親父が出ていくと、すぐにパンツを下ろして母に抱きつく毎日

朝食を食べ 父が農作業に出て行きます!
「太郎行くぞ」「便所行ってから行くよ‥」「早く来いよ」
父が出て行くのを確かめると、ズボンとパンツ脱ぎ、
「母ちゃん!」

母は父が戻って来ないかガラス越しに外を見てから、
俺の前に屈んでチンポを咥えシャブリ始めます。

チンポが勃起すると、ズボンとパンティを脱ぎ仰向けになりマンコを広げて、
「ほらっ早く済まして畑に行きな‥」
母のマンコを舐めると
「んっんっ‥」と気持ちよさそうな声。

マンコを濡らし、直ぐチンポをマンコに入れ、ズンズン突きまくります。
「母ちゃん‥出るぞ‥」
「ああ‥早く出せ‥」

母の中に射精して、急いでズボンを履き畑に行き作業をします。
暫くすると母も来て何事も無かったように作業を始めます。

天気が悪く作業が出来ないと、父はパチンコに出かけます。
パチンコに行くと父は夜まで戻って来ません。
父が出て行き暫くすると、母は寝室に行きます。

俺もついていって寝室に入ると、母はすでに布団の中。
裸になって布団に入ると母も裸で、
「今日は父ちゃん居無いから‥」
「母ちゃん‥」
父がいない日は母と一日中やってます。

父がいないと安心するのか、母の喘ぎ声は大きく、何度でもイきます。
俺も母のマンコの中で何度でも出します。

母と関係を持ったのは高3、テスト勉強をしていた時でした。
そうは言ってもマトモに勉強などした事のない俺。
部屋で教科書を広げたまま、H本見ながらオナニーしてました。

それまで、母が見ててもオナニーは平気でしてました。
その夜は母が部屋に入って来て、
「またセンズリしてるのか‥」
と呆れたように俺の手を退けてチンポを掴み、しごきながら、
「お前は頭は悪いのにチンポは大きいんだね~」と一言。
しごかれてると凄く気持ち良くなり、俺もたまらなくなりました。

「母ちゃん‥マンコに入れてみたいよ‥」
「何言ってんだい‥親子で‥」
俺のチンポを扱いてた母が、突如寝巻きをまくりあげてパンティを脱ぎ、
椅子に座ってる俺を正面からまたいで来ました。

「父ちゃんには内緒だよ…」
と言いながらチンポを掴み、チンポの先でマンコを擦ってると
ヌル~っとした感触。マンコにチンポを飲み込みました!
ゆっくり上下する母。目の前のオッパイ。ズッズッとマンコの中で擦れるチンポ。
たまらず母の中に射精してしまいました。

それが母との始まりでした。
結局、高校は何とか卒業して農家を継ぐ事になりました。
最初、母は俺の精処理のつもりだったようですが、
やり慣れて来ると母も快楽を求めるようになりました。
今では父の目を盗み、毎日のように母とSEXしてます。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
・強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果完

強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/01/03 10:33 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー