エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※友達カップルと、一日だけパートナーを入れ替えて鍋パーティーをしたら01

この前の週末、友達カップルとスワッピングみたいになった。友達カップルの男の方は、俺の高校からの友人で秀夫と言う。親友と呼べる仲だ。秀夫の彼女は麻美ちゃん。大学で秀夫と出会って付き合い始めた。

秀夫はそれほど男前ではないが、もの凄く気の良い男で、誰でも好感を持つタイプだ。ずっとラグビーをやっていたので、ガタイはとにかくいい。麻美ちゃんは、秀夫と並んでいると子供に見えるくらい小柄で、ロリキャラという感じだ。胸もぺったんこで、ツインテールがよく似合う感じだ。でも、見た目に反して、けっこう毒舌で下ネタ好きなのが面白いなと思う。

そして俺は、まったく特徴のない脇役タイプの男だ。中肉中背で、なんでもそれなりに器用にこなす方だ。
最後に、俺の彼女の志保は、肩までの黒髪がとても綺麗で、眼鏡がよく似合う真面目な雰囲気の女の子だ。でも、真面目な雰囲気に似つかわしくない巨乳で、エッチが大好きという、男の願望を具現化したようなキャラだ。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

週末に、いつものように俺の部屋で食事をする事になり、4人でワイワイとスーパーに買い出しに行った。
「やっぱり鍋でしょ!」
秀夫がカートを押しながらそんなことを言う。
『いいねっ!』
志保が同意するが、
『私はすき焼きがいい』
と、麻美ちゃんが言う。
そして俺は、すき焼きがいいと言った。

俺達4人は、いつもカップル同士が意見が合わず、こんな感じになる。
「また意見が分かれた」
秀夫も苦笑いだ。
『なんか、付き合う人間違えたのかもね』
麻美ちゃんが、そんなことを言う。
『そうだよねぇ。私も、秀夫くんと付き合った方が良かったかも』
と、志保も笑いながら言う。
「じゃあ、今日は入れ替わるか」
俺が冗談でそう言ったら、意外にも3人とも”良いね!”と言った。

そして、俺の横にいた志保が秀夫の横に、そして、秀夫の横にいた麻美ちゃんが俺の横に来た。麻美ちゃんは俺の手を握り、
『じゃあ、すき焼きの肉選ぼうよ!』
と、ロリ笑顔で言ってきた。俺は、麻美ちゃんの小さな手で握られて、ちょっと背徳感のようなものを感じた。どう見ても麻美ちゃんは未成年みたいだ。犯罪でもしている気持ちになる。

『じゃあ、私達は鍋の具材選ぼうよ!』
志保も対抗してそんなことを言う。そして、ちょっと遠慮がちに秀夫の手を握った。
俺は、なんでかわらないけど”ドキン”とした。志保が他の男と手を繋ぐ……。考えてみれば、初めて見る光景だ。別に、手を握ったくらいどうということでもない……とは思うが、嫉妬のような感情と、ドキドキするような感情が生まれた。

『どうするの? 両方やる? 鍋2つ使う?』
麻美ちゃんがそう言うと、
「じゃあ、じゃんけんでいいんじゃない?」
と秀夫が答えた。それに志保も俺も同意して、4人でじゃんけんをした。すると、一発で志保が勝ち、鍋ということになった。

『志保ちゃんって、勝負強いよね〜』
麻美ちゃんが羨ましそうに言う。確かに、じゃんけん勝負になった時の志保の勝率は異常だと思う。

そして、ワイワイとああでもない、こうでもないと言いながら買い物が終わり、俺の部屋を目指した。その帰りも、志保は秀夫と手を繋いで歩いた。もちろん俺と麻美ちゃんも手を繋いで歩いたけど、俺は志保が秀夫と手を繋いで歩く姿を見て、おかしなくらいに興奮してしまった。正直勃起して、3人にバレないように歩くのが大変なほどだった。俺は、もしかして自分は寝取られ性癖なのかな? と、この時思った。昔、ヤンマガの彼岸島の寝取られシーンで興奮した事もあるので、もともと素養はあったのかもしれない。

そして、部屋に着くと、料理を始める女子チームと、とりあえずビールを飲み始める男子チーム。
「お前さ、さっき勃起してたろw」
いきなり秀夫に言われて、ドキッとした俺は、しどろもどろでごまかすようなことを言った。
「隠すなって。志保ちゃんが俺と手繋いで、興奮したんだろ?」
「い、いや、そんなわけないだろ!」
「ウソつけってw ていうか、俺さ、メチャクチャ興奮したんだよね。お前と麻美が手つないでるの見てさ……」
秀夫は、すごく照れた顔で言う。
「マジ?」
「マジ」
「そっか……。いやさ、俺もなんだよね」
俺は、正直にカミングアウトした。
「やっぱな。俺とお前って、なんかそういうの似てるもんな」
秀夫はちょっと照れくさそうだ。

『なにコソコソ話してるの? どうせ、下ネタでしょ』
麻美ちゃんが鍋を運んできながら言う。
『え? なになに? エッチな話なの?』
志保も食器を運びながら混ざってくる。
「違うって! 俺と秀夫が似てるなぁって話してただけだよ」
俺は、ちょっと言い訳っぽい感じで言った。
『ホントにぃ? なんか、怪しい』
『悪巧みしてるんでしょ?』
麻美ちゃんも志保も、けっこう見抜いている感じだ。

そんなノリでいつものように食事が始まったが、今日はさっきの買い物の延長で、カップルが入れ替わった感じで食事が進んだ。

いつもは俺と隣同士で座る志保が、テーブルの反対側で秀夫の横に座っている。ただそれだけなのに、妙に落ち着かず、そして、秀夫が言っていたようになぜか興奮してしまった。

「志保ちゃん、あ〜ん」
そう言って、秀夫が志保に箸で肉を食べさせようとした。
『恥ずかしいって!』
志保は素直に食べない。

『照れちゃって、志保ちゃん可愛い』
麻美ちゃんはそう言うと、
『はい、あ〜ん』
と言って、俺に肉を食べさせてきた。俺は、ほとんど条件反射的にそれを食べた。
『あっ! 食べた!』
それを見て、志保がちょっとキレ気味に言う。
『あれ? 今日は入れ替わってるんでしょ?』
麻美ちゃんは、俺に肉を食べさせながらイタズラっぽく言う。それを見て、秀夫はニヤニヤ笑いながら、もう一回麻美に肉を食べさせようとする。
「志保ちゃん、ほら、あ〜ん」
秀夫がそんな風に言うと、今度は志保も口を開けて食べさせてもらった。それだけのことなのに、俺の心は凄くざわついた。スーパーでも、秀夫と手を繋ぐ志保をみて、俺はかなり動揺した。でも、その時もそうだけど、俺は興奮していた。志保が口を開ける。そして、そこに秀夫が肉を入れていく……。それだけのことなのに、キスでもされてしまったほどの焦りを感じる。

『じゃあ、今度は私が』
そう言って、志保が秀夫に椎茸を食べさせようとする。
「あ、俺、椎茸NGで」
秀夫がそう言って逃げようとする。
『え? 好き嫌いはダメだよ。ほら、あ〜ん』
そう言って、志保が強引に秀夫の口に椎茸を押しつけていく。秀夫は少し抵抗したが、あきらめて食べ始めた。

『へぇ、嫌いなものでも、志保ちゃんからだと食べるんだ』
少しすねた感じの麻美ちゃん。俺は、まぁまぁと言いながら、麻美ちゃんに白菜を食べさせてみた。俺が食べさせるのを、秀夫が何とも言えない顔で見ているのを横目に、俺は、続けて肉なんかも食べさせる。

すると、それに対抗したように、志保が秀夫に食べさせる。俺は、妙にドキドキしてしまった。
『あっ、お弁当ついてるよ』
麻美ちゃんはそう言うと、俺の口の端についていたご飯粒を指でつまむ。そして、それを食べてしまった。

『あぁっ!』
それを見て、志保が不満そうに声を上げた。でも、麻美ちゃんはそんな志保を見てニコニコしている。少しからかっているような感じだ。すると、志保が思いがけない行動を取った。

志保は自分の下唇にご飯粒を一粒つける。そして、秀夫の方を見た。秀夫は一瞬戸惑った顔になったが、すぐに志保の唇のご飯粒を指でつまみ、
「子供みたいだなぁ」
と、笑いながら言って食べてしまった。超軽い間接キス……。間接キスなんて言う言葉自体が死語だと思いながらも、凄く嫉妬心が大きくなった。

『そういうのもアリなんだ』
ボソッと言った麻美ちゃん。ロリキャラな見た目に反して、けっこう負けず嫌いな彼女は、少し冷たい目で秀夫を見ながらそう言った。
『ちょっと、着替えてくるね』
麻美ちゃんはそう言うと、風呂の方に行ってしまった。
「え? 着替える?」
秀夫も意味がわからないという感じだ。俺の部屋で何に着替えるんだろう? カバンも持っていかなかったよな? なんて思っていると、麻美ちゃんが戻ってきた。麻美ちゃんは、下着姿になっていた。可愛らしいロリ顔からは想像もつかない、黒いレースのセクシーなランジェリーを身につけている。胸がぺったんこだが、それが背徳的なエロさをかもし出しているような感じだ。

「ちょっ、ちょっと! 何してんの!」
大慌ての秀夫。
『鍋が熱いから、脱いじゃった』
可愛らしく笑いながら言う麻美ちゃん。そのまま、俺の横に座った。俺は、ガン見しながらメチャクチャ興奮していた。
『見過ぎだよぉ』
不満そうに言う志保。
『志保ちゃんも暑いんじゃない?』
麻美ちゃんが、煽るような言い方をする。すると、麻美ちゃんと同じで負けず嫌いな志保は、
『そ、そうだね。じゃあ、脱ごっかな』
と言って立ち上がった。そして、その場で服を脱ぎ始めた……。

【オリジナル作品です。転載する時は必ず本文の最後にリンクを設置して下さい】
続きは出典元から

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/10/25 21:01 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー