初体験は職場のアラサー人妻だった

19歳の時のことです。
相手は、私は正社員で相手の彼女は臨時職員29歳の人妻のお姉さんでした。

私は高校卒業して働き始めたばかりで、彼女もいません。

女性経験もなく、童貞でした。
自分の19歳の誕生日の日、机を並べて座っている彼女から、「ちょっと」と言われ、会社の屋上に呼び出されました。
 

「なんだろう?」と思いながら、一緒についていくと、そこで「おめでとう」といって紙袋に入ったプレゼント(財布)が渡されました。

その時は、「エー!」と言う感じで「ありがとう」といってプレゼントを受取っただけです。

彼女は結婚しているということもあって、全く意識はしてませんでした。
机に帰ると彼女は、「キスでもしてくれると思ったのに」と、いたずらっぽい目で言われました。
それでも「えー」と言う複雑な感じ。

それでも、「相手は結婚しているし、まぁいいか。」という感じで、しばらくして彼女に「屋上へ・・・」と合図を送りました。

屋上へ上がる階段の踊り場のドアのところで、彼女を抱き締めキスをしました。
激しいデープキスです。
これも経験がなく彼女の真似をしながら、舌を動かしました。

チンポは既に鉄のように硬くなっており、彼女の下腹部にぐいぐい押し付けていました。
相手が人妻という安心感からか、最初からこんなことしていいのかという感じです。

思い切って、彼女のパンティの中に指をつっこんだとき、おまんこがびしょびしょでした。
本やビデオを見て、濡れるという知識はありましたが、本当に触って見るとすごいぐらい濡れていました。

このシーンは映画をみているような気分半分、あとで責任をどうしてくるの・・・という不安もよぎりましたが、ともかく、イケイケの気分。
ただ、悲しいか、おまんこを触るのも初体験なので、触るだけでいっぱい。

その時、彼女が私のズボンのチャックを開けチンポを出し、舐めはじめました。
はじめて舐められたとき、この「感触はなんだ!ウ・・・」と言う気分。
もちろんあっけなく、ドッピュンと大量に精液が彼女の口に出されました。

私もはじめてで、すごくよかったので、「あっ」と声を出してしまいました。
その日はそれで何事もなかったように、別々に屋上から降りて職場に戻りました。

それ以来、しばらくは他人のような振りをして、仕事をしていました。
一週間ぐらい立って、彼女から小さなメモがきました。

「このあいだはゴメンネ。帰り、コーヒーでも飲まない」と。

会社へは車で来ていたので、「どっかでコーヒーでも飲んで帰ろうか?」と返事。

年が10歳も離れているし、19歳の私にとってみれば29歳というのは、遠いお姉さんのような存在です。

どっか喫茶でも探しながらドライブです。
喫茶店に入っても、お互い学生時代の話で持ち上がり、あの日の屋上での出来事にはお互いふれず、あれはあれはなんだったんだという・・・ややがっかりした気分になっていましたが、帰るころには、そんなことも忘れ、年上のお姉さんという感じで、普段通りになっていました。

彼女を送ろうとした時、強い大雨が降ってきました。
私はマンションで一人暮らしをしていましたので、「洗濯物が濡れる」と急いで自分のマンションへ帰りました。

彼女もついてきて、一緒に洗濯物を部屋に入れるのを手伝ってくれましたが、台風のような雨だったため、ベランダに出ていた私は濡れてビショビショ。
ちょっと着替えてくると言い残し、私はシャワーを浴び、着替えてました。

彼女は洗濯物を整理したあと、台所の食器を洗ってくれていました。
洗っている姿を見ても、職場の女性がきて、ちょっと手伝っていぐらいに受けとめていました。

きれいに台所も片付いたので、「ありがとう。お礼に今度、お昼ご飯ご馳走するよ」といって、「さあ、帰ろう」と声を掛けると彼女の目から涙が。
なぜか、その瞬間、無意識に彼女を倒して、はげしいキス。

おっぱいも服の上から触ると本当になんとも言えない感触。

「じゅんくんなら経験あるでしょう?」
首を横にふると「フフフ」と笑って、もてあそばれながら?服を脱がされ、最後はパンツ一丁。

チンポはビンビンでものすごく丁寧に舐めてくれました。
色っぽい目で見られると、たまらないという気分でまた「あっ」とまたたく間に声を上げて発射。

「すごいね」といってくれた言葉が忘れません。

彼女は熱いタオルをもって体を拭き「ながいってすごいね」と。
その言葉にまたムラムラ。
私も彼女のおまんこに触ると、またビショビショでした。

彼女は私の上にまたがり、私の竿を差し込むと上下運動。
彼女が手で胸を揉んでと導かれ、胸をもみもみ・・・そして、今度はバックスタイル。

これはよく、ビデオなんかでみたことがありましたので、突きまくると彼女の口から「ア~ン、ア~ン」という声が。

ビデオで女性が発するこの声もやらせだろうと思っていたところ、本当に声が出ているとわかって、なんともいえない気分でした。

これが私の19歳の時の遅まきながら10年前の初体験です。
私も今は結婚していますが、あのころのことを思い出しては、今晩もシコシコ励んでいます。

その後、度々会社の屋上でも彼女との関係は続きましたが、今思えば、誰にも見つからず、やっていたなあと感心しています。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました完
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました

強気な姉さん女房が寝取

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画