エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

親友のお姉さんに初恋して、思いを遂げようと頑張った結果、すべてが上手く行った

高校二年の事です。

同級生の龍之介は家が近く、小学校からの友達です。

龍之介のお父さんが僕の親父の会社の社長で、そこからの関係でした。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

龍之介には三歳上の大学生のお姉さんがいまして、龍之介とお姉さんは別々の部屋を持っていました。

とても綺麗で、仕草や人に対する態度は凄く可愛い人で、僕の憧れだし、初恋(片思い)の人でした。

また、家族ぐるみの付き合いでしたので、龍之介が居ない時でも、おばさんやお姉さんが良く遊んでくれました、

が、僕が高校一年の時に遊びに行った時、制服姿が多かったのですが、大学生になられて、私服を見た時に、大人の女として見てしまいましたよ。

チェックのミニスカートから出たベージュのストッキングに包まれた足に見とれてしまいました。

龍之介の部屋で遊んでいた時にお姉さんが座ったときに、スカートからチラとパンツが見えた時は興奮しましたね。

ある日、龍之介が居ない時に龍之介の部屋に行き、隠しているエロ本を見ていたら、バタバタバタンとお姉さんが帰って、部屋に入りました。

あんな乱暴に部屋に入り、どうも様子がおかしいと思い、部屋の前に行ったら中から泣き声が聞こえました。

僕がドアをノックして「僕です。なんかあったんですか?!大丈夫ですか・・?」と声を掛けたら

「いいの、ほっておいて・・」と言われたため、大人しく龍之介の部屋に戻りました。

暫らくしたら、お姉さんが目を腫らして来ました。

「お姉ちゃんの部屋においで」

僕は、素直に付いていきました。

「ごめんね。今日、嫌なことがあったの」

僕は黙ってました。

「実は、彼氏から別れ話をされたの・・」

お姉さんは、また涙目になってしまいました。

「お姉さんをふる男が居るなんて信じられないよ。。僕なら大切に、大切にするのに・・・」

僕は、お姉さんの手を握っていました。

「ありがとう、ありがとう、嬉しいよ」と少し笑ってくれましたが、その時に龍之介が帰ってきたので、龍之介の部屋に戻りました。

後日、お姉さんから僕に電話がありました。

「近くに遊園地が開園したみたい。行かない?龍之介と私のお友達も一緒だから、行こうよ!!?」 と誘ってくれました。

もちろん、断る理由などありません。即答でOKさせて頂きました。

次の日曜日に、約束しました。

日曜日、四人で遊園地に行きましたが、開園からまだ月日が経っていないので、どこもかしこも満員でした。

4人乗りのアトラクションで待っていたときに、龍之介が「兄弟でなんか乗りたくないよ」と言ってきました。

どうも龍之介は、お姉さんが連れてきた友達が気になっているみたいで、僕とお姉さん、龍之介とお友達のペアとなりました。

順番が回ってきて先に龍之介達が乗り、その後を追うように僕達が乗りました。

「ありがとうです。今日は人が多くて、あまり乗れないけどお姉さんと居るだけで、楽しいです。ありがとうですよ♪」

「ありがとうね、彼女居るんでしょ?もてそうだから」

「居ませんよ~!僕はお姉さんのファンクラブ会長ですから、よそに手を出せないですよ(笑)」

「そうなんだ、私も好きだよ。龍之介の友達じゃなく、男としてよ」

前のゴンドラを良くみたら、龍之介が肩に手を回していましたので、僕も手を回してみました。

断られてもしかたがないな~と思っていたら、逆に僕の肩にもたれてきました。

「女の人と付き合った事はあるの?」

「うん、以前に付き合った事はあるんだ」

「いつ?」

「中2の時、龍之介も知ってると思うよ。ただ、その子が高校が○○高校で寮生活になり、自然消滅ですよ。でも、その頃から既にお姉さんの事は好きだったです。」

「ふうん、そうなんだ、結構遊んでいるんだ」

「遊んでいないよ!だってその子一人だけだよ。龍之介の方が遊んでいるよ」

少し沈黙の時間が流れました。

「キスしようか?」と、お姉さんが僕が手で顔を寄せて、唇を合わせました。永い時間に感じました。

「キス上手よ、うっとりしちゃった。体の力が抜けちゃった」

お世辞を言われて顔が真っ赤になりました。

そうこうしていると、終着点に来ましたので、降りました。

そんなことがあってからは、龍之介の家にはほぼ毎日くらい行ってました。

付き合ってください、とは言っていないけれど、お互いにそういう関係値になっていました。

龍之介が居ない時は、お姉さんが勉強をみてくれることになり、会う回数も増えました。

「大学行くんでしょ、どこが志望なの?」

「◎◎大学の、電気か機械だよ」

「それじゃ私と同じ、私は建築だけど・・・」

「だから、だよ、むずかいけど頑張るよ」

「嬉し~分かったわ、合格できるように私も頑張って教えるからね」

お姉さんの机につき、お姉さんは横で、教えてくれました。

僕がチロチロと胸元を見ているのに気が付いたら

「気になるぅ?だって、今日は夜まで誰も居ないのよ、知っているでしょう?」

「えっ」

そうだった。龍之介が言ってた。

今日は昼から実家に行くんだ。

姉ちゃんは、お前の勉強を教えているから、お留守番と・・・

僕はイキナリ顔を近づけました。

そしたら、お姉さんは目を閉じました。

そっと、唇を合わせました。

「久しぶりねキスするの、、遊園地以来してないよ」

「今日は勉強に手が付かないよ、したいよ、お姉さんとしたい、我慢できないよ」

抱きつきました。

「いいよ、いいのよ。今日は、そのつもりだったよ。いいから、自由にして良いよ」

僕は横にあるお姉さんのベッドに連れて行きました。

「電気消して、恥かしいから」

「いやだ。。全て見たいんだ」

僕は服を脱がしました。

思っていた通り凄く綺麗で、可愛いかったです。

「可愛い下着だよ」

「来る前にお風呂に入った時に選んで履き替えたの」

パンツもブラジャーも薄いオレンジで、お姉さんには似合っていました。

僕も服を脱いで裸になりました。

お姉さんのおっぱいを舐めたり、揉んだり、吸ったりしていたら、乳首が大きくなり、

「あっ、ちょっと出ちゃったみたい」

「なにが出たの?」

「バカ!恥かしいよ」

パンツを脱がしてオマンコを触ってみました。

そこには、確かに白い愛液が滲んでいて、まだ奥から出ています。

指ですくい、匂いました、しょっと酸っぱい匂いがしました。

「いや、匂っちゃ、いやよ、恥かしいでしょう」

「臭くはないよ、僕の好きな可愛い香りだよ」

オマンコを舐めました。

「私も舐めたいよ」

お姉さんは僕のチンポをしゃぶりりました。ジョロベチャと音を立てながら。

「ほしいの!きみのがほしいの!」

お姉さんが机の中から真新しいゴムを出して

「着けてあげるね」

ゴムを着けてもらってから、お姉さんのオマンコにゆっくりと僕は挿入しました。

だけど、女の人の中は久しぶりなので、僕が先に出してイッテしまいました。

「ちょっと早かったけど、良かったよ」と言いながら、舐めてキレイにしてくれましたが、また直ぐに大きくなってました。

「またしたいな・・」と、お姉さんが四つんばいになってお尻を持ち上げてくれました。そこに挿入をしました。

お姉さんがいってしまったあといきました。

お姉さんがお風呂に行くのに足がふら付いていたので、肩を抱きながら二人でお風呂に入りました。

受験で学校に行ったら、お姉さんが来てくれてました。

その日は休みだったのですが、試験が終わり昼食を食べてから、お姉さんが学校の中を案内してもらいました。

誰も居ない休日の教室で椅子に座ってしました。

「合格できるよ、きっと合格だからね」と言いながら合格発表も二人で行きました。

「きっと合格、合格だよ」

掲示板を見ました。僕の番号が有りました。

「良かった、良かったー!これから、お祝いね。夜までは私と二人で、それからは、みんなと一緒にお祝いよ。さっき家には電話したからね♪」

それからタクシーでホテルに行きました。すべてお姉さんが仕切っていました。

ホテルに着いて部屋に入ったら、いきなり服を脱ぎました。

「おめでとう、当然と思っていたよ」と抱きついてきましたよ。

僕が「ダメだったらどうしたの?」と聞くと

「絶対、合格すると確信していたよ、だって頑張ったもんねー。」

僕は「有難う御座います、ありがとうです」と裸になって抱きついて、何度も何度もキスしました。

そして、お姉さんが呆れるまで何度もエッチしました。回数は覚えていません。

最後は、脈打つだけで何も出なくて先っぽが痛くなってギブアップでした。

それから、お姉さんと二人で僕の家に行き、両親からお礼と祝福されて、少しお酒を飲みました。

龍之介は大学に合格したのですが、かなり離れた地で下宿することになりました。

学校では、お姉さんと僕はずっと一緒でした。

学校のサークルで飲み会があった時に、僕が「僕が卒業したら結婚してくれ」と告白したら

「はい、先に卒業して待ってるね」と泣きながら抱きつきながら、みんなの前でキスしました。

みんなが、おめでとうと祝福してくれましたよ。

お姉さんは卒業後、お父さんの会社に就職しました。

僕は卒業して、地元のメーカーに勤務してましたが、もう一度大学に行く事になりました。

お姉さん(由美子)と結婚することになったのですが、龍之介が「お父さんの仕事を引き付かない、デザイナーの道を進む」と言い出した為に、僕が建築の道へと進むことになりました。

在学中に子供が生まれました。女の子です。

卒業して、親父さんの会社に就職して引き継ぎました。

いまや由美子は僕と会社にとっては重要なパートナーになりました。

終わりです。

箇条書きみたいで申し訳有りませんでしたm(_ _)m

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2015/11/27 22:57 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー