エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※仲良くしてるお隣夫婦が、セックスしてるのを見て欲しいと言ってきた3

前回の話

嫁は、大介君の精液を飲み干すと、私の方を見て大きく口を開けた。嫁の口の中は空っぽで、何もなかった。私は、それを見て多分うめき声をあげていたと思う。大介君と同じリアクションをしてしまったみたいだ。

『飲んじゃった。なんか、凄く喉ごし悪いんだね』
嫁が、ウェッと言う顔で言う。私は、嫁に精液を飲んでもらったことがない。記憶では、口の中に出したことすらないはずだ。
『あれ? 由里ちゃん飲んだことないの?』
と、茉莉(まり)ちゃんが聞く。
『うん。初めてだよ〜。飲まなきゃよかった』
マズそうな顔のまま言う嫁。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

『大介、よかったね。由里ちゃんの初めてもらっちゃったね』
茉莉ちゃんが、ニヤけながら言う。大介君は、嬉しそうにうんとうなずいた。
『ゴメンね。あなたのも飲んだことないのに、大介さんの飲んじゃって』
由里は、私に向かってそんな風に謝ってくる。でも、言葉では謝っているけど、顔は挑発的というか、妙に興奮したような感じだ。

すると、茉莉ちゃんが私のモノを握ってきた。
『純さんのカチカチ。イッても固いままですね。由里ちゃんが大介のザーメン飲んじゃって、興奮してるんですね』
落ち着いた口調で言う茉莉ちゃん。顔だけ見ていると、眼鏡の似合う知的な女性という感じだ。図書館の司書をしていただけに、インドアなイメージが染みついているみたいだ。
それなのに、あらわになった胸は、嫁と違って凄く大きい。胸が大きい女性は、どちらかというと知的とは逆のイメージの場合が多いと思うが、茉莉ちゃんは知的な上に巨乳だ。そして、投稿サイトにハメ撮りを投稿してしまうほどにエッチな女性だ。ギャップが凄くてドキドキしてしまう。

『茉莉ちゃんは、よく飲んだりするの?』
嫁が質問する。
『う〜ん。大介以外には10人くらい飲んだかな?』
茉莉ちゃんが平気な顔で答える。私は、茉莉ちゃんが少なくても大介君以外に10人経験があるという事に驚いた。
『えっ? そんなに?』
嫁が驚く。でも、大介君も驚いた顔になっている。
「10人って? どうして?」
大介君は、ショックを受けた顔で質問する。
『え? なにが?』
茉莉ちゃんは不思議そうに言う。
「だって、俺の前には3人付き合っただけだって言ってたじゃん」
『うん。付き合ったのは3人だけだよ。付き合ったのはね』
茉莉ちゃんは、大介君をいじめるような感じで言う。
「……エッチしたのは何人くらいなの?」
大介君が、消えてしまいそうな小声で聞く。
『う〜ん。わかんない。大介だって、今まで食べた米の数なんか分からないでしょ?』
茉莉ちゃんは、そんなわけのわからないことを言う。
「最低10人ってことだよね?」
大介君は、顔色が少し青白くなった気がする。
『さぁ?』
茉莉ちゃんは、完全にいじめるモードだ。

『意外だね。茉莉ちゃんって、大介君しか知らないって思ってた』
嫁が目をパチクリさせて言う。

『今時そんな子いないでしょ? 由里ちゃんだって、そうじゃないの?』
茉莉ちゃんがそんな質問をする。私は、ドキンとした。嫁は、私には一人しか経験がないと言っていた。私の前に付き合っていた彼氏としか経験がないと言っていた。でも、茉莉ちゃんみたいに、付き合っていた男以外との経験があるのだろうか?

『私は一人だけだよ。純一さんの前に付き合ってた彼とだけだよ』
嫁がそう答えた。私は、心底ホッとした。ホッとしすぎて、涙目になってしまった。
『そうなの!? 少ないんだね。あっ、元カレとはどれくらい付き合ってたの?』
茉莉ちゃんが、思いついたように質問する。考えてみれば、私もそこまで詳しくは聞いていない。
『えっと……。8年……9年かな?』
嫁は、少し口ごもりながら答える。
『長い! それって、純さんより長いんじゃない?』
『そ、そうだね。ちょっとだけ長いかな?』
嫁は、言いづらそうに言う。ちょっとどころではない。私とは、付き合い始めた時から数えても、たかだかまだ5年だ。その、倍近くの時間を一緒にすごした……。そう思うと、顔も知らない元カレに、猛烈に嫉妬してしまった。

『でも、どうして別れたの? それだけ長いと、なかなか別れられないでしょ?』
『浮気されたの。よくあるパターン』
『酷いね。捨てられたの?』
茉莉ちゃんが突っ込んだ話を聞く。私は、嫉妬と好奇心で息が荒くなっていた。

『捨てたの。だって、家に行ったら、ベッドに二人で寝てるんだもん。花瓶の水ぶっかけて、出ていったわよ』
思い出してムカついたのか、少しイラッとした口調でそんなことを言う嫁。
『え? 花瓶……。もしかして、俊太君?』
『えっ!? 何で? どうして知ってるの?』
嫁は、本気でビックリしている。

『ゴメンね……。それ、私……。水かけられたの、私だよ……』
茉莉ちゃんが申し訳なさそうに謝る。
『ホントに!? そうだったの?』
嫁は心底ビックリした顔で言った後、爆笑し始めた。
『世間は狭いのね。まさかあの時の子が、茉莉ちゃんなんてね』
笑顔で言う嫁。
『怒ってないですか?』
『怒ってないわよ。だって、もう昔のことだし、そのおかげで純一さんと結婚できたんだし。感謝したいくらいよ』
嫁が、笑顔のまま言う。嫁の性格上、本気で言っていると思う。竹を割ったような性格なので、本当にもう気にもしていないのだと思う。

「二人は棒姉妹なんだ。本当に世間は狭いんだね」
大介君も、驚きを隠せない感じだ。

「もう、好きじゃないの?」
私は、気になってしまい、そんな質問をした。
『もう忘れたよ。いま話が出るまで、思い出すこともなかったし』
嫁が明るい口調で言う。

「どんな人だったの?」
大介君が、茉莉ちゃんに聞く。
『酔っ払ってたから、あんまり覚えてないんだ。その時1回だけだったし』
茉莉ちゃんは、素直に答える。
「お持ち帰りされたってヤツ?」
私がゲスな聞き方をする。
『うん。あの頃はよくお持ち帰りされてたから……。でも、水かけられたことははっきりと覚えてる!』
茉莉ちゃんは楽しそうに言う。そんな会話をしたことで、何となくセクシャルな空気が薄くなっていた。とはいえ、女性陣は上半身裸のままだし、男性陣は下半身裸のままだ。

『由里ちゃんも、ネットに投稿してみる?』
急に茉莉ちゃんがそんなことを言ってきた。
『え? 無理だよ! 茉莉ちゃんみたいに巨乳じゃないし、恥ずかしいよ……』
嫁はそんな風に答えるが、嫌がっている感じではなかった。
「顔隠せば平気だって。やってみたら?」
私が焚き付ける。ネットに載せるのは怖いと思うが、それでも、嫁の裸が世界中に拡散され、多くの男性のオナニーのおかずになると思うと、言いようのない興奮を覚える。

「カメラ持ってくる!」
大介君は力強く言うと、ダッシュでカメラを取りに行った。
『でも、やっぱり恥ずかしいよ……』
嫁が恥ずかしそうに言う。
『私も最初はそうだったけど、すごく快感だよ。顔隠せば平気だから』
茉莉ちゃんが少し興奮した顔で言う。茉莉ちゃんみたいな真面目そうな女の子が、顔を上気させて興奮しているのはやたらとエッチな感じがする。でも、本当に驚いた。茉莉ちゃんが、お持ち帰りされるようなビッチな女の子だとは、想像も出来なかった。

そして、大介君が戻ってくる。一眼レフカメラを構え、
「じゃあ、先に茉莉から撮ろうか?」
と言った。さっきまでの泣きそうな感じが消えて、カメラマンみたいな顔になっている。レンズを覗くと人格が変わるのだろうか?

『うん。じゃあ、いつもみたいに……』
茉莉ちゃんはそう言うと、カメラに向かって胸を突き出したり、ポーズを取ったりする。それを、大介君は無言で撮り続ける。部屋の照明も間接照明から戻し、明るくなっている。
シャッター音が響く度に、茉莉ちゃんの顔がどんどんトロンとしてくるのが分かる。大きな胸をアップで撮影する大介君。すると、見ていてわかるほどに乳首が勃起してくる。

茉莉ちゃんは、撮影されながら乳首をつまみ始めた。
『んっ、ふぅ……うぅ、あっ』
茉莉ちゃんは、軽く声をあげ始めた。嫁は、私の横に移動してそれをじっと見ている。私の腕をギュッと掴み、少し緊張しているような顔になっている。
すると、茉莉ちゃんがソファに腰掛ける。そして、慣れた仕草でM字開脚になると、スカートがまくれ上がり、黒のセクシーなショーツがあらわになった。大介君は、それもカメラに収めていく。茉莉ちゃんは、乳首を触り続け、あえぎ声も大きくなっていく。

「あふれてきてるよ」
シャッターを押しながら、大介君が言う。その言葉に、私と嫁が茉莉ちゃんの股間部分を見ると、ショーツから染み出た秘液が、太ももの方まで染み出ているのがわかった。

『だってぇ、見られてるからぁ……』
切なげな声で茉莉ちゃんが言う。
「見せてごらん」
大介君が指示をすると、茉莉ちゃんが下着をズラしてあそこを剥き出しにする。ヘアのないロリっぽいあそこに、グチョグチョに濡れた膣口。大介君はそれをカメラに収めていく。茉莉ちゃんは、我慢しきれなくなったのか、クリトリスをまさぐり始めた。
『んっ、んっ、ん、ふぅ♡ あっ、あっ、あ、うぅぅあっ』
いきなり始まったオナニー。仲良くしているお隣の奥さんのオナニー姿。それは、今まで見てきたどんなAVよりも淫靡なものだった。嫁も興奮しているようで、私の腕を掴む力が強くなっていた。

茉莉ちゃんは、私達に見られているのに、止める気配もなくどんどん指の早さが早くなる。そして、とうとう指を自らの膣に突っ込み始めた。人差し指と中指を突っ込み、掻き出すように動かし、グチョグチョという音が響く。
『あっ、あっ! あっ、んふぅ♡ イ、イッちゃう、イッちゃうっ! ダメぇっ、うぅああっ! イクっ! イクっ!』
茉莉ちゃんは大きな声で喘ぎながら、身体を震わせた。子供達が起きてしまわないか心配になるほど大きな声だったが、幸い起きた気配はなかった。

茉莉ちゃんは、少し弛緩したような感じだったが、すぐに指を抜きショーツを戻した。
『なんか、急に恥ずかしくなってきた……』
茉莉ちゃんは、今さら顔を赤くして照れている。
「じゃあ、由里ちゃんの番だね」
大介君が、カメラを嫁に向けて言う。一瞬躊躇した後、嫁が私の腕を離して大介君の正面に立った。

嫁は、上半身裸の状態で突っ立っているだけだが、大介君はシャッターを押し始めた。
連写のシャッター音が響くと、嫁は一瞬ビクンと体を震わせた。大介君は、かまわずに舐め回すように嫁の裸体をカメラに収めていく。

こうやって見比べると、確かに嫁の胸は小さい。でも、ぺったんこではない。引き締まった体をしているので、アンダーとトップの差はそれなりにあると思う。なによりも、形が凄く良いと思う。そして、くびれたウェストに、かすかに割れた腹筋……。フィットネスモデルのような格好良くて美しい体だと思う。茉莉ちゃんのエッチな身体も良いが、嫁の格好いい身体もすごく良いと思う。

「良いね、綺麗だ。前屈みになってみて。胸の谷間を撮るから」
大介君の指示通りにポーズを取る嫁。ぎこちない動きだが、ポーズを変えたことで全然違って見える。こういうポーズを取ると、嫁の胸もそこそこ大きく見える。

「乳首触ってみて」
ファインダーを覗きながら指示を飛ばす大介君。すっかりと、カメラマンになっている。
嫁は、一瞬困ったような顔で私を見た。でも、私がうなずくと、おずおずと乳首を触り始めた。
『んっ……』
小さな声が漏れる嫁。でも、声はそれだけだった。その後は、無言で乳首を触り続ける嫁。でも、顔がどんどん紅潮していく。なによりも、息遣いがすごく荒くなってきた。

感じている顔を、大介君に見られてしまった……。そう思うと、どうしようもないくらいに興奮する私がいた。すると、いきなり茉莉ちゃんにペニスを掴まれた。
『やっぱり興奮してる。茉莉ちゃんの写真が、ネットに出回っちゃうかも知れないのに、すごく興奮してるね。純さんも、意外と変態なんだね』
茉莉ちゃんが、私のペニスをニギニギしながら言う。私は、なにも言い返せずに嫁のとろけ始めている顔を凝視していた。

「じゃあ、スカート外そうか」
大介君が指示をする。すると、嫁は私の方を見もせず、サッとスカートを脱いでしまった。嫁も、かなりノッてきているようだ。
ピンクの可愛らしいショーツ姿になると、モジモジと恥ずかしそうに内股になっている。

「じゃあ、そこに手をついて四つん這いになってごらん」
大介君が指示をする。すると、
『は、恥ずかしよ……』
と、嫁が躊躇する。
「平気だって。撮られると、誰でもそうなっちゃうもんだから」
大介君がそんな風に言う。私には、言っている意味がイマイチ分からなかった。
『……わかった……』
でも、嫁には伝わったようで、ゆっくりとソファの背もたれに体を預けるようにして、お尻をカメラに向けた。完全に、バックの体勢だ。すると、嫁のピンクのショーツに、大きなシミが出来ているのが分かった。それだけではなく、染み出て太ももまで垂れてきているのも分かった。

『由里ちゃんも、すごく興奮してるね。もう、ハマっちゃったかもね』
茉莉ちゃんが、うわずった声で言う。茉莉ちゃんも、いまだ興奮が抜けきっていないようだ。

「由里ちゃん、興奮してるね。ほら、ショーツをズラして見せてごらん」
大介君が、少しサディスティックな感じで言う。すると、嫁はあっさりと言われたとおりにした。

バックの体勢で、ショーツをズラしてあそこをあらわにした嫁。ヘアも、濡れすぎな膣口も丸見えだ。無毛の茉莉ちゃんと比べると、より生々しくて卑猥な感じがする。そして、四つん這いだからか、膣口からツゥーッと透明の液体が垂れ流れていき、ソファの座面を濡らしていく。

『恥ずかしい……。あふれちゃうよぉ……』
嫁は、泣きそうな顔で恥ずかしがる。確かに、こんなになってしまったあそこを見られ、その上撮影までされるのは、女の子にとっては相当恥ずかしいことだと思う。
「ほら、オナニーしてごらん」
大介君は、気弱な顔が消えて、そんな指示まで始めた。
『う、うん……』
嫁も、自信たっぷりに指示をする大介君に流されるように、クリトリスに指を運んだ。そして、ゆっくりとクリトリスをまさぐり始める。
嫁のオナニー姿なんて、初めて見た。昔からアクティブで運動好きな嫁は、オナニーなんてしないんだろうなと思い込んでいた。でも、目の前で始まった嫁のオナニーは、慣れている動きだった。

『んっ、くぅ……。んっ、ふぅ、あ、ハァ』
嫁は、声を必死で堪えようとしている。でも、かすかに声が漏れてしまうのを止められない感じだ。こんな姿を大介君に見られてしまったと思うと、焦燥感みたいなものも感じる。でも、茉莉ちゃんの指が気持ち良すぎて止めることも出来ない。
『イッちゃいそうにカチカチだね』
茉莉ちゃんが、私のペニスを握ったまま、イタズラっぽく言ってくる。私は、しごいて欲しくてたまらない気持ちになっていた。

すると、
『んっ! んっーっ!』
と、嫁が短く強くうめいて、動きを止めた。
「ふぅ……。すごくエロかったよ」
大介君がカメラを置いてそう言う。

「イ、イッたの?」
私は、震える声で嫁に聞いた。
『うん。なんか、頭真っ白になっちゃった……。シャッターの音って、ヤバかも』
嫁が、少しフワフワした感じで答える。

「じゃあ、アップしてみようか?」
大介君が、今度はノートPCを立ち上げながら言う。
『えっ? 今すぐ?』
嫁は、ビックリしている。でも、顔はとろけたままだ。

「うん。すぐ出来るから。まずは写真選ぼうか?」
と言いながら、手際よくパソコンにSDカードを挿した。そして、すぐに取り込まれる写真達。

『純さんも選ぼうよ』
茉莉ちゃんは私にそう言うと、パソコンの前に移動した。私もすぐに移動して、4人でパソコンの画面を眺める感じになった。

画面に映し出されたのは、嫁の裸体だった。見慣れた胸も、画面を通してだと違って見える。
『やっぱりスタイル良いなぁ。本当に羨ましい』
茉莉ちゃんが、本当に羨ましそうに言う。確かに、画面で見る嫁の身体は、凄く綺麗だ。撮し方が上手いせいもあるのか、胸も実際よりも大きく見える。

「本当に綺麗だね。どう? 自分のヌードは?」
大介君が嫁に聞く。
『恥ずかしいです……。でも、思ってたよりもエッチな感じじゃない……』
嫁がそんな感想を言う。
『それは由里ちゃんだからだよ。私のなんて、ムッチリだからすごくエロいもん。ホント、彫刻みたいに綺麗だね』
茉莉ちゃんがそんな感想を言う。確かに、そんな感じだ。

すると、大介君がさらに写真を表示する。四つん這いでショーツをシミで濡らしている姿が映った。さっきの写真とは違い、急にエロい感じになった。
『は、恥ずかしいよ!』
嫁が慌ててノートPCを閉じようとする。でも、私が押さえて邪魔をした。大介君はさらに写真を送る。今度は、あそこが丸見えの写真が出てきた。
嫁のあそこを、こんな風にはっきりと見たことがなかったので、私もドキドキしてしまった。
『垂れてるね』
茉莉ちゃんが、少しからかうように言った。
『もう……。イジワル……』
嫁は、ノートPCを閉じるのをあきらめ、ボソッとそんなことを言った。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/09 11:39 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー