エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

ヤンキー女達にいじめられている子を助けようとして、僕はおもちゃにされました

僕は人見知りっていうか、対人でちょっとおどおどしたところがあって、いじめとかはなかったのですが、親しい友人以外は話することもなくて、ごく限られたグループの中でだけ楽しい時間を過ごしていました。
見た目で暗い感じとかでは無かったので、大人しい奴くらいの印象だったと思います。
仲良しグループは僕以外に男子3人と、女子4人で、放課後の教室で話したり、休日に遊びに行ったりしてました。

夏休み前のある日の放課後、トイレに行こうとしたら、女子トイレにヤンキーの3年生3人と一緒に入る、仲間の一人のN子が見えました。
不思議な組み合わせだったので、ちょっと気にしつつも僕は男子トイレで用を足し、トイレから出たところで、N子の悲鳴のような声を聞いてしまいました。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

何してるのか気になったんですが、女子トイレの中での出来事なので様子もわからず、でもこのまま立ち去るのもN子が心配で、トイレの外から様子を窺ってました。

午後4時を過ぎて周りには誰もいないし、でも相変わらずN子の悲鳴は聞こえてくるしで、助けに入ろうかとも考えたんですが、気の弱い性格だったのでどうすることもできずにトイレの外で立ちつくしていました。

そのとき、女子トイレのドアが開き、ヤンキー先輩の一人が出てきて、僕は見つかってしまいました。

「てめえ何してんだよこんなところで!!!」

凄んできた相手は、ヤンキーながら美人で有名なK理でした。
僕はその迫力にビビリ、でもN子も心配だったので、ちらっと女子トイレの中を見たら、制服を脱がされブラジャー1枚のN子でした。

そのとき手を掴まれ、「ちょっとこっち来な!!」と、トイレの中に連れ込まれてしまいました。

「てめー、覗いてんじゃねーよ!」

足に蹴りを一発入れられて、すっかり萎縮してしまった僕でしたが、N子の事が心配で、普段なら絶対につかわない乱暴な言葉で、「やめろよ」と抵抗しました。

「うるせーんだよ、てめー2年のくせに3年に対してそんな言葉つかってんじゃねーよ!」とK理は凄みを利かせ、顔を平手打ちしてきました。

そのとき、K理の連れのヤンキー先輩の一人が・・・。

「ぜってーチクルんじゃねーぞ!もしチクったら、仲間でてめーらヤキ入れてやるからな!」

そう言いながら、トイレから出て行こうとしました。
この日はこれでヤンキー先輩からは解放され、3人が去った後N子を見ると、ブラジャー1枚で個室の中で床に尻をつき泣いていました。
N子の股間には、トイレ掃除に使うブラシの柄が刺さっており、出血もしてるようでした。

「大丈夫」と声をかけると、「いやー、見ないでー」と小さく叫び、体を丸めてドアの陰に隠れようとしていました。

床にあったN子の制服を着せようとしたら、びしょびしょに濡れていて、どうしようと思い考えを巡らせていると、体育で使ったジャージが教室にあるのを思いつき、N子に「ちょっと待ってて」と声をかけると、教室へと戻りました。

N子の鞄と自分の鞄を持って女子トイレに戻ると、N子はブラシを抜いてトイレットペーパーで股間を拭いていました。
僕は制服が濡れて着れないと思うから、「ジャージに着替えなよ」とN子の補助バッグを手渡し、とりあえず女子トイレから出ました。

しばらくするとN子が着替えて出てきて、ふらふらと教室へ入りました。
N子は自分の席に座り、両手で顔を覆いながら泣いているようでした。
僕は何があったのか聞こうと思いましたが、どうしても声をかけることができず、30分ほどが経ったと思います。

やっとかすれた声で、「何があったの?」と聞いたところ・・・。
以前からK理に目を付けられていて、今日までは何もなく逃げ回っていた。
今日はたまたま教室に一人で居るところに仲間と3人で拉致されてしまい、トイレに連れ込まれた。
K理の仲間の一人M香が好きだったらしい3年の男子が、K子の事が好きだとわかり、それが理由でリンチされた。
・・・と、ぼそぼそと話してくれました。

その頃には、もう6時近くになっていて、学校を出ないとまずい時間になってしまい、K子も少し落ち着いたようだったので、ジャージ姿のK子を家まで送っていくことにして学校を出ました。
帰り道に、「今日の事は絶対に誰にも言わない」と約束をさせられ、僕も約束して別れました。

翌日、N子は学校を休み、僕は心配して帰りにでもN子の家に寄ってみようと授業を受けていました。
給食を食べ終わった後、図書館で暇潰ししようと向かっていたら、前から昨日のヤンキー先輩達が歩いてきました。
向こうも僕に気がついて、「昨日のやつじゃん、ちょっと顔貸しな!」と図書館の先の視聴覚室へ連れて行かれました。

びくびくしながら視聴覚室へ入ると、まず足にK理の蹴りが入りました。

「ぜってー昨日のこと誰にも言うなよ!」

そう念を押され、それでも心配だったのか、僕の生徒手帳と財布を奪い・・・。

「返して欲しかったら、放課後、体育準備室に来い!」と捨てゼリフを残して去っていきました。

午後の授業は放課後の事が心配で、先生が何を話しているのかも耳に入らず、バックレて帰ろうか、それとも誰かを連れて行こうか思い悩み、でも誰にも言えずに放課後を迎えました。
昨日の事もあり、リンチされるのかとびくびくしながら体育準備室へ向かうと、すでに3人が来ており、そのまま体育館裏にあるプレハブに連れて行かれました。
そのプレハブはグラウンドで使う道具がしまってある場所で、普段は誰も行かない場所にあり、なにかあった場合は助けを呼ぼうと思っていた僕は、その考えが甘かったことに後悔しつつプレハブに押しやられました。

プレハブの中は、文化祭で使った看板や、卒業入学の看板などが窓を塞ぐように立てかけてあり、校舎の陰にあることもあり、陽も入らず薄暗い状態でした。
奥に走り高跳びのときに使うマットがあって、その前まで背中を小突かれながら進むと、背中を蹴り飛ばされ、マットに倒れこんでしまいました。
K理達を見上げると、たばこに火をつけながら僕を見下ろし、「昨日の事も今日の事も、ぜってー誰にもチクんなよ」と睨みをきかせ、もし約束をやぶったらどうなるかを話していました。

「誰にも言わないから手帳と財布を返して」

僕は、やっとの事で声を振り絞りK理に手を伸ばしました。

K理達は、そんな僕を取り囲み、「信用できないから」と、なぜか学生服を脱がしにかかりました。

学ランを脱がされ、その下のTシャツも脱がされた僕は必死に抵抗していましたが、女子とはいえ3人がかりでやられてはなすすべも無く、あっという間にパンツ一枚にされてしまいました。
K理は使い捨てカメラを取り出し、何枚か撮りながら、「パンツも脱ぎなー」と頭を踏みつけてきました。

そのときK理のスカートの中が見えてしまい、そのつもりもないのにチンポが勃起してしまいました。

「こいつ、K理のパンツ見て、勃ててんじゃねーの?」

M香と、もう一人のA美が囃し立ててきました。

「服を着させてください」

僕は真っ赤になりながら懇願しましたが、彼女たちには通用せず・・・。

「勃ってるところ見てみようぜー」

M香がパンツに手をかけ、脱がされてしまいました。

「やめろよ」

抵抗するも、脱がされた服は彼女達の後ろに捨てられ、身を隠すものが何もない状態で、K理の押すシャッターの音が聞こえて来ました。

「へー、こんなふうになってんだー」

3人がチンポをしげしげと眺め、手で隠そうとしても「隠すな」と手を押さえられてしまい、彼女たちのおもちゃにされてしまいました。

それまで感じたことのない屈辱感にK理を睨んでいると、なぜかK理が制服を脱ぎ始めました。
目の前で裸になっていくK理から目をそらそうとしても、学内1と言われるK理の裸を見れる欲求に負けてちらちらと見ていると、下着だけになったK理が僕のそばに寄ってきました。

「ちゃんと押さえといてよー」

K理は残りの2人に声を掛けて、僕のチンポに恐る恐るという感じで触れてくると、「すごーい、こんなになるんだー」と、感想を言っていました。

K理の手の感触を感じて、ますますびんびんになってしまったチンポに、K理は口を近づけてきました。
少し躊躇したような感じのあと、K理は僕のチンポを口に咥え込み、ゆっくりと頭を動かし始めた。
初めての感触にびっくりしながら、(なぜ?なんで?)と疑問が頭に浮かぶが、チンポを中心にかつてないほどの快感で、その疑問もかき消され、「うぅ」と声にならない呻き声をあげるので精一杯だった。

手を押さえてた二人が、「出すところ見たい」とK理に声をかけ、K理も咥えながら「うん」と返事をして頭を動かしている。

「出しそうになったらちゃんと言えよ」

M香は僕の顔を覗き込みながらそう言い、その瞬間に出そうになった僕は、「でる!!」と呻きました。
チンポを咥えていたK理が頭をあげて手でしごき始めると、いままで出したこともないような量の精液が噴水のようにびゅっびゅっと吹き上げました。
出た精液は、真上で見ていたK理の顔や覗き込んでいたA美の顔にまで飛び、「いやだー、きたないー」とティッシュを取り出し拭っていた。

僕は、自分で出す時よりものすごい快感の射精の余韻を感じながら、顔の精液を拭き取っているK理を見ていた。

そのとき誰かがまだ勃起しているチンポを握り、「まだ元気なんだー」と言った。

チンポを握っているのはA美で、その手を上下に動かしチンポをしごき始めた。
先程の射精で、腰の辺りまで痺れるような感覚のまま、さらに与えられる刺激に僕は、「あぅ!」と呻く事しかできなかった。

ふとK理を見ると、穿いていた下着を脱ぎ、ブラジャーだけになって自分のあそこを弄っていた。
そしてゆっくり僕の腰に跨ると、A美に「そのままちんぽ押さえててね」と言い、腰を沈めてきた。

M香が、「ほんとに大丈夫?」とK理に聞いていたが、K理は「大丈夫」と返事をして、続けて「上から私を押さえてくんない?」とM香にお願いしていた。

M香に押さえられながら、僕の目をじーっと見たK理は、「一気にいくからね」とM香に声をかけ、チンポとあそこの穴の位置を探り、全体重をかけてきた。

「ぐっーーっぅーーーー」

K理が呻きながら、チンポが全部K理の中に入った瞬間に、M香とA美が「おぉーっ」と歓声をあげた。

K理は顔をしかめながら、ちょっと嬉しそうな顔をして、僕にしがみつくように倒れてきた。
僕は混乱している頭で、なぜこんな事になったのかを考えてみたが、理由もわからず、それよりも初めてセックスをしていると思うと、余計に頭が混乱していった。

K理はしばらく僕に抱きつくように倒れていたが、上半身を起こすと、ゆっくり体を動かしてきた。
少し動くたびに、眉間にしわを寄せ、痛がっていたが体の動きを止めることはしなかった。
そのうち、痛みも和らいだのか、少しずつだった動きがだんだん大きくなり、K理が発する声も甘えた感じのトーンに変わっていった。
コツを掴んだのか、体全体を揺らす感じだった動きが、腰だけ前後に揺するようになり、足を使って上下に動いてみたりと、色々試しているようだった。

そのうち僕が我慢できなくなり、「出そう」と言うと、K理は僕の目を見つめ腰の動きを早めていった。

その動きにつられてチンポが爆発しそうになり、「出る出るー!」と呻くと、K理の子宮の中を精液で満たすかのようにびゅるるびゅるると射精した。

K理も、中に精液を感じたのか軽く、「んぅ」と呻くとゆっくり体を倒してきて僕に抱きついてきた。

2度の射精でもチンポが萎むこともなく、彼女の中でびくんびくんと脈打っているのがわかる。
K理は、ゆっくり体を起こし、立ち上がろうとした。

K理のあそこからチンポが抜けるとき、ずるんっと音がする感じがした。
僕を跨いで仁王立ちしたK理のあそこから、ぼたぼたとピンク色の固まりが落ちて、僕のへその辺りに溜まっていった。
K理はM香に掴まりながらふらふらと歩き出し、ティッシュであそこを拭いていた。
A美が、僕のへその辺りに溜まっている精液をまじまじと見つめ、そしてティッシュで拭いてくれた。

なにがなんだか分からないまま、無言で服を着て息を整えていると・・・。

「いま起こったこと写真に撮ってあるから、これから私たちの言うことを聞かないとお前の事学校中にばらすからな」

そう脅しをかけて、「わかったら明日も放課後、ここに来いよ」と言い残してプレハブを出て行った。

僕は、初めてセックスしたことと、まだ腰の辺りに残る快感の余韻を不思議に思いながら教室へと鞄を取りに戻った。
もうN子の家へお見舞いに行くことも忘れて家へと帰った。

自宅に戻り、とりあえずシャワーを浴びてその日に起こった不思議な体験を考えていた。
K理達がなぜ僕を相手にあんな事をしたのか、どんなに考えても分からない。
初めてのセックスを体験したのに、しかも相手は学内でも美人で有名なK理だったのに・・・。
僕の心は初体験を喜ぶ気持ちにはなれず、明日からの事を考えて憂鬱になるばかりだった。

次の日の朝、仮病で学校を休もうとも思ったが母親には通じず、仕方なく学校へ向かった。
今日は見つからずに授業が終わったらさっさと帰ろうと思っていたが、この日は掃除当番だったので、教室の掃除と理科室の掃除をしなければならなかった。
教室に残っていると先輩達に捕まると思った僕は、理科室の掃除に行くことにした。
理科室は3年の教室からも遠く、見つからないだろうと思ったからだが、理科室の掃除が終わったらどちらにしても教室へ戻らなければならない事に気がついた。

案の定、教室の前に昨日の3人がいて、「昨日のところで待ってるからなー、見つからずに来いよ!」と一言残して立ち去っていった。

しぶしぶ体育館裏のプレハブへ行くと、先輩達がたばこを吸っていた。

「おせーんだよ何やってんだよ掃除くらいさぼってこいよ!」

A美がすこし笑いながら言い、僕に何か放り投げてきた。
缶のオレンジジュースだった。

「とりあえずこっちきてそれ飲みなよ」

そう言ってK理が手招きをしてきた。
僕は、3人が何を考えているのか分からない。

「何で僕を呼び出すんですか?いやなんですけど・・・」

「なにふざけたこと言ってんだよ、てめぇが拒否できると思ってんの?私たちに言われたら素直に言うこと聞くんだよ!」

M香が理由にならない脅迫で僕に言うことを聞くように言った。

「まぁいいじゃん、お前も気持ちよくなれんだし、どうせヤッた事なかったんだろ?K理が初めての相手でよかったじゃん。私たちに感謝しなよ」

・・・と、A美が僕をなだめようと話を始めた。

「私たちも男の体に興味あるしさ、あんたならちょうどいいんだよね。ま、あんたには拒否させないから、私たちが飽きるまで付き合ってもらうよー。そうそう、いやだって言ったら写真あんたん家に送りつけてやるし」と、写真をネタに脅迫してきた。

僕はなんとか許してもらおうと謝ってもみたが、3人はどうしても聞かず、「さっさと服脱げよ、ほらほら。また遅くなったらどうすんだよ」とマットの方へと僕を押しやった。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/17 00:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー