エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

35歳の人妻ですが、私には5歳年下の彼がいます

35歳の人妻です。

私には5歳年下の彼がいます。

彼も私も既婚。

出会いは職場です。

去年の忘年会の席で隣同士になり、それがきっかけで話すようになりました。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

その日から2週間後の仕事納めの日、仕事が午前中で終わり、帰ろうとした時、彼がお昼ご飯をおごってくれると言うので、近くのファミレスへ行きました。

その時の会話は会社の話や家庭の話…と他愛もない事ばかりでした。

しかし、ふと話が途切れた時に、彼が携帯を操作し始めました。

奥さんにメールしてるのかも、早く帰してあげなくちゃ…と思い、声を掛けようとしたら、私の携帯にメールが入ってきて開くと目の前に居る彼からでした。

彼を見ると、俯いてこっちを見てくれません。

内容は「ずっと好きでした」と。

再び、彼の方を見ると真剣な顔でこちらを見ています。

びっくりしていると手首を捕まれ、駐車場へ連れていかれました。

そして、「さっきのは本当です。

入社した時から好きでした。」

と言われました。

実は私も彼の事は、忘年会以来気になっていたので、嬉しい気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱいで黙っていたら、彼に「あなたの事、抱いてもいいですか?」と耳元で囁かれ、俯いたまま頷きました。

ラブホへ行き、別々にシャワーを浴びた後、彼に抱きしめられキスをしました。

それがだんだん激しくなってきて、2人でベットへ倒れ込み、彼は私の胸や首筋、お腹に舌を這わせ、そのうちアソコへ移動してきました。

もう、すでにぐちょぐちょのアソコを彼は舌を使って刺激してきました。

クリが1番の性感帯の私は「あぁぁ…ダメっ!もうイッちゃうよぉ」とすぐイッちゃいました。

今度はアソコに指を入れGスポットを攻めてきました。

そこもダメな私は「ダメっダメっ…もう嫌っ…潮噴いちゃうよぉ…あぁぁ」と潮まで噴いちゃいました。

それでも彼はやめてくれず、何回もイカされました。

そして、ぐったりしている私を仰向けにして、モノを挿入してきました。

その彼のモノは私のアソコにとってもピッタリで、またイッちゃいました。

彼が浴室へ移動しようと言うので、今度は私がお返しをする番です。

大きく反り返ったモノをお口でしてあげると、彼ってば「あぁ」とか声を漏らしちゃて、かわいい。

お口でしてあげながら、ローションを指に塗り、彼のお尻の方へ滑らせました。

彼はびっくりしたようで「え?なにするの?」と言い「ダメ?痛かったら言って」と私は言ったあと、彼のアナルへ指を入れました。

なんと、彼はアナル体験は初だったみたいでした。

でも、気持ちいいと言ってくれました。

またベットへ戻りキスをしたあと、激しくセックスをしました。

気持ち良すぎて、アソコから愛液がお尻へ太股へ伝うのがわかりました。

くちゃくちゃといやらしい音が益々興奮させ、私はまた何回もイッてしまいました。

彼も「イク」と言うので、イキまくりで訳がわかんなくなってた私は「私も一緒にイク…あぁぁ…中で出して…中で…いっぱい欲しい…最後まで私の奥まで突いて…」と言うと彼は動きを止め、急に冷静な顔で「それはダメでしょ?」と言いました。

「大丈夫、安全日だから」と伝え再開。

彼は「あ…イクイク…」とうめき、私も「いや…イッちゃう…ぁあぁ…あぁ…」と結局、中でイッちゃいました。

それから、30分も経たないうちに2回目をしました。

彼とは身体の相性バッチリです。

今はちゃんと心も通じ合ってます。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/04/16 22:00 ] 女性の体験談 女性の浮気告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー