エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

会社の同期の女が結婚することになり、思い切って行ってみたら実は両思いだった

会社の同期の深谷真紀子さん(仮名)が結婚することになり、お祝いの会がもうけられた。

深谷真紀子さんは結構飲まされていて、帰りの方角が同じだったので先輩の女性と真紀子さんを車に2人乗せて、夜中に僕が送って(僕はウーロン茶しか飲んでいなかったので)帰ることになった。

先輩の女性を自宅付近の公園に降ろし真紀子さんと二人に。
ハザードをつけて停車し、音楽を消してゆっくり話す。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「久々にたくさん飲んだわー。何かスッキリした。Pくんと同期で入社してもう○年くらいねー。5月に結婚して子供ができたら彼は仕事をやめて家事・育児に専念してっ、て言われてるのよねー」

「へえ、もったいない。真紀子さんは仕事、完璧にできるから、営業は真紀子さんにアシスタントしてもらえるといつも助かってた。仕事の才能あるのにもったいないわー。普段おっとりしてて、男から見て女性として魅力的。旦那になる人がうらやましいわ。」

「ありがとう。そう言ってもらえると何かうれしいわ。Pくんとは新入社員で入社して研修からずーっと一緒に会社で苦楽を共にしてきた仲間だから、仕事辞めて離れるのさみしいわ。」


「僕が結婚する男性で真紀子さんの仕事ぶり知ってたら仕事続けていいよって言うのになぁ。」

「えー、本当(笑)?本気で思ってる?私、この仕事に思い入れがあるから辞めたくないんだよなあ。結婚相手がPくんみたいに理解のある男性だったら良かったのに。私、まだ婚約だけで入籍もしてないし、まだ結婚してないからPくんギリギリ間に合うよ(笑)?」

「え、どういう意味??間に合う??」

「そのー、花婿候補(笑)結婚相手だよー(笑)」

「そんな冗談言って。この酔っ払いがー(笑)。飲みすぎたんじゃない?」

「前からPくんは気になってたのよねー、あたし。Pくんのこと好きかも。あたし、おっとりしてる、のんびり屋さんって友達・家族に昔から言われてて、なんとなく進学して、みんなが就職するからなんとなく就職して。彼氏と付き合っても35歳前後には結婚したくて、なんとなくの流れでギリギリ滑り込みで結婚しようと今してて。学生時代もずっと地元にいて就職・結婚後もこの地元にずっといることになりそうで、地元にしか自分の未来がないことを不安に思う。せつないの。正直、結婚もあと3ヵ月後だけど今さら迷い始めてる自分がいるの。」

「もう3ヶ月で結婚するんだし、そんなこと言ってちゃだめなんじゃない?前向いて行かなきゃ。でもオレも真紀子さんのこと同期入社したときから気になる存在で、かわいいなぁって思ってたよ。」

「ホント・・・?あたしのこと・・・?うれしい。でもみんなから聞くとPくんはもっと若い子の方が好きなんじゃないの?あたしなんかPくんと同い年だし・・・」

「そんなことないよ。こんなこと言っちゃいけないかも知れないけど、オレ、真紀子さんのこと好きだ。」と助手席の真紀子さんを見つめると、真紀子さんは静かにゆっくりと目を閉じた。

すごいドキドキしていたけど、車内の暗がりで頑張ってキス。

「ん・・・ん、うん・・・、はぁっ、んっ、Pくん。会社の人には絶対内緒だからね・・・こ、こんなこと今夜だけだからね・・・あたし結婚前だし、内緒だよ、ホント・・・」

「うん。もちろん。」この時点では、まだ真紀子さんは婚約者と結婚するつもりでいると思っていたし、僕とは一晩だけの恋かと思っていた。

「今夜だけ」と言われてしまうと時間がもったいなく思えてきて積極的に行こうと決意した。
真紀子さんの髪の毛を撫でながら耳の穴を舐める。
服の上から真紀子さんの胸を揉むと真紀子さんは体をビクッと反応させた。

「ごめん、ちょっと待って・・・。私が抵抗してもPくん、するんだよね・・・。なんか急に婚約者のカレのこと考えちゃって。結婚式の内容とか席次表とかいろいろ二人で協力してやってきたのに、カレを裏切って私、今Pくんとこんなこと・・・。でもPくんとなら他の未来があるのかなぁ?」

「きっとあるよ。」と適当に真紀子さんに返事を合わせて、あと3ヵ月後に結婚する女性を婚約者から寝取りたい、裸を見てみたい、ただ同期のかわいい女の子を「犯りたい」だけの自分がいた。
婚約者の話が出ると僕は逆に興奮してさらに真紀子さんとセックスしたくなる。

助手席に移り、真紀子さんのTシャツを捲くり上げ、ブラを強引に上にずらすと真紀子さんの大きな胸がブルンッと露わになった。

「あぁ・・・待って。やっぱりわたし、恥ずかしいよ・・・見ないでぇ・・・こんなことやっぱりダメ・・・婚約中のカレに悪いよ・・・」と手を胸の前に交差させて手ブラをして乳輪・乳首を隠し、恥ずかしそうに僕と目を合わさずに下をじっと見つめている真紀子さん。

真紀子さんは手が大きくないので、まーるいおっぱいのラインが大きすぎて手から思いっきりはみ出て見えてしまっている。

僕は手をそっとどけて、車の中で暗がりであっても真紀子さんの色白なおっぱいと茶色めの乳輪・乳首の「色の濃淡」(おっぱいの肌の白色と乳輪の茶色のコントラスト)でハッキリと真紀子さんの美しい胸が分かる。

「すげぇ、真紀子さんオッパイ大きいんだね。一緒に入社して○年経つけど全然、気がつかなかった。隠れ巨乳だったんだね。大きくてきれいなおっぱい。」
と手から溢れるくらいの大きな柔らかいオッパイに大興奮。

揉みまくって花嫁のおっぱいの感触を堪能する。
助手席のシートをいい感じの角度に倒す。

暗がりで真紀子さんの太めの大きな乳首を唇で吸いまくり、哺乳瓶の細めの乳首のような形状、乳首の硬さや感触を楽しみ、乳首の周囲に舌をはわせて反応を楽しむ。

さっき車の中の音楽の音を消したので車内にぴちゃぴちゃっ、ぴちゅぴちゅっ、ぴちゃっと僕が真紀子さんのおっぱいを吸ったり舐めたりするいやらしい音だけが車内に響きわたり、「あはぁぁん・・・き、気持ちいいぃ・・・あぁぁ・・・あ・・・ぁうんっ、んっ・・・はぁぁん、はぁぁぁん・・・ぁぁぁん・・・はぁぁぁん・・・」と、かすかな真紀子さんの喘ぎ声も静かな車内に響きわたる。

僕は真紀子さんの乳首を舐める舌使いの激しさを増していく。

「あはんっ、んっ、あぁっ!!ダメっ、あたし婚約中なのにぃ!!もうすぐ結婚するのにぃ!!気持ちイイっ!!感じちゃうよっ!!Pくん・・・こんなの・・・こんなに感じちゃったら婚約中の彼氏に悪いよぉ・・・胸の愛撫でこんなに感じちゃったの初めて・・・す、すごいよぉっ!!」と僕の頭をギュッとしてくる真紀子さん。

スカートをまさぐり、パンツの中に手を入れるとグッチョリしていて粘り気のある温かい液体がベットリと僕の指にタップリとまとわりつく。
クンニ抜きで指攻めにする。

「もうグッチョグチョじゃん。ほんとすげぇ感じてんだ、真紀子さん。」あこがれの真紀子さんのヴァギナに指を挿入。中指で一番感じるところを探す。

途中ヌルヌルしている中でザラザラするポイント(いわゆるGスポット)を発見。一気に攻め上げる。

「あっ、そ、そこっ、ダメ!!私、おかしくなっちゃう!!あ゛、あ゛ぁんっ!!あ゛んっ、気持ちイイっ!!」会社でいつもおっとりしてる真紀子さんがGスポットを攻められてヨガりまくり、白目をむき始めた。

「Pくん、お願い、待って!!それ以上はやめてっ、あたし意識飛んじゃうっ・・・何も抵抗できなくなっちゃうよぉっ!!あたしPくんのされたいようにされちゃうよぉっ!!今、妊娠とかしちゃったらお嫁に行けないカラダになっちゃうっ!!気持ちイイっ!!ああんっ、あんっああん、イ、イクっ、イクイクっ・・・んっ!!!・・・っ!!!・・・んくぅ!!!!・・・っ・・・・」カラダを小刻みに痙攣させながらイッてしまった真紀子さん。

痙攣した真紀子さんは目はうつろで脱力状態のようになり、カラダの力が抜けたようになって、カラダ全体がダランとしていた。

男としてはここまで真紀子さんをイカせたことに大満足。

脱力状態で抵抗できない真紀子さんにそのまま挿入。

「あ・・・待って・・・ちゃんと・・・ちゃんとゴムつけてくれた・・・?」

そんな用意良く持ってなかったので無言で(心の中で)「続行だっっ!!」

助手席のシートの倒す角度が奇跡的に良かったみたいで、なんかすごく奥まで挿入してる感覚。

真紀子さんも「なんかヤバい角度で入って奥に当たってるんだけど・・・子宮まで届いちゃうよっ!!」

でもイキリ立った僕のペニスはもうおさまりがきかないので強引にでも腰を振る。

「ちょっと待って!!ほんとヤバいよっ、すごい奥まで当たってるぅ!!子宮まで届いちゃってる感覚・・・、いやぁぁぁー!!!デキちゃうっ、あたし妊娠しちゃうっ!!結婚前の浮気で真紀子、婚約者がいるのにPくんの赤ちゃん妊娠しちゃうよぉっ!!」

指マン時のGスポットを意識して、ペニスで真紀子さんのGスポットを攻める。
女性のエクスタシーは、クリトリスでイクよりもGスポットで「中イキ」した方が何倍も感じるという。

「ああんっ、また真紀子、イッちゃうっ!!そこダメなのっ!!」

「真紀子、またクリじゃなくて中イキでイッちゃうんだ?めっちゃ淫乱じゃん。」

真紀子のおおきなオッパイを両手で揉みしだきながら大きめの乳首を親指と人指し指でつまんで引っ張り持ち上げながらグリグリ回転させて攻めまくる。

「真紀子、このまま中でイッていい?結婚前の真紀子にっ!!」と真紀子の感じる乳首攻めとGスポットの同時攻撃で真紀子の「中イキ」を狙う。

「あ゛あ゛あっん、あ゛ぁんっ、彼氏のセックスとは全然違うのっ!!Pくんのセックス、気持ち良すぎちゃって・・・いろいろ考えらんないっ!!もう・・・もうどうでもいいのっ!!Pくんの好きにしてぇっ!!妊娠しちゃうくらいイッパイ真紀子の中で出してぇ!!私のこと妊娠させてぇっ!!気持ちイイのっ!!真紀子イキたいのっ!!イカせてぇ!!真紀子、い゛ぐっ、い゛ぐっ、真紀子、い゛っぐぅっ!!!」

途中でヨダレを垂らし、白目を剥きながら再びカラダを痙攣させながら真紀子はイッてしまった。

社内一のおっとり屋さんで清楚なイメージの真紀子が、セックスでこんなにヨダレ垂らして「中イキ」でこんなに乱れてしまうとは・・・。

ギューッと真紀子の膣が締まり、僕も限界に。
真紀子の子宮口まで届く勢いでペニスを打ちつけて精液を、イキまくって抵抗できなくなった真紀子の痙攣中のオマ○コの膣内にタップリ射精。

自分でも玉袋の部分がギュッと上に押し上がってから、ペニスの根元から先端に向けてビクンッビクンと大きくポンプのように働き、真紀子のオマ○コの中に大量の精液(子種)を送り込んでいるのが分かった。

あったかい真紀子の膣の中が、自分の精液でさらにあったかくなったように感じた。

真紀子の膣からペニスを抜くと、同時にダラッと自分の精液も、他人の花嫁になる真紀子のマ○コから大量に出てきた。

お尻も見たくて助手席のヘッドレストを外し、2列目シートとつなげてフルフラット状態に。
真紀子を四つんばいにさせる。

思っていたよりも腰幅もお尻もデカイ。

お尻はガッチリしていながらもモッチリとボリュームがあり、揉むとすごく気持ちいい感触。

「真紀子、すごい興奮するデカイお尻してるんだね。」

「いやぁ、そんなにじっくりお尻見ないでぇ。」

暗がりながらも色の濃淡で真紀子の肛門を発見。
色の濃くなっている部分(アナル)を舌で激しく愛撫。

手でもっちりした真紀子のお尻の肉を拡げて奥まで舐めると、途中で鼻をつくニオイ(真紀子の排泄物系のニオイ)もしたのでサラッと愛撫を終了してバックで挿入。

この上からの風景が圧巻。

お尻がとにかくデカイ。車内が狭いためちょっとストロークに詰まりつつピストンしているのだが、お尻が大きくてポワン、ポワンとお尻の肉が波打つ。

これが安産型ってお尻か、と思いつつ、真紀子の膣内のとろけるようなヌメヌメ感に浸る。

真紀子のお尻の穴に親指を挿入しながら激しく突くと、真紀子の喘ぎ声のトーンが変わってまた違った感じ方をしていた。

「真紀子、お尻の穴も感じる子なんだね。ウンコの出てくるそんなクッサイ穴で感じちゃうんだ。」

「ああんっ、そ、そんなことない。そんなことないよ。ああっ、で、でもお尻の穴も気持ちイイかも・・・結婚前に、あたし同期のPくんにお尻の穴見られちゃってるの恥ずかしい・・・二人だけの秘密だよ。お尻の穴で感じちゃってるの見られるの真紀子、恥ずかしいもん・・・」

最後は結婚前の真紀子のかわいいお顔を汚したくてバックから強引に「真紀子、顔に出すぞっ!!こっち向いて!」と予告して5月に結婚する真紀子の目元から発射を始め、鼻、唇、アゴまで満遍なく顔全体に勢い良くタップリ射精。

真紀子の顔に出し切ったあと、真紀子の口の中にオチンチンを奥まで押し込んできれいにお掃除してもらった。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  ドM一家の嫁
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー