エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

可愛い行動派の処女の後輩が、上京して泊まりに来た

先週、MステにSKEが出てたのを見て、松井玲奈って子に似てた後輩を思い出したから書いてく。
名前は玲奈で。

玲奈は、小・中学校の1個下の後輩。
その当時は特に接点もなく、名前と顔を知っている程度だった。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

ただ「一人可愛い子が後輩にいる」というのは周りからもよく耳にはしていた。

しかし俺が高3で玲奈が高2の時に、駅でばったり会ったのがきっかけで、その後は会えば話をするようになった。
その時に連絡先も交換し、メールを中心に徐々に仲良くなっていった。

ここで玲奈のスペック。
色白で、スラッとした華奢な体型。
胸の位置くらいまで伸びてるツヤのある黒髪が印象的。
前髪はパッツン。
一見、幸薄な顔立ちで儚い雰囲気を持ちつつも、時折見せるクシャッとした笑顔に男たちは惹き寄せられる。

やがて俺は高校を卒業し、進学のため上京して一人暮らしを始めた。
新しい生活が忙しくて、数ヶ月玲奈に連絡していなかった。

そんなある日、玲奈から電話があった。
最初は近況などを報告しあっていたが、いきなり玲奈は「七尾センパイ(俺)に会いたいなぁ・・・」と言い出した。

そして、「夏休みに会いに行きます!」と続ける。

まさか玲奈が俺のことをそのように思っていてくれたとは、うかつにも全く気づかなかった。
俺は「わかった」とだけ答え、そのときはそれで電話を切ったが、その後数週間、玲奈から連絡は来なくなった。
しかし、夏休みが始まってすぐのある日の昼頃、家でだらだらしているところに、突然、玲奈から電話が来た。

「七尾センパイ!わたし、いま東京に遊びに来てるんです!」

玲奈は昔から“思い立ったら即行動”タイプではあったが、さすがに驚いた。
ちょっと迷ったが、せっかく来てくれたことだし、会うことにした。

夕方、最寄りの駅まで来てもらい、一緒にご飯を食べた。
最初は会話もぎこちなかったと思う。
玲奈とデートのような状況で会うのは初めてだったし、久しぶりに会ったということもあっただろう。
それに、玲奈が高3になって、少し大人びた雰囲気になっていたのと、いつも駅で見かけていた時には制服姿だったので、私服の玲奈がとても可愛く見えて、俺がどぎまぎしていたせいもあった。

ご飯の後、他にすることも思いつかず、アパートに来てもらうことになった。
玲奈もそのために東京に来た、というのは雰囲気で分かっていたし、俺も会うと決めた時に、ある程度そうなることを覚悟し、また期待もしていた。
しばらく普通に会話をしていたが、終電の時間が近づいてきたとき、玲奈は意を決したように話題を変えた。

「センパイ・・・今日、泊まらせてもらっていいですか?」

「・・・いいの?」

なんとなく2人の間で“雰囲気”は漂っていたから、そういう事を匂わせるように聞いた。

「うん、わかってます。でも、今日は、お願いします」

そう言うと、玲奈は俺に抱きついてきた。
抱きついてきた玲奈を、俺もぎゅっと抱き締めた。
改めて華奢な玲奈の体をこの身で感じ、同時に愛おしくなる。
玲奈が顔を上げてきたので、俺はキスをした。
唇が合わさった瞬間、玲奈は深呼吸するように体を反応させた。
唇、耳、首などに軽いキスを繰り返す。
すると、玲奈がふと顔を上げて、俺の目を見ながら言った。

「あの、最初に言っておきますけど、わたし・・・初めてなんです」

それを聞いて、俺は驚いた。
玲奈の容姿からして、彼氏もいて経験済みは間違い無いと思ってた。
それに中学校に入ってから、それまで控えめで存在感の薄かった玲奈が、日に日に可愛くなっていき、俺が中3、玲奈が中2の頃には俺の同級生からも人気は高く、『◯◯が玲奈に告白したらしい!』なんて話も噂でよく耳にしていた。

「そっか・・・俺なんかでいいんか?」

俺は困惑しながら聞いてみる。

「お願いします・・・」

そう言って玲奈は俺の胸に顔を埋める。
ふわっと玲奈の髪から良い匂いがした。

「わかった・・・ありがと」

俺は玲奈の肩を抱き、顔を上げさせる。
玲奈の瞳はウルウルとしていた。
今にも涙がこぼれ落ちそうだ。

そして、ゆっくりと顔を近づけると、玲奈は目を閉じ、再び唇を合わせる。
舌を入れると、玲奈は控えめに応じる。
そしてそのまま深いキスへ移行し、服の上から胸を触った。
キスを続けながらも玲奈の体はビクッと反応する。

玲奈の胸はお世辞にも大きいとは言えない。
それでも中学生の時は全く無い印象だったが、高校に入り、徐々にカラダは変化していったようで、今ではBカップくらいはあったと思う。
その胸を直に触ろうと、服の下に手を入れ、ブラを外し、外れかけたブラの下から胸を愛撫した。
最初は身を固くしていたが、ピンク色の乳首に軽く触れると、玲奈はキスをしながら「んんっ」という声を漏らした。

少しずつ玲奈の服を脱がし、白いブラジャーを外し、玲奈の上半身が露わになった。
胸を隠していた玲奈の手をどけて、俺が乳首にキスをすると「んっ・・・はぁぁ」と力の抜けた小さな声を漏らした。

しばらく愛撫をした後、俺たちは一緒にシャワーを浴びた。
少しふざけながらお互いの体を洗い合う。
玲奈は「こうなってるんだー」などと言いながら、俺のモノも洗ってくれた。

部屋に戻り、並んでベッドに寝転んだ。
シャワーですべすべになった体を合わせると、玲奈の小さなツンッとした乳首が俺の胸に当たる。
再びキスから始めた。
足を絡め、お互いの背中や腰に手をまわして抱き合っているうちに、俺のモノも玲奈の下腹部に当たり、どんどん硬く大きくなっていった。

ピンク色のきれいな乳首を指先や舌で触れると、玲奈はピクッと体を動かす。
そして、小さな胸に愛撫を続けていると、「んん・・・あっ・・・ぁぁっ」と小さな喘ぎ声を出し始めた。
胸を愛撫しながら、俺は指で優しく玲奈のあそこに触れてみた。
触れた瞬間玲奈は体をぴくっとさせる。
思ったよりも濡れていたので、入り口を少し開いて指を中へ入れると・・・。

「ゃっ・・・あっ、ぃゃ・・・んっ」

小さな声で玲奈は可愛く喘いだ。

俺は玲奈の足の間に移動して、膝を少し立たせて、玲奈の股間に顔をうずめようした。
玲奈は、最初、「えっ・・・センパイ・・・だめ・・恥ずかしいですっ」と言っていたが、構わず舌で愛撫を始めると、「はぁぁっ・・・!ぅ、ぅぅ・・・んんぁっ・・んはぁ」と小さく息を漏らしながら体をくねらせ始めた。
そしてアソコからも透明な液が溢れ出してきた。

玲奈のアソコは淡いピンク色をしていて、毛はうぶ毛に近いくらい薄かった。
周辺も肌と同じく真っ白で、スベスベしていて愛撫のし甲斐があった。
かなり長い時間をかけて、体中を愛撫した。
玲奈も息を荒らし、かなり感じている様子だった。
俺は玲奈の隣に移動して、黒いキレイな髪の毛を撫でながら「気持ちいい?」と聞いてみた。
玲奈は少しぼうっとしたような表情で、首を縦に頷いた。
再び抱き合って舌を絡めていると、玲奈は俺のモノに手を伸ばして、触り始めた。

「こんなに大きくなるんですね・・・ここ、少し濡れてる・・・あのぅ、センパイのも舐めてたほうがいいんですよね?」

玲奈は事前に色んな知識を覚えてきたのか、確かめるように聞いてくる。

「それじゃ・・・やってもらおうかな」

俺がそう答えると、玲奈は体を起こし、俺の足の間に入って正座をし、俺の股間に土下座をするような体勢でモノにキスをし始めた。
途中、やり方がわからないと言うので、俺はモノの裏側を指差しながら、「このあたりを舐めたり・・あとは、パクっと咥えたりして動かしたり・・かな」などと答えると、玲奈は「こう?」と言いながらその通りにしてくれた。

玲奈は初めてにしては上手だった。
すぽっと咥えて、唇が優しくモノの周囲に触れるような状態で上下を繰り返す。
玲奈の口周りが、唾液でベチョベチョになりながらも、そして玲奈も興奮してきているのか、息を切らしながら一生懸命に愛撫する。
息が荒れながらされるフェラは異様に心地よかった。
玲奈の温かい息が、咥えた中で俺のモノを温める。

「ジュル、ジュル・・はぁ、はぁ・・・んんっ・・ジュポッ、ジュポッ」

俺は体を起こして、フェラをする玲奈の頭を撫でながら言った。

「玲奈・・・そろそろ入れようか」

玲奈はモノから口を離し、正座をしたまま顔を伏せて無言で頷く。
キスをしながら、玲奈をそのまま横たわらせる。
俺は玲奈の足の間に入り、覆いかぶさって、湿った場所に宛てがった。
玲奈は緊張のせいか、体がガチガチだった。

「玲奈・・・緊張せんでいいから、力抜いて」

目をギュッと瞑り、自分の肘と肘をつけるようにしていて、なかなか力が抜けない。
先ほどやった愛撫で、玲奈は乳首を攻めると力が抜けた事を思い出す。
俺は玲奈の乳首に舌を這わせ、優しく甘噛みする。

「ふぁぁっ・・・ぁあっ」

か細い声と同時に力が抜けた。
その瞬間を狙い、俺は尖端を玲奈に挿入する。

「あぅ・・っっ!」

ゆっくり、ゆっくりと細心の注意を払って入れていく。
真新しい玲奈の入り口は予想以上にキツかった。
玲奈は声には出していないが、眉間にシワを寄せ、痛みを我慢する表情をしていた。
そして尖端部分がようやく玲奈の中に収まると、繋がったままキスをする。
時間を掛けて深く絡め合う。
その間に玲奈の中が俺のモノの大きさに慣れ始めるのを待った。

しばらくすると「先輩の・・・おっきくて、あったかぁい」と玲奈が微笑みながら言う。

俺は玲奈の髪を撫でながら「まだ先だけだぞ?でも、慣れてきた?」と言うと、恥ずかしがりながら答えた。

「なんか・・・くすぐったくて、変な感じです」

そんないつもと変わらない玲奈の笑顔。
俺がゆっくりと腰を動かし始めると、その笑顔が瞬時に“女”の顔に変わる。

「んんっ・・・ぁぁっ・・・うっ・・くっぅ」

玲奈は少し気持ちよさそうな声を出し始めた。
アソコも少しずつ開き始める。
俺は尖端を少し入れては抜き、少し入れては抜きを何度か繰り返した。
少しずつ深く入るようになり、やがて押し開くような感覚とともに、俺は玲奈の中に入っていった。

「あぁっ・・・!いっ・・・ぅ、んっ、はぁっ」

玲奈は少し顔を歪めて、俺の肩を強く掴んだ。
俺は玲奈をしっかりと抱き締めて、ゆっくりゆっくり腰を動かした。

「玲奈・・・入ってるのわかる?」

「ぅっ、うん・・・あぁっ・・はいっ・・てます」

そう言いながら、目をギュッと瞑ったまま、俺の首に抱きついてきた。
最初は抵抗が強かったが、やがてスムーズに動くようになってきた。
玲奈に膝を自分で持ち上げるよう頼んで、足を少し大きめに開いてもらい、それまでよりも奥に押し込んでいく。
その瞬間、玲奈は再び「あぁっ」と声をあげたけが、少しずつ慣れてくると、口を薄く開いて「はぁ、はぁ、はぁ」と、俺の腰の動きに合わせて息を漏らすようになった。

体を起こして上から眺めると、玲奈が自分で膝を抱えて足を広げている。
そして、結合部を見ると俺のモノが玲奈の中に入っていく様子がよく見えた。

玲奈は最初、目を閉じていたが、慣れてくるとずっと俺の顔を見ていた。
俺もなるべく玲奈の顔を見つめるようにした。
頬が少し赤みを帯びた玲奈の表情はとても可愛くて、何度もキスをした。

やがて我慢ができなくなり、「玲奈・・・そろそろイク」と俺がと言うと、玲奈はよくわかってないのか、突かれながら困惑した表情で俺を見つめてた。
俺が腰の動きを速めると、玲奈の息も速くなる。

「はぁ、はぁ・・・んぁっ・・・ゃっ、ゃぁ、ぁっ、ぅ、ぅ」

俺は最後の一振りをして、玲奈から抜く。
血管の浮き出た俺のモノが大きく脈を打ちながら、玲奈のお腹に放出している。
精液の一筋は胸の近くまで達していた。

「はぁ、はぁ・・・ん、ん・・・んはぁ、はぁ」

息を荒らしながら、玲奈の精液まみれのお腹がピクピクッ、ピクピクッ、と動いていた。
玲奈は興味深そうに少し血が混じった精液を指で触っていた。
ティッシュで拭き取った後も「なんか、このへんがパリパリしますっ」とはしゃいでいた。

以上っす。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/02/27 19:53 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー