エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

夫のいない日中は香織の露出の時間です

結婚して3年。27歳の主婦です。

子供はいません。

夫のいない日中は香織の露出の時間です。

車に乗って2時間くらいの森林公園へ。

ミニのフレアースカートでニーハイソックス。

ノーパンの下半身には、恥丘のところに薄めのヘアーがあるだけ。

色々入っている手さげバックを持って公園の中へ。

平日だからほとんど人はいません。

お年寄りが何人かお散歩していました。

遊具が沢山あるアスレチックへ来ました。

ベンチに一人のおじいさんが座っていました。

その前で小さなお孫さんが遊んでいました。

「可愛いですね。何歳なんですか?」

「もうすぐ2歳になるんですよ。」

「可愛い女の子ですね。少し一緒に遊んでもいいですか?」

「あぁ、どうぞ、どうぞ。」

香織、おじいさんに見えるように足を開いたままその場にしゃがみました。

ビックリした顔してる。

でも、じっと見つめてる。

(いいのよ、もっと見て。香織のオマンコ。)

しばらくそのまま遊んでいました。

香織、立ち上がっておじいさんの方にお尻を向けて前に屈み、子供の手をとりました。

(ほら、これなら香織のいやらしいオマンコもお尻の穴も丸見えでしょ。もっと見ていいのよ。)

おじいさんの方へ子供を歩かせながら後ろへ下がりました。

もう、おじいさんの目の前には香織のノーパンのオマンコもお尻の穴も丸見えになっています。

臭いまでわかるくらいに。

「ほら、あなたはここでこうやって遊んでてね。おじいさんは、お姉さんの恥ずかしいところで遊んでくれるからね。」

「綺麗なお姉さんだねぇ~。こんなとこ久しぶりじゃよ。ちょっと味わってもいいかな?」

「あっ、はい。どうぞ。ちょっと臭うかもしれませんが。好きにしてください。私はお孫さんと遊んでいますから。安心してくださいね。」

おじいさん、うまい。

香織のクリを丁寧に舐めてる。

オマンコにも指を入れて敏感なところを攻めてくるの。

「あんっ!すごい!気持ちいいですぅ~。そっ、そこ、お尻の穴っ!やだっ!気持ちいいですぅ~。」

香織、何回も逝かされました。

お孫さん、いつの間にか一人で遊んでた。

「おじいさん、ごめんなさい。私、オシッコしたいの。オシッコするところみたいですか?」

「うんっうんっ。見たい。ここでしてくれ。」

おじいさんの方にお尻を向けて足を大きく開き、立ったままお尻を突き出した格好になりました。

「これでいいですか?オシッコでますよ。あっ!出るっ!」

チョロッ!チョロッチョロッチョロッ!シュゥ~!

オシッコ出ちゃった。見られながらオシッコしちゃった。

お孫さんも前から見てる。

「やだっ!オシッコ出てるのにっ!そこっ!ダメェ~!」

おじいさん、オシッコしてるのに香織のお尻の穴に指を入れてホジクリ回してきたの。

「どうじゃっ!これは効くじゃろぉ~。」

香織、体を仰け反らせながら痙攣して登り詰めていました。

お孫さんが見てるのに何回も逝かされました。

もう、本当にやめられない。こんな気持ちいいこと。

その日の夜。

夫に求められたけど、断りました。

だって、昼間、あんなに激しく犯されたんだもの。

夫のいない、平日の昼間。

やる事がすべて終わったのがお昼前。

買い物ついでに、あの公園に行ってみました。

あの時と同じ格好のミニのフレアースカートでニーハイソックス。もちろんノーパンです。

公園の中をしばらくお散歩しました。

やっぱりほとんど人がいませんでした。

公園を管理しているオジサンに会いました。

「こんにちは。大変ですね。」

「あぁ~、こんにちは。」

オジサン、香織のスカートのところをチラチラ見てる。

周りに人はいません。

(今日はこの人に露出しちゃう?)

公園のトイレから離れた場所へ話しながら移動しました。

しばらくして、香織、オシッコしたくなってきました。

見てもらう?このオジサンに。

「あのぉ~、すいません。この辺におトイレありませんか?オシッコしたくなってきちゃったの。」

「えっ?トイレかい?トイレはこの辺はないなぁ~。ずっと向こうに戻った所にはあるけど。行けるかい?」

「えっ!そんなに戻るんですか?ん~ん、でも、戻らないとないんですよね?多分、大丈夫かな?」

香織と、オジサン、来た道を戻りました。

途中、我慢できずに立ち止まってしまいました。

「もう、だめですっ!出ちゃう。出ちゃうの。オシッコ、出ちゃうから見ないでぇ~!」

立ったまま、足を開いて前屈みの格好でオシッコをお漏らししました。

オジサン、香織の後ろからオシッコが出てるノーパンのオマンコを見てる。

「おっ?ノーパンかい!丸見えじゃないか。オマンコ。ひょっとして見てほしかったのかい?オシッコするところ。可愛いマンコをしてるねぇ~。」

スッゴイ恥ずかしい。いくら見てもらおうと思ってオシッコしていても。

オシッコが終わると、オジサン、香織のオシッコで濡れているワレメにしゃぶりついてきました。

気持ちいい!

ちょっと小さめのオチンチンも中に入ってきました。

スッゴイピストンでした。

でも、すぐに中で射精してました。

「あぁ~、気持ちよかったよ。お姉ちゃん。またね。」

サッサとズボンを上げてその場からいなくなってしまいました。

香織、なんか中途半端。

精液がオマンコから垂れたまま、来た道を戻っていきました。

この日の夜、夫にせがんでしまいました。

なんか激しいね。今日は。だって。

仕方ないよね。スッゴイ中途半端だったから。

この日、夫にお願いしました。

ヘアー、綺麗にしたいの。って。

そしたら、意外にもスッゴイ喜んでくれたの。

次の日からパイパンのワレメになった香織の露出が始まりそうです。

夫に綺麗に剃毛された香織のオマンコ。

「綺麗だね。スッゴクいやらしくなったよ。香織のオマンコ。」

あまり、クンニをしてくれない夫がスッゴイ責めてくれました。

子供が欲しい香織は、夫に中で出してもらいました。

あれから月に2回位のセックスが、週2になりました。

毎日剃毛してくれる夫。

香織も、露出する日が増えました。


そんなある日、香織は、チェックのミニスカートにノーパンでベージュのパンストを直穿して出かけました。

行った事のない、田舎のスーパー。

1階が生鮮食品売り場、2階が衣服等が置いてありました。

お客さん、お婆さんが4、5人ほど。

オジサンの店員さんが二人。

香織、ミニスカートのウエストを2回折りました。

立ってるだけでパイパンのワレメに食い込んでいるパンストが見えちゃいそう。

商品を見ながらしばらくウロウロ。

一人目のお婆さんが香織の格好を見て、小さな声で「アラッ!まあ!」だって。

二人目のお婆さん、「あら、あなた、見えそうよ。気をつけなさいよ。そんなに短いスカートを穿いて。」だって、ワザとだもの。

下着売り場へ行ってみました。

珍しい物を見つけました。

ブルマー。こんな物、今時売っているのね。始めて見た。

○○小学校指定。って書いてありました。小学生が穿くのね。

赤い色と青い色の2種類がありました。

(サイズ的に穿けないかなぁ。)

周りを見渡すと、少し離れた所に試着室がありました。

(試着してみようかな?)

一番大きいサイズのブルマーを手に取り、試着室へ行きました。

試着室に入り、鏡を見ました。

(ヤダッ!こんなに短かったの?本当にギリギリね。)

カーテンを閉め、スカートを脱ぎました。

パンストのワレメの所が濡れていました。

ブルマーに足を通し、穿いてみました。

(穿けた!でも、スッゴイピチピチ!生地が伸びきってる。ワレメにも食い込んでいやらしいわ。店員さんを呼んで見てもらおうかな?)

香織、カーテンを開けました。

見渡すと、少し離れた所にいたオジサンの店員さんがこっちを見ました。

香織の下半身までは見えていないみたい。

「すいませ~ん。ちょっと見てもらいたいんですが?いいですか?」

ベージュのパンストをノーパンで直穿したうえに、小学生が穿くブルマーを穿いた格好で店員さんを待つ香織。

どう見ても変態よね。

店員さん、小走りに香織のところに来ました。

「・・・・!えっ?」

目を丸くして絶句していました。

「どうですか?これ?似合いますか?ちょっとピチピチしているけど。」

店員さん、明らかに香織の食い込んでいるワレメのところを見つめていました。

「・・・あっ!ハイッ!あのぉ~、これは小学生が穿くものなのですが?お客様がお穿きになるのですか?」

「エ?駄目なんですか?私が穿いては。」

「イエっ!そっ、そう言う訳ではありませ・・・!」

香織、ブルマーを足首まで下ろしてしまいました。

「っ!おっ!お客様っ!」

香織のノーパンのパンストからパイパンのワレメが丸見えになっていました。

店員さん、香織のワレメを見つめていました。

「これで良いんですか?」

ワザと困らせました。

店員さんの方にお尻を向け、スカートを拾う為に膝を折らないで足を少し開き気味に前に屈みました。

香織のオマンコ丸見え。お尻の穴まで。

パンストのオマンコのところはいやらしい液で濡れています。

そのまま、スカートに足を通し穿きました。

ブルマーも拾いました。

青い色のブルマーのアソコの所が少し汚れていました。

「これ、汚れてしまったから戴きますね。あと、違う色のブルマーもひとつ欲しいの。持ってきてもらえます?」

ちょっと、ムッ!とした顔で言いました。

「は!ハイッ!少々お待ちを!」

店員さん、走っていきました。

少しして、店員さんは3枚ブルマーを持ってきました。

「お客様、スイマセン。サイズが分からなかったのでいろんなサイズをお持ちしました。」

「あ、ありがとう。じゃ、せっかくだから穿いてみるわ。いいですか?」

「あっ、ハイッ、もちろんです。穿いて確かめてください。」

香織、そのままスカートを脱ぎました。

呆然と見つめる店員さん。明らかに勃起していました。

「スイマセン。店員さん?サイズの小さい方から試着してみたいの。取って下さる?」

ハッ!とした顔で、「あっ!ハイッ!コチラになります。」

ブルマーを手に取り、店員さんの方にお尻を向けて穿きました。

(あら、意外と穿けるのね。生地が伸びるから結構穿けるのね。でも、スッゴイ食い込んじゃってるけど。)

ちょっとしたパンティーみたいになっていました。

「店員さん、どうかな?」

くるっと回って店員さんの方に向きました。

「ハイッ、とってもお似合いになってます。ハイ!」

(本当?目付きがいやらしいよ。店員さん。)

「あら、そう?じゃぁ、全部戴いていくわ。」

「あ、ありがとうございます。では、ご清算で?」

「もう、少し見て歩くから待ってて。いいですか?」

「ハイ、もちろんです。コチラは、お預かりしておきますので。」

「あ、ありがとう。じゃぁ、お願いね。」

香織、スカートを下ろし、ブルマーを脱ぎました。

でも、あまりにもピチピチだったのでパンストまで下ろしてしまったのです。

店員さんの方にお尻を向けていたのでオマンコ丸見え。

膝のところまで下ろして見せちゃいました。

「あら?ごめんなさい。パンストまで下ろしちゃった。見えました?」

前に屈んだままの格好で後ろを向きました。

「あっ、ハイッ。イエッ、大丈夫です。」

ナニ言っているか分からないけど、からかっていると面白い。

「あ、そう。ならいいけど。」

パンストを膝のところに残したままブルマーを下ろし、足から抜いていきました。

その間、店員さんには、香織のオマンコもお尻の穴も丸見えになっていました。

酷く濡れているオマンコは、足を動かすたびに「クチュッ!クチュッ!クチュッ!」と、音がしていました。

パンストを上に上げ、ブルマーを店員さんに手渡しました。

「あら、これも汚れちゃった。まっ、良いか。じゃ、これ、お願いね。」

スカートを穿き、靴を履いてまた、お店を見て歩きました。

あんなことをしていたのに、誰一人としてこちらに来ませんでした。やっぱり田舎なのね。

暫く見て歩き、白のフレアーのミニスカートを持ってレジに向かいました。

店員さん、待っていました。とばかり香織の所に来ました。

あのブルマーは袋に入っていました。

「あ、お客様、コチラの商品もですか?ありがとうございます。○○○○円になります。袋はご一緒で宜しかったですか?」

「えぇ、その前に、このスカート穿いて行きたいの。いいかしら。それと、パンストもすごく濡れて気持ち悪いから脱いで行きたいの。試着室お借りしていいかしら。それと、一緒に来てもらいたいの。お金、払う前だから。」

「え?えぇ、私はいいですが。本当に、宜しいんですか?」

ニヤニヤしてる。

「えぇ、いいですよ。迷惑もかけたみたいだし。」

「いえいえ、コチラこそ。失礼なことを言いまして。」

スカートを持ち、試着室へ入りました。

カーテンは開けてあります。

穿いていたスカートを脱ぎました。

パンストを脱ぐ時は、店員さんの方にお尻を向けて下ろしました。

もう、ヌードショーみたい。

購入したミニスカートを貰い、穿きました。

「どうかな?これ。似合いますか?もっと短くてもいいかな?」

「ハイ。とってもお似合いです。ハイ。それより短いのはありませんので、こちらでよろしいかと思います。それに、あまり短いとお客様のものが。」

「エ?そうね。あんまり見せちゃうとね。あっ、それなら、あの、赤いブルマーの一番サイズの小さいの、持ってきてくれます?」

「エ?あっ、ハイ。分かりました。」

ちょっと残念そうな顔をする店員さん。

「ハイ、コチラになります。」

「あ、ありがとう。」

ブルマーに足を通し、軽く食い込ませてスカートを捲って見ました。

「どう?これ。可愛いかな?」

「ハイ。とってもお似合いです。」

「じゃ、これで。あっ、それと、この汚れたパンスト、申し訳ないけど処分して貰えます?二日も穿きっぱなしだったの。ちょっと臭うからもういらないわ。お願いね。」 「あっ、ハイ。分かりました。処分しておきます。」

この後、香織はその店を出ました。


夕方の4時、香織、また戻ってきました。

あのスーパーです。

あの後、何していたかって?

それは、オシッコをお漏らししてきたの。

5時間もあったから、3回もオシッコお漏らししちゃった。

青のブルまーで1回、一番サイズの小さい赤のブルマーを穿いて2回。

スーパーに戻って来た時に穿いていたのは、一番サイズの小さい赤のブルマーです。

2回もオシッコをお漏らししていたので、ビショビショになって凄くオシッコの臭いがしていました。

この時も、香織はオシッコがしたくなっていました。

さすがに、この時間帯はお客さんがいました。

それでも12、3人位かな?

2階には4、5人位いました。

何人かのオバさんとすれ違いましたが、みんな、ん?て言う様な顔をして振り返って、香織を見ていました。

多分、香織のオシッコの臭いね。

自分でも分かる位だったから。

そして、あの店員さんがいる下着売り場へ。

香織を見つけたみたい。ニヤニヤしながら近づいてきました。

「あ、お客様、いらっしゃいませ。先ほどは失礼いたしました。何か、お探しですか?」

「あ、どうも。そうね、ちょっと。」

店員さん、クンクン、してる。

オシッコの臭いに気付いたみたい。

「何か臭います?」

「え?あっ、いや、ちょっと。何か、臭いますね?アンモニア?みたいな?気のせいですかね?」

香織、店員さんに耳打ちしました。

「ちょっと、ここにしゃがんでくださる?」

「え?ここにですか?・・・・これでいいですか?」

香織、無言で頷きました。

「もしかして、その臭いってこれの事かも?」

香織、店員さんの目の前まで近づき、フレアーのミニスカートを捲りあげました。

「あっ!・・・・うっ!・・・こ、これは?オシッコですか?」

2回もオシッコをお漏らしして、ビショビショになっている赤のブルマーが、店員さんの目の前で丸見えに。

スカートを捲った瞬間、凄いオシッコの臭いが漂いました。

「そうよ、どうしても我慢できなくて。穿いたまま2回もオシッコお漏らししちゃったの。恥ずかしいわね。この年でオシッコをお漏らしするなんて。でも、店員さんに見て貰いたくてここに来たのよ。見てくださる?恥ずかしいところ。」

店員さん、顔を赤くして香織の顔と股間を交互に見ていました。

「それと、恥ずかしいついでなんだけど。私、今オシッコがしたいの。見てくださる?お漏らしするところ?」

「え?こ、ここで?ここは駄目です。お客様。こちらにどうぞ。」

案内されたのは、スタッフルームのトイレでした。

「ここなら暫くの間誰も来ません。ユックリ出来ますよ。お客様。さぁ、どうぞ。見ててあげますよ。お客様のオシッコをお漏らししている恥ずかしい姿。」

頷きながら足を大きく開き、スカートを捲り上げました。

オシッコは直ぐに出ました。

ブルマーから染み出したオシッコは、足の真下に滴り落ちて大きな音を立てていました。

沢山出ました。

「お客様、凄いですね。オシッコ、沢山出ていますよ。こんな所見て貰いたいなんて、お客様、相当変態ですね。お仕置きに、これを入れて差し上げますね。」

ズボンから出てきた物は、凄い大きさのオチンチンでした。

夫の2倍はあるかな?こんなのが香織のオマンコに入るの?

「おや?やっとオシッコが終わりましたね。では、濡れたブルマーを脱がして差し上げますね。それにしても、すごい臭いですね。これを穿いたままここまで来たんですか?やっぱり変態ですね、お客様。」

香織のブルマーをユックリと下ろしていく店員さん。

「んん~。綺麗なワレメですね。こんなに綺麗でいやらしいオマンコは初めてですよ。ん?お客様、オシッコとは違う液が垂れて来ていますよ。ちょっと、私の舌でお掃除をしてあげますね。お客様。」

香織を後ろ向きにさせて、前に屈ませて足を大きく開かせた格好にさせました。

「それにしても、凄いオシッコの臭いだ。それに、もうグショグショですよ。パイパンのオマンコ。」

オマンコ、責められました。お尻の穴も。それだけで何回も逝かされました。

そして、グッタリしている香織のオマンコに、あの、大きな物が入ってきました。

〝凄い!おっきい!奥に届いてる!〝

最初はユックリとピストンをされ、そして、最後は物凄い勢いでピストンされました。

「イヤアッ!ダメッ!そっそんなにされたらっ!あっ!あっ!あっ!いっ!いっ!逝くっ!逝くっ!いちゃう~!」

店員さんと同時に逝ったみたい。

香織の奥深くに出されていました。

それから2回も出されました。

気が付いたのは、7時位になっていました。

店員さんはいませんでした。

3時間も犯されてたの?

香織の傍にタオルがありました。

それで下半身を拭き、身支度しました。

オマンコからは精液が垂れてきました。

フレアーのミニスカートでノーパンのまま、そしてオシッコで濡れたブルマーを小さく畳んで部屋を出ました。

店員さん、香織を見て直ぐに近づいてきました。

「お客様、どうでしたか?もう、お帰りですか?」

「えぇ~、そうね。凄くよかったわ。あ、それから、これ、汚れ過ぎて凄い臭いだから処分しておいて下さる?」

小さく畳んだオシッコで濡れたブルマーを手渡しました。

「あ、これですね。分かりました。」

「あ、それから、これ、垂れてきちゃうの。処分してくださる?」

足を開いて下半身を指差しました。

ポタッ、ポタッ、ポタポタッ。

それを見て、「あ、申し訳ございませんでした。今すぐに処分させていただきます。」

ポケットからハンカチを出し、反対の手をスカートの中に入れ、指を二本オマンコに差し入れ、精子を掻き出しました。

それをハンカチで拭き取り、 「お客様、これでよろしいですか?それとも吸い出したほうが良かったですか?」

ニヤニヤしていました。

「アン、これでいいわ。もう、凄い疲れているの。もういいわ。もう、十分よ。」

香織、フラフラと歩き出しました。

すると、後ろから店員さんが追いかけてきました。

「お客様ぁ~!お待ちください!」

香織が立ち止まり振り向くと、店員さんが何かを手渡しました。

「これは、私からのプレゼントです。良かったらお穿きになってください。きっと、お似合いですよ。」

そう言うと、また、走って行ってしまいました。

手渡された物は、Tバックの小さなパンティーでした。

それと一緒にメモが。 「これを穿いてまたお越しください。いつでも見て差し上げますよ。お客様のお漏らしを。」

階段の踊り場でパンティーを穿き、その日は帰宅しました。

その日の夜、夫に求められたけど疲れてるから。って断りました。

だって、あんなに犯されたんだもの。ね。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
関連記事

人妻の浮気心 再会

寝取られ元ヤン巨乳妻
  
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2015/12/05 22:37 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー