エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした5

前回の話

マコト君は、なんの躊躇もなく俺のペニスをくわえてしまった。すぐに舌が絡みついてきて、カリ首のところを強烈に刺激してくる。バキュームも強烈で、思わず声が漏れそうなほど気持ち良かった。嫁やお義母さんのフェラチオも気持ち良いが、マコト君のは力強さもあり、さらに気持ち良いフェラチオだった。

『あらあら。悪いクセが出ちゃったわね。マコトは、どっちもいけちゃうのよねぇ』
お義母さんが、仕方ないわねぇと言う感じで言う。
『えっ? どっちもって、男ともしちゃうってこと?』
嫁がビックリした顔で言う。
『もうしちゃってるわよね』
お義母さんが、おどけて笑いながら言う。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「本当にカチカチですね。それに、カリ高で素敵です」
マコト君は、うっとりした顔で言いながら、さらに力強くフェラチオを続けていく。俺は、男にフェラチオされているのに、嫌悪感もわかず、本当に気持ち良いなと思っていた。それに、上目づかいで俺を見てくるマコト君は、正直、女の子にしか見えない。

『パパ、気持ちよさそうだね。そっちに目覚めちゃった?』
嫁が、からかうように言ってくる。
「目覚めるかも。だって、ミクより上手だよ」
『ん〜っ! マコト君だって、パパより指でするの上手だったよ!』
嫁が、負けじとそう言う。少しムキになっている感じだ。そんな俺達のやりとりを見ながら、マコト君は熱っぽい目でフェラチオを続けていく。そして、俺にフェラチオしながら、ファスナーを降ろしてペニスを剥き出しにした。そのまま、それをしごき始めるマコト君。息遣いがさらに荒くなる。

マコト君は、小ぶりのペニスをしごきながら、
「このおチンポ、欲しくなちゃいます」
と、興奮した声で言う。

すると、少しすねた感じの嫁がマコト君に近づき、そのペニスをくわえてしまった。
「あぁ、ミクさん、気持いいです」
マコト君が、とろけた声を上げる。さっきまでの、クールでテクニシャンな美少年というイメージが、ガラッと変わった。嫁も、主導権を取り戻したような顔になっている。

嫁は、フェラチオしながら器用にマコト君のズボンと服を脱がせていく。俺は、初めて見た嫁の他人棒へのフェラチオを見て、嫉妬と興奮を感じていた。でも、マコト君が中性的というか、雄という感じが薄いので、イメージしていたほどの嫉妬心は起きなかった。
それでも、嫁が他の男にフェラチオしているというのは事実だし、俺にするように嬉しそうに丁寧にしているのを見るのは、胸に来るものがある。

マコト君は、あっという間に全裸に剥かれた。全裸になると、より中性的な感じになった。全体的に、筋肉とは無縁な身体だ。無駄な贅肉もなく、3次元の男の娘そのもののイメージだ。

『可愛いおちんちん。でも、凄く上反りなんだね』
嫁は、子猫でも慈しむような顔でそんなことを言い、マコト君のペニスを舐め続ける。
『そうよ。小さいけど、気持ち良いところに当るのよ。雄一さんのとは違う快感があるわ』
お義母さんは、いつの間にかランジェリー姿になっていた。いつもの、黒のセクシーな上下に、ガーターベルトという、大人の女性の妖艶な姿だ。2人とも、マコト君のペニスを小さいと言い続けているが、俺と比べると確かにそうかも知れないが、標準よりは大きいと思う。たぶん、色白で仮性包茎なので、そう見えるだけなのだと思う。

そして、お義母さんは俺にキスをしてきた。濃厚に舌を絡めて、俺の口の中の唾液を全部吸い尽くすような、いやらしいキスだ。
「あぁ、明奈、僕にも!」
俺とキスをするお義母さんを見て、嫉妬心剥き出しになるマコト君。無理もないと思う。たぶん、6年生の時から6年もお義母さんに仕込まれていたら、本気で好きになってしまうはずだ。

立ち上がるマコト君。明奈さんを物欲しそうな顔で見ている。でも、お義母さんは、マコト君に見せつけるようにキスを続ける。すると、マコト君は我慢できなくなったようで、俺とお義母さんのキスに割って入ってきた。一瞬、マコト君の舌が俺の舌に触れ、不思議な気持ちになった。でも、イヤではなかった。

そして、マコト君に押し出されるように俺が離れると、お義母さんとマコト君は激しいキスを始めた。最初はお義母さんがリードしていた感じのキスだけど、すぐにマコト君がリードする感じになった。
はるかに年下の男の子に口の中をかき混ぜられ、うっとりしたような顔になっているお義母さん。マコト君がお義母さんのことを本気で好きなように、お義母さんもマコト君のことを本気で好きなようだ。

マコト君は、お義母さんにキスをしながら、短いスカートの中に手を差し込む。そして、さっき嫁にしたようにそこに指を滑り込ませたようだ。
『ううぅうっーっ! ンフゥ♡』
キスをしたまま、お義母さんがとろけた声を上げる。マコト君は、さっき嫁にしたのと同じような動きを続ける。すると、お義母さんは太もも周りをガクガクと震わせ出した。生まれたばかりの子鹿のようにガクガクさせた後、つま先立ちするような勢いで脚をピンと伸ばした。
驚くほど簡単にイッてしまったお義母さん。マコト君は、お義母さんの気持いいところを完璧に把握しているようだ。

「明奈、今日はいつもより早かったね。雄一さんが見てるから? それとも、ミクさんがいるから?」
マコト君は、お義母さんのあそこに指を差し入れたまま質問をする。
『りょ、両方。二人が見てるからぁ。マコト、入れて! もう我慢できないのぉ♡』
お義母さんは、少女のような顔でマコト君に哀願する。お義母さんが若々しい理由は、きっとこれなんだろうなと思う。若すぎるマコト君に飽きられないように、いつも努力をしているのだと思う。

「ダメだよ。今日は、僕はミクさんとするんでしょ? 雄一さんに入れてもらいなよ。僕の見てる前で、イキまくってよ」
マコト君は、嫉妬を隠そうともしない。自分はさっき俺のペニスをくわえたくせに、勝手なものだと思う。でも、マコト君には、そんな奔放なキャラクターが似合いそうだ。

『ふふ。嫉妬してるの? いいわよ。思いきり狂うところ、見せてあげる』
お義母さんはそう言うと、マコト君の腕を掴んで膣に入っている指を引き抜いた。マコト君は、一瞬悲しそうな顔になったが、すぐに嫁の方を見て、
「ミクさん、始めましょっか?」
と、声をかけた。ミクは、すでにかなり興奮した顔になっていて、すぐにうなずいてマコト君に抱きついていった。

『そこに座って』
お義母さんは、俺に指示をする。俺は、言われたとおり椅子に座った。すると、お義母さんは俺の服を脱がせていく。そして、全裸に剥かれた俺。お義母さんは、待ちきれないという顔で俺のペニスをくわえてきた。目一杯大きく口を開け、喉の奥に届くほど飲み込むお義母さん。マコト君のフェラチオみたいな力強さはないが、喉まで使ったフェラはたまらなく気持ち良い。

マコト君も嫁も、それをじっと見ている。マコト君は嫉妬に満ちた目で、嫁は、ひどく興奮した目で見ている。
そして、マコト君は嫉妬を振り払うように、嫁にキスをした。さっきも見た光景だが、やっぱり衝撃は大きい。しかも、さっきとは違い、嫁がマコト君を抱きしめて恋人同士のようなキスになっている。俺の中の嫉妬心も、メラメラと大きくなる。

俺もマコト君も、お互いの本来のパートナーのことを見ながら嫉妬を燃え上がらせているのに対し、嫁もお義母さんも、目の前の本来とは違うパートナーのことしか見ていない感じだ。男女の違いなんだろうか?

『本当に大きいわ。歯が当たっちゃう。ごめんなさいね』
お義母さんは、わざわざそんなことを言う。まるで、マコト君に俺のペニスの方が大きいと伝えているような感じだ。マコト君は、お義母さんの言葉に、冷静さを失ったように嫁を押し倒した。そして、はぎ取るように服を脱がせていく。でも、ただ脱がせるだけではなく、脱がせるそばから乳首やクリトリスを愛撫していく感じだ。長年にわたるお義母さんとのセックスで身についたのだと思うが、本当に女慣れしている感じだ。

マコト君は、嫁の乳首を舐めていく。焦らすようにしたり、甘噛みしたりと、とても18歳には見えないテクニックで嫁を責める。
『あぁ、気持いい。本当に上手ね。あぁ、そこ……たまらない……』
嫁は、本当に気持ちよさそうだ。俺とのセックスとは、まるで違ったリアクションをしている。

「ミクさん、凄く綺麗です」
マコト君は、落ち着きを取り戻したのか、クールな言い方で嫁を褒める。絶え間なく舌と唇、そして指が嫁の身体を責め続ける。俺なんかは、舐めていると指の動きがおろそかになるし、指に集中すると、舐めるのを忘れてしまったりする。でも、マコト君はそれぞれに意思があるみたいに、絶え間なく動かし続ける。

『うぅあぁ、ねぇ、舐めてぇ。アソコも舐めて欲しいぃ♡』
嫁は、焦れたようにおねだりをする。こんな風になっている嫁は、初めて見た。悔しいという気持ちと、嫁の知らない顔を見ることが出来た興奮で、息が荒くなる。

『もっと固くなったわ。興奮してるのね。この、かた〜いおチンポ、頂いちゃうわね』
お義母さんはそう言うと、すっと立ち上がり、椅子に座る俺にまたがってくる。そして、いつものように、コンドームもなにもなしで入れてしまった。お義母さんの膣は、いつもよりも熱く絡みついてくる感じがして、俺は声を漏らした。
『ふふ。凄いわ。子宮、潰れちゃってるわ。大きくて長いから、そのまま子宮の中に入っちゃうかも』
お義母さんは、俺の方を向いてそんなことを言うが、後ろのマコト君に向けて言っているみたいだ。

マコト君は、こちらをチラチラ見てはいるが、もう取り乱したりせず、嫁の身体を責め続けている。そして、嫁のリクエスト通り、クンニを始めた。ベッドの上で、他の男にクンニをされる嫁。想像していた以上のショックを受ける。しかも、嫁は最初からあえぎまくっている。

『うぅっ! あ、あぁっん♡ そ、そこぉ、うぅっ! 気持ちいいぃ、本当に気持いいぃ』
少しのけ反るような感じであえぐ嫁。マコト君は、嫁のお尻の下に手の平を差し込むようにして持ち上げ、そこにクッションを挟んだ。すると、嫁のアソコがはっきりと見える状態になる。そこは、グチョグチョに濡れて光っていた。唾液……だけではなく、嫁の中から溢れた蜜が、お尻の方にまで流れてしまっているみたいだ。

そして、より舐めやすい状態になったクリトリスを、マコト君は集中的に舐め続ける。
『うぅっ! あっ! あっ! すごいぃっ! 気持いいっ! クリ凄いのぉ♡』
嫁は、はるかに若い男に、こんなにも狂わされている。

お義母さんが耳元で、
『もう、イッちゃいそうね。雄一さん、ミク奪われちゃうんじゃな?』
と、いじわるな顔で言った。でも、俺はその言葉に激しく反応してしまった。どうしてそんなに興奮するのかわからないまま、危うくイッてしまうところだった。
『凄いぃ、カチカチになってきたわ♡ イッちゃうの? まだダメよ。もっと天国見せてくれなきゃ』
お義母さんは、そんなことを言いながらも、強烈に膣を締めてくる。日頃のエアロビの成果が痛いくらいに発揮されている。

俺は、思わずお義母さんを抱きしめた。そして、キスをした。すると、お義母さんはとろけたような顔になり、膣の締めつけが弱まった。俺は、そのままお義母さんを突き上げ始めた。椅子がガタガタ言うほど強く突き上げる俺。
『んっ! んっ! んんっー!』
お義母さんは、俺とキスをしながらうめき叫ぶ。亀頭の先が子宮にゴリゴリと当る感じがするが、かまわずに突き上げ続ける。本当に、子宮の中に入ってしまうんじゃないかと思うくらいに腰を振る俺。
お義母さんの背中が、鳥肌が立ったようになっていて、同時に汗が噴き出ている。

すると、
『うぅっ、指ダメぇ、うぅあぁっ! イッちゃうから、もうイッちゃうっ、そこ、気持いいのぉ!』
と、嫁の切羽詰まった声が聞こえてきた。俺は、お義母さんとキスをしたまま嫁の方を見た。すると、嫁も俺の方を見ていて、バッチリと目が合ってしまった。泣きそうな顔で俺を見つめる嫁。でも、顔が見たことがないくらいにとろけている。

すると、お義母さんはさらに俺にきつく抱きつきながら、
『イクっ! おまんこイクっ! ぶっといおチンポイクぅっ!! イッてぇっ! 雄一さんもイッてぇっ! 子宮の中にまで注ぎこんでぇっ!』
と、絶叫した。そしてほとんど同時に、
『イッちゃうぅっ! イクっイクっイクぅぅっ!! ダメぇぇぇっっ!』
と、嫁が絶叫しながら潮を噴いた。太もも周りがガクガクと痙攣するように震えているのが見える。俺は、それを見た瞬間、敗北感と共に射精していた。
『んおぉおおおぉんっ! イグッ! イグッ! イグぅっ!! 子宮の中までいっぱいになっちゃうのぉっ!』
お義母さんも、俺の中出しを受けながら果てた。お義母さんは、イク間際、俺の背中に爪を立ててひっかくようにした。でも、その痛みですら快感だった。

俺は、ベッドの上の嫁を見た。嫁は、だらしなく足を開き、カエルの死体みたいになっている。そして、荒い呼吸にあわせて大きく上下する胸。そして、その動きにあわせて、嫁のアソコからぴゅっ、ぴゅっ、と、断続的に潮が噴き出る。完全にイカされてしまった状態だ。

嫁のあられもない姿にショックを受けていると、
『いつもより固くて大きかったわ。でも、ちょっと早すぎよ。もっと楽しませてね♡』
と、お義母さんは言い、俺にキスをしながら腰を振ってきた。それだけではなく、俺の乳首まで刺激してくる。俺は、イッたばかりでくすぐったいと思いながらも、早くも復活しつつあった。

そんな俺の耳に、
「入れるよ」
という、落ち着いたマコト君の声が聞こえてきた。
慌ててそちらを見ると、まさにマコト君が嫁に挿入しようとしていた。俺と同じで、コンドームをつけることもなく、そのままのペニスを入れようとしているマコト君。若い彼の精液と、私の精液では勝負にならない気がする。そんな危機感を感じているのに、俺は結局、声をかけることも出来なかった。

『来てぇ♡』
嫁は、とろけきった顔でそんなことを言う。今日は、最初からこうなることはわかっていたはずだが、いざその場面を目の当たりにすると、足がすくんだようになってしまう。

そして、マコト君は俺のよりは小ぶりなペニスを握り、嫁の膣口にこすりつけるようにする。すんなりと入れず、AV男優が焦らすようなことを繰り返す彼。俺が彼くらいの歳の時は、少しでも早く入れたいと焦って、すぐに入れてしまったはずだ。

『う、うぅ、早く、いじわるしないでぇ……』
嫁がとろけた声で言う。

すると、お義母さんが、
『あら、また固くなってきたわ♡ 素敵よ』
と、妖艶な顔でささやいた。そして、それだけではなく、
『マコトのより奥まで届いてるわ♡』
と、煽るように言った。

俺は、慌ててマコト君を見た。すると、マコト君は泣きそうな顔になっていた。そして、すぐに嫁の生膣に入れてしまった。
『うぅ……あぁ、こ、こすれるぅ、これ凄いぃ……』
嫁は、トロンとした顔のまま気持ちよさそうな声を上げる。でも、お義母さんほど大きくあえいでいるわけではない。嫁は、声を我慢しているような感じがする。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/19 01:20 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー