エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

保険医の女性が、男性教員に罠をかけて絡め取っていく怖い話

とある私立の中学校。

保健医の斉藤真理亜は、体育の授業で膝に擦り傷を作った男子生徒の手当てをしていた。

その男子生徒は膝に塗られた消毒液が染みることもすっかり忘れて、真理亜の短めのスカートから伸びたむっちりとした太ももをちらちらと盗み見している。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

男子生徒の付き添いの生徒も、友人のケガよりも真理亜の太ももの方が気になって仕方ない様子だ。

脚の露出が多めの服なのに、不思議とあまりそれがあからさまに見えないのは、真理亜のトレードマークでもある長めの白衣で脚の後ろ、横あたりがやや隠されているせいだろうか。

「はい、おしまい。これからは気をつけるのよ」

真理亜は手当てを終えるとにこり、と笑みを男子生徒に向ける。

男子生徒が大げさにお礼を言い、付き添いの生徒と扉を出て行くと廊下から騒ぎ声が聞こえた。

「マリア先生、マジいいよな!美人だし、うちのクラスの女子にはない色気でさー」

それを聞いて、真理亜はフッと口の端をあげる。

真理亜自身でも自覚しているほど美しい容姿、出るべき場所はしっかり出てひっこむべき場所はひっこんだ非常に整ったスタイル。

そんな恵まれた外見の真理亜に、なびかない男はいなかったのだ。

つい最近までは。

「北山先生、コーヒーどうぞ」

「ああ、斉藤先生。どうもありがとうございます」

放課後の職員室。お礼を言い真理亜からコーヒーが入ったマグカップを受け取る、北山と呼ばれた男性教師。

ダークグレーのスーツに包まれた細身の長身、顔の上には眼鏡がのっている。

晃と初対面の人間に彼が何の教師に見えるか、と聞いてみたら数学もしくは理科などの理系をあげる人がきっと多いだろう。

しかし、北山晃の担当教科は音楽だった。

若い男性教師が極端に少ないこの学校では、晃は女子生徒からなかなか人気がある教師であった。

嫌味がなく程よく整った顔立ちに加えて、音楽という芸術を志しているのも女子生徒たちから見たらポイントが高いようだ。

物腰柔らかく気軽に話しかけやすい性格だからか、男子生徒が晃に話しかけている姿もよく見られる。

生徒から慕われている教師といっていいだろう。

生徒や他の教師からは「保健室のマリア先生」と呼ばれることがすっかり定着している真理亜だったが、晃だけは真理亜を苗字で呼んでいた。

それは、真理亜にとっては非常に気に食わない要素だった。

先月の出来事。

真理亜は、たまたま通った廊下に聞こえてきたピアノの透き通った音の美しさに吸い込まれるように音楽室を覗いた。

音を奏でているのはやはり音楽教師の晃だった。

元々なかなか好みのタイプである晃のことを真理亜は比較的気に入っていたが、そのピアノを演奏する晃の凛々しい横顔に真理亜は心底惚れこんでしまったのだ。

今まで気に入った男はすぐに手に入れてきた真理亜にとって、男教師を1人落とすことは簡単だと思っていた。

しかし、真理亜が食事などにいくら誘っても晃は毎回それとなくやんわりと断ってきたのだ。

話しかけても晃の対応、口調は40代の女性教師に対するものとまるで同じである。

いろいろな男性と付き合い、駆け引きをしてきた経験豊富な真理亜には、相手の男性が自分に気があるのかないのかくらいはすぐにわかる。

晃が明らかに特に恋愛対象や女性としては見ていない、つまりただの同僚として見ていることを真理亜は感じ取った。

女性に興味がないのかと思っていたが、そうではないことを先日確認してしまったのだ。

その日。反応がない晃でもうっかりよろめいたふりをして抱きつきでもしてそのままキスでもしてしまえばきっと堕ちるだろう、真理亜はそう思いその作戦を実行するために放課後、晃がいるであろう音楽室へとやってきた。

放課後はよく音楽室から晃が演奏するピアノの音が流れているが、その日は音は聞こえなかった。

真理亜が息を潜めてそっと中を覗いてみると、そこには人目を忍ぶようにして柱の影で抱き合いながら晃とそっとキスを交わしている早川美咲の姿があった。

真理亜は晃と美咲が交際をしている事実を知ってしまった。

美咲は英語教師で、小柄でややぽっちゃりめの体にくりっとした瞳の童顔、どちらかというと控えめでおっとりした性格の女性だった。

真理亜とはかなり違ったタイプだ。

かなりどんくさい美咲のことを真理亜は以前からあまり快くは思っていなかった。

その美咲が晃の恋人だったのだ。

この事実は、真理亜のプライドを完全に傷つけてしまった。

真理亜は準備を重ね、今日ついに計画を実行することにしたのだ。

「あの、北山先生、今お時間よろしいですか?個人的なお願いがあるんですけど……」

大多数の男は、真理亜にこんな言葉を言われたら嬉しそうに「それならば今夜ゆっくり、食事でもいかがですか」などと誘ってくるが、晃は決してそうは言ってこないことは真理亜はもう把握済みだ。

湯気が立つホットコーヒーを一口飲み込んだ晃は、椅子に座ったまま真理亜を見上げた。

「お願いって、俺にですか?」

「北山先生じゃないとできないことなんです」

「なんですか」

憂いな表情を演じても、晃には通用しないことはわかっていてもつい、いつものくせで表情を作ってしまう真理亜。

以前から用意していていたシナリオ通りに、事を進めてゆく。

「最近、気分が落ち込み気味で……気分転換にピアノの生演奏を聴きたいんです」

「ピアノですか」

「そうです」

「俺がひけばいいんですか?」

「ぜひ」

「俺の演奏でいいのならば、別に構いませんけど……今でいいですか?」

その言葉に真理亜は大きくうなづき、心の中でガッツポーズをする。

もちろん、それは晃にとっては同僚に頼まれたお願いを聞いてあげるだけのただの親切、と真理亜にはわかっていたが。

晃はこれから起こることも知らずに席から立ち上がった。

ありがとうございます、真理亜は満面の笑みでそう言うと音楽室へ向かう晃の後ろをついていった。

真理亜の予想通り、晃は気分が落ち込んでいる理由などを聞いてくることは一切なかった。

校舎の隅のほうにある音楽室は、広く綺麗でかなり立派なものだ。

扉を開けると室内には誰もいなかった。

「どんな曲がいいんですか?」

「お任せします」

「わかりました」

晃はそう言うと、ピアノの前に腰掛け音を奏で始めた。

落ち着いた静かな曲だ。落ち込んでいると聞き、リラックスできそうな曲を選んだのだろう。

細長い指が鍵盤の上を流れていくのをジッと見つめる真理亜。

美しい音色と、惚れこんでしまった晃の横顔。

真理亜はその音色も、晃のこともその全てを手に入れたくて仕方がなかったのだ。

数分間の演奏が終わりたった1人の観客が晃へと拍手を送る。

真理亜が願いを聞いてくれたことに対してお礼を言っていると、ちょうど椅子から立ち上がった晃の体がふらりとよろめいて再び椅子へと体を預けてしまった。

「どうしました?」

「……失礼、急に眩暈が」

「大丈夫ですか?」

その真理亜の言葉に対してもう返事はなかった。

既にその時には晃は椅子にかけたまま、目を閉じてしまっていた。

先ほどのコーヒーに入れられていた睡眠薬が効いてきたようだ。

耳元で名前を呼びかけても全く反応を示さなくなった晃の体を、真理亜は椅子から引き摺り下ろした。

体格の差はあるが動かすのはほんの数メートル、作業はそう難しくはなかった。

しばらくして、ようやく晃の瞳が開いた。

とんでもない事態になっていると晃が気づいたのは、十数秒たってからだ。

一瞬、あまりの非現実的な状況が飲み込めなかったのである。

両手は頭の上でひとつにまとめられ、紐のようなものでピアノの脚にきつく結び付けられている。

結び付けているのに使用されているのは晃がつけていたネクタイなのだが、晃にはそれが見えないようだ。

下半身の上には、真理亜が全体重をかけて跨って座っている。

晃は身動きが全く取れない状態となってしまっているのだ。

「斉藤先生!なんですか、これは!?」

「眠っている間に縛らせてもらいました」

「なぜこのようなことを!?」

「大声出さないで下さい」

しーっ、と晃の口元に人差し指をあてるが真理亜だが、勿論晃がそれにおとなしく従うわけはない。

冗談はやめてください、そう大きな声をあげる晃だが、真理亜は当然それを黙らせる材料を用意してある。

白衣のポケットから数枚の写真を取り出すとそのうちの1枚を晃の目の前に掲げた。

「これ、何かおわかりですか?」

「そ、それは……!?」

写真に写っているのは、衣服とブラジャーがまくりあげられて小ぶりの乳房が完全に露出してしまっている美咲だった。

顔もはっきり映っている。

「まさか北山先生と早川先生が、ねえ……」

真理亜は写真を見ながらくすくすと笑うが、晃の顔は真っ青だ。

真っ青になる理由は勿論、皆に隠していた交際がばれたことではなく、自分が交際している彼女の恥ずかしい写真の存在だろう。

「どこでそんな写真を……!」

普段冷静な晃が取り乱す姿に悦びを感じたのか、真理亜は種明かしを始めた。

美咲が頭痛で保健室に薬をもらいに来たこと。

水に睡眠薬を入れて美咲を寝かしつけて、衣服を剥いでいろいろな写真を撮ったこと。

衣服を全て戻し、美咲は寝ている間に起きたことを何も知らずに頭を下げて保健室を出て行ったこと。

「早川先生ってば、マリア先生ありがとうございました、なんて笑顔で出て行きましたよ。本当、鈍感ですよね。あ、これだけじゃインパクトが弱いのでこちらも」

次の1枚はショーツを脱がされた後、脚を思いきり開かれ女性器がアップで写っている。

眠っている間に撮られたものだからだろうか興奮状態ではない乾いたそこ、淡い色をした小陰唇もぴたりと閉じている。

そして次の写真は、真理亜の指で小陰唇を思い切り広げられてしまっているものだった。

サーモンピンク色をした膣口肉が露わになっている。全体的に毛深いその女性器は大陰唇にも大量の毛が生えていた。

晃は、驚きと絶望のあまり声を失ってしまった。

「当然、見覚えありますよね、これ。だって北山先生、この中におちんちん入れてるんでしょう?」

「なんてことを!」

「あんなおとなしい顔して意外と毛深いんですね、早川先生。あんまり毛がボーボーだから、全部綺麗に剃ってあげようかと思ったけどやめておきました」

にこにこと笑う真理亜は最後の1枚の写真を広げた。

脚をおっぴろげ、女性器を丸出しにしている美咲の下半身と、顔が両方写っているものだ。

写真の中で他人に見られたら一番まずい写真と言っていいだろう。

「これ、全部学校の掲示板に貼っちゃおうかな」

晃が最も恐れていたその言葉を真理亜はさらりと言い放った。

「どうしてこんなことを……」

「北山先生に言うことを聞いてもらうためですよ、もちろん」

「脅迫……ですか」

「脅迫なんて人聞き悪い。北山先生が少しおとなしくしてくれてたら、写真も、そのデータも全て消しますよ」

「……絶対ですか」

「あら、急におとなしくなりましたね。早川先生のこと、大事なんですね」

何も言わなくなった晃に、真理亜はその美しい顔をグイッと近づけた。

「妬けちゃう。壊してやりたいくらいに」

晃が言い返す前に、真理亜はそのぷるりとした艶やかな唇を晃の唇に強引に押し付けた。

逃げようとする晃だが、両手は動かせず下半身も真理亜の体が重り代わりになっており、まったく身動きをとることが出来ない。

体を必死で捩るが、短めの黒髪がさらりと流れるだけだ。

抵抗むなしく、真理亜の唇が何度もぶつかってくるのを耐えている。

真理亜は濡れた舌を口内にぐいっとねじ込んで逃げる晃の舌を追いかけて無理やり絡ませると、唾液をたっぷりと送り込む。

「やめて……ください!」

「写真、いいんですか?抵抗するなら、早川先生の写真、掲示板に貼りますけど。それに、北山先生の素っ裸も今から撮って一緒に並べて貼って差し上げます」

真理亜の手から逃げるように暴れたせいか、晃のシンプルなフレームの眼鏡がズレて落ちかけていた。

真理亜はそれを丁寧にかけなおすと、くす、と笑って耳元で囁く。

「私の姿が見えなくなるように、眼鏡とって欲しいですか?ダメです。ちゃんと、見てくださいね。私の顔も、体も」

真っ白な真理亜のトレードマークと言える白衣はゆっくりと脱ぎ捨てられ、音楽室の絨毯の上へと放られた。

そしてブラウスのボタンを上からひとつずつ外していくいくと、白いレースのブラジャーに包まれた大きな乳房が現れた。

美咲の何倍の大きさだろうか。ブラジャーのホックを外して上へとずらすと、巨大な白い膨らみがぽろんと零れ落ちた。

晃はそのあまりに迫力のある乳房から目を離そうとするが、真理亜がそれを許さない。

晃の顔に近づけその柔らかな乳肉をぐいぐいと擦りつけた。

抵抗の言葉を言おうとするにも、そのマシュマロのような巨大な肉の塊が晃の口元を塞いでしまう。

「早川先生、胸小さかったですね。小さい方が好きなんですか?」

「……美咲は関係ないでしょう!」

「関係ないわけないでしょう?どれくらい早川先生とSEXしてるんですか?」

「斉藤先生!いい加減に……」

大きな声をあげた晃の口を片手で強く塞ぐと、真理亜は晃のシャツのボタンに手をかける。

スーツは先ほどネクタイを外した時から前が開いてしまっている。

必死で抵抗をする晃だが、身動きの取れない状態では全て真理亜のなすがままだ。

全て外し終わりシャツを左右に開くと真理亜が憧れていた男の胸板が現れた。

真理亜は自分の乳房をむぎゅ、と掴むとその先っぽの勃ちあがった乳首を晃の乳首に擦りつけ始めた。

「や、やめてください!」

「いい体してますね」

ふふ、と笑うと真理亜は手をズボンのベルトへと伸ばした。

当然、晃の抵抗が今までで一番大きくなる。

片手で口を塞ぎながらの作業はなかなかはかどらなかったが、なんとか右手だけでベルトを外し終わるとズボンを一気にずり下ろした。

声をあげるが口を塞がれているせいか、んー、と篭った声しか出すことができない晃に真理亜がそっと囁く。

「絶対、声出さないでくださいよ?早川先生の恥ずかしい写真、皆に公開されたいなら声出してもいいですけど」

そう言って口から手を離すが、晃が大声をあげることはなかった。

写真の脅迫が効いているようだ。

真理亜がまだトランクスに包まれている晃の下半身を取り出そうとしたところで、小さめの声が聞こえた。

「お願いですから、やめてください……」

音楽室の絨毯にシルバーの色をした携帯電話が転がっている。

晃のもので、脱がせているときにポケットから転がり落ちたらしい。

真理亜はそれをとりあげると、晃の目の前に掲げて見せた。

「いいこと思いつきました」

「何をするつもりです!?」

広げられた折り畳み式の携帯電話の待ち受け画面はいたってシンプルな景色の画像だ。

その携帯電話のメールボタンを押すと、真理亜は美咲から受信したメールを探し出しそれを表示する。

そのメールには今夜デートをすることがわかるような内容の文字が並んでいた。

「あら、今夜早川先生とデートなんですか」

真理亜はそのメール画面から返信を選ぶと、カタカタとボタンを押し始めた。

出来上がった文章が身動きの取れない晃の目の前に突き出された。

その内容は、もう美咲なんかと付き合えない、嫌いになったから別れて欲しいというものだった。

晃の顔から血の気がひいてゆく。それを見て真理亜はふっと笑って送信のボタンに白くて細い指を滑らせた。

「送信しますね」

「やめろ!」

遂に、晃の口調が荒くなる。

しかし真理亜はその言葉を無視して、送信ボタンを押してしまった。

画面に現れた「送信しました」の画面。それを真理亜に見せられ、晃は絶句してしまった。

真理亜は言葉を失っている晃のトランクスを下げると、とうとう男性器を露わにした。

やや大きめのその陰茎は縮こまり、黒い毛の中にそっと沈んでいた。柔らかい陰茎に向かって真理亜は手を伸ばす。

「どれくらい大きくなるんですか、これ?」

激しく抵抗する晃の口に、真理亜は丁度目についた自分の白衣の袖を丸めて押し込んだ。

晃はもう、んー、と声をくぐもらせることしかできない。

その時、絨毯の上で晃の携帯電話がブーッブーッと震えた。

「早川先生からのお返事です」

真理亜は受信したメールを開き、晃へと見せ付ける。

『どうして!?なんで急にそんなこと言うの!?』という美咲からの当然の反応の返信に、真理亜は再び返信ボタンを押し文章を作成し始めた。

「これでいいですよね?」

真理亜が打った内容はもう顔も見たくない、大嫌いになったというあまりにひどいものだった。

晃は顔を真っ赤にし、身動きが自由なら真理亜に手をあげてもおかしくないほど怒り狂った表情をしているが、拘束され、言葉も発せない状態では真理亜との力の差は歴然としている。

真理亜はためらいもなくその内容を美咲へと送信してしまった。

携帯電話を絨毯に放ると、晃の陰部への愛撫を始めた。

晃が足で暴れないように、しっかり体重をかけながら股間へと顔をうずめ、陰茎をそっと握りながらぶら下がっている皺が刻まれた袋を持ち上げ指で掬いそっと舌を這わせる。

しばらく全体を舐めまわしたあと、その袋の中に収まった肉玉を口に含むと、ころころと転がし始めた。

美咲にもされたことがないのだろうか、晃は全身をぞくりと震わせた。

その反応に気をよくしたのか真理亜はさらに舌を進めていく。

陰毛は唾液で濡れ、握っていた陰茎は少しずつ血が巡り勃起をはじめていた。

陰茎を扱きながらしつこく肉玉を舌で転がしたり袋全体を舐めあげると、遂にその茎は性交可能なほどに怒張をしてしまった。

「あらあら。こんなカチカチになっちゃいましたね。大きくて、挿れたら気持ちよさそう」

晃は性器を膨張させながら全身で抵抗するが、縛られていてはそれも単に虚しいもの。

真理亜はそんな晃を見て楽しそうに笑っているだけだ。

口の中に突っ込まれた丸めた白衣で晃はものをしゃべることもできない。

こちこちに硬くなってしまったその陰茎の亀頭は色濃く膨れ上がり、滲み出した液体でヌメヌメと照って大きくエラが張っている。

やや赤黒い茎部はびきびきと筋が浮かび上がって脈打つ、そんな天高く上向く凶暴な男性器を真理亜はうっとりと眺める。

「立派なものをお持ちですねえ。結構使い込んでるんですか?早川先生のあの毛深い下の口に何回くらい突っ込んだんです?」

今度はその茎へと向けて真理亜の舌がべろりと攻撃を開始した。

陰茎を大きく口にほうばると、亀頭を平たくした舌でこれでもかと舐めまわしながら全体で強く吸引をする。

強烈な快感を感じたのだろうか、晃の腰がぴくりと揺れる。

びくんびくんと膨れ上がった陰茎が真理亜の口の中で脈を打っている。

先走り液を味わいながら雁を緩急をつけながら舌先で擽りながら肉玉が収まった袋を指でやわやわと愛撫する真理亜。

体を捩りながら抵抗し声になっていない声を発する晃だが、その股間に生えている陰茎は、すでに限界を迎えようとしていた。

まだ陰茎を咥えたままの真理亜の舌の上に先走りの雫が溢れかえっていた。

茎全体はぴくぴく震えそろそろ先端から白い液を迸らせる準備が整ったのであろうが、真理亜はそこで口を性器からスッと離した。

「北山先生ばかり気持ちよかったらズルいですもんね」

ストッキングとショーツを乱暴に脱ぎ捨て、絨毯に放った真理亜。そのショーツはすっかり染みができてしまっていた。

真理亜は早く挿入をしたい気持ちを抑えて、袖は晃の口の中に収まっている白衣のポケットに手を伸ばす。

取り出されたのはピンク色をした真理亜の携帯電話だ。

カメラを起動すると、唾液や先走りでてらてらと輝きビンビンに膨張している晃の男性器に向けてシャッターを切った。

そして少しレンズを離して、晃の顔もしっかり映るように2度めのシャッターを切る。

美咲と同じように、性器のアップと顔もわかるものの両方が撮られた。

「念のため、ですよ。北山先生が私に逆らわなければ、使いませんよ。早川先生のもね」

真理亜が画像を収めた携帯電話を閉じると今度は晃の携帯電話が震えた。美咲からの返信だろうか。

そのシルバーの携帯電話は、届いたばかりの美咲からのメールの内容を真理亜の口から読み上げられると、今度は返信もされずにぽいと絨毯の上に投げられた。

「『なんでそんなこと言うの!?』ですって。北山先生のことよっぽど好きなんですね。早川先生ってば健気なんだから」

そう言うと真理亜はストッキングとショーツを脱ぎ終わり、外気に晒された女性器を晃の目の前へと突き出した。

美咲のものよりだいぶ色素が沈着して、全体的に熟したその女性器は、陰毛が綺麗に切りそろえられている。

元々大きめの小陰唇は興奮のためかさらに充血してぱっくりと開き、びらりとはみ出している。

男のものを咥えただけで感じたのか、その膣口からは大量のぬるぬるの液体が溢れかえって性器全体を濡らしていた。

「どうです?早川先生のとだいぶ違うでしょう?感触もきっと違いますから試してみますか」

真理亜は言葉を発することができなく真っ青な顔をしている晃の陰茎を掴むと、潤った入り口にあてがい一気に腰を落とした。

猛った陰茎は下からずぶりと真理亜の女性器を貫いた。

真理亜のぐちゃぐちゃに濡れた膣は、晃の勃起した陰茎を一瞬で根元までぺろりと飲み込んでしまったのだ。

「う……っ!」

「んぅっ……大きい!」

口に布をつめられているせいかもがくことしか出来ない晃とは対照的に、真理亜は思わず声をあげてしまう。

真理亜の大きめの小陰唇が勃起した陰茎に纏わりつき、肉壁内では大量の襞と分泌された粘液が茎と亀頭を容赦なく包み込んでいた。

晃は美咲と性行為をするときは当然避妊具を着用していた。

生での挿入の圧倒的な感触の違いに耐えているのか、晃は喉仏をひくりと震わせた。

「気持ちいいですか?」

うふふ、と笑いながら真理亜はわざと膣をきゅうと締めたまま腰を上下に動かし始める。

たっぷりとした肉感の乳房が、真理亜が上下するたびにブルンブルンと揺れている。

体を前に倒し、陰核をこすりつけると真理亜の体にとめどない快感が流れた。

真理亜は満足そうな顔で体を揺らし、大きく太い陰茎で自分の気持ちいいところを刺激していく。

「ほら、出たり入ったりしちゃってますよ、早川先生のじゃなくて、私のにね」

体を仰け反らせ、結合部分を晃に思い切り見せ付ける。

真理亜が腰をひくと濡れた茎の部分がずるりと顔を出し、腰を打ち付けるとまた根元までズン、と埋まっていく。

激しい出し入れを繰り返しているうちに陰茎全体がピクピク震え亀頭が大きく膨れ上がり始めた。

真理亜が口に詰まっている白衣を取り出すと、晃は呼吸を整えるように息を吐き出した。

そして、ようやく口が聞けるようになり、張り詰めた声をあげる。

「ダメだ!!離れろ!」

真理亜は当然その言葉を無視し、思い切り陰茎を締めあげ、襞と圧力で擦りあげる。

上下しながら捻りを加えたその動きに、晃の陰茎はいろいろな角度から思い切り刺激を受けざるを得ない。

「……っ!!」

とうとう耐え切れなくなったその先端から精液が勢いよく飛び出し、真理亜の膣内へと放たれた。

ビクビクと収縮しながら精液を放出する陰茎を肉壁で包みながら、最後の1滴まで搾り取ってしまった真理亜の膣内。

しばらくして真理亜の女性器が飲み込んでいた陰茎を吐き出すと、精液と愛液が混ざったものがどろりと流れ出した。

「濃くて多いですね。もしかして今日早川先生と久しぶりにSEXする予定でした?そういえば私、今日すっごく危険日なんです。生でこんなに濃い精子を中でたっぷり出されて、妊娠しちゃうかもしれません」

「なんてことを……!!」

「写真は預かっておきます。早川先生とはもう別れたんです。よりを戻したらどうなるかわかってますよね……?この写真、公開されたくなかったらおとなしくしてるのが賢いと思いますよ」

そう言ってピラ、と美咲が女性器を広げている写真を突きつける。

晃はもう黙ることしかできなかった。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  ドM一家の嫁
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/03/25 19:37 ] 男性の体験談 身近な女性との体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー