エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※寿退社した妻を、職場復帰させてはいけない理由完

前回の話

私は、妻が部長と動物のようなセックスをするのを、寝たフリをしながら聞き続けた。薄目を開けて目にした二人のセックスは、本能的に負けを認めてしまうような激しいものだった。

二人は私が睡眠薬で眠っていると信じ込み、私のすぐ横で中出しセックスをした。そして今、二人は仲良く風呂に行っている。
私は、オナニーして射精してしまった罪悪感で、嫌な気持ちになっていた。でも、早く二人が戻ってこないかと期待してしまっていた……。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

でも、なかなか二人は戻ってこない。私は焦れてしまい、まずいと思いながらもベッドからそっと抜け出した。そして、ドアのところまで忍び足で移動し、ドアを薄く開けた。すると、浴室の方から声が聞こえてくる。それは妻の嬌声だった。

『ダメぇ、もうイッてるのぉ! おかしくなっちゃう! とめてっ! もう無理だよぉっ!』
妻のあえぎ声がかすかに聞こえてくる。二人で風呂に行き何もないわけはないと思っていたが、案の定、妻はかなり追い詰められているような声を上げている。
「もっとイケっ! どうだ! 俺の方が気持ち良いだろ!」
部長は、ムキになったように言っている。
『ぜ、ぜんぜんだよぉ! 彼の方が気持ち良いんだからぁ!』
妻は、そんな風に部長を煽り続ける。
「イケっ! 牝豚! もっと狂え!!」
部長は、少しイラついた感じだ。私は、もっとしっかりと聞きたくて、ドアをさらに開けた。そして、そっと忍び足で廊下に出て、浴室の方に近づいていった。床がきしまないように、物音を立てないように、忍びの者のように浴室に近づく私。

我ながら、何をしているのだろうと思う。妻の浮気を止めるのではなく、邪魔をしないようにそっと近づこうとする……。私は、夫として失格だと思う。でも、わき上がる衝動を抑えることは出来そうにない。

『うぅああぁっ! ダメェッ! おまんこ壊れる! もうおまんこ壊れてるよぉっ! うぅあぁっ! イクっ! イィグゥッ!!』
妻の絶叫に近いあえぎ声とともに、ビチャビチャという水音が浴室から響く。
「どうだ、潮まで吹いてイッてるじゃないか! 俺の方が良いんだろ!?」
部長のイラついた声が響く。
『へへw まだ全然だよw 彼とのエッチは、私、失神しちゃいますから♡』
妻は、妙に可愛らしい声で言う。でも、私とのセックスで、妻が失神した事実などない。それどころか、潮吹きもないし、こんなに激しくイッたこともない……。いや、もしかしたら、私とのセックスではイッたことすらないのかも知れない……。

「よし……。ベッドに戻るぞ。失神させてやるからな!」
ムキになった部長が言う。私は、慌てて寝室に戻っていった。そして、さっきまでと同じように寝たフリを始めると、二人が戻ってくるのを待った。するとすぐに足音がして、ドアが開く気配がした。

『本当にするんですか?』
うわずった声で言う妻。
「いいから、やれ!」
冷たく言う部長。
『わかりました』
妻は少し不安そうな感じだが、声が興奮で震えているようにも思えた。

すると妻は、私の布団をめくり上げる。私は、心臓が飛び出るほどビックリしたが、かろうじて寝たフリを継続した。
『本当に、起きないですか?』
「これだけやって平気なら、大丈夫だ。いいから続けろ」
部長に言い切られて、妻は少し不安そうに返事をすると、こんどは私の腰のタオルを外し始めた。さっきまでは、勃起した状態だった。それを見られたら、起きているのがバレたかもしれない。でも今は、さっき慌てて廊下から戻ったときのドキドキもあって、すっかりと縮み上がっていた。

「こんなに小さいのか。本当にこれで失神するのか?」
部長のあざけるような声がする。
『まだ大きくなってないからですよ。今大きくしちゃいますね♡』
妻はそう言うと、私のペニスをつまみ、そのまま口に含んだようだ。そしてすぐにバキュームされ、同時に舌が絡みついてくる。私は、こんな状況なのに気持ち良くて声が漏れそうだった。

『ほんとだ! 寝てるのに大っきくなるんだ!』
妻は驚いたような口調で言う。本当に、寝ているときに勃起するのかどうかはわからないが、朝立ちがあるくらいなので、やっぱり勃起するのかもしれない。

「ははw 大きくなってもその程度かw やっぱり俺の方がいいんじゃないのか?」
部長が、失笑という感じで言う。私は、プライドを傷つけられた気持ちだった。でも、こんな風に妻を寝取られて、何も出来ない私にプライドなんて言う資格はないのかもしれない。

『そんなことないもん! 大きさじゃ勝てなくても、愛があるもん!』
妻は、可愛らしい言い方で言う。まるで少女のようだ。男ばかりの不動産会社でバリバリと働いていて、どちらかというと勝ち気というか、気が強い感じの妻だが、部長の前ではまるで可愛らしい女の子のようだ。

これだけ年の差があると、そういう部分を見せるのに抵抗がないのかもしれない。8歳年上の私には、見せることがない貌だ……。そんなことが、妙に気になってしまう。

「浮気しといて愛とか言うか?w」
『うん♡ だって、小さくてもこのおちんちん、大好きだもん♡』
妻はそう言うと、再び私のペニスをくわえてきた。私に直接コンタクトを取るなんて、大胆にもほどがあると思う。

「もう止めとけ、さすがに起きるぞ」
あきれたように言う部長。
『平気です。結構、濃いめにしましたから』
「本当にお前はw 気をつけろよ。やりすぎると死ぬぞ」
『えっ!? そうなんですか?』
驚く妻。
「ウソだよw よほど大量に飲まさない限り、死ぬことはないw」
『もう! ビックリさせないで下さいよぉ!』
妻はそんな会話を続けながらも、私のものをフェラし続ける。

「それで目一杯なのか? そのサイズで、本当にイケるのか?」
部長が妻に質問する。
『イ、イケますよ! だって、失神しちゃうんだもん』
妻が、ウソを重ねる。
「だったら、見せてみろ」
『えっ? 見せる? む、無理だよ! 無理です! 起きちゃうもん!』
しどろもどろになる妻。
「それだけやって起きないんだから、何やっても起きないだろ。それとも、ウソなのか?」
『そんなことないです! じゃあ、見てて下さい……』
妻は結局そう言うと、私の上にまたがってきた。私は、今は寝たフリをしているので起きることはないが、もしも本当に寝ていたとしたら、ここまでされたら起きてしまったかもしれない。そうなったら、どんな修羅場になっただろう……。

妻の膣肉に包み込まれて、私は本当に気持ち良くて声が漏れるのを抑えるのに必死だった。
『ん、ふぅ♡ やっぱりこのおちんちんが一番だよ♡』
妻はそんなことを言ってくれる。妻は、私の上に乗って腰を降ろしながらも、体重をかけないように気を使っている。私を起こさないように、妻なりに必死なのかもしれない。

「本当に一番なのか? 俺の方がいいんじゃないのか?」
部長が、ちょっと女々しく聞く。部長は、妻のことをレイプして牝奴隷化したサディストだと思っていたが、部長が妻に夢中という感じもする。

『そんなことないです。愛がいっぱいで、もうイッちゃいそうです♡』
妻は、そんなことを言う。でも、口調は余裕たっぷりで、さっき部長としたときのように、切羽詰まって悲鳴を上げるような感じではない。なので、とてもイクとは思えない。

「じゃ、じゃあ、見せてみろ。お前がその粗チンでイクところ、見せてみろ」
少し声を荒らげる部長。この状況で言うことではないが、妙に可愛らしいところがあるんだなと思ってしまった。

『いいですよ。私が失神したら、後はよろしくですw』
妻はそう言うと、私の上で動き始めた。妻は完全に腰を降ろすわけではなく、少しお尻を浮かせ気味にする。私を起こさないように気をつけながら、上下に腰を振り続ける。
『アン♡ あっ♡ 気持ち良いよぉ、このおちんちんが一番気持ち良い♡』
妻は、少し大げさな感じであえぎ続ける。さっきの部長とのセックスとは全く違うリアクションだ。

「ウソつけw 物足りなさそうだぞ。ほら、これが欲しいんじゃないのか?」
部長が、芝居がかった言い方をする。
『うわぁ、そうやって見せられると、本当に大きいですね』
とろけた声で言う妻。それと同時に、妻の膣がキュンキュンという感じでうねり始めた。どう考えても、部長のペニスを見てそうなったとしか思えない。
昔のドラマなんかで"身体は正直だな"というセリフがあったが、まさに今の妻がその状態だ。

「ほら、くわえてみろ」
部長が少し嬉しそうに言う。私は、寝たフリをしながら状況をうかがうしか出来ないが、まさか3Pに巻き込まれるとは思ってもいなかった。

『仕方ないですねw してあげます♡』
妻はそう言うと、部長のものをくわえたようだ。くちょくちゅという水音と、部長の荒い呼吸音が響く。
私は、思い切って薄目を開けた。本当に、かすかにしか開けなかったが、それでもいきなり目に飛び込んできたのは、妻のフェラチオ姿だった。

真下から見上げると、太くて逞しい男根を、大きな口を開けてくわえ込む妻の姿が見える。ペニスが邪魔で表情は見えないが、逆にそのペニスのおかげで、妻から私は見えないはずだ。

妻は私と繋がりながら、リズミカルにフェラチオを続ける。大きなものが妻の喉奥まで入っていき、そしてズルズルと吐き出されていく。その長さも驚くほどだ。
そして妻は、頬をすぼめるようにして強烈なバキュームもしているし、時折舌がチロチロと見え隠れする。ただくわえているだけではなく、舌でも絶え間なく刺激を与え続けているのだと思う。

妻のフェラチオは、最近特に上達したなと思っていた。でも、私にしてくれるときよりも、今部長にしているときの方がはるかにスムーズで上手だ。私にするときは、怪しまれないように下手なフリをしていたんだなと気がついた。

「どうだ。やっぱりコレが良いんだろ? これを入れて欲しいんだろ?」
部長は、うめくように言う。嫉妬と興奮で高まっているのだと思う。しかし、おかしな話だと思う。寝取っているのは部長のはずなのに、私に嫉妬する。部長は、妻に対して本気になってしまっているのではないか? そんな不安がよぎる。

『ふふw これくわえると、子宮がうずきます♡ 本当に素敵です♡』
妻が、とろけた声で言う。自分の妻が、他の男のモノをくわえてうっとりとした声を上げる……。それだけではなく、妻の子宮は妻の言葉の通り、さっきからずっとキュンキュンとうごめいている。

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2015/11/05 21:14 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー