エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※家庭教師先の可愛いおかあさんを本気で好きになった僕は、ご主人から奪おうと決めた4

前回の話

日奈子さんは、僕の部屋に押しかけてエッチをして以来、リミッターが外れてしまったように僕のペニスを求めるようになってしまった。
今日も、健太くんの勉強を見ている途中、かすかにドアが開いた。ドキッとしてそちらを見ると、日奈子さんが隙間から微笑みかけてきた。集中している健太くんは、まったく気がつく気配もない。日奈子さんは、僕と目が合うと、Tシャツをまくり上げ始める。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

すると、大きくて張りのある胸が丸見えになった。健太くんを産んでいるとは思えないくらいに、綺麗なピンク色の乳首と乳輪が丸見えだ。

僕はすぐに興奮してしまって、健太くんにトイレに行くと告げて部屋を出た。ドアを閉めると、すぐに日奈子さんがキスをしてきた。ドアのすぐ向こうに健太くんがいる事など、気にもしていないような感じで、濃厚なキスをしてくる。舌が飛び込んできて、口の中を全部舐められるような感じのキスだ。

僕は、こんな場所ではまずいなと思いながらも、夢中で舌を絡ませていく。日奈子さんは、すぐに火がついてしまったようで、キスをしながら僕のペニスをまさぐってきた。さすがにヤバいと思いながらも、日奈子さんの指の感触に腰が抜けたようになってしまう。

でも、日奈子さんもヤバいと思っていたようで、僕の耳元でささやいた。
『下行くわよ。おいで』
日奈子さんは僕の手を握り、階段を降りていく。そして、リビングに入るとすぐに、膝まで短パンを降ろして立ちバックの格好になる。日奈子さんはショーツを穿いていなかったので、色素の薄い綺麗なあそこが丸見えになる。

『もう準備出来てるから、すぐ来て!』
うわずった声でそう言うと、自分のあそこを指で拡げた日奈子さん。ツゥーッと透明の液体が垂れ流れて、床に液だまりを作った。焦れた顔の日奈子さん。いつもの、優しくておっとりした感じからは想像も出来ないくらいの淫らな顔だ。

そして、僕はすぐにパンツとトランクスを降ろし、日奈子さんにペニスを突き立てようとした。その時、日奈子さんのあそこにヘアがない事に気がついた。
「あれ? どうしたんですか?」
驚いて聞くと、
『巻き込んじゃうから、剃ったの。先生のが太すぎるから、毛を巻き込んじゃうの。パパのじゃ平気なんだけどね』
おどけて言う日奈子さん。日奈子さんはご主人のことを話す時、目がよりトロンとなる。背徳感や申し訳ないという気持ちが、日奈子さんを興奮させているのだと思う。

「日奈子さんって、本当にご主人しか知らないんですか?」
僕は、疑問に思っていたことを聞いた。僕に顔面騎乗したり、アナルでセックスしてイキまくったり、経験がとても豊富のように感じる。
『え? ふふ。そうよ。パパと先生しか知らないわよ』
イタズラっぽく答える日奈子さん。
「ご主人の顔にまたがったり、ご主人とお尻でしたりするんですか?」
『しないわよ』
「え? だったら、誰としたんですか?」
『先生とだけよ』
「お尻もですか?」
アナルに入れた時に、全然痛そうじゃなかった日奈子さん。それどころか、イキまくっていた。僕とが初めてなんて、あり得ないと思う。

『そうよ。あの時が初めてよ。すっごく痛かったの、我慢してたのよ』
笑いながら言う日奈子さん。僕は、日奈子さんのお尻の初めてを奪ったのが本当は誰か、気になってしかたなくなってしまった。嫉妬心からだと思う。

僕は、これ以上聞いても答えてくれないなと思い、日奈子さんのあそこにペニスを突き立てた。嫉妬心を抱いていた事もあったと思うが、一気に根元まで突き入れた。

『んんっ、うぅ……ダメよ、いきなり……。声出ちゃうでしょ?』
日奈子さんは、顔だけ振り返ってそんなことを言う。僕は、僕の部屋ではなく、日奈子さんの家でしていると、やっぱりドキドキしてしまうのと、ご主人に対しての罪悪感が大きくなる。当然、ご主人は日奈子さんがこんな事をしているなんて、知らないはずだ。たぶん、想像もしていないと思う。それくらい、普段の日奈子さんには性的なイメージがないからだ。清純と言うよりは、子供みたいな感じ。無邪気な感じだ。

日奈子さんは、そう言いながらもすでに腰を動かしていた。日奈子さんは、バックでハメる時も腰を動かしてくる。僕の腰の動きにあわせて、より強く深くペニスが入るように、カウンター気味に腰を振ってくる。こういった動きからして、日奈子さんが経験豊富という事を証明しているような気がする。

僕は、健太くんに怪しまれないように、すぐに終わらせなくてはという思いで腰を振った。
『んっ、んっ、うぅ、あぁ……先生、本当に気持ちいいわ。先生のおチンポ、大きくて素敵よ♡』
日奈子さんは、声を抑えながら言う。
「ご主人のより、気持ちいいですか?」
僕は、最近のお約束でそんなことを聞く。日奈子さんは、エッチの最中にご主人のことを言われるのが一番興奮するみたいだ。

『うぅあぁぁ、ダメぇ、パパのこと言っちゃダメだよ、んぅ……』
日奈子さんは、泣きそうな顔でそう言う。でも、膣が信じられない程キュンキュンとうごめいて締め付けてくる。僕は、一気に射精感が強くなってきた。
「日奈子さん、出ます……どこに出して欲しいですか?」
弱々しくうめくように言う僕。
『イ、イッてぇ、中でイッて! パパのより大っきなおチンポで、子宮にぶっかけてぇっ!』
日奈子さんは、うわずった声でうめくように言う。健太くんに聞こえやしないかと、ドキドキしながらも、僕は日奈子さんの一番奥に押し込むようにしながら、たっぷりと膣内射精をした。
『うぅ、あぁ、イクぅ……凄いぃのぉ……パパのと全然違う……』
日奈子さんは、中に出されるとすぐにイッてしまう。膣中に出されてしまうという行為自体が、日奈子さんを狂わせているような感じだ。
日奈子さんは、リビングで僕に中出しをされる時、必ずサイドボードの写真を見ている。家族3人で、テーマパークで仲良く写っている写真。少し照れた顔で笑う日奈子さんと、無邪気に笑う健太くん。そして、優しげな微笑みを浮かべているご主人……。そんな写真を見ながら、僕に膣の奥深くに注ぎ込まれている日奈子さん。身体がヤバいくらいにビクンビクンと震えている。

そして、日奈子さんは、ペンタンと床に女の子座りをした。毛のないあそこから流れ出てくる僕の精液。妊娠してしまわないのかな? と、少し不安になる。でも、いっそ妊娠してくれたら、本当にご主人から奪えるのではないか? と、イケナイ期待もしてしまう。

日奈子さんは、命令もしていないのに僕のペニスをお掃除フェラし始めた。くすぐったいのと、気持ちいいのとで腰が引けてしまう。でも、日奈子さんは一心不乱に僕のものを口で清めてくれる。
人妻の日奈子さんに、お掃除フェラをさせている時が、一番僕の罪悪感が強くなる。でも、同時に勝ったという高揚感も湧いてくる。

「日奈子さん、戻らないとヤバいです」
僕はそう言って、ズボンとトランクスを上げる。
『あれ? お尻はして欲しくないの?』
日奈子さんは、妖艶な笑みを浮かべながら言う。僕は、日奈子さんに前立腺を責められて、正直、目覚めてしまった。射精とは違う、牝的な快感……。でも、これ以上時間をかけて健太くんにバレてしまっては元も子もない。

僕は、後ろ髪を引かれる思いでリビングを出た。健太くんは、相変わらずの集中力で過去問を解いていた。これなら、前立腺を責めてもらっても平気だったかな? と、少し後悔が生まれた。でも、チャンスはいくらでもある……。


「すごいね。全問正解だよ。もう、家庭教師必要ないんじゃない?」
僕は、感心してそんな風に言った。
『へへ。先生のおかげだよ〜。ねぇ、じゃあゲームしようよ!』
全問正解だったので、今日の授業は終わりだ。そして、残った時間は一緒にゲームをする約束になっていた。もちろん、日奈子さん公認だ。

リビングに行って、ゲームを始める僕と健太くん。対戦格闘ゲームだが、健太くんはなかなか上手い。手加減とかする必要なく……と言うか、本気でやらないと勝負にならない感じだ。

「うおっ、マジか!」
「あぁっ! 先生ズルい!」
「ズルくない! あっ、ヤバっ!」
「へへ〜。僕の勝ち〜」
「今のすごかったね。もう一回やろうよ!」
「先生、ハンデあげよっか?」
「いるか!」
2人で楽しく遊ぶ姿を、日奈子さんは優しい笑みを浮かべて見ている。完全に、母親の顔だ。ついさっき見せていた、牝の顔は完全に消えている。

そして、たっぷり遊んだ後、夕食も一緒に食べさせてもらって、帰ることにした。家を出て歩き始めると、
『せんせ〜、ちょっと待って〜』
と、日奈子さんが駆けてきた。
『明日、時間あるかな? お昼の12時くらいからなんだけど』
と、少しうわずった声で言う日奈子さん。僕は、学校があるけど、
「平気です。全然あります!」
と、答えた。学校よりも、日奈子さんとの約束の方が大切に決まっている。

『じゃあ、ここに来てね。さっきの質問の答え、教えてあげるから』
日奈子さんは、妖艶な顔で言いながら名刺大のカードを渡してきた。僕は、意味がわからないまま、日奈子さんの表情にゾクゾクッとしていた。

帰宅すると、僕は名刺の場所を調べた。すると、そこはパーティースペースというか、ラブホテルというか、なんとも判別のつきづらい施設だった。ネットで調べる限り、使用料とかもラブホテルなんかと比べると、すごく高い感じだ。
僕はシャワーを浴びて、明日、何があるのだろうとドキドキしながらベッドに潜り込んだ。

次の日、僕はドキドキしながら名刺の場所に行った。そこは、ちょっと高級な感じで、敷居が高いように見える。僕は、エントランスから入っていき、受付の女性に声をかけた。すごく丁寧に対応してくれたが、それが逆に居心地が悪く思えた。コンシェルジュと言うヤツなのだろうか?

僕は、指示されたとおりエレベーターに乗った。すると、扉が閉り、ボタンも押していないのに動き出した。慌ててボタンを探したが、その前に目的階に到着し、扉が開いた。すると、扉の向こう側はすでに部屋になっていて、そのまま土足で進む感じになっていた。しばらく行くと、一段高くなってるところがあって、そこに靴が沢山脱いであったので、そこで僕も靴を脱いで中に入っていった。

廊下の突き当たりに、両開きの大きな扉が有り、そこを開くと日奈子さんが大勢の男達に囲まれるようにしてセックスしていた……。
日奈子さんは、仮面舞踏会のような目の辺りだけ隠れるマスクをしてベッドの上にいる。ベッドはキングサイズなのだろうか、日奈子さん以外に全裸の男達が5人乗ってもまだ余裕がある感じだ。そして、ベッドの周りの床にも、男達が全裸であぐらをかいたりしている。男達は総勢で、10人以上いる感じだ。

ベッドの上で、日奈子さんはエロすぎる格好をしていた。胸にはハート型のニプレスをしていて、乳輪と乳首は隠れている。でも、美首はビンビンに勃起しているようで、形がはっきりわかるほど浮いている。
そして下は、股下ゼロセンチくらいのマイクロミニスカートを穿き、ガーターベルトに太ももの中ほどまでの網タイツを穿いていた。ショーツは穿いていないようで、男性のペニスが突き刺さっているのがはっきりと見える。

日奈子さんは、寝ている男性の上で、騎乗位で腰を振っている。それだけではなく、両手にそれぞれペニスを握り、口にもペニスをくわえている状態だ。一騎当千ではないが、一人で4人を相手にしている日奈子さん……。僕は、言葉も出なかった。

『んんっ! んっ♡ んっ〜っ!』
日奈子さんは、腰を振りながらうめき続ける。口にいっぱい頬張っているので、あえぎ声が出せないような感じだ。

日奈子さんの周りの男性達をよく見て、僕はまた驚いた。12人いるようだが、全員若い。たぶん、まだ高校……下手したら中学かもしれないくらいに若く見える男の子達だ。

「あぁ、おばさん、出るっ! うぅっ!」
日奈子さんが右手でしごいていた男の子がうめく。すると、日奈子さんは口からペニスを吐き出し、うめいた男の子のペニスを口に含む。そして、若すぎる精をすべて口内に受け止めた。
『ふふ。いっぱい出たわねぇ。プルプル♡ じゃあ、交代しなさい』
日奈子さんが、エロ女教師のような顔で言う。すると、射精した男の子はすぐにどいて、ベッドの上に控えていたもう一人がすぐに日奈子さんにペニスをくわえさせた。
「うわ、すごい、うぅ、気持ちいいです!」
男の子は、日奈子さんのフェラチオに感激したような声を出す。日奈子さんは、腰を振りながら、
『ダメよ、すぐにイッちゃ。今日は数が多いから、待たされちゃうわよ』
と言う。でも、男の子は余裕がない感じの顔をしている。そんなに経験がないみたいだ。

「おばさん、もうダメです、出そうです!」
騎乗位で乗っかられている男の子が、切羽詰まった声で言う。
『良いわよ。そのまま出しなさい。童貞チンポで孕ませて♡』
日奈子さんは、僕とのセックスでも見せないような、色に狂った顔になっている。少し怖いくらいだ。

「イクっ! イキますっ!」
男の子はうめいて身体を震わせた。
『うぅ♡ すっごい勢い。子宮の中に飛び込んで来ちゃいそう♡』
日奈子さんは、身体を軽く震わせながら言う。中に出されて、軽くイッたみたいだ……。

『どうだった? 童貞卒業した感想は?』
「さ、最高でした。ありがとうございます!」
男の子は、嬉しそうにお礼を言った。そして、日奈子さんは立ち上がる。すると、日奈子さんのあそこから、ドロッと精液が流れ出る。それは、1人分や2人分ではない量で、AVのやり過ぎな疑似中出しみたいな量だった。

『先生、来てくれたのね♡ ほら、みんな見てごらん。先生は、すごいおチンポ持ってるんだから』
日奈子さんの言葉で、12人の男の子達が一斉に僕を見た。僕は、正直脚が震えてしまった。緊張もあるが、さすがに12人もいると、怖いと思う気持ちもある。

「これ、どういう集まりなんですか?」
僕は、どうしていいのかわからず、とりあえず状況を把握しようとした。
『私が集めた童貞くん達よ。月一で若いエキスを吸収してるのよ♡』
日奈子さんは、信じられないことを言う。人は見かけによらないと言うが、あまりにも見た目の印象と違いすぎる……。ご主人しか知らない清楚な奥様にしか見えない日奈子さん。それが、この有様……。

僕は、言葉に詰まってしまった。すると、日奈子さんが僕の方に歩み寄ってくる。そして、仮面をしたまま僕にキスをしてきた。ムッとするほどの青臭い臭いと味が広がるが、日奈子さんの舌が飛び込んできて絡みついてくると、一瞬で僕の興奮に火がついてしまった。ベッドの上の男の子達は、ズルいという顔で僕を見ている。でも、日奈子さんはどんどん息づかいが荒くなっていく。そして、僕のパンツとトランクスを脱がせてくる。あっという間に全裸に剥かれると、
「凄い」
「デカい!」
「大人チンポだ!」
と、男の子達から口々に声が漏れた。僕は、恥ずかしさと誇らしさが半々という感じだ。

『やっぱり凄いわね。ほんと素敵よ♡』
日奈子さんはそう言うと、僕のペニスを口にくわえてくれた。すぐに舌が絡みついてきて、強烈なバキュームもしてくる。僕は、こんな大勢の前で勃起したペニスを見られ、フェラチオまでされてしまい、恥ずかしくて顔がどんどん熱くなっていく。でも、日奈子さんは夢中で僕のものをフェラチオしてくれる。

『ほら、良いわよ、おいで♡』
日奈子さんは、僕のものをフェラチオしたまま、お尻を突き出して男の子達を誘う。すると、我先にと男の子達が寄ってきて、日奈子さんのあそこに挿入する。あぶれた男の子達は、日奈子さんの手を握ってペニスを握らせたり、おっぱいを揉んだりもしている。

僕のものをくわえたまま、男の子達の手で蹂躙される日奈子さん。恋心を持っている僕には、あまりにも辛い光景だ。でも、男の子達にやめろという事も出来ない。

『んっ、んっ、んうぅっ!』
日奈子さんは、僕のものをフェラチオしながら、男の子のペニスを生膣に受け入れてうめき声を出している。男の子は、一心不乱に腰を振りながら、本当に気持ちよさそうな顔をしている。男の子が腰を振る度に、日奈子さんの豊かな胸はブルンブルンと大きく揺れ動く。ブラではなく、ニプレスだけというのがエロマンガのようで凄くエロい。

そして、チラッと顔を上げると、男の子と目が合ってしまった。男の子は、はにかんだような笑みを浮かべながら、気持ちよさそうな顔をしている。やっぱり、凄く若いと思った。どこで知り合ったのだろう? 月に1回、いつもこんな事をしているのだろうか? 日奈子さんのイメージが、また大きく変わっていく。

僕は、意図せず複数プレイに巻き込まれた感じになったが、男が全員年下とわかったので、余裕を取り戻していた。すると、日奈子さんに入れていた男の子が、
「で、出ちゃう。出ちゃいます!」
と、情けない声をあげた。日奈子さんは僕のペニスを吐き出し、
『イッてっ! 中に出しなさいっ!』
と、命令口調で言う日奈子さん。
「は、はい、出しますっ! うぅっ!」
男の子は少しビビった顔で返事をすると、日奈子さんの中にぶちまけた。
『あぁ、熱いわ……。どう? 初めてのおまんこの感触は?』
日奈子さんは、両手のペニスを離すことなくしごいたまま、中出しした男の子に質問した。
「最高でした。オナニーなんかと、比べものにならないです」
男の子は嬉しそうに言う。この歳で、日奈子さんみたいな女性と初体験出来れば、最高に嬉しいだろうなと思う。

『じゃあ、先生とのエッチ見ててごらん。この大きいので、狂っちゃうんだから♡』
日奈子さんは、完全にリミッターが外れた感じだ。色情狂という言葉がピッタリきそうな雰囲気だ。

日奈子さんは僕をベッドに誘導する。そして、僕を仰向けで寝かせると、すぐに僕にまたがってきた。そのままガシッと僕のペニスを握り、自分の膣口に押し当てると、一気に腰を降ろした。
『んぅあぁっっ! 凄いぃ、太いのぉ♡ ほら、見て! おまんこ、こんなに拡がってるのぉ!』
日奈子さんは、一気に顔をとろけさせて叫ぶ。

男の子達の、スゲぇとか、ギチギチだ、と言う声が聞こえてくる。正直、僕は誇らしい気持ちになった。勉強がそこそこ出来る以外は、取り立てて得意なモノのない僕が、こんな風に一目を置かれるのは、本当に良い気分だった。

日奈子さんは、男の子達としてる時には見せなかったとろけた顔で、腰を強烈に振っている。奥に当たる感覚が強いので、子宮が降りてきているのだと思う。
『奥に当たるぅ! おチンポ凄いのぉ! あっ、あぁっ! 気持ち良いっ! ぶっといおチンポ、ガンガン当たってるのぉ!』
日奈子さんは、可愛い顔から出ているとは思えないような下品な言葉を吐きながら、ベッドのフレームごと揺れるくらい腰を振る。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/04/01 11:28 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー