エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

家庭教師で国語と英語を教えるはずが、保健体育を重点的に教える事に

大学3年の時、高校進学生の家庭教師をしてた。
デキの悪い子だったので、両親は「ある程度の高校に」と言ってた。

1年間頑張った結果、両親の想像以上の高校に入学できた。
この結果のお陰で、4年の夏にまた家庭教師の依頼がやってきた。
相手は教えてた男の子のお姉ちゃん。
受験を控えた高3で、現代文と英語を教えて欲しいという。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

理系の俺に国語は無いだろって思ったが、とりあえず教える事になった。
実はこのお姉ちゃん、会えば会うほど可愛い娘。

何度も家で顔を会わせてたんだけど、愛嬌が無いっていうかかなり無愛想。
どうもって頭をペコリとするぐらいで、全く会話すらした事が無い。

教える事になって知ったのは、私立の女子校通いなんだって。
全然男の免疫が無くてそんな態度だったみたい。
教えるようになっても、しばらくは愛想の無い娘だった。
名前は仮名でアキナとしておきます。
顔は超可愛い部類。
幼さもあったが大人っぽい雰囲気もあり、新垣結衣っぽいかな。

160cmぐらいの身長で手脚は細く、色白で清潔感ありあり。
キリッとした顔してるくせにおっとり口調。

2ヵ月か3ヵ月ぐらいしてやっと世間話ができるようになった。
妙な事に、俺が教え始めてからの成績上昇は凄かった。

今までクラスの真ん中辺りだったのに、冬休み前には10番以内が当たり前に。
さらに1月にはセンターの過去問で、現代文では100点に近い点数を取れるようになってた。

両親は国立へと願っていたが、アキナ自身は都内の私大に行きたがってた。
結局ヤル気の問題だったのか、国立はダメで念願の私大に進学が決まった。

アキナは今まで彼氏がいた経験無し。
女子校だから出会いも無く、それ以上に警戒心が強いのができなかった原因だと思う。
私服はお世辞にも良いセンスではないが、それなりの格好をしたら超ヤバい。

もっとヤバいのは制服姿w
実は合格発表の日、お母さんと俺が同行したんです。
アキナもお母さんもまともな精神状態を保てなかったらしく、急きょ頼まれての付き添い。
いつも私服というか部屋着ばかりだったから、制服姿を見た時はドキドキした。
そこらの汚い女子高生とは比べ物にならないし、雑誌に出ててもおかしくないレベル。
何度かスカウトされた経験もあるらしいが、アキナも全く興味が無いって言ってた。

そんなアキナとも受験が終わってお別れし、俺は卒業して就職した。
忙しい毎日を過ごしてた6月の下旬頃、久し振りにアキナからメールが来た。

サークルをどうしようか、部活やってみようか、男がちょっと怖い、いわゆる相談メール。
男慣れしてないから、馴れ馴れしく接してくる男達に困っているらしい。

俺にだってこんな普通の態度なんだからと励ましたが、俺と周りは違うの一点張り。
そんなメールをしてて、なぜか映画を見に行く事になった。

教えてた時に話してた六本木ヒルズなどのデートスポットにも行きたいと。
日曜日の昼前に待ち合わせし、現れたアキナを見てガクブルw
ちょっとしか経ってないのに、もう雰囲気がかなり大人に近付いてた。
洋服は大人し目で清楚な感じだったが、平たく言えばお嬢って感じかな。
可愛さが増し過ぎてて軽く緊張した。

そうそう、当時の俺には彼女がいたので、アキナもそれは知ってた。
彼女には弟の方と会うって事になってたんだけどね。
映画見てメシ食って街をフラフラした。

アキナにとっては初めてのデートなので、出来る限り行きたい場所へ行った。
可愛過ぎるアキナに負けて、結局後日に八景島やディズニーランドにまで行っちゃいました。
距離感とか雰囲気で俺の事を好きなのかもって思い始めてたけど、一応何もせずにプラトニックに接してた。

でも8月になってのある日、車で神奈川へ行った日に一線を越えちゃいました。
俺はアキナに触れる事はしなかったけど、アキナは腕や手とか触ってきてました。
漁船市場で水槽を覗き込んでた時も、顔が触れるぐらい寄ってきてたし。
だから「そんな態度をしたら、男に勘違いされるぞ」って言ったんです。
そしたら「先生は特別だから」と言われ、運転中に突然の告白。
「アタシの事嫌い?」とか「彼女がいてもイイ」とか言い出し、
最後にはヤケになった口調で「初めては先生に」とまで言い出したんです。

「それはマズイだろ」と笑って答えたけど、アキナは普通に大真面目だった。
大学の友達はみんなしてるから・・・と言ってて、処女を自分でも重たく感じてたみたい。
こんな可愛い娘の処女なんて、これから先頂く事はまずない。
彼女いるのにイイのか?と何度も確認し、夕方ラブホに入った。

緊張するアキナがシャワーから出てきてバスタオルを取った時、思わず息を飲んだ。
何?このスタイルって。
痩せてるのは知ってたけど、ただ痩せてるわけじゃない。
胸はDぐらいあってまん丸のお椀型だし、ギスギスしたガリガリってわけでもない。
薄いピンクの乳輪と可愛い乳首に、思わず時間を忘れるほど魅入ってしまった。
アキナは恥ずかしいと身体を隠したけど、ベッドに押し倒してからは舐めまくった。
処女らしくあんまり反応は無かったが、しっかり濡れまくりだった。

別にセックスを楽しむ為に来たわけじゃないので、1時間ぐらいの愛撫の後に即挿入した。
ゴムが邪魔だったけど取るわけにも行かず、備え付けの自販でローションを買って使った。

キツキツマンコに入れた満足感もあったが、痛みに顔を歪めているアキナにやっぱり萎えた。
奥まで入れて何度かゆっくり出し入れをした後、これで貫通したねとキスをして終了。

キスの仕方も分からないアキナの舌をベロンベロン舐めて、遅くならないうちに帰宅した。
次の日も違和感があるとメールで言っていたが、全く後悔はなかったみたい。
まぁ俺もちょっと感動してたんです。
あんな可愛い子の初めての男になれたわけですし。
今までのセックスとは違って、やらしさっていうより感無量っていう感情が大きかった。

アキナはその日以来、俺に色々な質問をしてくるようになった。
「普通は舐めるもんなの?」「どっちが先に舐めるの?」
「最後ってどうしたら終わり?」「あの痛さが気持ち良くなるの?」「男はどうしたら気持ちがイイの?」などなど。
友達に聞くワケにもいかない質問を俺へとぶつけてきてた。
だからその一つ一つに真面目に答えてあげて、アキナの疑問を解消していった。

そんな毎日メールをしていると、やっぱりまた・・・という話になるわけです。
「今度は最後までしたい」と、俺の射精を見たいような事になりました。

結局土曜日に会って遊んだ後の夕方、またラブホへ行ってセックスしました。
マジマジと始めて見るチンコを観察し、言われるがまま舌で亀頭を舐めるアキナ。

こうなったら俺の気持ち良いように教えるしかありません。
カリ首の所を舌でペロペロして、口に含んで軽く吸いながら舌でレロレロして・・・と。
ぎこちないフェラでしたが、可愛過ぎる顔で困った表情をするので萌えまくり。

前回はしなかった指挿入をし、Gやポルチオを刺激してやりました。
さすがにクリトリスの気持ち良さは知っていたので、クンニしながらの指挿入です。

初めて切ないような小さい喘ぎ声を出していましたが、まだまだ良さを知るには至らず。
またローションを買ってゴムを付けて挿入しましたが、案の定痛がって射精は諦めました。

どうしても俺がイクまでしたいという流れになり、毎週のように会うようになりました。
何回目かでやっと痛みが緩和されてきたようでしたが、それよりフェラが上達していきました。

玉袋を舐めさせ、笛を吹く様に竿も舐めさせ、亀頭をチュパチュパ音を出してしゃぶります。
音が出るのが普通だからとか、舌で舐め回すのが普通だからとか、まぁ嘘ばっかり教えました。

俺が気持ち良くなっている姿を見るのが嬉しいらしく、
何度目かには「アタシ舐めるのがすきかも」なんて言い出す始末です。

その頃には俺の中で、ちょっとした変化がありました。
もしかしたらコイツはMっ気が強いかもしれないって。

バックで後ろから突いてる時、何気なくケツをパシッと叩いた事があったんです。
普通なら「痛い!」とか「なに?!」って咄嗟の反応が出るはず。
なのにアキナは「はぁあんっ」と明らかに違った反応をしたんです。

だから強くグシャッと掴んで強く揉んでみると、「うふんっうふんっ」と吐息を洩らしまくり。
「痛くないの?」と聞くと「痛気持ち良い」と言ってた。

その頃からちょっとイジめてみたくなってきたんです。
若干遅漏気味の俺は、ゴムをつけているとなかなかイキません。

だからかれこれ10回以上セックスしてるのに、まだ射精をしていませんでした。
アキナのフェラや乳首舐めなどは上達し始め、Mっ気もだいぶ分かってきた頃。
久し振りにドライブデートしようかってなりました。

彼女が仕事で週末地方に行く事があったので、それを利用して土曜から遊んだんです。
夏が終わって空き始めた海へ行き、砂浜に座って喋っていました。
もうアキナは遠慮無く俺の腕に抱きついていて、傍から見たら普通のカップル状態。

ポツンポツンと同じようなカップルがいたので、ちょっと意地悪してみました。
「人前でキスなんてした事ないよな?」
「あるわけないじゃん」
「じゃ~今ここでしてみ?俺に」
「えぇ~!だって人いるよ?みんなに見えちゃうよ?」
「だから言ってんの。キスしてみ?」
かなり困った表情でしたが、アキナは恐る恐るキスをしてきました。
子供みたいなチュッていうキス。

だからすぐに後頭部を掴んで、思いっ切り舌をねじこみました。
ムグムグと変な声を出していましたが、スグに舌を絡めてきました。

舌を激しく絡めあいながら、俺はそのまま胸を揉み始めました。
さすがにこれにはビックリしたらしく、「いやっ」キスを中断。
「俺の舌しゃぶってよ」
舌をわざと出すと、少し不貞腐れた表情のまま吸い付いてきました。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/04/08 23:00 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー