エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

四十路の私が、日頃のストレスを晴らすために若作りして街に出たら、ナンパされました

私、40歳になっちゃいました。
毎日が子供に追われる日々で全然女してないです。まるで家政婦みたいです。

子供も高校生なり、最近自分の時間が持てるようになり、家で、若いころの服着て楽しんでます。
そして主人とは年に2~3回あればいいほうです。だからオナニー始めました。

この間、恥ずかしかったけど今時の若いこの髪形に化粧と格好して買い物に出かけました。
ヒラヒラミニに見せブラとキャミにジャケットとブーツ。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

一見短大生?後姿は見えたはずです。
婦人服、下着売り場を出たところで、今日は休みで暇してる風な35歳くらいの男の人とぶつかって、転んじゃいました。

「きゃ~!あ!」
パンティー見えたかも?すぐ手で押さえました。

男の人が手を差し伸べてきて起こしてもらい、その場でお話してたら、
お茶でもって事で喫茶店に入り、いろいろお話して、お互い暇だから映画見ることになりました。
見てるうちに手と手が触れ、握り合ってました。私はどきどき感で映画どころではありませんでした。

映画が終わった瞬間にキスされ「え~」って思いました。
映画館を出てドライブ行こうって言い出し、どきどきしながら無言で付いて行き、恥ずかしさでほとんど下を向いてました。

まるで若いころの初デートみたいな気分でした。
車が止まりドアを開けたら、「え~??ラブホ??ちょっと待って~」と言う前に手を引かれ部屋に入っちゃいました。

入ってすぐ男の人に抱っこされブーツ履いたままベットに寝かされ、男の人は映画館の続き、って言いキスしてきて首筋から愛撫が始まり脱がされながらキスの嵐です。
こんなこと15年はされたことがなくって、ダメって思いながらも感じてました。

パンティーに手がきて脱がされて、顔がきたとき「あ!ダメ、汚いわ~、シャワーさせて」って言っても聞いてくれなくてそのまま強引に舌で舐められて液が溢れてきました。
その後挿入され、ゆっくり突き上げられながら激しいピストンの繰り返しで、男の人は胸に出してきて余韻に浸りながらテッシュで拭いてから、手を引かれながら一緒にシャワーしました。

主人にもされたことのない、体を洗ってくれてタオルで拭いてくれました。
そして抱っこされてまたベットに行き2回目。今度は私から反り返った物を咥えて舐めてあげました。

挿入されてから、今度は体位を変えながら15年ぶりのバックから突かれてピストンにあわせながら腰を振ったりして、子宮奥まで突き上げられて私は久しぶりに逝っちゃいました。
私は激しい鼓動と息づかいでしたが、男の人はまだみたいでさらに激しく突いてきて、失神寸前のところで抜き口に持ってきて出されました。

口の中いっぱいに出され、そのまま股も開けたまま体が硬直してました。
ザーメンが頬から耳元に流れ、首筋に冷たい感じがした時に体が動き、テッシュを取り拭いてたら、後ろから抱きかかえられ、鏡に私を写しながら乳首とあそこをいじくり回されました。

私は淫らないやらしい顔を見せ付けられて感じちゃい、あそこからどれだけ出るのかって思うほど液が出てきていやらしい音が部屋中に響いてました。
しばらくして3回目。もう体力がなくってされるままに突かれてました。

途中で失神したと思います。
気がついたときお尻に冷たい感じがして見たら、あそこからザーメンが???中出しされてました。

気持ち良くって「出して~中に~~」って言った記憶を家に帰ってから思い出しました。
一夜いや、一昼のめちゃくちゃ気持ちよかったSEXを味わえました。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/14 15:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー