エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

息子の家庭教師は、彼女がいないウブな男の子だったから、色々教えてあげた

専業主婦ってほんと暇なの。毎日、毎日同じことの繰り返す日々。

旦那と違って、基本的には買い物ぐらいしか外出しない訳だし、刺激なんてもともとあるもんじゃないの。
昼間は子供も学校だし話相手すらいない状態だもん。お決まりの昼メロか情報番組見るくらいしかないのよ。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

でも、そんな生活にも最近はちょっと楽しみと言うかハリが出てきたの。
と言うのも、ウチの息子って誰に似たのかほんと勉強出来ないし、そうだからと言って頑張ろうという気もまったくないの。
いつも学校の先生との3者面談でもお恥ずかしい限りなのよ。まぁ、性格は優しい子なんで、欲を言えばもうちょっと勉強出来るといいんだけどね。

そんなこんなで、ウチの息子も中3の高校受験になって秋からあわてて市内の家庭教師センターに先生の派遣をお願いしたの。
学校や模試の成績なんかを伝えていちばんいい先生お願いしますって。

そして2日後センターから連絡があって、OO大学の真面目な先生が伺うとのことで決まったの。
子供と親御さんの相性もあるからって、最初は自己紹介と顔見世で終わったの。
先生が帰ったあと、ウチの息子も気に入ったらしく教わりたいなんて言ってたけど、ほんとは私がいちばん気に入っちゃたの。

だって、その先生ちょっとロン毛のさわやか系で笑うと人懐っこい感じだしイイ感じなのよ。
それで結局、話し合って週2日火曜と金曜の6時から2時間の授業をしてもらうことになったのよ。
ぜんぜん変な想像なんてしてないのに先生が来る日はなんかソワソワしちゃってるの。
何か無意識に意識しちゃってるのね。

私と10歳以上も年が離れているうえに、なんたって息子の家庭教師なのに私もちょっとおかしいわよね。
とにかくデキの悪い息子が高校に受かるのが一番なんだから・・・

でも、先生が来る日は何だか家にいるのに服装なんかも意識しちゃって、膝上のスカートはいちゃってる私がいるの。
先生はウチに来ると礼儀正しいし、息子にもきちんとした言葉遣いで教えてくれるしますます好感が持てちゃうの。

何度か息子の2階の部屋に行くのに、一緒に先生の後ろから階段を上がったんだけど、先生のお尻引き締まってピィとあがってて、ジーンズはいっててもすごくかっこいいのよ。
何か後ろでそれも間近で見てドキドキしちゃったの。
だって、旦那の脂肪の乗ったお腹やお尻とは比べ物にならないじゃない。
先生の肉体を想像すると、身長はあんまり高くなくて172センチぐらいかな、スリムだけど筋肉質って感じ・・・

もしかして、腹筋が割れてるかも・・・って考えちゃうの。
聞いたらスポーツは中学・高校と水泳部だったらしくて、ますます期待しちゃった。
期待って言っても変な期待じゃなくて、体の筋肉とか・・・いわゆる体つきってことよ。

そのうち、先生とも息子も私もお互い慣れてきて、いろいろなこと話すようになったの。
先生のほうも田舎から出て来て、一人暮らしだからとくに食事のことは話すの。
だいたいが外食で夕食もコンビニかホカ弁らしいのでちゃんと野菜も摂るようにとか注意しちゃったり・・・
だって、そうじゃないとそのピィとあがったお尻維持できないでしょ。

そのうち先生も大学の授業が早く終わったりすると、息子に教える時間前にウチに来て私とリビングでお茶するようになったの。
私はその時間が楽しくて、ほんとアッという間の時間なの。
だって、私の年で10歳以上も年下の若い男の子と2人切りでお茶飲めるなんてないもん。

それが先生も今では家庭教師のある日は毎回1時間も前に来てくれて、私のお茶に付き合ってくれるようになったのよ。
先生が家庭教師でウチに来るようになってから、ますます5歳年上の旦那の脂肪だらけの肉体には幻滅しっぱなし。
今では夜も半年に1回あるかどうか。

それも酔って帰って来たときに、酒臭い息で迫ってくるの。
その割に始めると、いつも自分だけ先にイッちゃって、終わるとイビキかいてとっとと寝ちゃうんだから、こっちはたまったもんじゃないわよ!

だから最近じゃ、迫ってきても断っちゃうの。
もちろん私だって、まだまだ女盛りだから体は疼くけど、旦那とだったらしなほうがまし。
だって旦那じゃイカないし、イカせてくれないし、それなら自分でした方がよっぽど気持ちいいし、イケるしいいの。
もちろん浮気とか不倫とかも考えたことあるけど、なかなかそういう機会がなかったし、やっぱり何か怖いじゃない。

ただ、それに対する旦那に対しての後ろめたさみたいなものはなかったんだけどね。
そんな感じだから、きっと先生に対して変に意識しちゃってるのかもしれないわね。
正直に言うと、旦那と息子を送り出したあと、昼間から何回か先生のこと想像しながら自分でしちゃったこがあるの。

息子の家庭教師と言うことで、ちょっと罪悪感があったけど、それが返って興奮する要因になっちゃって、いつもより自分でしてるのにいっぱいイッちゃたの。
旦那がいるのに昼間から自分でしちゃうなんて、ちょっとみじめだけどやっぱりないといられないみたい。
本心じゃないけど、別に入れられなくてもあのイクって感じが欲しいから自分でしちゃうのよ。

以前はレディコミとかこっそり読んで自分でしちゃったり、駅周辺で配ってるテレクラのティシュをもらってそこに電話してテレホンセックスしたりしてたんだけど、最近は先生とのこと想像しちゃってるの。
だけど、想像する内容がだんだんエスカレートしてきちゃってるの。

だから、自分でしたあとたまたま先生が来る日だと恥ずかしくてまともに顔見れないの。
まさか先生は私がそんなことしてるとは、ぜんぜん想像もしてないでしょうね。
ただの教え子のお母さん、もしかするとおばさんぐらいにしか思ってないんでしょうね。

まだ先生に彼女がいるかどうか聞いてないんだけど、きっと今どきのかわいい彼女がいるんでしょうね。
今度そのことでちょっとからかってみようかな。
先生には彼女がいないことがわかったの。
もう彼女いない歴3ヶ月でその間どうしちゃってるんだろう?
先生が帰ったあと想像しちゃった。

先生だって若いんだから、きっとかなり溜まっちゃってるのよ。
たぶん自分でシコシコしちゃってるのね。
どんなこと想像してしてるのかしら…それとも今どきはAVとか見ながらしちゃってるのかしら!?
AV見てるとしたら、どんな内容のビデオ見てるのかしら・・・?

もしかして、家庭教師と教え子の若いお母さんなんて設定だったらスゴイわね。
そんなこと考えただけで、私ったらなんかアソコが熱くなっちゃてるのが自分でもわかるの。
それに私の下着だってもうぐっちょりになちゃってる。
どうしよう・・・

先生は帰ったけど、2階に息子がいるんじゃ、まさか一人で出来ないし・・・
とりあえず今は我慢するしかないわね。

あぁ、あぁ、でももうダメ!
抑えていれば、抑えているほどどんどん妄想が膨らんでいっちゃうの。
今度、先生のこと襲っちゃおうかしら!?
あぁ、こんなこと考えちゃうなんて私ってよっぽど欲求不満なのかしら?
でも、もう旦那とはしたくないし出来ないし・・・
旦那としないとしたら、今後私は誰としたらいいのかしら?

もしかして誰ともしないうちに、ほんとおばさんになちゃうのかもしれないのね。
こんなこと言うのもなんだけど、息子の友達のお母さん見てもみんな太っちゃってるし、肌も皺が増えてきてるし、見た目はほんとおばさんなのよ。
それに比べて、私はまだ20代のスタイルを維持してるし、肌だってぜんぜんキレイだもん。
今度からもうちょっと露出の多い服装して、少し若い男の子を悩殺してみようかしら!?
ちょっとはクラッとしてくれるかしら?それとも20代後半のOLに間違えられてナンパされないかしら!?

でも今は息子の先生となんとかならないかしら?
ちょっと作戦を考えてこんご実行してみようかしら?
先生が私に悩殺されちゃうなら、きっとそれより年上の男性もいけちゃうってことよね。
最近、旦那と喧嘩することが多いの。
先日もちょっとしたことで言い合いになっちゃって、ほんと不愉快な1日を過ごしたのよ。

で、ちょうどその日は家庭教師の先生が来る日だったんだけど、忘れてて息子の帰ってくる3時間前到着しちゃったの。
でも、来ちゃったものはしょうがないじゃない。
それでも先生の顔見たら私も旦那との喧嘩なんて忘れちゃった。

それで、その日は先生が早く来たから、ゆっくりリビングでお茶が出来るし、そうそうその前から聞こうと思ってたことも聞いちゃおうと思ったの。
「先生って彼女いるんでしょ?」
「いや、いませんよ」
「そんなウソ言っちゃって。ほんとはモテるでしょ?」
「いや、ほんといないんですよ」
「どのくらい?」
「もう半年ぐらいですかね」
「あら若いのにもったいない」
「けっこう億手なんですよ」
「そうなの・・・」
そのあとすぐに『じゃあ、先生は全然セックスしてないの?』ってよっぽど聞こうかと思っちゃったの。
でも済んでのところで思いとどまって止めたの。

それでしばらくはお互い何気ない話をしていたんだけど、どうしても私のほうが気になっちゃってとうとう聞いちゃったの。
「先生、半年も彼女いないんじゃ、悶々としちゃってるんでしょ?」

先生もはじめ何を聞かれてるのかわからないみたいで生返事で返答したの。
そこでまた私は
「若いんだからどんどん女の子と付き合って発散しなきゃダメよ!」
それでも先生わからないみたいだったわ。

それからまた私が、
「ひとりでばっかりしちゃ、体に悪いんだから・・・」
私も自分がひとりでばっかりしてるのによく言うわ。
でも、先生もようやく意味が理解できたみたいで急に顔を赤らめてたわ。
それを見てほんとにウブで億手なのがわかったわ。

こちらからリードしないと先生からは誘って来ないと直感した私は急に立ち上がって先生のソファの横に腰掛けたの。
先生がドキドキしているのが横に座っているだけでわかるのよ。
おそらく本人はガチガチだったかもしれないわ。

私は先生の膝の上に手をおいて、
「先生って意外とウブなんですね。女性は積極的な男性の方が好きなんですよ」
って諭してあげたの。
そんなことを言いながら私は膝の上においた手がだんだん先生の股間の方に寄ってっちゃたの。

そしたら先生、耳赤くして
「そ、そんな・・・別に」
って答えになってないこと言っちゃってますます私のペースになっちゃったのよ。
「もしかして先生って、女の人まだなの?」
って聞いちゃった。
「そんなことないですよ。年相応に人並みです」
だって・・・
ますます私にはよくわからない答え。
「じゃあ、何人ぐらいの女の人と経験あるの?」

私っていじわるかしら?
「そんなことどうでもいいじゃないですか」
「いや、もしかしたら先生って童貞なんじゃないかしら?って思ったから・・・」
「もちろん、違いますよ!」
「そうよね!ごめんなさい。先生モテそうですものね」
って言いながら、相変わらず先生の太ももから股間周辺を指で刺激してるの。

「別に。そんなにモテはしませんけど、人並みですよ。女性経験も豊富じゃないですけど、そこそこありますよ」
「別に変な意味で言ったわけじゃないの。気を悪くしたら謝るわ」
なんて先生には言ったけど、先生もけっこう強がってる感じ。

もうちょっといじわるしちゃおうっと!
「あっ、ごめんなさい。先生の膝にずっと手置きっぱなしで・・・でも、先生なんかさっきよりアソコの部分が盛り上がってる・・・」
私はじっと股間の部分を見たあと先生の顔を覗き込んだの。

そしたら先生も恥ずかしそうにうつむいちゃっったの。
「先生もしかしておちんちん立っちゃってるのかしら?」
先生は
「・・・・・」
無言なの。
「若いからしょうがないわよ。別に恥ずかしがることじゃないのよ」
って言いながら私はもう先生のズボンのベルトはずしてたの。

先生腰引いて身をよじってたけど、もうここまできたらお構いなしね。
「先生、大丈夫よ!」
私はちょっと強い口調で言っちゃったの。
そしたら先生急に抵抗しないで大人しくなったの。
私の大丈夫の一言できっと先生もわかったのね。

だって顔を真っ赤にしてうつむいたまま動かないの。
もしかしたら、先生って童貞なのかも!
なんだか私もドキドキしちゃって、もうダメ!
止まらない・・・暴走しちゃいそう。

もうズボンの上からでもはっきりとぐらい大きくなっちゃったてる・・・
「先生ったら、こんなに大きくしちゃっていけない子ね!」
「ごめんなさい」
「別に謝ることないのよ。溜まってるんでしょ?」
「・・・はい」
「じゃあ、いいことしてあげるわね」
「えっ」
そう言いながらさっき外したベルトのズボンのチャックを下ろしてたの。

そして先生を立たしてズボンを脱がしたの。
「あっ」
思わず私は声を漏らしちゃった。

だって、ソファに座ってる私の目の前にアソコがモッコリしたボクサーパンツがあるんですもの。
私は我慢できずにパンツの上からおちんちんを握っちゃったの。
そして、恥ずかしがる先生の手を払い除けて、いっきにパンツを下ろしちゃったの。

そしたら、硬くなったおちんちんがバネのように弾けたの。先生は恥ずかしそうに
「あっ!」
って声を出したの。
先生のおちんちんそんなに大きくはないけど、色はまだ薄いピンク色で亀頭の色もキレイなの。
それ見てただけで、もう私のアソコはヌルヌルのびちょびちょに濡れちゃってるのがわかるの。
もう旦那ともセックスレス状態でよっぽど飢えてたの自覚したわ。

私はもはや自然の成り行きで先生のおちんちんくわえちゃったの。
「あぁっ!」
その瞬間、先生声出しちゃってたわ。

きっと先生も私と同じで毎日オナニーばかりで溜まってたのね。
先生のおちんちんすごい元気なの。
何度も何度も私の口の中でピクピク動くの。

私は唾液をいっぱい出して、ジュパジュパ音を出しておち○ちんしゃぶってあげちゃった。
何度かカリの部分を引っ掛けてお口の中で出し入れしてたら、急にビクンってして
「お母さん、ダメです!もうイッちゃいます。あっ、あっ、イクッ~!」
って言って私がまだダメって言う前に、もうお口の中にいっぱいドロドロした濃い精子出しちゃったの。

すごい量でお口の中ネットリしちゃって、とてもじゃないけど口開けられないのよ。
ほんとドクドクって感じで脈打ってるの。

でも私お口の中にあるネットリした濃い精子ゴクンって飲んじゃった。
それで先生のおちんちん見たらイッたばっかりなのにまだピクピクして上向いちゃってるの。
信じられない!
ほんと若い男の子ってすごいの。

それ見てもうたまらず、自分からブラウスのボタン外して、同時にスカートのファスナーも下げてブラとパンティーだけになっちゃったの。

それで先生をソファに座らせて、わざと先生の鼻先に胸を近づけてブラジャーのホックを外したの。
先生ちょっとびっくりしてたけど息遣いが荒くなってたわ。
先生の表情を見ながら、先生の目の前に乳首を差し出したの。
そしたら魚が餌を食べるみたいにパクっていう感じで先生私の乳首にしゃぶりついたの。
それもすごい勢いで!

ほんとチュウチュウって感じ・・・
吸引力がすごいの。
最近こんな勢いで乳首吸われたことないから、感じて思わず声出しちゃったの。
それも両方の乳首を交互に相変わらずすごい勢いで吸うの。

さすがに強弱はないけど、先生無意識に音を出して吸うから余計に感じちゃって、私ももう感じちゃって普通に声出しちゃってるの。
その感じちゃってる声で先生も感じちゃってるみたい。

だって、またおちんちんビンビンになっちゃってピクピクしてるの。
私のアソコはもうビチョビチョでパンティーに大きなシミができてるのがわかったの。
もう我慢できなくて自分からパンティー脱いじゃった。

それで座ってる先生の上に跨って、自分から先生のおちんちん握ってアソコに挿入しちゃったの。
最初はゆっくり腰を沈めていって、最後はグッと奥まで入れちゃったの。

先生も入れるとき
「うっ・・・」
って声を出して私の中の具合を確かめてたみたい。

私も久しぶりにこんなに硬いおちんちん向かい入れたんで思わず大きな声出しちゃった。
アソコに先生のおちんちん馴染んでしっくりしてきたから、私のほうから奥に当たるようにゆっくり腰をグラインドしちゃったの。
それで先生におっぱい揉ませながら、私はさっきより激しく腰をグラインドさせたの。
もうこんな感じちゃってるの久しぶりでいっぱい濡らしちゃってる。

たぶん先生の股間のあたりは私の愛液でビチョビチョにおなっちゃってるはずだわ。
先生ったら、
「お母さんのオマンコすっごいキツイです」とか
「あぁ、ちんちん気持ちいいです」
とか言っちゃってたわ。

それで私は抜けないように気をつけて、両膝を立てて先生の首に手を回してまさに抱っこちゃん状態で自分から出し入れしたの。
それも入口のビラビラで先生のカリを引っ掛けるように激しく出し入れしたの。
私この引っ掛かる感じが好きで、これ続けるとすぐイッちゃうの。

それでリズミカルに出し入れしてたら、先生もカリを引っ掛けられると気持ちいいみたいで、
「お母さん、もうダメです。そんな激しくされたらイッちゃいます」
「先生、元気ね!さっきイッたばかりじゃない。でもいいわ。私ももうダメ!一緒にイキましょう」
って、さっきよりさらに激しく深くまで腰を落として出し入れしたの。
「あぁ、あぁ、あぁ!ダメ、ダメ、ダメ!イッちゃう!イッちゃう!先生も一緒に来て。いい?いい?一緒にイクわよ!」
「お母さん、ボク、ボクもうダメです!もうイッちゃいます!」
「いいわよ!中に出して!中にいっぱい出してちょうだい!さっきみたいに濃いのいっぱい出してちょうだい!」「あぁ、お母さん、イク、イク、イク!!」
「あぁ~ぁ、先生私も!イク、イク、イク、イッちゃう!イク、イク、あぁ、ダメ!ほんとイッちゃう!あぁ、あぁ、あぁ、イク~ッ!」

お互いイッちゃった。
そのあと私のほうはしばらく放心状態。
私は先生に抱っこちゃん状態で荒くなった息遣いを整えてるの。

久しぶりにアソコの中でおちんちんがビクンビクンしながらドクって精子出される感覚を味わったわ。
あの時って、いちばん女を感じる時なのよね。知ってた?

そう、まだ先生のが入ってるわ。
だいぶ息遣いも整ったから、ゆっくりおちんちんを抜きながら先生の膝から下りたの。
何かお互い恥ずかしいと言うか気まずい感じだったんだけど、何せモタモタしてると息子がもうじき帰ってくるから私は先生にティッシュを箱ごと渡して急かしたの。

先生も我に帰って急いで股間周辺を拭き取ってズボンを履いてたわ。
私もティッシュでアソコを押さえて中から出てくる先生の精子をどうにか出し切って急いで下着を着けて服を着たわ。

それでもう一度、2人分のお茶を入れて何気ない顔してソファに先生と向かい合ってお話したの。
「先生、また誘っちゃうからね!」
「えぇ、まぁ・・・」
「先生の方から誘ってもいいのよ」
「えぇ、はい・・・」
「よかったんでしょ?2回もイッちゃって」
「は、はい。すいません」
「別に謝ることじゃない。若いんだから2回でも3回でもイッちゃってもいいのよ」
「は、はい」
「先生、今度は時間のある時にいっぱいしましょうね」
「いいんですか?」
「いいわよ!今度は私のこともいっぱいイカせてちょうだいね」
「頑張ります」

ガチャ、バタン!
あっ、息子が帰って来たようだ。
「ただいま!!」
「あっ、おかえりなさい」

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/02/16 18:08 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー