エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

人妻のダメやいけませんは、もっとしてと言う合図です

ソファに並んで座り、会話を楽しんでいた。
ふと、会話が途切れ沈黙に包まれた時に、ふと目を向けると、目があった…
さみしそうな目をして、こちらを見ていた…
たまらなく愛おしく思えて、思わず手を掴むと、はっとして
「あっ!だめです!いけません!」手を払ってきた。

構わず手を引き、抱き寄せようとすると、「だめです!本当に!」
腕を突っぱねて抵抗してくる。
構わず、肩を抱き寄せ唇を奪いにいくと、かわしてきた。
そのまま強く抱き締める。
いい匂いが鼻をくすぐる。

「だめ、だめ、いけない…」
しばらく抱きしめていると、突っぱっていた腕の力をゆるめた…
瞬間、唇を奪う。
最初は拒んでいたが、強く抱きしめキスをしていると自然にキスに応えてきた。

柔らかい唇の感触を味わう…
そして舌を入れようとしたが、侵入を拒むように口を開かなかった…
うなじや首すじに舌をはわす…
きめ細かい肌で思わず、歯をたてたくなる…

再び、唇を重ねると口を少し開いてきた…
すかさず、唇を割って舌を差し入れ口中を舐めまわしていると、遠慮がちに舌を絡めてきた…
次第に激しく舌を絡めディープキスを続けた…
服の上から胸を優しく揉みしだく…

「いや…だめです…いけません…やめて…」

服をたくし上げるようにして、下から手を差し入れる…

「あっ!だめです…お願い…やめて…」

百合子は胸を抱きかかえて抵抗する…
構わず手を深く差し込み、ブラの上から、優しく揉みしだいていった…やがてブラの下から手を差し込み、外側から、こねるように乳房を揉み、時々乳首に刺激を加えるとぴくっと体が反応した!

「やっだめです…これ以上は…これ以上は…お願い…やめて…」

思ったとおり豊かな乳房…その柔らかい感触…揉みしだき続いた…
引きちぎるように服を剥ぎ取りたいのを我慢して、ゆっくり服を脱がせていった…

「いや…だめ…もうこれ以上は…やめて…ください…」百合子は脱がされまいと抵抗したが弱々しかった…

キャミソールも脱がし、ブラのホックを外すと豊かな乳房がこぼれるように現れ、すかさず百合子は両腕で隠そうとする…

「お願いです…これ以上はやめてください…恥ずかしい…」

弱々しい抵抗や恥じらう百合子に下半身は激しく勃起していた!
乱暴に乳房を揉みしだきたいのを我慢して、優しく百合子の腕を取り、優しく乳房を揉み、乳首に舌を這わせた…
百合子の息づかいが心なしか荒くなったような気がする…

「あっあぅ!やめて…くださ…いや…あっあぅ!」

左手で乳房を揉みつつ、右手はスカートの上から肉感のある太ももをなでスカートをめくるように直接、太ももを撫でまわした…

「やっ!もうこれ以上は…もう…あっあぅ!」

百合子はスカートをめくられまいとしていたが、構わず絹のような、なめらかな内ももを撫でまわした!
パンストの上から百合子の大事な部分を撫でて刺激を与えると、百合子は股に力を入れて抵抗したが弱々しいと感じた。

「そこは…だめです…だめ…やめて…ハァハァ」

大事な部分のふくらみに刺激を加える…

「そこは…やめて…だめです…だめ…やめて…」

お尻の方からスルリとパンストを脱がせた!
ショーツの上から秘所を撫でると、明らかに濡れているのが分かった…さらに指で軽く挿入したり、クリトリスを揉むようにすると、息を荒げて、仰け反り声をあげてきた。

猛り狂った肉棒からもガマン汁が出ている感じだ。
たまらずショーツの中に指を入れ、直接、秘所に指を入れたり、クリトリスに刺激を加えた。

「あっあぅ!あっあぅ!」

百合子は悶え、歓喜の声をあげていた。
秘裂からは愛液があふれ出ており、ショーツを濡らしていた…
百合子を抱きかかえベッドに運ぶ
美しく、たわわに実った果実のようだ…
思わず、飲み込む。

素早く服を脱ぎ抱き締め、激しいディープキスをし、うなじから乳房、腰、太ももと舌を這わせ、ショーツに手をかけ、引き下ろそうとすると

「だめ…やめて…お願いです…」

降ろされまいとショーツを握り、抵抗してきた…
ガマンできない。
ショーツを裂くようにお尻からスルリと剥がした。
膝の裏に手を当ててそこを立てるようにして、足をM字に広げようとするが、百合子は足に力を入れて、開かせまいと抵抗する…

一気に力を入れ、足を開かせると、恥毛の少ない鮮やかなピンク色をした秘裂が見えた!

「いゃあ…見ないで…見ないでください…恥ずかしい…」

秘裂からは愛液があふれ、誘うような女の匂いが立ちのぼる。
その秘裂に舌を這わせつつ指を入れ反応を見ながら刺激を加えていく…

「あっあぅ!もう!おかしくなりそう!」

のけぞり、小刻みに震えながら大きな声を上げ始めた。
たまらず猛り狂った肉棒をもって溢れるような愛液にぬかるんだ秘裂の周辺やクリトリスに擦り付けていると、百合子は先ほどの恥じらいもなく、足をM字に開き、腰を浮かすようにしてきた…

秘裂にあてがい、膣道の感触を味わうように、ゆっくりズブズブと貫いていった。

「あっ!あっ!あー!」

根元まで挿入し、抱き締めると、背中に腕を回してきた…
ついに百合子と結ばれた。
腰の突き入れを激しくしたり、ゆっくりしたり、浅くし続け、いきなり深く挿入したりしていると、

「あっああ!変よ!おかしくなりそう!だめ!本当にもうだめ!あっあああっ!もうもう!あっあああっ!」

のけぞって大きな声を出し、激しく悶え喘ぎながら小刻みに震えて、背中に回した手の爪を食い込ませてきた。
膣がキュッと締まってきた。
イキそうだ射精感が高まった
このまま膣に精液をほとばしりさせたい!

「なんて!なんてかわいいんだ!百合子!」

素早く百合子から抜くと同時に、胸や腹に白濁した液を撒き散らした。

百合子は隠そうともせず、半開きの足をそのままの姿でぐったりとしている…
そっと見ていると、視線を感じたのか「恥ずかしい…」
慌てて隠してきた…
腕まくらにしてやり、そっと肩を抱くようにしていると、

「何がなんだが…わからなくなってしまって…あなたと初めてなのに…あんなに乱れてしまって…恥ずかしい…こんなの初めて…恥ずかしいです…」

恥じらいの仕草がかわいい…
すがるような目でこちらを見ていた…
欲情し、肉棒が固くそそり立ってくる…
体を重ねて、再び唇を重ねると今度は積極的に舌を絡めてきた…
うなじから乳房、腰と舌を這わせ太ももへ行くと、自分から足を開いてきた。
足を肩に抱え上げ、秘裂に舌を這わせていると、我慢できないというように、もはや恥じらいもかなぐり捨てて激しく悶え、喘いでいた。
猛り狂った肉棒を持って、十分ぬかるんだ秘裂にあてがうと、一気に貫いた。
「あああ!あああ!あっあああ!」

恥じらいをかなぐり捨てて、激しく悶え小刻みに震えて、喘ぎ、体を仰け反らせた。
しばらく突きまくり、一旦、ズルリと抜き、四つん這いにさせ、肉感のあるお尻をむんずと掴むと、後ろから貫いた。

「あっあああっ!」

体を仰け反らせて、喘ぐ。
後ろから突きまくる。

「あっあああっ!恥ずかしい…こんな体位…初めて…恥ずかしいから…」

だんだん射精感が高まってきた。
再び下に組み敷き、膝の裏にうでを入れ、大きく足を開かせ、突きまくると、激しく喘ぎ悶えまくってきた。

「きて!中に!欲しい!あなたのものが!欲しいの!」

うぉー!!
腰を震わせて、膣内に激しく射精した。
そして、そのまま強く抱きしめあった。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
関連記事

国民的アイドル エロス覚醒

肉棒大好き兄嫁ちゃん
  
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/04/15 21:15 ] 男性の体験談 人妻との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー