エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

怖れを知らない3人組にあっさりイカされた私は……

恐れをしらない痴漢達。女暦を20数年もやってると、人生の中である程度の痴漢とか変態には遭遇するものです。しかし、その大半は未遂や少しの犠牲で終わり、気が付いたら自分も忘れてるというのが殆どです。

 ですが、あくまで痴漢なので、この話に挿入とかはありませんが、この話を誰に聞いてもらっても「それはないわ・・」と絶句される痴漢体験を発表してみようと思いました。私もこんな痴漢体験は人生で一度のみです。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

 場所は電車内でした。奈良方面から大阪の南のほうにある繁華街の主要駅につながる路線です。朝の7:30~8:30はご存知の方も居られるかもしれませんが、想像を絶するほどの乗車率なのです。私は奈良方面から最終の駅までおよそ30分以上をかけて、満員電車に揺られます。そのおよそ30分での出来事です。

 当時、私はOLでした。恥ずかしながら自分のキャラは一応、気の強いオネーサンキャラをイメージしていたので服装もミニスカートスーツという、たしかに痴漢にあってもおかしくない服装をしていました。

 外見からはコイツを触ったら絶対に声だされる。というような雰囲気を出していたと思いますので、私も気がつよい部分もあったのです。触るなら触れ、捕まえてやる、とまではいいませんが。

 その日、私はいつもどおり電車にのると、いつもの先頭車両の進行方向の壁側に位置しました。運転手の乗る場所がみえるあたりです。私がいつもの場所に陣取ると、続々とサラリーマン、高校生、あらゆる階層の人が駅員につめられるように入ってきます。

 そのたびに、グイグイと体を押され、密着状態。その日私は3名のサラリーマンに囲まれてました。残りは壁です。電車の扉が閉まり走り出します。すると、早速後ろから手が・・。お尻をなでられてるような・・。(痴漢か・・?)と思いました。

 するとその直後に、今度は前からも手がきたのです。(え?コイツら仲間?おかしいんちゃう?顔バレバレやん!)と思いました。さらに今度は側面からスカートをつまみ、じわり、じわりと小刻みにめくりあげてくる男がいたのです。(グループ痴漢か、いやなものに遭遇したな><)とさすがの私も困りました。

 後ろの男は痴漢開始から5分も経たないうちに、Tバックのパンツの後ろからお尻の穴に直接触れてきました。そこまですぐに触られるような原因を作った服装をしていた私も悪いですが。前の男もほぼ同時にパンツの中に指を入れ、クリを触ってきたのです。

 もう一人の男は周囲の様子を伺い、四角い書類ケースのようなものでほかの乗客の視界をさえぎってました。後ろの男はちゃんと爪を切ってるのか、何指かはしりませんが、グッグッとお尻の穴に指をねじこんできます。とても妙な感触が伝わりました。そして前の男は小刻みにクリを刺激。

 そんなのを流石にされると、いくら電車内、知らない男達。といえど、敏感な部分をさわられたら、意思とは裏腹に私も濡れてきます。自分でも(ああ・・絶対濡れてるわ・・)と思いました。

 そして後ろの男が私が当時大流行していたヒモパンツを履いていたのに気が付き、左、右とヒモを緩め、グッと後ろから引っ張ってパンツを脱がし、それを多分、ポケットかなにかへ収納。私はあっという間にノーパンにされたのです。

 そしてそれから約25分近く、ずっとその状態。お尻の穴に指を入れられ中を小刻みに動かさられ、前からはクリ、中、クリ、中と交互に指で触られる。私は本当はドMでもないのに、その時だけはもう感じすぎて周囲がみえなくなり、立ってられなくなり、壁にもたれるような感じで声も出そうになり(もういい、、やばい。だめだ・・すごいきもちい・・)ってなってしまったのです。周囲からしたら、この人気分わるいのかな。と思われてたかもしれません。

 そして目の前の男は聞こえるか聞こえないかクチュクチュと音を立ててきました。(少なくとも私には聞こえました)私はその男の顔をみて(だめ・・><)という表情をしました。男は無言の鉄仮面で目すら合わそうとしませんでした。

 そして指で2回イカされ腰がガクブル状態になったころ、電車は駅に到着したのです。男達は扉が開く40秒くらい前までさわり続けてました。そして扉が開くやいなや、3名はそれぞれ別の方向へ足早に去っていきました。私も何事もなかったように電車を降りました。

 で、友達に話しているのはここまでで、、。実はそのあと会社に電話し「体調わるいので、今日はやすみます」と連絡し、また折り返しの電車に乗って家にもどりました。部屋にはいるやいなや、スーツの上着だけラックにかけて、そのまま家のベッドに寝転ぶと、大またを広げて一人hしちゃったのです。・・w 

 その日以来、痴漢に対する耐性が一気に上がり、ちょっとやそっと触るくらいではもうなんとも思わない根性がついてしまいました。いちおうオチだけはつけときました。^^;

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/04/17 12:15 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー