エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

不妊症で中出しOKな人妻を寝取った話

不妊症で中出しOKな人妻を寝取った話です。

とりあえずスペック
俺。32歳、見た目普通
相手梓さん。28歳、見た目黒谷友香に似てるかな?

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

俺はフリーで中小向けの社内SEみたいなパソコン便利屋をやってて、 社内サーバ管理からwebページ作成、 社員向けExcel研修など、何でもやってます。

どれも中途半端なスキルだけど・・・

だいたい便利がられて、他の会社を紹介してもらうって感じで、 どうにか食いつないでます。

その会社も紹介で行って、 事務の人に一通り社内の人に紹介してもらった時が初対面でした。

梓さんは営業事務という立場で、営業さんの補佐みたいな事をしていましたが、 事務の人みたいに私服ではなく、いつもしっかりとスーツを着てるし、 よく社外にも出るので、ほぼ営業って感じでした。

営業の人には、社外でプレゼンする時のパワポのスライドや、 資料作成でよく仕事を頼まれてたから 自然と梓さんとも仲良くなっていきました。

結婚指輪をしていたので、結婚していることはわかっていましたが、 ある日お昼を外に食べに行こうとしたら 外から帰って来た梓さんに階段でばったり会い 「今からお昼ですか?私もまだ食べてないので一緒に行きましょう」

と言われて 荷物を置いてくるから、と一度社に行き、小走りで戻ってきました。

とりあえず、向こうから声をかけてきたことがうれしくて、 何を食べに行こうか色々考えてました。

梓さんは和食がいいと言ったので、夜は居酒屋でランチをやってるお店に行きました。

二人ということをお店に伝えると、さすが夜は居酒屋!昼間でもいい雰囲気作れそうな、 個室に近い席に着きました。

話の内容は普通に会社のグチから始まり、私生活のこともチラチラと出てきます。

そこで俺が子供を作らないのか的な事を聞いたら 「まだ検査してないけど、旦那か私に子どもが出来ない原因があるかもねぇ」ともらしました。

ちょっと前に、産科のクリニックに仕事行った時に色々と情報を得ていたこともあり 「2年しっかりと体温調べて計画的に子作りして、出来なかったら検査したほうがいい」

という事を伝えて 「いつから子作りは初めてたんですか?」と聞いてみました。

若干話がエロくなってきた気がしていたのですが、梓さんはそんな気もみせずに「もう2年経つかもしれません。最近ではその日の前後だけを狙ってですけど」と言外に子作りだけのセックスで、それ以外はしてないってことをもらしました。

「じゃあ今度しっかりと検査した方がいいかもね。

まぁ気持ち的なものもあるから 一度旦那さんとゆっくり旅行でも行ってきたら?」

「そうですよねー最近普通の休日意外全然休んでないし、 旦那も出張多いし不規則だから 全然時間合わないから、旅行なんて頭になかったですよ」

「日帰りだとゆっくりできないから、休みの前後で有休とって行ってくれば?」

「出来るならそうしたいですよw」

自分は休みは取れるけど、旦那と時間が合わないというので、 ほぼあきらめてる感じでした。

そこでやる気マンマンだった俺は、よく使う手なんですが、 様子をみる感じで冗談っぽく 「んじゃぁ俺とどっか旅行でも行きますか?もちろん泊りで〜ハハハ」と攻めてみました。

だいたいこういうセリフってのは、相手も冗談ぽく言われているけど男の下心は感じているので、 結構返ってくる言葉で、相手の気持ちとかわかります。

梓さんの返事は 「・・・いいですねぇ、でも俺さんの彼女に悪いからパースw」

と俺に彼女がいるかどうかを確かめてくる感じで流しました。

まぁ勘違いが90%以上なんですけど、俺のポジティブ回路がフル回転でこの答えは「イケル」でした。

「彼女かぁ、俺はもう1年ぐらいいないですねぇ」

「またまたぁ、そう言って皆に同じ事言ってるんじゃないですか?」

とその後は俺の彼女話になり、ちょっとエッチな話もしつつ、いい感じのところでタイムオーバー。

店を出る時に、使用携帯のメアドを交換しつつ 「今度梓さんが外に出て直帰の時とか、メールくださいよ。

晩飯ゆっくりどっかで一緒しましょ」

「いいですよー、都合のいい時連絡してください。私もタイミング良ければメールします」という感じで別れました。

もうすでにこの時ヤリタイ気持ちでいっぱいだったので、自分の仕事が終わって会社を出てから 『今日晩飯でもどうですか?俺はもう今日の仕事はオワリなので』とメールしました。

梓さんの返事は 『今日かい!っていきなりですねw今日は旦那も出張で明後日までいないので、 ゆっくり外で食べようと思ってたから大歓迎だったりして、行きたいお店があるので 連れてってください』 という、もう後光が差してるかのような返事メール。

すぐに現金をおろし、暇な時間を漫喫でエロ動画を見ながら精力高めつつつぶしました。

17時過ぎごろに『そろそろ会社でます。』とメールがあり 『んじゃぁ××の交差点近くのスタバで待ってます』と返信 初めての書き込みなのに、待たれて光栄です。

つづき 小走りで来た梓さんを見つけて、笑顔で挨拶 「いきなり誘って大丈夫でしたか?」

「全然OKです。というかナイスタイミングですよ。行きたいお店って新宿なので乗せてってください」

実はフリーで働いている特権として、移動は大好きなクルマでして、都内なら電車の方が早いとは 知りつつも、いつもクルマで移動しているのは、契約している会社の全部が知ってます。

そして趣味と女性受けのいい両方を兼ねた古い車で(車種は言うとバレるくらい少ない)、維持費というか いつでも修理が大変ですが梓さんも、少しだけ興味があったようです。

そのクルマで目的の店(高層ビルの眺めのいいオシャレ居酒屋)で飲み食いをして、いざ帰る時です。

(食事中かなりきわどい会話が連発でした)

「俺は車なのに飲んじゃったから、少し休んで帰ります」とまたカマかけ。

「えぇ、さびしい事言っちゃってますねぇ。

私はどうしよっかなぁ、明日は契約先直行だしぃ」

「梓さんだって家に帰っても一人でさびしいくせに」

「ですよねぇ・・・・」

「どこかで一緒に休んで行きますか?」

「・・・どこかってどこですか?」

「静かなところでってのはどうです?」

「・・・俺さんってエッチぃんだ、それも既婚者相手に」

「えっ?どうしてですか?俺はルノアールでコーヒーでもって思ってたんですけどwww」

「なにそれっ!超ムカツクwww、うわー恥ずかしっ・・・・・・・・・別にいいですよ」

最後のいいですよはかなり小さい声でボソって感じでした。

ここでまた冗談めかして突っ込みをいれても、空気悪くなりそうなので、 そっと手を握ったら、握り返してきて、なおかつ俺によりかかる感じで歩き始めました。

いつも思うんですけどこの瞬間が一番最高ですね。

もうこの時バッキバキに勃起してて、後でわかるんですけど、俺が先走りでパンツ濡らしてました。

小奇麗なラブホに到着して、無言で部屋を選び、エレベーターに乗ったら お決まりの盛り上がっての勢いがあるキス。

もうよだれが垂れるんじゃないかってくらいお互いベロベロしました。

ここで告白しますが、俺は女性のスーツ大好きです。

スーツ着たままするの大好きです。

この日の梓さんも、もちろんスカートのスーツ。

部屋に入っても、勢いを止めたくなかったので、キスしたまま抱きかかえる感じで引きずりながら ベットに押し倒しました。

そこでスカートの下から手を入れて、ストッキングの上からアソコをさわります。

「んんっ、ダメで、す。んんんっシャワー・・・」

「ダメ、もう止まんない」

スーツ着たままでのエッチがしたいってのもありますが、もう二つ目的あります。

その一つが 「ストッキング破っちゃっていい?」

「んんっ、ん、ダメです、破っちゃダメです、あ、」

聞きながらアソコをグリグリしてるから、実際はもっと聞き取りづらかったですけど 足は閉じようとしないので 「破っちゃうね」

と返事を無視してアソコの部分だけ、勢いをつけて左右に開く感じでビビッと破きました。

「いやぁぁ、俺さんやらしすぎますよ」

と破ってる時は両手で顔を隠し、横を向いてました。

破ったところから、パンツをずらし直接触ったら、もう大洪水というのがぴったりな状態。

俺と同じように、相当盛り上がって感じてると思ったので、すぐに入れようと思いました。

おもむろにズボンとパンツを脱ぐと、顔を横に向けたまま、横目で俺を見てます。

「我慢できないよ。すぐに入れちゃっていい?」と聞くと、コクっとうなずきます。

もちろんゴムなんて付けずに生で、パンツをずらしてニュルっと入れちゃいました。

「いやぁぁあああ、あ、あん、あん」

今までは「んん」だったのが一つレベルが上がって「あん」に変わりました。

締め付けは普通でしたが、濡れ方がものすごかったので、俺のチンコが溶けたのかと感じる気持ちよさです。

「すごい、濡れすぎ、梓さんって感じやすいんだね」

「俺さんのもあつい。スゴいっあ、あっあんっ」

初書き込みなのに、ここまで支援してもらって本当にうれしいです。

でも遅くてすいません。仕事しながらなんで。ホントすいません。

ガンガン突くピストン運動から、こすりつけるような動きに変えると 「あぁぁぁぁぁ、すごい、奥、奥に、奥、お、奥、奥」

と奥に当たることを連呼します。

俺のアレは太さは全然ないけど、人よりちょっと長いので、このこすりつける動きにすると 大体の人が奥まで突く感じになります。

人によっては痛がりますが。

あそクリを意識してこすりつけるので、かなり相乗効果アリです。

「ダメだ、ダメだ、もうイッちゃいそう。外に出したら服についちゃうけどどうする?」

さっき言ってたもうひとつの目的がこれ。

外に出しても服について、スーツを汚す感じでOK!中に出せたらそれも最高だからOK! でも梓さんは「あぁぁぁぁぁ、あん、あん、奥が、気持ちいぃ、気持ちいよお」と聞こえてない風。

そのままギュッと抱きつき 「このままイキたい。いい?」と聞くと、感じながらもうなずきます。激しく。

貧乏暇なしでなかなか続けて投稿できません。

「イクよ、イクよ、このままイクよ」

と思いっきり動きます。

梓さんは両手で俺の肩にしがみつく感じで 「うんっ、うんっ、うんっ」

と返事しながら感じてる状態です。

「イクっ」

とそのまま出すと、ドクッドクッというのが5回以上続き、俺もかなり出しました。

そのドクっていうのに梓さんも呼応する感じで「あっ、あっ、あっ」

と言った後 「ううううううううっ」

と唸って俺にしがみつき、下半身が痙攣してました。

イッたかどうかはわかりませんが、俺と同じようにかなり感じてくれてました。

しばらく抱き合って、俺のビクビクな状態も収まり 「ゴメンね、俺かなり早かったね。

気持ちよすぎて止まらなかったよ」

「ふぅぅ、早かったですねwwwwでも私もすごい気持ちよくて、イッちゃいましたよ」

と慰めとも思えるフォローをしてくれました。

「なんか中がジワーとあったかくなった」

と中出しにも全然怒っておらず感じてくれたようです。

昔から俺は早打ちでして、そのかわり、年がいも無く今でも時間があれば3発は行けます。

大体2回目までは早漏チンコで、すぐに復活して、3回目でじっくり楽しむ感じです。

「なんか着たまましちゃったから、すごいことになってるね」

と言いつつ自分の上着(長袖のTシャツ)を 確認したら、前の部分が梓さんのでびしょびしょになってました。

梓さんのスカートもシワシワで、パンツと破れたストッキングがビショビショでした。

「着たままなんて初めてだから、ちょっと興奮しちゃいました」

と正直な告白を聞いて、ここで再勃起 「あっ、なんかまた大きくなってきてるんですけどw」

と言われ、そのまま俺は無言でピストンを始めました。

「あっ、あっ、またですか、早い、あっあっ」

と言った梓さんを見つめて、キスしながら動かしました。

やはり一回目で相当俺が出したみたいで、あそこから想像以上にグチュグチュと音がします。

「梓さんも、またすごい濡れてるよ」

とわかってて言ったら 「んんっ、俺さんのだよぉぉ」

と言いながら感じてました。

俺は基本胸にはそれほど執着がないので、ここで初めて梓さんのスーツの上着のボタンをはずし、 胸をブラウスの上から荒く掴みました。

そしたら梓さんも別の気持ちよさがあったらしく 「ああぁぁぁぁぁ」

とまた激しくなってきました。

(後から聞いたら大きさはDということでした。)

ここで一回出して目的は達成しているので、ちょっと冒険。

「気持ちい、梓さんの中気持ちいよ、またすぐイっちゃうよ、梓さんもダンナ意外の人の中で出されていいの?いいの?」とちょっとせめてみました。

「いい、いい、俺さんの中で出していいよ、私も気持ちいから、いいよ、ああぁ」

という答えが返ってきて、心の中でガッツポーズ。

寝取った!と思った瞬間です。

そのまま正常位のままで1回目よりかは長くもったけど、中で出しました。

「2回連続なんて初めてですよぉ、俺さんいやらしすぎです」

とおほめの言葉をもらって 「もう遅いですけど、送って行きましょうか?俺は泊っちゃいますけど」

とまたここで、しつこいカマかけ 「送ってもらってもいいですけど、俺さんそれじゃぁ泊れないじゃないですかw」

「そういえばそっか」とすぐにバレバレの本音をさとられて 「明日は直行だし、家には誰もいないから私も泊っちゃおうかなぁ」

と予想通りだけどうれしい返事。

「ホント?期待してたけど、そう言ってもらえるとすごいうれしい」

と気持ちを素直に伝えると、恥ずかしそうに 「そのかわり、明日朝ストッキング買ってください・・・・w」と言われました。

「了解w」と言ってアソコから抜いたら、ドロっと出てきました。

「うわぁwすごい出ましたね、あんまり見ないでください」

「いや、梓さんの中すごい気持ちよかったから、まだ出てくるとおもうよw、一緒にお風呂入る?」

「えぇぇw恥ずかしいから、私がイイって言ったら入ってきてください」

という事で入る時は別々で、湯船にゆっくりつかることになりました。

実際はもっと一緒に入ろうとねばったんですけど、アソコを洗う所を見られたくなかったようで、ダメでした。

しばらくしてお声がかかって、お風呂に行くと、すでに湯船につかって中で体育座りをしている梓さんがいました。

このシーンはいまだに鮮明に頭に残ってますが、かなり興奮しました。

「洗うからちょっと待ってね」と言って自分の体を簡単に洗って、梓さんを後ろから抱けるような状態で湯船に入りました。

ここでちょっと梓さんの感想&情報 「後からまたすごい出てきた」

「まだ中が暖かい感じがする」

「入れたまま2回連続は本当にびっくりした」

「ダンナはもちろん好きだけど、俺さんも好きになった」

「体験人数はダンナで2人、俺さんが3人目」

「処女喪失は大学生の時で、地方に一人暮らしをしてた時に一回やられて逃げられた」

「ダンナとは今は子作りのためのエッチだけで、月に2回ぐらい」

「俺さんのは奥に当たって痛気持ちい」などなど。

その後風呂を出て一回顔に出して、びっくりさせて就寝。

朝はお決まりの朝立ちエッチでお腹に外出し。

約束通りストッキングを買ってあげて、直行先の会社近くまで送ってあげました。

梓さんとは結構ダラダラと続きましたが、去年旦那にバレそうだからと理由で関係を終わらせました。

いまだにその会社には月1〜2出入りしてるのですが、会うといつもやりたくなって困ってます。

関係を続けている時は、夜会社で残業している梓さんに、送ってほしいという理由で呼び出され会社でのプレイなどもあり とても楽しませてもらいました。

最後の方は、一回出した後のお掃除フェラで復活して二回目というのが流れでした。

ただハメ撮りをしようと、デジカメを用意したその日に終わりを告げられて、最後に思い出に!と言いましたがダメでした。

なんか旦那への罪悪感がどんどん高まってきていたようです。

支援していただいた方々、本当にありがとうございました。

俺のムラムラもこれで少しは解消されるかと思います。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/03/08 22:11 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー