エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

高卒すぐに結婚した私が、旦那に買ってもらった振り袖を着て成人式に参加したら元カレと出会った

高校卒業と同時に、5才年上の旦那とできちゃった結婚した私。

でも、成人式の日には綺麗な振袖が着たかったので、旦那に無理を言って買ってもらいました。

はりきって会場に行くと、懐かしい友達がいっぱいいました。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

メールはしてたけど、友達の中では一番早く結婚してしまって、子育てとかで忙しくてなんとなく疎遠になってたから超はしゃいじゃった。

それで、式を終えると居酒屋に流れてプチ同窓会みたいになって、みんな飲みまくり。

適当に酔ってきた頃に、旦那の前に付き合ってた元彼が隣りに座ってきた。

私が二股かけて振った男だったので、何となく気まずかったんだけど、酔いが回ってきたから昔みたいになってきちゃって、ふざけてキスとかしちゃった。


お開きになって、送ってくれるというので彼の車に乗ったんだけど、彼が向かったのはラブホテルだったの。

確かに、元彼とも毎日のようにSEXしてたけど、今となっては旦那もいるし子供もいる人妻。

何だかドキドキしてきちゃって、驚いたり焦ったりしているうちに車の中でまたキスしてきて。

今度は、さっきと違って舌を絡めてきたいやらしいキス。

旦那と違う私を感じさせるキスで、舌先で口の中をなめまわすようにしてきて、全身がゾクゾクしてきちゃって力が抜けてきちゃったんです。


あとはもう元彼のされるがままに部屋に連れ込まれて、ベッドに押し倒されて、またいやらしいキス。

体が熱くなって、アソコが濡れてくるのがわかるくらいいやらしい気分になってきちゃって。

手が振袖の中に入ってきて、私のいやらしくなってきちゃった部分を触ってくるの。

下着の上から爪でカリカリされると、もうダメ。はしたない声が出ちゃう。

元彼はサッと下着を脱がすと、振袖を開くようにして中に入ってきて、シャワーも浴びてないアソコをなめまわしてきたの。

昔は若かったからそんなこと気にしなかったけど、子供を生んでからは何となく恥ずかしくて。

でも、クリトリスを唇に挟んで吸ったり、尖らせた舌先で突付かれるようになめられたりしているうちに頭の中が真っ白になってきちゃった。

それで、いつの間にか全裸になった元彼のたくましいチンポが口先に押し付けられて、ああ、いけないってわかってるのに口に含んでなめてしまいました。

元彼の懐かしい匂いと旦那の倍以上ある極太チンポが、どんどん喉の奥まで入ってきて膨れてくるの。

元彼は、振袖を脱がして入れてこようとしましたが、脱ぐと着れなくなってしまうので、「着たままで…」ってお願いしたの。

それがまた元彼を興奮させたようで、私に壁に手をつかせるとバックからズブズブズブって一気に入ってきた。


ああ、懐かしいチンポ。一瞬、めまいをおこしそうになりましたが、激しく腰を打ち付けてくるので私は快感の波に飲まれていきました。

今度は、ベッドに倒されて正常位で突いてきました。

腰を振るたびに、元彼のカリが私の一番感じるところを刺激してきます。

もうダメ、イッちゃう。と思ったときに、元彼の動きが早くなってそのまま私の中に発射しました。

下手に発射されて振袖を汚されたら旦那に言い訳ができなくなるところだったけど、妊娠しちゃったらどうしようって不安になりましたが・・・

自然と元彼のチンポをギュっと締め付けて、最後の一滴まで搾りとってしまいました。

本当はこのまま朝まで一緒にいてSEXしまくりたかったけど、振袖を脱いだら最後なので、泣く泣く帰ってきました。

でも、すっごく気持ちよかった。久しぶりに絶頂しちゃった。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた8
・バイト先の19歳の幼妻を、俺の好みに調教してみた3
・妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった完
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
 大矢美由紀 35歳 最終章
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2015/10/04 22:38 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー