エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

清楚で可愛い見た目なのに、生きたタコでオナニーするくらいの性豪とw

彼女が産婦人科の受け付けやってるんだ。

それで聞いた話しなんだが、生きた蛸がマムコに入って蛸壺状態で取れなくなった急患が運ばれて来たってのを聞いた時に、女でも性欲がすごいのも居るんだなっておもった。

結構可愛い子だったらしいからどんな子か見てみたかったがそんな事は言えず。

でもひょんな拍子で彼女を迎えに行った時に検診(?)で来てたその子を教えてもらった。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

見た目18,19歳で清楚な感じの子。

夏だったので薄着でスタイルもほぼ把握w

150cmちょっとで顔はいきものがかりボーカルの子をちょっと細くした感じで胸はCかD位かな?って印象。

正直こんな子が!?って驚いた。

その場では特に何も起こらず(当たり前)あちらが彼女に気が付いて軽く会釈して帰って行った。


それから2,3週間たって正直忘れてたがコンビニで見覚えあるその子を見かけた。

その子だと分かりずらいので偽名ですが「佳奈」って呼びます。


声掛けようか迷ったが産婦人科の受け付けの子の彼氏なんて覚えてるはずないし、しゃべった訳でもないw

キモがられても嫌だったし、躊躇しまくりだったが好奇心には勝てずダメもとで会釈してみた。

あちらは最初「だれ?」って感じだったがそんなに拒否反応もなさそうだったので「○○産婦人科の前で・・・」って切り出した。

必死に記憶を巡らしてるので「受付の○○と一緒にいた」っと更にプッシュw

それでやっと微かに思い出したようだった。


買い物終わって外に出ると、佳奈がバス停に向かって行くところだった。

車で来てたからおもわず「暑いし、乗って行きます?」って声掛けた。

拒否られるかなっと思ったがちょっと考えて「良いんですか?ニコ」って。

車で駅に向かう最中にあんなに渋滞に感謝したことなかったw

渋滞のお陰でゆっくり話せたが個人情報漏洩とか守秘義務とかですげー聞きたかったが、多分マズイとおもい例の話はタブーだなって思ってしなかった。

勿論初対面でそんな話できる訳ないけどw


当たり障りない話をしてたがこのままバイバイも勿体無い。

そこで「やばい!さっきのコンビニでお財布携帯で払ってそのまま忘れてきたかも!?」って話をあせった感じでして(忘れてきてないけどw)

「ちょっと鳴らしてみてくれない?」って無事に番号Get。


駅に着いてバイバイした後にSNSでありがとうメール。

あちらからも、こちらこそありがとうございましたメール。


数回そのままやり取りしてたが冗談半分みたいな感じで

夜も駅に用あるから帰りも拾ってあげようか!?ってメールしてみた。

さすがに引かれるかな?って思ったがマジですか!?って嬉しいって感じの、こんなんね→o(^▽^)o顔文字付きメールで夜に逢える約束GET。


無事に合流して「ちょっとご飯でも付き合う?」って感じで佳奈の家の近くの有料パーキングに車停めて飲み&食事。

お酒が進んできて話も弾み、分かった事。


一人暮らし

彼氏居ない

20歳

進学のために田舎から今年春に上京

シモネタも結構平気w


これはいい流れ。


飲まして、飲んで、飲まして、飲んで、飲まして良い感じw

佳奈の家にフラフラで二人共到着。

鍵開けてあげてふざけて「おぉー入れよ!」って言ったら「あ!お邪魔しまーすw」って。自分の部屋だってw

そんな感じで自然に(?)佳奈の家に突入。

乗りが良くて本当に可愛いw


「コーヒーでも飲む?」って言いながらタンスあけたりしながら二人で大爆笑。

でもクローゼット開けた時に見つけちゃったんよ。

お・と・な・の・お・も・ち・ゃww

一瞬、時間が止まったけど必死に切り返しした。


俺「こんな使うなら俺のドジョウ!?いや、鰻!?いや蛸を使うほうが良いぞーーーw」

佳奈「蛸とか・・・やっぱ彼女さんから聞いてるのか・・・」

俺「なにが?」っとすっとぼけ。

佳奈「聞いてるんでしょ?w」

俺「聞いてるよーーーーw」「でももう笑い話っしょ!?」

佳奈「うーーーん?そうかな・・?」

俺「そうだよ。これからはそんな事しないでいいように俺が満たしてあげるからね!w」

佳奈「何かエッチっぽい!w」

俺「エッチはどっちだよーーw」

佳奈「それは言うなーーーw」

俺「言われたくなければ俺の言う事を100回聞いてもらう!w」

佳奈「普通3回とかじゃないの?w多くない?w」

俺「エッチ度数に比例するんだよw」

佳奈「えーーー」

俺「じゃとりあえずチンチン舐めて!」

佳奈「マジで!?ドジョウを?w」

俺「鰻!いや、蛸!w」

佳奈「言うな!w」


仁王立ちフェラっての?自分は立った状態で正座してる佳奈の口に出し入れ。

ホッペの裏に擦り付けたり、舌でペロペロさせたり、玉袋をふくませたり尿道チュッチュさせたり。

このまま一回出しちゃおうかなって思ってたら、佳奈が「喉の奥まで入れてみて・・」って言った。

イラマチオだっけ!?イマラチオ!?どっちでもいいや!って言いながら恐る恐る喉の奥にチンチンを押し進める。

全部入っちゃった。※決してsotinnじゃないぞーーーー。

苦しそうだが何か嬉しそうに目をトローんとさせてる。ドMだ。


佳奈「もっと突いてみて。。」「あそこに入れてると思って激しくやって欲しい。。」「苦し気持ちいい。。。」

俺「本当に大丈夫!?」って確認。


本当にマンコだとおもって遠慮無く腰振った。

頭を抑え込んで全力で口をマンコだと思って遠慮無しに口を犯した。

喉の奥まで突き刺した。何回も何回も突いた。

逝きそうなったので「どこに出して欲しい?」聞いたが喉の奥までチンコ入ってズボズボ出し入れされてる状態じゃ答えられっこないw


俺「顔に出して欲しいなら右手挙げて。このまま喉の奥に出して欲しいなら左手挙げて。」

右手が挙がった。

俺「顔射がいいの?」「そんじゃ顔に掛けてあげるからその後にお掃除フェラも喉の奥でするんだよ!?分かった?」

俺「逝く時、佳奈の手でシゴいて自分で顔に精子掛けてごらん」

俺「逝くよ・・・」


目を瞑りながら必死に顔に掛けてもらうために自分の顔の目の前でチンコをシゴく姿に大爆発。

出で出た過去最大級の量の精子。

ベチャベチャになる位タップリ出した後に再び喉の奥まで入れて吸い取られる位のイラマ&バキュームフェラ。


二人共ハァハァ言ってたがそのままにもしてられないのでお風呂に連れて行く事に。

佳奈は精子まみれで目を開けられない。

これはチャンスっとキャミソールを精子が着かないように慎重に脱がしショーパンも脱がす。

ブラとショーツだけになったところで「恥ずかしいよーーー」っと少し抵抗にあったが、そこは精子目つぶし済みwなんで問題なくスッポンポンにw

改めてみると良い身体してる。

イタズラ心が湧いてきてそのままの状態でオッパイにむしゃぶりつく。

しばらくオッパイ堪能。

佳奈は「ハァハァ、いや、ヤメテ・・」って感じで感じてる。

片手をマンコに伸ばすとスゲー濡れ濡れ。太股まで垂れてきてる。


俺「顔が精子まみれで感じてるの?」「本当にど変態だね」「入れてほしい?」

佳奈「うん・・・」

俺「どんな体位で入れて欲しい?」

佳奈「バックで・・・」

俺「生で良い?」

佳奈「う・・ん・・」


バックから激しく生挿入。

良く締まるし、奥まで入るように佳奈も自分から腰を振る。

さっきタップリ出したのにまた射精感が・・

俺「出そう・・」

俺「どこに出して欲しい?」

佳奈「・・・」

俺「中で良い?」「つーかもう出る」「出すよ」

佳奈「うん・・」


2回目とは思えないほど大量に精子を奥に出した。

顔とマンコが精子まみれで座り込んでる佳奈を見てこの子は、本当にエロいなーって思った。

もっと色々仕込んでやりたくて、どうセフレっていうか奴○にしようか悩みながら寝てしまった。


朝まで泊まり、朝にもう一回して(割愛)面倒になりストレートに帰り際に

「後、99回言う事を聞くんだよw」って言ったら「はい・・・」って喜んでたw


後日談になるがその後、本当に考えられる事はすべてした。

アナルセクスや露出、ハプバー、3P、アナル舐め、前立腺など。

エロい事になんにも抵抗感なく、すべてやってみたいとなる好奇心旺盛な変態に育ったがここでは割愛するw長くなりすぎるw


セフレ関係が1年位して大学で彼氏が出来、関係が解消になったが、最近メールが来て、残りの99回って何回まで減った?って話しになり、今度また会えそうなので必ずやってくるw

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  ドM一家の嫁
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー