちゃいました』
泣き声で言う妻。声も身体も震えていた。私は、言葉が出てこないまま、泣いている嫁を抱き締め続けた。泣きたいのは私の方だ……そんな事も頭をよぎるが、泣いている妻には何も言えなかった。

そして、しばらく泣いて落ち着いた妻をリビングに連れて行き、
「抱かれたの?」
と、弱気に聞いた。
『抱かれてない! そんな事してないです!』
妻は慌てて否定する。私は、頭の上にポカンという擬音が浮かびそうな心境だった。

ラブホテルに行って、抱かれなかった? 意味がわからずに、
「どういうこと?」
と聞いた。
『うん……。その……。手でしただけです……』
妻は、罪悪感で泣きそうな顔で言う。
私は、妻の言葉を素直に信じた。普通に考えれば、あり得ない話だと思う。でも、妻の顔にウソはないと感じた。

「全部聞かせてくれる?」
私は、そんなことを言った。知りたくない気持ちと知りたい気持ちがせめぎ合い、結局知りたいという気持ちが勝ってしまった。

すると、妻が私に抱きついてくる。そして、荒々しくキスをして来る。荒い呼吸をしながら、必死で舌を絡めてくる妻。
『あなた、抱いて下さい。あなたに抱いてもらいたいです……』
こんなに必死で私を求めてくる妻は初めてだ。私も、嫉妬心がそうさせるのか、妻の積極的なキスがそうさせるのかわからないが、妻を抱きたいと強く思っていた。

いつもの私なら、そのまま寝室に移動したと思うが、そのままソファに彼女を押し倒した。そして、今度は私からキスをする。妻は、嬉しそうに私に抱きついてきた。でも、私はキスをしながらも、さっきまで妻はラブホテルにいたんだなと思い、嫉妬の炎を燃やしていた。

そして、服を脱がせるのももどかしく、ブラウスをまくり上げてブラも上に引き上げるようにしてズラす。すると、白くて大きな乳房が姿を現わす。私はそれにむしゃぶりつくようにして唇をつけた。妻の乳首はカチカチに固くなっていて、ハードグミみたいになっている。そして私の舌が触れると、
『アァッ、あなた、すごいッ!』
と、気持ちよさそうな声をあげた。私は夢中で舌と唇を使い、妻の乳首を責めていく。
『あなた、もう欲しいっ! い、入れて下さい……』
顔を真っ赤にしてそういう妻。でも、私は焦っていた。こんなにも興奮しているし、こんなにも妻を抱きたいと思っているのに、ペニスがまったく反応していない。柔らかめというレベルではなく、ピクリとも反応をしていない感じだ。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/08/06 16:48 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー