電車の中で痴女られてホテルまで行った思い出

3、4年前の大学生の時の話なんですが、オイラは学校帰りに電車で寝てました。
前日深夜コンビニのバイトからそのまま大学だったので、疲れて爆睡してたと思います。
しばらく寝てたと思うんですが、なんか股間のあたりがムズムズして薄目を開けると、何か股間がもぞもぞ動いてます。

ビックリして眠気も吹っ飛び、よく見るとオイラのポケットに誰かの手が突っ込まれてて、チムポをニギニギしてるじゃありませんか!で、オイラのポケットから続く腕の先を見るとキレイな感じの27,8くらいの女の人と目が合いました。

こっ、これはまさか・・・痴漢か?(女の人だから痴女になるのか?)(実は、オイラがまだ高坊だった頃、一度痴女に遭遇したことがあって、その時はシャア大佐に「坊やだからさっ」って言われるくらいウブだったんで、ただただ固まってしまいまして、次の駅で逃げて終了だったんですが)2度目ともなれば、さすがに少しは余裕があり、オイラの脳内は現状を把握しようとフル稼働を始めました。

その女は胸をでかくした三浦理恵子って感じで、後々分かるんですが、スペックは162cm、Dカップ、スレンダー、・・・(個人的には)スバラシイ(T.T)おいしい状況ではあったんですが、オイラは、”確かに痴漢されてはいるが、もしオイラがお返しに胸もんだりして、それに理恵子がビックリして逆に痴漢扱いされたら、間違いなくオイラがワルモノにならないだろうか?”という、結構冷静な結果がでました。

(生粋のビビリなオイラ)ただ、個人的に好みなオナゴだったので何とか食えないものかっていう思考が勝利した模様で、「電車降りて続きする?」って聞いてみました。
すると、「うん、そうらね」とロレツがちょびっと回らない感じです。

自分のことでいっぱいいっぱいだったんで、その時やっと気づいたんですが、理恵子は結構酔ってたみたいです。
幸いもうすぐオイラの最寄の駅だったんで、そこで降りて駅近くの駐車場に停めてあるオイラの車まで連れてきて、周りの目を気にしつつ理恵子を俺号の助手席に乗せました。
乗せてはみたものの、俺号は2シータだったんでさすがに車の中では無理だと思い、「ホテル行く?」って聞くと、「うん」て恥ずかしそうに一言。

さっきまでの大胆さとのギャップに脳内パソコンもフリーズ・・・。
ホテルに向かう間も理恵子はオイラのチムポを愛しそうにさすっております。
オイラも信号待ちの時に理恵子の胸やマムコをさすってました。

酔っているせいか服越しでもかなり熱く、マムコも湿っているようでした。
もちろんオイラのチムポがカウパー祭りだったのは言うまでもありません。
ホテルに着き速攻でチェックインして、部屋に入ったとたんに激しくディープキスしました。

理恵子は少し酒臭かったんですが、そんなことまったく気にせず理恵子の唇と舌をむさぼりました。
理恵子キスうめー!負けじとオイラも舌をからめたり、舌を尖らせて理恵子の唇や舌をレロレロしました。
しばらくキスした後唇を話すと、理恵子の目がトロンとしてて、ほっぺも桜色(酒のせいか?)で超色っペー(*>_<*)で、ベッドに移動するときも理恵子に手を引かれて、オイラは夢心地。

そしてベッドに上がる時、理恵子がつまづいてコケそうになりベッドの上で四つん這いになりました。
ちなみに、夏だったので理恵子の服装はキャミソールにマーメイドのスカート(お姉さん系のぴったりした膝下丈のスカートで、裾が尾びれみたく少し拡がった感じ)という体のラインがモロに出る格好だったので、四つん這いの理恵子のヒップラインがちょうど目の前に!!や、やばい!(オイラは尻フェチ。
) 出るトコ出てる理恵子の尻はある程度の張りと大きさがあってモロオイラのつぼです。
服装もつぼ。

我慢できずに後ろから抱きつきました。
チムポは理恵子の尻の間にミラクルフィットしました。
「あっ・・当たってるよ」「うん、あったかいね」オイラ(←後で聞いたんだが、理恵子のつぼだったらしい。
)「うん」理恵子を仰向けにして、服を脱がせ始める。
理恵子もオイラの服を脱がせていく。
理性はとっくにぶっ飛んでるんで、荒っぽく脱がせていくと、理恵子はなにやら照れているようです。
「激しくされると感じる・・・。」電車では積極的だったくせに、実はMですか、そうですか。

いちいちつぼなな理恵子(オイラは弱S)お互い裸になりオイラは理恵子のDカップに顔をうずめ、小さめの乳首を尖らせた舌で転がしてみる。
「んっ、おっ、、ぱい、キモチィ」そのまま下に降りていって、腰骨の内側(押すとくすぐったいトコ)、内腿、そしてマムコに到達。
クリの皮を剥き、舌で転がしつつ、指は理恵子のマムコを掻き混ぜる。
クチュクチュクチュッといやらしい音が部屋の中に充満する。
「理恵子、すっごいエッチな音してるよ。」「だ、だって、、、あっ、あっ、、、、もうやばいって、、、」オイラの指をマムコで締め付けたかと思うと、理恵子はびくっとなりイってしまったようです。

しばらく、ハァハァしてた理恵子ですが、息が整ってくると、「今度はアタシがしてあげるねっ」といって、オイラのチムポをしゃぶりはじめました。
うっ、うめー!!凄まじいフェラテクに生まれて初めて、フェラでイかされそうになりました。
理恵子がオイラのチムポをチュボチュボしゃぶっております。
凄いよねぃさん。

睡眠不足だったこともあり、口で抜かれたら本番できるか不安だったんで、そろそろ突っ込もうかと思いゴムに手を伸ばしました。
・・・んっ!?チムポが暖かくてヌルっとした感覚に包まれました。
理恵子が乗っかって、チムポが途中まで理恵子の中に埋まっております。
「えっ、あのゴムとかは?」「今日はへーきな日だから、生がいいの」目が潤んでました。
可愛すぎる。
「理恵子がいいんなら、俺はぜんぜん。」そこからは、久しぶりの生の感触をむさぼろうと、騎乗位(実はあまりすきでない。
)→正常位→横→バックと理恵子のマムコを突きまくりました。
理恵子は濡れやすいらしく、チムポは理恵子の愛液でてかってます。

抜き差しするたび、理恵子のマムコからはグチュグチュいやらしい音が漏れてきます。
バック(大好きです。
)は素敵でした。
理恵子の背中のラインから腰、でフェチの尻。
その尻の間を行き来する濡れそぼったMy Sun。

頭がクラクラするほど絶景です。
パンパンパンパンパンパンパンパン「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」突くたび理恵子から漏れる声に、オイラも絶頂が近くなってきました。
「出すよ!」「えっ、、うん」パンッッ!最後に思い切り腰を打ち付けて、チムポを引っこ抜き、理恵子の尻に大量発射しました。
(最後までビビリなオイラ・・・。
)理恵子はそのまま前のめりにベッドに倒れこんでぐったりしてます。
理恵子に腕枕してあげました。
理恵子がオイラの腕の上でオイラを上目遣いで見ております。

カワイイ・・・。
理恵子にキスして、頭をなでなでしてあげ、もう一度長いキスをしました。
しばらく腕枕して、その間にいろいろ話しました。
理恵子は一週間ほど前に彼氏と別れて、その日飲んだくれた帰りの電車で、爆睡してるオイラが何かカワイクて、別れてやけになってたのと、お酒の力も手伝っていたずらしたみたいでした。

その後、一緒にお風呂に入り、一旦寝て、明け方おかわりをしました。
オイラに彼女がいなければ、付き合いたいと言ってたと思ったんですが、ビビリなオイラにそんな勇気はなく、セフレにする程ワルモノになりきれず、理恵子とはそれ以来会っていません。
今思うと少しもったいなかったような気がします。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/10/01 12:10 ] 男性の体験談 痴漢した体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画