エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

高校の時、セミナーで泊まった先で憧れのあの子が輪姦されたのに……

毎年2年時の夏休みに、隣県の山中にあるセミナー会場で7泊8日の集中夏期講習が行われる俺たちの高校。

普通の授業だけでなく、戦争体験談に20時間耐久山登り、そして生徒だけで作る夕食など時代遅れともいえるような行事だ。
共同生活に慣れ出した合宿3日目、土曜日の夜。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

仲間が女子の部屋に呼びにいくと、同じクラスの女4人がコッソリと俺たちの8人部屋に遊びにきた。

その中に、俺がオナニーで毎晩のように想像し、大量の精子を出していた麻衣がいた。

女子全員が風呂上がりで、普段学校で見慣れたジャージ姿でも濡れた髪のままタオルを首に巻いて、ジャージを着ている姿は妙に興奮する。

とくに、麻衣はファスナーを胸元までしか閉じていなかったため、中に着ている白のTシャツの下から大きくないが形の良さそうな膨らみにドキドキする。

麻衣の彼氏は、あの胸を味わっているのか・・・

それともまだ処女なのか・・・ 色々妄想する。

明日が休みということで、一人の仲間が家から持ち込んだブランディで水割りをつくり、飲みだしてクラス話から恋愛話で盛り上がり、気がつくと深夜2時になっていた。

アルコールのせいで、男数人と女子2人が部屋の隅で雑魚寝状態。

麻衣も顔を赤くして自分の部屋に帰りそうだったが、なぜか残りの男たち全員が必死になって帰るのを引き止める。

その後も結構飲んでいると、もうひとりの女もかなり酔ってしまい、散々騒いでとうとう部屋の隅で寝てしまった。

麻衣も酔っていたが、女子が同じ部屋にいるせいで警戒心もなく余った布団を窓側に敷くと、先に寝ていた友達の横で寝ることになった。

部屋の電気が消され、数分後には誰かの軽いイビキが聞こえ出し、俺も爆睡しそうなとき・・

ガサッガサッ!という音と「イヤッ!」という悲鳴で目が覚めた。

暗くてよくわからなかったが、麻衣の方でごそごそ黒い影が動いている。

俺も徐々に目が慣れ、庭にある外灯から入り込む明かりで、数人が麻衣の上に乗っていたり、頭の方で麻衣の手や口を塞いでいたのがボンヤリを見えた。

麻衣のジャージはすでにはだけていて、外灯の光で青白く光る麻衣の肌の上を影がもぞもぞ動いている

Tシャツとブラはすでに首付近まで持ち上げられ、逃げようとバタバタ暴れている足元からはジャージとパンツを同時に脱がされていた。

俺は、目の前の信じられない光景に心臓が飛び出そうになった。

男の影は、胸から麻衣の足元に下がると脚が大きく天井に向き、小声で「ヒッ!!」と聞こえたと思ったら、別の男が麻衣の顔を押えて無理矢理キス。

すると、「ウッ!」と小さな呻き声に変わる。

やがて、麻衣の下半身からもビチャビチャと卑猥な音が聞こえると同時に、男のフッ!フッ!荒い息がする。

よく見えなかったが、麻衣のマンコに舌を入れているのがわかった。

(これって!レイプじゃないのか?)と思ったが・・・

俺にはどうする事もできず、情けないことに静止することなく、ただ息を殺して見ていた。

・・・というより、正直言って最後まで見ていたいという気持ちだった。

麻衣の乳房が暴れるたびに揺れると、俺の視線がそこに集中する。

男の顔が、胸のあたりで上下に動く舌が見えた。

俺がオナニーで想像していた麻衣の乳房を現実に目の前でやっている奴に殺意が沸く。

「いいか・・・すぐ終わるから我慢しろよ・・・」

小声で麻衣の耳元で囁いていたのは、クラスでは一番の悪で権力者だったTだった。

麻衣は泣いているらしく、鼻をすする音に顔を左右に振っていたせいで髪が揺れている。

だが、Tの身体が麻衣の脚の間に割り込むと、影が白い脚が大きく開脚してしまう。

上のジャージにTシャツ、ブラはすでに別の男に脱がされていた麻衣は、完全な全裸状態でTを受け入れてしまった。

「グゥウウ!!!!」

襲われた麻衣が出した最高の大声だった。

処女だったかもしれないが・・・

別の男に手を押さえられ、キスされた状態でTのチンポを突っ込まれてしまった麻衣。

わずか1メートル先で、俺の妄想で何度も犯してきた麻衣が現実に犯されていることで、頭がクチャグチャになっていた。

Tの突き上げる動きに合わせるように、麻衣の身体が哀しく揺れていた。

(あ~ぁ・・・とうとうやられてしまった・・・。)

1メートルぐらい先で、麻衣が同級生に犯されている状況に、悔しさと嫉妬で怒りまくりのはずが、かなり興奮しているらしく、パンツの中はギンギンに勃起し自然と手で触っていた。

やがて、二人の結合部かクチャクチャというリズミカルな音が・・・。

あんなに拒否っていても麻衣は感じだした?

Tも麻衣の身体の変化に気づいたのか、腰の動きを止めたりテンポに変化をつけて麻衣の胸を吸ったり舐めたりして反応を愉しんでいた。

やがてTのピストン運動が速くなり、麻衣の脚を持って大きく突き刺すと、麻衣は気配を察知したのか首を左右に振って

「イヤッ!妊娠するぅ~!!」と脚を蹴って抵抗するが

Tはそのままウッ!と声を上げ、2、3回再度振って麻衣の上に倒れこみ動かなくなった。

やっとTから解放され、麻衣がTを押し退けると横を向いて、ハァハァ息を整えながら、鼻を鳴らして泣き出した。

が!

容赦なく別の男が、素早く逆流しているTの精液をタオルで拭くと、麻衣に襲い掛かる。

「ヒッ!もう・・・」

その悲鳴も男のキスでかき消される。

待ち切れなかったかのように麻衣を襲い、すでに抵抗を失った麻衣の両手を押えながら、狂ったように腰を振りだした。

レイプ気分を味わいたいのか、男からはハァッハァッと興奮しきっている声が漏れる。

今、麻衣を襲っているのは声からしてTの子分的存在のYだった。

Yに首筋にキスをされると、やッ!と、かすかな悲鳴を出して大きくのけ反る麻衣。

そして自分の手で口を塞ぎ、また頭を左右に振って耐えている。

首筋付近が弱いのかわからないが・・・

やがてYも果てると、麻衣の乳房を名残惜しそうに胸を揉んでいる。

そして3人目・・・

同じく子分のHだった。

麻衣は抵抗しないままHを受け入れる。

すぐ側で寝ているクラスの女に気づかれまいと、必死に手で口を押さえ声を出さないように耐えている姿に興奮する俺。

見事な連携に、こいつらは事前に計画していたんだろう。

全員が麻衣の中に放出すると、グッタリして動かない麻衣の横に座っていたが、YやHが脚や付け根やマンコを拭く素振りをしながら撫でていたが麻衣は無反応だった。

だが、Tは麻衣の首を絞めながら無言の圧力で自分のチンポを無理矢理咥えさせる。

麻衣は抵抗するが・・・結局咥えさせられていた。

なにか男たちがヒソヒソ話をすると、Tが麻衣を全裸のまま立たせ、嫌がる麻衣の首を絞めながら部屋の外に引きずり出す。

すると、Hが麻衣のジャージと下着をYが自分のバッグから携帯を取り出して、追いかけるように出て行った・・・

しばらくすると男たちは部屋に戻ったが、麻衣は自分の部屋に帰ったようで戻って来なかった。

そして、携帯を全員で覗きながら笑いこけている様子で、麻衣のハダカを明るい場所で撮影したことが容易に想像できた。

翌日・・・

麻衣にとって、一生忘れることがない最悪な日だったと思っていたが・・・。

何事もなかったように仲間と談笑し料理を作る麻衣を見て、昨日の出来事は俺の夢だったんじゃないかと思った。

でも、本当に最悪なのは助ける勇気を出せなかった俺なんだよ。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2015/11/29 19:29 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー