エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

父が俺の嫁を、そして俺は母を、ベンを使って調教した

私は30歳、妻26歳で新婚1年目の夫婦です。

最近知った信じられない事実をお話します。
それは自分の父と妻が出来ている事です。
いや、父の奴隷と言うべきかも知れません。
その事に気付いたのが、数ヶ月前、実家に里帰りした際の出来事です。
私達は実家から車で20分位の場所のマンションに住んでいます。
数ヶ月に一回、夫婦で顔を出しに帰宅します。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

実家は田舎で山の中にあります。
その近くに地元の神社があり、人気はありません。

母が仕事で居なかったので、父と私、妻の3人だけでした。
私は暇だったので、近くの海に釣りに出かけました。
なかなか釣れない為、早めに戻ったのですが、父と妻が居ませんでした。
何処に行ったか気になり近くを探した所、神社の方に人気を感じ近付いた時、女性の声が聞こえました。

女「お父様、どうか私のマンコに・・・入れて下さい」

男「いいだろう、その前に綺麗にその口で掃除しろ!昨日から洗わずに待っていた」

女「美味しい、お父様美味しいです」

男「そろそろ入れてやる。何処に出して欲しい」

女「中で構いません。お父様の子供が欲しい」

そんな会話の声は、聞き覚えのある妻と父でした。
悔しいのに何故か私の物はビンビンでした。

妻「あ~ん凄い、お父様のチンポ最高」

父「ん~行くぞ!」

そして中に出したようでした。

父「お前を始めて見た時から、絶対俺の女にすると思っていた。息子には悪いが」

妻「お父様、もう許しては頂けないでしょうか?」

父「許す?!お前は一生奴隷として俺の女になると契約したはず」

妻「ですが、あれから1年。もう時効にしてはもらえませんか?夫を愛していますし」

父「俺を愛しているのではないのか?それにもう私以外の男では満足できまい」

妻「浮気していた私が確かに悪いけど、ちょっと真が差しただけ」

父「それにしてもいい所を目撃したよ。まあ、これからも続くよ」

父は足早に帰路に戻りました。
その後に続くように妻も戻って行きました。
知らないふりで実家に帰ると、父と妻がテレビを見ていました。

父「釣れたか?」

俺「全然」

父「夜の方が釣れるかもよ」

(白々しい・・・夜もヤル気か)

俺「そうだね」

妻「夕食の準備するね」

そして、台所に向かった。
しばらくして父も台所へ。

気になった!

外から台所を覗いた。
父は妻のスカートの中に手を伸ばしマンコを探っていた。

そんな時、母から電話が来た。

「今日、飲み会になったから帰りは遅くなる」

何てタイミングだ!
こんな事、母が知ったら可哀そうだと思い、黙っている事にした。
結婚を母が一番喜んでいたからだ。

夕食後、父と妻は普通に会話していた。
俺も2人の行為を見たいのと、“奴隷”と言う言葉が気になった。

(性処理ならまだしも、奴隷って何をするんだ?見たい、見たい・・・)

そして、夜釣りと言い、家を空けた。
もちろん、外から観賞する為だった。

家を出るなり父が直ぐに行動に出た。
嫁の乳を揉み、パンツの中に手を入れた。
そして、風呂に向かった。
風呂の外で会話を聞いた。

父「息子も馬鹿だな、俺の為か」

妻「そんな事言わないで、直ぐに出ましょ。帰って来たら困る」

父「大丈夫それより尻をこっちに向けなさい!」

妻「今日はちょっと」

父「逆らえるのか!奴隷がパシッ(尻を叩く音がした)」

妻「ごめんなさいお父様許して、何でもします」

父「じゃー尻を向けな!!!(ジュジュジュー。何か水でも吸い上げる様な音)。行くよ」

妻「うっ!」

父「今日はどれ位入れるかな?1000ccはいけるか?」

妻「そんな無理です。痛い!」

何となく想像は付いた。
浣腸されている。
風呂場で・・・。

妻「ん~駄目もう限界!」

父「まだだ我慢しな!」

妻「もうお願い~、出ます、出ます」

父「仕方ないな、ここにしな」

妻「はあ~、(ブリッブブービュッビュ)」

父「凄いな。もっと出るだろう。綺麗にしないとな」

妻「匂い、お母様にバレちゃうよ!」

父「じゃ、窓空けるよ」

俺はビクッとした。
そして離れた。

父「もう一度行くよ」

妻「イヤ」

父「今度は空気も入れて・・・」

そしてまた、あの音がした。

数分して電気が消え部屋に戻った様だった。
1階の父の寝室に明りが付いた。
俺もその外へ向かった。

父「今日は時間が無いから縛るのはやめておこう」

妻「普通に済ませましょう。夫が帰って来たら大変」

父「明日お前らが帰ったら、また通うよ、お前のマンションに」

妻「そんな」

父「今日は後ろで行くとするか?」

そして性行為が行われた。

(縛るってSMプレーまでしていたのか?)

俺の息子もビンビンで外に出した。

翌日、妻が居なかった。
でも父はテレビを見ていた。

俺「妻は?」

父「海見て来るって出かけたけど」

俺「あっそ」

まあ父がいるなら問題なし。
小一時間して妻が戻って来た。

妻「海はいいね」

俺「寒くなかったか?」

妻「大丈夫」

俺「そろそろ帰ろうか!」

そして帰宅する事とした。
ちょっと気になったのが、近所のおじいさんが俺を見て「こんにちは。帰ってたのか」と言ったこと。
その時、何かニヤリとした様に見えた。
妻も軽く会釈して歩いた。

帰宅してからも俺は迷っていた。
父が、「明日帰ったらまた通うよ」と言う言葉を。

翌日、会社に出勤したふりして近所のコンビニで時間を潰した。
不安は的中した。
父の車がマンションに来た。
暫くして妻も出てきて父の車に乗りこんだ。

俺も後を追った。
行き先は何と実家のある集落。
そして自宅ではなく、神社だった。
裏道から神社に行ってビックリした。
部落の男達(友人の父もいた)が10人は集まっていた。

そして、神社の境内横の集会場に入った。
俺も気が気でなく、ちょっと壊れた壁から中を覗いた(古い建物で隙間がいっぱいあるのだ)。

男達の中央に妻がいた。
天井からぶら下げられ、まさにSM縛りって感じに。
そして父がみんなに話していた。

父「これからお祝いをする。大した事は出来ないが、思う存分堪能して下さい」

男達「最高の料理ですな。何度見ても飽きない」

父「みんなの協力があったから、この部落に施設が建つんだ」

男達「となり部落に取られるところだったからね」

父「ほんと危なかった。これで暫く仕事が出来る。これもみんなの団結力のおかげだ」

男達「団結の中心は彼女だけど、ハハハ」

父「さあやりましょう」

男達は代わる代わる妻を舐め回し、指を入れる者、キスする者、終いにはチンポを出して入れ始めた。
そのとき気づいた、近所のおじいさんがニヤけた訳を・・・。
そして、妻が1人で出掛けた時、ヤラれていたと。

4時間はやられっぱなしだったと思う。
俺は途中飽きて、時間潰しをしていた。

戻った時、要約お開きとなった様で、全裸の妻の口、マンコ、アナルからは大量の白い物が出ていた。
尻には“肉便所”と書かれていた。

父「いや~良かったよ。気持ち良かったかい?また、来週頼むよ。いいだろ」

妻「はい、何でもします。お父様の為なら」

父「よーし、家帰って洗いっこしよう」

妻「はい。最後にお父様のが欲しい」

父「いいとも。尻に出してやる。こっち向けな」

妻「お願いします、お父様」

完全に奴隷だった。

こんな事が在るなんて。
ビデオの世界の話と思っていたが、まさか自分の妻と父が!

俺は父への抵抗をした。
父が留守をみて母に全て話した。
母は愕然としていた。

そして、俺は母を犯した。
父への抵抗の様に。

はじめは嫌がっていたが、母も俺を受け入れた。

母(48才、B90W65H95)。
若くして出来ちゃった結婚なので、まだ若い。

俺も父同様、SMに走った。
母は全て受け入れてくれた。

同じでは面白味が無いと思い、一匹の犬(ベン・ラブラドール雄)を飼った。

さすがに母も抵抗したが、俺の暴走は止まらない。
母をテーブルに縛り、後ろからベンに舐めさせた。
ペロペロ舐めていると、ベンのチンポも大きくなった。
俺のより遥かに大きい。
そして、ベンもついに母に乗り上げ、入れようとしていた。
しかし、うまく入らない。
俺がマンコに案内するとスーっと入った。
ベンは前後に腰を動かし母のマンコから精子が飛び出した。

俺は、父が居ない時を見計らい実家に通った。
母は今では、俺が居ない時もベンと性行為にふけっている。
母が言うには、父が居てもベンは母のスカートの中に顔を入れて来るので、父が冗談で「お前とやりたいんじゃないか?」と笑いながら言っているそうだ。

(馬鹿な父だ。もう、母はベンに寝とられているのに・・・)

この間帰ったら、母が言う様に、ベンは隙を見ては母のスカートの中に顔を入れている。
しかも、母も今ではパンツを穿いていないのだ。

母が「見て」と言うと、四つん這いになった。

ベンは直ぐに母の腰に手を当てチンポを自ら入れた。

母「どうベン凄いでしょ、自分で入れれるのよ。瘤まで入るのよ!」

確かに凄かった。

その後、母とベンと散歩に出かけた。
海の岩場でもSEXさせた。
もちろん俺は母に口で出してもらった。
ベンは何度も何度も中に出していた。

その時、母が言った一言が気になった。

母「最近父もベンを散歩に連れ出しているの?」

俺「父が」

母「ベンその後、私のアソコ舐めないのよ?」

俺「まさか」

母「嫁さんにも・・・」

俺「やりかねない」

案の定、数週間後、実家に帰った時、神社に父、嫁、ベンが居た。
嫁のスカートの中に顔を入れている。
母と同じだ。

そして、ついに妻とベンも繋がっていた。

最近妻が、「家にも犬が欲しい」と言いだした。

絶対反対!!!
俺は許可しない。

不思議と妻は俺と別れるとは言ってこない。

(俺=父なのか?)

俺にも従順な妻なのだ。

まあ結局、一家全員が楽しんでいるのだからいいか・

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/05/27 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー