エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※僕と優等生の彼女と、不良のアイツ2

前回の話

前田がキスをやめると、麻衣子は思いきり前田にビンタをした。パチンと良い音が響き、叩いた方の麻衣子がその音に怯んでしまった。
「おぉ、痛ってぇ」
前田は、赤くなった頬を撫でながら、ニヤけた顔で言う。まったく怯んだ様子もない。
『最低!』
麻衣子は、怒りに満ちた顔で前田をにらみつける。さっき、一瞬とはいえ、前田の荒々しいキスで下腹部に感じたうずき……。それをごまかすように、彼をにらみ続ける麻衣子。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「怖いねぇ」
前田は軽い口調で言う。そして、エレベーターの扉が開いた。麻衣子は、怒ったまま外に出る。その背中に、
「あれ? もしかして初めてだったのか?」
と、バカにしたような前田の声が浴びせられた。

『そ、そんなわけないでしょ!』
麻衣子は、動揺を隠しきれない。キスは何度も昭典としている。でも、セックスはまだ経験できていない。前田はキスのことを言っているはずだが、処女なのを見抜かれてしまったような錯覚に陥っていた。

「まぁ、そうだわな。ラブホに出入りしてて、キスもしないなんてあり得ねーよな」
前田はニヤけながらそんなことを言う。
『あ、当たり前でしょ! いっぱいしてるに決まってるでしょ!』
麻衣子は、ムキになって言う。耳まで赤くして、早口でまくし立てる彼女は、キスされてしまったことに激しく動揺しているようだ。

昭典の、優しくて気を使いすぎているようなキスとは違い、荒々しく、相手のことなんてたいして考えてもいないような自己中心的なキス……。それなのに、麻衣子はドキドキして、かすかに牝のうずきを感じてしまった。それをなかったことにでもしたいのか、麻衣子は強気の姿勢を維持している。

「まぁイイや、とりあえず部屋に入るぞ」
前田は、そう言って麻衣子の腕を掴み、部屋に入っていった。麻衣子は、いきなりキスされた怒りで忘れていたが、部屋に入ったことで不安と怖れがよみがえっていた。何をされるのだろう? このまま、昭典を裏切ることになるのだろうか? そんな不安で、足が震えてしまっていた。

前田は、麻衣子をソファに座らせ、冷蔵庫からビールを2本取りだし、プルタブを開けて飲み始めた。そして、1本を麻衣子の前のテーブルに置き、
「伊藤も飲めば」
と言った。
『ダ、ダメでしょ! まだ未成年なんだし』
真面目な麻衣子は、当然のことながら、酒も煙草も経験がない。経験したいという気持もないし、逆に嫌悪している。煙草の臭いも嫌いだし、酔っ払いのみっともない姿も大嫌いだ。

「未成年がラブホに入り浸ってるのはいいのかよ。いいから、少し飲めって。もったいないだろ?」
『そ、それは……。もったいないって、戻せばいいでしょ?』
「ハァ? 抜いたら戻せねーって。使ったことないのかよ」
『そ、そうなんだ……』
「いいから飲んでみろって。言うこと聞かないと、わかってるだろ?」
前田は、からかい、まとわりつくような言い方をする。麻衣子は、自分の立場を思い出し、うつむいて唇を噛んでいた。そして、恐る恐る缶ビールを手に取った。

麻衣子は、まず臭いをかいだ。ビール独特の臭いが鼻をくすぐり、麻衣子は少し気分が悪くなった。でも、自分を……そして昭典のことを守るために、ビールに口をつけて飲み始めた。それは、初めての味だった。苦くて、喉が熱くなるような感じに戸惑った。そして、顔をしかめた麻衣子に、
「初めてか?」
と、前田が聞いた。

『う、うん。なんか、すごい味だね……』
「ちげーよ。一気に喉に流し込むんだよ。舌じゃなくて、喉で味わえって」
前田はそう言って、グビグビっとビールを流し込んでいく。本当に美味しそうに飲む前田。日常的に飲酒をしているのは明白だ。

『わかった……』
麻衣子はそう言って、言われたとおりにした。でも、麻衣子はすぐにむせてしまい、噴き出してしまった。
「一気に入れすぎだろ。あ〜あ、待ってろ、臭くなるからな」
そう言って、前田は風呂の方に行き、タオルを濡らして持って来た。そして、ビールで濡れてしまった麻衣子の服を拭き始める。
『い、いいよっ! 自分でやるから!』
慌てて前田からタオルを奪い取り、自分で拭き始める麻衣子。でも、すぐに自分の動きが微妙に緩慢になっていることに気がついた。初めてアルコールを体内に入れ、酔ったことにまだ気づいていない麻衣子は、ただ戸惑っていた。

「ビールは臭くなるからよ、ちゃんと拭かないと親にバレるぜ」
前田は、意外なほど優しい言葉をかける。麻衣子は、前田のイメージとの違いに驚いていた。
『う、うん。ありがとう……』
麻衣子はそう言って拭き続けた。そして、もしかして、意外といい人なのかな? と、思い始めていた。でも、次の前田の言葉で、そんな気持も吹き飛んだ。

「じゃあ、とりあえず口でよろしく〜」
前田はそう言って、ズボンとパンツを一気に降ろした。膝まで降ろした前田は、ソファに座ると、麻衣子の手を掴んだ。慌てて目を背ける麻衣子。でも、前田は握った麻衣子の手を自分の股間に持って行った。そして、強引にペニスを握らせると、
「予定あるんだろ? 早く終わらせよーぜ」
と言った。麻衣子はその言葉を、口でして終わらせれば、解放してもらえると受け止めた。しかし、フェラチオなんてしたことのない麻衣子は、戸惑っていた。でも、それ以上に戸惑ったのは、握っている前田のペニスの大きさだった。

昨日、生まれて初めて握ったペニス……。それは、握った片手で隠れてしまうほどのコンパクトさだった。それが、いま握っている前田のペニスは、指もギリギリ回るかどうかと言う太さだし、長さに至っては、両手で握っても隠れきらないと思うほどの長さだった。
女性の胸と同じで、個人差が凄いんだ……。そんな風に思っていると、
「ほら、伊藤も脱げよ。刺激してくれないと立たねーぞ」
と、前田がニヤニヤしながら言った。

『えっ? た、立ってないの?』
麻衣子は、驚きと共に聞いた。
「当たり前じゃん。こんなフニャフニャなわけねーだろ」
前田は、なに当たり前のこと言ってるの? という感じで言う。
『そ、そうなんだ……』
麻衣子は、驚きながらも、確かに固さは昭典の方がはるかに固いなと思っていた。そもそも、まだ立っていないのならそれも当たり前かと思いながらも、これでまだ立っていないのなら、立ったらどうなるんだろう? と、驚いていた。

「早くしろって。わかってるだろ?」
前田は、そんな風に脅してくる。麻衣子は、泣きそうな気持で立ち上がると、ブラウスのボタンに指をかけた。そして、ゆっくりとボタンを外していく。前田は、ビールを飲みながら、ニヤニヤした顔で見続ける。
「いいねぇ。伊藤みたいな真面目なヤツが脱いでると、なんかメチャ興奮するわ」
前田はそんなことを言う。実際に、前田がいつも相手にしているビッチな女達は、前田が言う前からあっけなく全裸になる。恥じらいも何もなく、さっさと脱いでフェラチオしてくる。前田は、いつもとは違う新鮮な刺激に、いつも以上に興奮していた。

麻衣子は、ボタンを全部外すと、泣きそうな気持ちのままブラウスを脱ごうとした。でも、前田のペニスがムクムクっと起き上がってくるのを見て、悲鳴をあげそうだった。それくらい、生き物のように起き上がってきて、太さも長さも変化していった。
麻衣子は、”こんなにも大きいの?”と、より怖れの気持を大きくした。前田のペニスは、そそり立ってお腹につきそうになっている。そして、ヘソを越えて、みぞおちまで届きそうに見える。

「見すぎだって。欲しくなったか?」
からかうように言う前田。まだビールを飲んでいる。
『そ、そんなんじゃない!』
麻衣子は顔を真っ赤にしながら言うと、ブラウスを脱ぎ去った。
「あれ? 意外にでかくね? ていうか、なんでそんなちっちゃなブラしてんの? 食い込んで痛そうだぜ」
前田は、サイズの小さなブラをしている麻衣子に、不思議そうに聞く。麻衣子は、顔を真っ赤にしたまま説明した。

「なるほどな。確かに、巨乳はバカっぽいもんな。でも、伊藤が巨乳でも、誰もバカって思わないぜ」
前田は楽しそうに言う。
「じゃあ、その隠れ巨乳、見せてくれよ」
前田はすごく興味を引かれたようで、ビールを置いてそんなことを言う。
『……わかった』
麻衣子は、覚悟を決めてブラに手をかけた。昭典との未来のため、我慢するしかない……。そんな覚悟で、ブラを外した。

「おぉっ、マジか! スゲぇ良いおっぱいじゃん! マジで綺麗だな!」
前田は、感動した顔で言う。実際、いままで見たどんなおっぱいよりも、圧倒的に美しいと思っていた。Dカップ以上はありそうなサイズ、でも、まったく垂れた感じがなく、つんと上を向いている。そして、乳首も乳輪も、驚くほど小さく、そして、薄いピンク色をしている。まるで、少女の胸を、そのままサイズアップしたような感じだ。

麻衣子は、慌てて腕を胸の前でクロスして隠した。
「隠すなって。そんなおっぱいなら、自慢なんじゃねーの?」
前田はそんなことを言った。麻衣子は、前田の言うとおり、秘かに自信を持っていた。これまで、どのクラスメイトと比べても、負けたと思ったことがない。
麻衣子は、ゆっくりと腕をどかしていった。こんなに明るいところで、じっと見られているのを意識しながら胸をさらしていくのは、真面目に生きてきた麻衣子にとっては、屈辱的だった。でも、それ以上に、昭典のことを裏切るような行動をしなくてはいけないことに、胸が痛んだ。

「いや、マジですごいわ。本当に綺麗な胸してるな」
前田は、本当に見とれている顔だ。そして、思っていた以上に興奮している自分に気がついた。

「見てみろよ、がっちがちになってるぜ」
前田はそう言うと、勃起したペニスを握ってその存在をアピールした。さっきよりも、さらに大きくなったペニス。それは、完全にみぞおちに届いていた。

『すごい……。大きい……』
つい、そんな言葉を漏らした麻衣子。男性の標準的なサイズなんか知らない麻衣子でも、前田のそれが単純に大きいということはわかる。
「だろ? 昭典のじゃ経験できない天国に連れて行ってやるよ」
前田は、ペニスをグルグル回すようにしてアピールする。
『……私……。まだしたことないの……』
麻衣子は、許しを請うために見栄を捨てて告白した。
「はぁ? なにを?」
前田は、意味がわからずに質問した。
『そ、その……。セックスを……』
麻衣子は、耳まで真っ赤にしてそう言った。
「なに言ってんの? 昭典とやってるんだろ?」
前田は、意味がわからないという顔で言う。ラブホテルに入る二人を見た彼には、麻衣子が処女だなんて信じられるわけもなかった。

『さ、最後までは出来なかったの……』
「なんで?」
『……痛くて……』
「あぁ、そう言うことか。アイツ、下手そうだもんな」
『そんなんじゃない!』
昭典のことを馬鹿にされて、思わず声を荒らげる麻衣子。
「ワルいワルい。そっかぁ〜。まだ処女かよ。そりゃいいな。じゃあ、まずはしゃぶってくれよ」
そう言って、ベッドに座る前田。そそり立ったペニスをゲームのジョイスティックみたいに動かしながら、ニヤけた顔を続ける前田。
『さ、最後までは……。許して下さい』
麻衣子は、泣きそうな顔でお願いした。
「わかった、わかった。いいから早くしろって」
前田は、適当に聞き流す感じで言う。まともに取り合ってはいない感じだ。

麻衣子は、上半身裸のまま、前田の前にひざまづいた。そして、目の前のペニスをみて、昨日見た昭典のペニスと比較してしまった。でも、すぐにそんな考えを頭から追い出した。

麻衣子は、ゆっくりと前田のペニスに手を伸ばす。そして、意を決してそれを握った。握ってすぐに指が回りきらないことに驚き、そして、その固さにもっと驚いていた。
「いいねぇ、そのぎこちない感じ」
前田は本当に嬉しそうだ。前田は女性経験が豊富とはいえ、相手はビッチみたいな女ばかりだった。処女と経験したこともない。

『こ、こんなに太いモノなの? これって、普通なの?』
麻衣子は、脅されて無理矢理されているということも忘れて、そんな疑問を口にしてしまう。真面目な麻衣子らしいと言えるのかもしれない。
「いや、俺のはデカいぜ。これ知ったら、普通じゃ満足できなくなるし」
前田は、自分のペニスに絶対の自信を持っているようだ。実際、前田のペニスに狂っているセックスフレンドは多い。中には、自分の学校の教師もいる。他にも、人妻もいれば、風俗嬢までいる。人妻は、友人の母親だったりもする。そんな、セックスモンスターとも言える前田だが、考えてみれば、年下や同年代のセフレはいない。セックスすることはあるが、経験が浅い女性には、前田の大きすぎるペニスは、荷が重いのかもしれない。

『そうなんだ……』
麻衣子は、そう言いながらも信じられなかった。そもそも、こんなに大きなものが、膣に入るということも信じられなかった。
「ほら、早くしろって。犯すぞ」
笑いながら言う前田。本当であれば、さっさと犯してしまうところだが、さすがにクラスメイトという所に、躊躇があった。前田と麻衣子は、普段はまったく接点がない。でも、前田は麻衣子に悪い感情は持っていない。自分とは住む世界が違うと思いながらも、あんな環境の教室で、真面目に勉強をするのはある意味すごいなと、尊敬の念を持っていた。

『わ、わかりました』
麻衣子はそう言って、大きく息を吸い込むと、前田のペニスを口に含んだ。でも、目一杯大きく口を開けたのに、本当にギリギリで、歯がゴリゴリと当たってしまう。
「いてててっ! マジか、もっと大きく開けろって」
思わず声を漏らす前田。麻衣子は、とにかくくわえることに一生懸命で、歯が当たっても強引にくわえようとした。でも、前田の声に驚いて、慌ててペニスを吐き出した。
『ご、ごめんなさいっ!』
慌てて謝る麻衣子。でも、内心は昭典への罪悪感で、胸が潰れそうだった。

「まぁいいよ。よくあるし。舌でペロペロ舐めてくれよ」
前田はそんな指示をする。麻衣子は、うなずいて言われたとおりに舌を使う。昭典にもしたことがない行為だが、オナニーをするときには、毎回必ず想像している行為だ。麻衣子は、ぎこちなく舌を使う。驚くほど硬いペニスに舌を這わせ、カリ首の所も舐めていく。どこをどうしたらいいのかわからない麻衣子は、全体を舐めるようにする。

「お、意外と上手いじゃん。そこの段差の所、もっと強く舐めろよ」
前田は指示をする。麻衣子は、真面目にその通りにする。そして、性格のせいなのか、どうしたらもっと気持ち良くなるかを考え、工夫をするようになっていった。無理矢理させられている……。そんな前提が、すでに崩れつつある。麻衣子は、とにかく一生懸命に舐め続けた。

「なぁ、伊藤って、意外とエロいよな。オナニーとか、けっこうしてるだろ」
前田はそんなことを言い出した。根拠があるわけではなく、直感的に感じたことを口にしたに過ぎないが、麻衣子は過剰に反応した。
『す、するわけないでしょ! 変なこと言わないでよ!』
実際、ほとんど毎日オナニーをしている麻衣子は、激しく動揺していた。そして、そんな動揺をみて、前田は確信していた。
「ウソつけって。だったら、アソコ見せてみろよ。オナってる女は、クリの皮みればすぐわかるんだよ」
前田は、そんなハッタリを言う。
『みっ、見せられるわけないでしょ!』
「いいのか、そんなこと言って。立場忘れんなって」
前田は、優しい顔で言う。麻衣子は、その優しい顔が逆に怖かった。そして、絶望的な気持で、立ち上がってスカートに手をかけた。麻衣子は、思いのほか前田が強引ではなかったので、何となく和んだ気持もあった。でも、下まで脱げと言われて、やっと自分の置かれている状況を強く意識した。

麻衣子は、スカートを脱ぐ。すると、色気も何もない、シンプルなショーツが姿を現わす。
「色気もなんにもないな」
からかうように言う前田。麻衣子は、顔から火が出そうなほど赤くなっていた。そして、なにも言わずにショーツも脱ごうとすると、
「ちょっと待った! あれれ? 伊藤、すごいことになってんぜ」
と、よりニヤけた顔で言う前田。麻衣子は、意味がわからずに、ただ不安になっていた。

前田は、麻衣子の両肩を掴み、強引に座らせる。
『きゃっ!』
と、小さく悲鳴を上げる麻衣子。前田は、すぐに麻衣子の足を広げさせる。
「スッゲぇ、シミ出来てるぞ」
前田の声に、慌ててショーツを確認した麻衣子。すると、膣口辺りを中心に、手の平くらいのサイズのシミが出来ていた。色気もない、ベージュっぽい下着なだけに、シミがはっきりと浮き出ている。麻衣子は、恥ずかしさで慌てて足を閉じようとした。でも、前田は足を掴んだまま緩めない。
「俺のしゃぶって、やりたくなった? やっぱ、伊藤はエロいな」
前田がいじめるように言う。
『うぅ……違う……そんなんじゃない……』
麻衣子は、ろくに言い返すことも出来ない。すると、いきなり前田が麻衣子のショーツを引きずり下ろした。座っているのに、強引に引き下ろす彼。あっという間に、ショーツが太ももの半ば辺りまで引き下ろされてしまった。

『イヤぁぁっ! ダメっ!』
慌ててアソコを手で隠そうとする麻衣子だが、その手すら前田に掴まれてしまった。
「いやいや、スゲぇな。ここまで濡れる女って、いるんだな」
からかうようにう前田。でも、麻衣子のアソコは、実際にしたたるほどに濡れてしまっている。
『違う……そんなんじゃない……』
「なにがだよ。昭典もショックだろうな。まさか、自分の彼女が他の男に興奮して、こんなデッカいシミつくるなんてな」
からかい、笑いながら言う前田。
『イヤぁっ! 酷いこと言わないで! 違う、そんなんじゃないの!』
麻衣子は、昭典の名前を出されたことで、目を真っ赤にして叫ぶ。

「アイツには黙っててやるから、言うこと聞けよな」
前田は、麻衣子のことを扱いやすいと思い始めていた。
『わかりました。絶対に内緒に……お願いします』
麻衣子は観念したように言う。麻衣子にとって、初めて出来た彼氏である昭典は、絶対的に神聖なものに感じていた。昭典にバレるくらいなら、何でもする……。麻衣子はそんな気持になっていた。

「じゃあ、全部脱いで立ってみろよ」
前田は、ニヤけた顔で言う。麻衣子は、黙って立ち上がり、全部脱いだ。
「マジでエロい身体してるな」
前田はそう言って、無造作に麻衣子の胸を揉んだ。
『うぅっ、あぁ……』
麻衣子は、ビクッと身体を固くした。でも、前田の手の平が乳首に触れ、そこから甘いしびれが全身に広がるのを感じていた。
(ウソ……。どうして気持ちいいの……)
麻衣子は、自分の身に起きた事が信じられず、戸惑い震えていた。

「やっぱり淫乱だな。乳首メチャクチャ勃起してるぞ」
そう言って、前田は麻衣子の乳首をつまんだ。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/07/28 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー