ショップ店長の楽しみは、時給の昇給でパートの人妻を言いなりにすること

チェーン店のガーデンショップの独身で店長してます。
店の経営を任され、仕入れも経費も人事も私の采配で決まります。
小さな店舗ですがブームに乗り、パートを含め5人でやってます。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

シフトが難しく常に求人誌に募集をかけてますが見た目はきれいな仕事ですが、花や植木が好きでなかったら無理です。
先月に27歳で子供さんのまだいない奥さんが面接の来られ、美人でスタイルのよい事もあり時給750円からと言うことで採用しました。
初日からテキパキと仕事をこなし、ワープロもエクセルも完璧です。

たまたま店のトイレに入ったときロックがしてなかったのでドアを開けると奥さんが洋式便器にジーパンを膝まで下げて、赤の紐パンが一瞬見えました。
慌てて謝罪し、その日はそれで。
後日、近所のファミレスで同席し会話の中で旦那さんは銀行員でマンションの頭金を貯めるため奥さんもパートに来たとのことで、子供の出産計画もまだ先らしい。

トイレの件を謝ると、
「見えてました?」って。

「何が?」
ってとぼけると、
「赤の下着の事」って。

「ハイ」
と答えると、旦那の趣味で、夫婦のエッチはお金が掛からないので、気を使ってるって。
よくよく見ると眼鏡をかけてますが、薄めの化粧で美人です。

仕事もしっかりしてるので、来月から時給上げようと言うと大喜び。
仕事中も奥さんの後ろ姿を見てると、お尻のラインが気になります。
昇級の件から何故か好意的というより、「女」を感じます。

気がついて「今日は何色?」って朝に聞くのが日課です。
最初は笑ってるだけでしたが、次は白とかレースとか、気さくに朝の挨拶です。
先日は「見ますか?」って。

他の店員に無理に用事を作り、配達とか仕入れとかに行かすと、奥さん察知してか、奥の事務所のパソコンの前で売り上げ計算。
ソフトに耳に息を吹きかけ胸にタッチ。
下着を見るだけが口紅の香りまで確認。

座り込みジーパンの上から暑い息。
うつろな目はパソコンですが、両手は私の頭に。
ジーパンを脱がして黒のハイレグを見せてもらいました。

でも濡れてます。
指でパンツの隙間から出したり入れたり。
「奥さん、交代」
って言ってチンポを口に。

眼鏡がエロチック。
事務所にゴムが有るわけないので、了解も得ず生オメコを我慢出来ずに立ちバックで。
事務所の小さな窓から下半身だけ脱がし店先を気にしながらヤッていると、残念、お客様来店!

慌てて、
「後でね」
って言ってジーパンを穿いて接客。

時間の長い事。
戻って来て、一言「つづき」って。
接客態度と今とギャップがあり妙に興奮。

「気持ちいー」
って何度も何度も。
中で中でって何度も何度も突きました。

ついに立ったまま奥さんの奥に。
一緒に天国へ。
途中中断するのも「興奮するね」って。

頭金が出来るまではピル服用。
今日も真面目な銀行員の旦那は出勤前に中出し。
旦那も奥さんに負けず劣らず好き者で、お金の掛からない快楽を朝と帰宅後シャワーも浴びず玄関で。

気が向けば夜中にも中出し三昧。
聞きたくなかったけど。
旦那様の熱心な教育のおかげで、旦那の精液を気にしなければ、とっても便利です。

その日から店員さんのいないとき一日最高で3回しました。
嫌がりもせず喜んで腰を振ってます。
200円の昇級でいつでもどこでも、中出し放題。

最近、仕入れの帰りホテルに行きますが、節約家の奥さんはラブホ大好きで、今度定休日に朝から連れてってって。
ちなみに旦那の趣味でオメコの周辺はパイパンです。
生チンポを入れてる時、土手高のオメコが丸見えです。

「見えてる見えてる?」って聞いてきます。
節約家のため無駄使いはしませんのでバイブを買ってあげたら大喜び。
頭金が貯まるまで、仕事を頑張るって。

仕事中突然、耳元で「店長の出て来てる」って言ってくることもありました。

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【同じジャンルの体験談】
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた4
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果3
・夫のお兄さんが出張で滞在中、電マでオナニーしてるのを見られちゃいました完
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました完
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた5
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取


淫乱人妻の甘ふわセックスライフ

他人の精液で孕みたがる。不倫妻 なまなかだし4連発 かずはさん

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ