エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

ピンサロで、まだ20歳の巨乳の嬢に生ハメ中出しした

5年前、24才の時です。
場所は東京郊外の乗り換え駅。
スロットで大勝したので久しぶりに行くかって感じでピンサロにいきました。
そこは何回かいったことはあったが、このときは半年ぶりぐらいでしたね。

「いらしゃいませ。ご指名は?」
「別にないです。」
「ではこちらへ」
みたいな感じで席に案内され、まつこと2~3分。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「はじめまして、こんばんはー。Yでーす。」

初めて見る子で、ちょっと太めの子でしたが、愛嬌のある顔でした。
本人は「太っててごめんね」といっていましたが、俺はどちらかというとポチャ好きなので問題ありませんでした。

しばし雑談してから「じゃあ始める?」とプレイイン。
キスをしてから、胸に手をやると結構なボリュームです。

「大きいね。何カップ?」
乳首をさわりながら聞くと

「ンッ、イッ、Eカップ」と感じながら答えていました。
下に手を這わすともうしっとりと濡れています。

「もう濡れてるよ」
「アンッ、恥ずかしい。濡れっ、やすいんだよねっ」

途切れ途切れで答えています。

指を入れ本格的にかき回し

「どう?気持ちいい?すっごい濡れてるよ。」
と聞くと

「ダメッ、感じちゃう。アッ、ンッ」
と軽くイッてしまいました。

「イッちゃった?気持ちよかった?」
ときくと、

「気持ちよかった。もう、イッちゃたよう。」
と言っています。

「今度は私の番だよ。冷たかったらゴメンネ。」
といって俺のチンポをオシボリで拭いて咥えてきました。

テクはまあ普通といったところでしたが周りを舐めたり、咥えたりと真剣にやっています。
ふとここで、また触りたくなり咥えてもらいながらオマンコを触り始めました。

すると、最初は
「ンッ!ンッ!」
と言っていたのが、指を入れたりしていると
「アンッ!ンッ!」
といって俺のチンポを咥えるのをやめてしまいました。

「またイッちゃった。すごい感じちゃって咥えてられないよ。」
と言われたので、もともと攻め好きの俺は、

「俺のはいいから、攻めさせてよ」
と言ってYちゃんをソファーに寝かせて攻めることにしました。

足を大きく開かせてオマンコを丸みえの状態にして、舐めようとすると、

「恥ずかしいよー」
と言いながらも足は閉じませんでした。

クリを舐めながら指を2本入れてかき回すと
「ンッ!ンッ!」
と体をビクビクさせています。

そんな気はなかったのですが俺もワルノリしてしまい、なにか言われるだろーなと思いながらも、チンポの先をクリに押し当ててみました。

でもYちゃんは
「アンッ!」
と言って感じているだけでなにも言ってきませんし、足でガードしたりもしませんでした。

その体勢のまま覆いかぶさるようにして顔を近づけてキスするとYちゃんから舌を絡ませてきます。

これはっと思い、クリにこすり付けていたチンポをオマンコの割れ目をなぞるように変えてみました。
強めに押し付けているので、入り口のところではもう頭が半分くらいは入っちゃってます。

Yちゃんは一瞬ビクッとしましたが、
「アンッ!気持ちいいよう」
と言うだけで拒否するようなことはなにも言いません。

これはもういけるなと思い、俺はチンポをオマンコの中に埋めていきました。
もちろんナマでです。

「アー、アンッ!」
とYちゃんは感じているだけです。

「Yちゃん気持ちいい?」
と腰を動かしながら聞くと

「うん。すごい気持ちいいよ。感じすぎちゃって変になりそう」
と半分朦朧としながら答えていました。

さすがに普通のピンサロなので、腰をふるのは大変でしたが、感じているYちゃんと、ピンサロでナマでやってることに興奮し普段より早くイきそうになりました。

念のためと思い
「俺ももうイキそうだよ。どこに出す?」
と聞いてみると

「どこでもいいよ。好きなところに出して。」
と驚きの言葉がかえってきました。

「ほんとに?中に出しちゃうよ?いいの?」
とビックリしながら聞き返すと、

「うん。中でいいよ。いっぱい出して、私もまたイッちゃうから。」
とYちゃんがいうので、

「じゃあYちゃんのオマンコの中に精子いっぱいだすからね!んっ!」
といって俺はYちゃんの中に大量の精子を注ぎ込みました。
普段では考えられないぐらいの量がでたと思います。

Yちゃんも
「オマンコの中にいっぱい出してー!」
といって、イッいました。
チンポを引き抜くと大量の精子がソファーにたれてきました。

幸いオシボリは大量にあったので(ピンサロだから当然だけど)Yちゃんのオマンコと、ソファーをきれいに拭いてあげました。

一息ついてから、ちょっと気になり、

「よかったの?」
と聞くと

「すっごい気持ちよかったよ」
とかえってきます

「それはいいんだけど、そうじゃなくて、中に出してってことだよ。安全日なの?」

すると
「うーん、わかんない。気持ちよかったからOKしちゃったんだよね。」
とのんきなことを言っていました。
俺はいろんなことを心配してドキドキしていました。

この店はもちろん本なんてある所ではないのは知っていたし、さらに中出しまでと。
なにごともなく帰りのアナウンスが流れて一緒に入り口まで歩いていく間もドキドキしていました。

帰りぎわ、Yちゃんが耳元で

「まだ中からいっぱいたれてくるよ」
と言ったときの笑顔が俺の心配と対象的でよく覚えています。

ちなみに会話はすべて小声でしたよ。
ピンサロなんでね(笑)

この後俺は何回かYちゃんを指名してこの店に通いました。
その度に毎回ナマでセックスしてましたよ。
ピンサロなのにね。

ただ、中出ししたのはこの時だけで他はすべて外出しでした。
Yちゃんにはこの後もう一回だけ中出しする機会がありましたが、それはまた今度にしようと思います。

Yちゃんに中出ししてからというもの、俺はその店に通いました。
週1.2回ぐらいのペースで、行けば必ずヤッてましたよ。もちろん生で。

ある時は悪ノリして、即尺やお清めまでしてもらったりもしましたよ。
まあ、7・8kで二十歳の子と生でヤれるのは、お得っていえばお得ですからね。

4・5回ぐらい通ったころ、さすがに悪いかな?と思い、また、バラサレたらどうしよう?と不安にもなり俺は、

「ゴメンネ。毎回ヤッてちゃやっぱ悪いよね。」
と聞くとYちゃんは、

「別にいいよ。大丈夫だよ、嫌じゃないしね。」
と言ってくれます。

ただ中出しだけは、かたくなに拒否していました。
ちょっと強引に中に出そうとした時には、

「ダメだよ。中に出したらバラスからね。」
とまで言ってきました。

俺はどうしてももう一度Yちゃんに中出ししたくなり、店外ならできるんじゃないか?と思い実行してみました。


Yちゃんに通いはじめてから2ヶ月ぐらいたったころ、俺は3週間程あけてから店に行きました。
時間は閉店間際です。




久しぶりに顔を合わせるとYちゃんは

「久しぶりー。最近どうしたの?」
といつもどおりに話し掛けてきます。

「ちょっと仕事が忙しくてさ。今日は久しぶりだからいっぱい攻めちゃうね。」
と会話もそこそこに俺はYちゃんの体を触りはじめました。
あいかわらず感度がよくオマンコはすぐに濡れてきました。

「すごく濡れてるよ、Yちゃんてエッチだよね。」
と言いながら指を入れ中を掻き回していきます。

「アンッ!他のお客さんはあんまり攻めてこないし、久しぶりだからだよ。」
と恥ずかしがりながらも感じています。

「どう?この辺りが気持ちいいんでしょ?ほらっ。」
と指を中で折り曲げて出し入れすると、

「アンッ!ンッダメッ!」
と早速イッてしまいました。

その後はいつもどおりにソファーに寝かせてオマンコを舐めていきます。
ただ今回は普段より丁寧に攻めました。
クリを舐めたり吸ったり、舌先で割れ目をなぞったりと、かなり丹念に舐めました。


「アッ!ンッンッ!ソコッ!」
Yちゃんは体を震わせながら感じています。
時間をかけてから指を入れると、

「アンッ!もうっイッちゃ!ダメッ!」
と言って俺の指をオマンコがキュウキュウ締め付けてきます。

その瞬間俺は指をスッとぬきました。
Yちゃんは「ハァハァ」と荒い息をしていますがまだイッてません。


その後はチンコを押し付けたりしますが、決して入れずスマタ止まりにし、指で攻めてもイク寸前で抜いてを繰り返していました。

最後のほうはYちゃんが自分から、
「お願い、あと一回でいいからイかせてよう。いれてもいいから。」
と半分涙目になりながら言ってきました。

「わかったよ。エッチなんだから。」
と言うと、

「だって、今日はイク寸前で止まってばっかりなんだもん。」
とだいぶ効いているようでした。

俺はもう時間があまりないことを知りながらYちゃんを攻めました。
もちろんイク寸前で調節しながらね。
狙いどおり終了のアナウンスが流れます。

「ゴメンネ。時間になっちゃったよ」
と言って指を抜くと

「ウン」
と名残惜しそうに返事をしました。

入り口まで一緒に歩いていき、お別れの挨拶の時に俺は、
「裏の通りにあるコンビニで待ってるから。」
と耳元で囁いてから店をあとにしました。


その後コンビニへ行き漫画を立ち読みしてYちゃんを待ちました。
これで来てくれるようなら中出しも可能だろう。
もし来なければもう中出しはあきらめたほうがいいな。などいろんな事を考えていました。


すると、30分ぐらい経ったころYちゃんらしき子がコンビニの前をウロウロしていました。
俺は出て行って声をかけるとやっぱりYちゃんでした。

「いないからどうしたんだろう?って不安になっちゃったよ。」
「俺のほうこそ来てくれてビックリだよ。」
「だってー。フフ。」
とはにかんでいます。

「さて。これからどこ行こうか?」
と一応聞くと

「うーん、どこでもいいけどー」
と意味ありげに俺を見つめてきます。

俺はYちゃんの手をとり、ラブホへむかいました。
まあ最初からそのつもりだったんですけどね。


部屋に入るまでYちゃんは黙ってついてきました。
部屋に入りキスをするとYちゃんから積極的に舌を絡ませてきます。
パンツだけを脱がし足を広げてオマンコを覗き込むともうグッショリ濡れていました。

店とは違い明るい中で見るYちゃんのオマンコはピンクで綺麗でした。
聞くと、俺に会いに行こうと決めてから、会ってからするであろうことを想像して濡れていたそうです。

「もうオマンコがグッショリだよ。パックリ口あけちゃってるよ。」
「お願い!もう欲しいの。早くイキたいよう。」
と言ってきます。

俺は指でオマンコの奥を掻き回しながら

「Yちゃん何が欲しいの?ちゃんと言って。」
と言うと

「アンッ、Yのオッ、オマンコにオチンチンをッ、ンッ、下さい」
と上手におねだりしてきます。

俺ももう限界だったので、下だけ脱いでギンギンになったチンコをYちゃんに刺し込みました。

「アァン!いいよう。」
「Yちゃん気持ちいい?これが欲しかったの?」
「アンッ!気持ちいい!すっごく欲しかったのう。」
「ほら見てごらん?ここならよく見えるでしょ?俺のチンコがYちゃんのオマンコに入ってるよ」
と言ってYちゃんの頭を持ち上げてあげました。

「見えるよう。ンッ、Yのオマンコにいっぱい入ってるう。」
「アァァァ、ダメェ、気持ちいい!もうっ、おかしくなっちゃう」
と店とは比べ物にならないくらいの声をあげて感じています。
俺もそろそろイキたくなってきたので、最後の勝負にでました。

「俺もイキそうだよ。このままイクよ」
「えっ、ンッ、なっ中は・・・アァッ」
といつものような完全な拒否ではありません。

「ダメッ、わかっ、んないっ」

俺はもういけると確信して、Yちゃんのオマンコを突きながらもう一押ししていきました。

「このまま中にだすよ!それともやめちゃう?」
「やめっ、ないで、出してもいいからぁ」
「どこに出すの?言わなきゃわからないよ」
「アァッ、Yのっ、中にっ、出してぇ」
「なにを?ちゃんと言ってみて」
「Yのっ、オマンコの中に、ンッ、せっ、精子出してぇ」

俺は心の中でガッツポーズを作っていました。

「もう、ダメッ、イっちゃうよぅ」
「俺もイクよっ!Yのオマンコの中にいっぱいだすよっ」
「精子いっぱい出してぇ、アァァッ、イッイクゥッ・・」

二週間ぐらい溜めていたので大量に出たと思います。

「Yちゃんの中にいっぱい出したよ。わかる?」
と聞くと

「わかるよっ、Yの中にいっぱい入ってきた。中が暖かいよぅ」
と満足げな顔で答えてきます。
その後繋がったままいろいろ聞いてみました。

体の相性はいいなと思っていたらしく、ヤルこと自体は嫌じゃなかったみたいです。
もともとエッチ自体そうとう好きで、ヤリ友が2・3人いるのが普通だったのが、最近は全員と切れてしまい欲求不満ぎみだったみたいで、だから今日の俺の誘いにも乗ったそうです。


また、Yちゃんは中出しされるのが嫌だったわけではなく、お店だと次のお客さんの時に垂れてきてしまうのでダメと言っていたそうです。

普段はピルを飲んでいたので、中出しされることには抵抗はまったくないが、ちょうど飲むのをやめていた時で、さらに今日は微妙に危険日だったので迷ったみたい。

それでも感じてたのと、勢いとでOKしちゃったんだって。
店の中と違ってホテルだと思いっきり声をだせるから興奮したみたいです。

そこからはもう歯止めが利かなくなり、ヤリ続けました。
そのまま抜かずに二回戦に突入し、

「危ないんだよね?でもこのまま中でだすからね」
「アンッ、イイけどっ、デキちゃうっ、ンッ、かもしれないよぅ」
「じゃあ止める?どっちがいい?」
「それはイヤァ、じゃあっ、中でもっ、いいよぅ」
「デキるかもしれないけど、中で出すよ!」
「アァァ、デキてもいいからぁっ!中でっ、中で出してぇ」
とYちゃんもノってきてくれます。

最後のほうなんかは、
「中にだすからなっ!Yを孕ましてやるからなっ!」
と言うと

「精子出してぇ、いっぱい出してYを妊娠させてぇ」
とまで言ってくれました。


エッチに対して積極的で、抜いたばかりのチンコを口に近づけるだけで、付いた精液とマン汁をきれいに舐めとってくれたし。
自分から指でオマンコを広げて、

「ねぇー、見える?Yのオマンコの中に精子溜まってるの見える?」
と聞いたりしてきました。

指で精子をオマンコから掻き出して、ボタッボタッ、と床に垂れた量を見て

「いっぱい出されちゃった。こんなに中出しされたら、きっとデキちゃうね。」
と言い、垂れた精子を指ですくってペロッと舐めて笑っていました。
相当の好き物でしたよ。


結局朝までヤりつづけて、一晩で6回イキました。
ホテルを出たのは朝の6時を過ぎていて、周りは通勤の人たちが歩いていました。

その後も俺はYちゃんに通おうとしたんですが、俺の予定と彼女の出勤があわず、2ヶ月後ぐらいにはYちゃんはお店をやめてしまいました。
携番やメアドなど聞いていなかったので、それっきりになってしまいました。

いいヤリ友になれたかもしれないのに、もったいないことをしたと思いました。
ただ、あの時Yちゃんが妊娠したのかどうなのかが今でも気になります。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  ドM一家の嫁
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/04 02:00 ] 男性の体験談 風俗での体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー