彼女が元風俗嬢だったとカミングアウトしてきた

彼女が風俗嬢だった過去を告白してきた話はここでいいの?彼女とは趣味のサークルで知り合った。

顔は誰に似とるとかはなくて普通。整ってる。胸が大きくてF以上

(ブラがFで本当はそれ以上あると言っていた)友達として何度か飲みに行ったりカラオケ行ったりしてた。

半年くらいして彼女から告白してきて付き合うことになった。彼女は小さな飲食で働いてて、チーフみたいな立場だったので店に最後まで残ることが多くて、俺もそれに付き合って閉店後はそのまま店内で飲みながら話してた(Hはしなかった)

俺はK、彼女はM、以降関西弁で

ある日いつものように店に残って飲んでると彼女が思いつめた顔で「K君とこれからもちゃんと付き合いたいから知っといて欲しいことあるねん」と言ってきたので俺は、借金?家族にめんどいのが?メンヘラ?宗教?とドキドキした

そんな俺を知ってか知らずか彼女はもったいつけることもなくハッキリ言った「わたしな、風俗しててん」なんか全身がエレベーターが止まった時みたいにフワっとなった

風俗に至るまではエッチ要素もないので要約・小さな店を始めたくて友人と金策したがその友人が金もって消える

・怖い人も絡んできて自分は逃走不可

・派手なタイプじゃないしキャバは無理。

・デリヘルで面接、即採用、即日デビュー

・一年キッカリで借金返済

・俺と会って現在に至る借金の額は○百万だったが俺の貯金で返せる額。なんだよそれ。

頭がぐらぐらして吐きそうな俺。その俺の前に彼女がノートPCを置いた。

「それでな、私が実際どんなことしてたかも知っといて欲しいねん」

マウスをグリグリしてなんか出そうとしてるM。

そん時にPCのコード引き抜いて『そんなの関係ねぇ』と抱きしめればよかったんだけど、そんな機転きかない。ボケーと見てた。

「これ見て」

彼女はピッタリと俺にくっつき、二人でPC画面が見れるように移動させた。

デリヘルのトップページだった。

「これデリバリーヘルスって言うてな…」

知ってる、知ってる。

知らない人の家言って、知らない人とベロチューしておちんちん舐めちゃうお仕事だよね。

うん知ってる。

言葉を挟むこともできず彼女デリヘルのなんたるか、そして店のシステムを説明するのをボンヤリと聞いてた「このオプションってあるやんか」

うわー聞きたくない。しかし彼女は真面目だ。無駄に。

「AFっていうのはアナルのことでな?これはしてへんで?」

他のはしてたんですか?

「この聖水っていうのは…あのー…おしっこ(声小さい)?を見せるとか…飲んでもらうとか…(声超小さい)」

「なんせAF以外は全部してたんやけど…オプション付けたら稼ぎ増えるし…」

ぶっかけ、ごっくん、デートコース、コスプレ、パンスト破り、ローター、ソフトM、アナルバイブ?これはAFと違う分類なのか?

うあーーーーーー文章だとずいぶん軽く告白してるようだけど、実際の所Mはいっぱいいっぱいで、なんというかオタク喋り的な上ずった口調だった。

「これ保存しといた私のプロフィール画面」

フォルダの中のフォルダ中のそのまた…とマトリョーシカ状態のフォルダーの奥に『HP』というフォルダ。

その中のhtmlファイルをクリックすると、よくある風俗嬢紹介ページが出てきた。

顔の下半分はモザイクだけど間違いなくMだった。なんかベビードール?ビスチェ?

よくわかんないけどピラピラしたいかにもな格好でFカップを両腕でこれでもかと寄せあげてるM。

セーラー服で前をめくりあげて胸を寄せてるM。

Tバックで尻を高く上げこちらに向けてるM。アナル周りの色素沈着まるわかり。

胸を赤縄でロケットみたいに縛り上げられ手枷されうつむいてるM。

なんでもありか。

ちなみにここまで俺とMは清い関係。あーあ。画像の横にはプロフィール。

初体験、趣味、好きな体位、得意プレイ…

ふーん初体験は18か…奥手だったんだなあ…

趣味は雑貨屋さん巡り…小さなお店が夢なんですね…

好きな体位…バック…

得意プレイ…ぶっかけ…………

お客様へ一言

「ミキはザーメン大好きなのでぶっかけてもらえるとうれしいなー♪

ミキのお顔にぶっかけにきてくださいねー♪」

思わず横目でMの顔を見る。

PC画面の照り返しで青白くなったせいかMの横顔はすごく悲壮感ただよってた。

「ブログもしててん…」カチカチ

「ゆっくり読んでくれていいから」

そういうと彼女はカウンターへ行き軽食と飲み物を作り始めた。

細かい文章はあやふやだけどいくつか強烈なのはある程度憶えてる。

うろ覚えで書くとこんな感じ。ちなみに絵文字つかいまくりだったから☆とか♪で代用する。

まず『挨拶☆ミ』みたいなタイトルからはじまって

「ミキはザーメン大好きだから、みなさんのをかけたりごっくんさせてくださいね♪」

日常の話題とか仕事慣れてきたーとかしばらく続いて

「今日はたくさんかけてくれてありがと☆あたたかくておいしかったよ☆」

「お尻の穴舐められるの初めてだったから恥ずかしかったけどキモチよかったよ☆」

「ミキはおちんちんで顔をぺちぺちされるのすごい好きだから今度来た時はぺちぺちしてね☆」

……次の記事

「今日は常連の方にお顔たくさんぺちぺちしてもらいました!

そのあとはもちろんぶっかけゴックン☆楽しかったー☆」カウンターを見ると彼女はもくもくと調理してる。

たぶんこちらが声かけるまで待ってるつもりなんだろう。

ブログは1年分続いている。真面目な彼女は筆まめだ。ほぼ毎日更新している。

出だしでこの調子だと最後はどうなってるんだ?

次のページへ…ああ…画像つきの日記が…

写メが貼り付けてある日記。

目が写らないようにした顔下半分にべったりとザーメンが付いてる。

そのザーメン舌でペロっとすくうようにしているM。

「ザーメンがすごく濃くておいしかったから撮ってみたよ☆」

そこからはザーメンプレイの画像つき報告日記が延々と続いた。文章は全体の文体をイメージしながら補完してるから多分本物とは違ってると思うけど、こういうことしてたっていうのが伝わればいいと思う画像・伸ばした舌の上にのった寒天みたいなザーメン

「見てー!プルップルッー☆いただきまーすむ☆」

画像・髪の毛に散ったザーメン

「こんなに飛んじゃった☆記念にこのまま帰りまーす(笑)」

画像・口開けてザーメン

「いただきまーす☆」

画像・(同じ日に2回更新した2枚目)何も入ってない開けた口

「ごちそーさま☆」

ザーメン、ザーメン、ザーメンづくしの日記が延々と続くもう途中から斜め読みしてた。

肌色に白いのが飛んでる画像を見たらもうとばしてた。

その手が止まる。なんか赤いものが写ってた。

スクロールを戻す。

「初縛り☆」

凄いいやらしい形に変形したFカップと手枷で拘束された手

おいおい手枷は付けるだけで拘束状態はダメってオプションとこに…

それよりも口につけてる穴あきボールは何?そんなオプションあったっけ?

「常連の方が面白いグッズを持ってきたので遊んじゃいました☆」

ン?この角度というか明らかに両手が手ぶらで写ってるMを撮影したのは誰?

客に撮らせてる?ていうか…画像をクリック。なんか拡大されてデカくなった。

ためしに前の日記の画像をクリック。小さいまま。

次の日記、日常の日記の画像をクリック。これも小さい。

これ、客の携帯かデジカメで撮られたのを送ってもらってるよね?

写真館つくったよ☆みたいなこと書いてあってリンクがあるが、これはオフラインのページなので繋がらないだろう。

彼女にさりげない風を装って尋ねる。

「写真館ってとこのデータあるん?」

「あ!同じフォルダにあるよ!ローマ字で”syasihn”ってとこ!」

ちなみに返事の『あ!』がめちゃデカイ声だった。緊張してたんだろうか。してるよな。

写真フォルダーを開く。html形式のデーターはなく画像がそのまま並んでいた。

サムネだけでも憂鬱になってくる内容。

とにかくザーメンが多い。肌色+白色が目に付く。

だから逆に他のプレイは見つけやすい。赤いのは特に。

ファイル名は日付だった。確かにそれは俺がMと会う前の日付だった。

一番古いヤツをクリックする。さっき見た画像だが…ノーモザイクだった…

思わずカウンターを振り返る。そこにいるMとおんなじ顔の女がボールを咥え、胸をはちきれんばかりに縛り上げられ手枷で拘束され、首輪までしてる。ヘアーも丸見え。あの服の下にこの体があるのか…

正直この時ノーモザイクで見たことでMとブログの女が繋がってちょっと興奮しはじめてた。

じっくり眺めてからクリックして次の画像へ。

同じアングルのバストアップ。乳首立ってるよな?これ?

(後にエッチした時にわかったけど彼女は最高に興奮すると乳輪にもシワが寄る。伝わるかわかんないけど。俺の乏しい女性経験からすると3人こういう子がいた。そしてこの画像のMは乳輪にバッチリシワが寄っていた…)

ボールから鎖骨ら辺に涎が垂れてるのがわかる。

表情も目を伏せがちにしていかにもM女風にしていた。画像はまだ続く。このSMの画像は客が撮った画像のはず。

ということはもしかしてブログに出せないような画像もあったりして…

クリック、拘束画像がポーズを変えて続く。

胸を抱え込むポーズ。四つんばいで垂れて長くなったバストの画像。

口元のアップ、涎がダラーっと垂れている。

次の画像で手がビクっとなって止まった。

フェラチオしてた。ノーモザイクで。根元までしっかり。

そこからフェラの連続画像が続く。

浅く咥えて、根元まで。それを微妙にアングルを変えて数枚。

次に引きの画像。どこかに置いてタイマーを使ったのか?

ひざまずいたMの頭を掴んで根元まで口にねじ込んでる画像。

その後は男視点の画像が続く。

顔にチンポを押し付けてる画像。彼女の表情がまた嬉しそうなこと。

喉奥までぶち込んでる画像。

涎でダラダラのチンポとだらしなく口を開いたMの顔。

最後はお約束のぶっかけ。お掃除。ゴックン。はにかんだMの笑顔。このまま最後まで画像を見るか?とも思ったが、おそらくこれから出てくるであろう最悪の画像をいきなり見るより、ブログで知ってからの方がショックが少ないと思いブログに戻る。

「牛乳きれたからちょっとコンビニ行ってくるわ~ゆっくり見といてな~」

長くなると思ったのだろう。彼女は店を出て行った。

『今のうちシコっとくか?』と最悪の考えがよぎるがさすがにこらえる。

といってももう爆発しそうなくらいギンギンだったが。

ブログはその後もザーメン、ザーメン時々他のオプション、日常、月イチで縛りみたいに進んだ。

この縛り野郎は常連の一人で、とにかくこういうプレイが好きな男だったらしい。

彼女もオプションが付くし人間的には良い人だったので要求には可能な限り応えていたらしい。

ただ…最後ら辺はもうとてもブログに載せられないプレイ内容だったので、後半からこの男は日記に登場していない。

(過激になったのではなく、これ以上オプション外のプレイをすると

それがソフトなものでも出禁になると思ったから配慮したらしい。配慮すんなよ)10月にはいりこんな日記が。

「アナルはじめました☆」

焦って本文を読むとAF解禁ではなくてアナルバイブOKにしたらしい(それでもたいがいだか)

画像はTバック尻のアップ。

「ミキはアナルしたことないけど興味があるのではじめました☆

最初はゆっくりやさしく開発してね☆だれが最初に開発してくれるかな?」

うあぁ…ちなみにこの件についての彼女談

「返済もラストスパート!って感じで気合が入ってたから勢いで…

これでアナル慣れてAFできるようになったらバックがだいぶ増えるから…」事実ここからラスト3ヶ月アナルプレイの記述が増える。

俺としては『さすがにアナル好きは少数だろ…頼むから最後までアナルは誰も触れないでくれ…』

その願いもむなしく…Mのアナルは翌週にはバイブで貫通されてた。

さすがにそのものの画像はなかったが日記では

「初アナルバイブ☆」

「やさしくしてくれたから痛くなかったよ☆これからどんどん開発してね☆」

「だいぶ慣れました☆ちょっと気持ちよかったかも?」

「アナル好きのお客さんが多くてミキのアナルはどんどんエッチになってます☆」

「今日もしかしたら…あにゃる(この書き方すごく憶えてる)でいっちゃったかも?はずかしー><」

俺はもうテンション変になっててこの頃にはちょっとズボン越しにチンポさすってた。

後にアナルについてMが語ったところによると

「ウンコでそうになるわ~」「中のほうはそんな感じへん」

「いっぺんイキナリやられてホンマに「ひぃーー」って言うくらい痛かった」

ワザと汚いこと言ったりして精一杯茶化してたけど、その軽い口調が精一杯の強がりだというのは後にわかった。

アナルバイブ以上の記述はなくそのまま平常運転でブログは続き、ラスト月に一度長期休暇とのことで前半まるまる休み。

(この間に今の店で面接して実際働いて見極めしてたらしい)

最終日はお礼の言葉で締め。ブログ読了。

次は”syashin”フォルダで答え合わせの時間。

さっきの縛りイラマ画像からザーメン、日常は飛ばして次の月の縛り画像をチェック、内容ほぼ同じ。

変化があるまで飛ばして…アナル画像発見。ノーモザイクアナルプレイ画像が延々と続く…店の規定では店が用意した先細りのアナルバイブのみ使用可のはずが

そんなのは最初だけでどんどん違う道具が登場する。

アナルパール?ビーズ?も当然のように使われていた。

一個一個入れてるアナルのアップ画像に、引きアングルでフェラさせながらアナルパールを引っ張ってる画像。

一個一個引き抜く連続画像の後、それをMの鼻に近づけ「もーやめてよー」みたいなMの顔。

週をおうごとにバイブは徐々に大型化していった。彼女の回想。「SM好きの常連さん(写真とってた野郎)がどんどん新しいの持ってきて…

この時はAFできるようにしたかったから自分からもお願いしてもうてん…」野郎の行為が正当化されとる…結局、そのフォルダではアナル画像は道具だけで終わっていた。

彼女が帰ってきたらどう話そうか…と思っているところにMが帰ってきた。

「ゴメーン遅なったわ~」妙に軽い口調が哀しい「別にええで」俺も冷静を装う。俺の横に座りぴったり腕をくっつけてきてMが言う。

「それで、聞きたいこととかある?」「そうやな~」

ここからはこれまで書いた中に出てきた彼女の回想が続く。

途中で「こういうのは先にすっきりさせたいから理由とかは後で言うわ~」と言われた。

すっきりさせたいのは本心だったのだろう。

聞いてもいない、聞きたくもないことを彼女は延々と話続けた。

ほとんどは客の面白プレイと自分の失敗談だったが、時々俺が努めて軽い(こんなことは何でもないんだよ的な)口調で忍ばせる

「結構本気で感じたりするん?」「アナルってホンマはどうなん?」という質問には小声になったり、目が泳いだり、下向いたりしながら

「イったりしてた…」「ホンマはちょっと気持ちええかな~て思ったこともあった…」

「店におる間は『ザーメン大好き!』って暗示かけてたからホンマに喜んでたかも…」

ブログや写真を行ったりきたりしながら次第に話題はSM野郎の話に。

「この画像”くらい”のことしかせんかったん?」とカマをかける。

「あーもうちょっとしてたかな…」「どんなん?」「ちょっと顔洗ってきていい?」

そう言ってMは洗面所へ。何言う気だ。「ごめーん」帰ってきたMはわかり易く深呼吸して気持ちを落ち着けていた。

「あのなウチ、この人と本番しててん」

そうだよなーそうに決まってるよなーと思いのほかショックはない。

この画像の流れみてたらこの客が彼女の”特別”なんだってくらいわかる。

そこからは質疑応答の時間。

Q.いつ本番しましたかA.半年くらい経ったころ

Q.なぜ本番しようと思ったのですか

A正上位スマタがそのまま入ったらその日は妙に感じすぎて止められなくなった

Q.その後も続けたのですかA.はい。強要はなかったのですが一度してしまうと拒否できませんでした

Q.避妊はしましたかA.はい最初は事故でしたが2度目からちゃんとゴムを着用しました

Q.相手は何か言ってましたかA.ありがとうっていつも言ってもらえました初回は生だったとか…ちょっと吠えたくなった…店でのことについてこれ以上聞くこともないので話を締めへと誘導した。

M曰く退店後はSM野郎はもちろん他の客とも一切連絡はとってない。

ていうか携帯乗り換えて、ブログもフリーメアド消したから連絡のとりようもない。とのこと。後は生い立ちから風俗はじめるまでと風俗辞めてからこれまでの話。「ウチと付き合うの時間おいて考えてええよ?」

「いや、ええで」案外あっさりと言葉が出た。終わったことはもうどうしようもないし、俺は風俗辞めた後にMと会ったのだからそこを責めるのはフェアじゃない。

俺はとにかくフェアじゃないということを妙に強調していた。それからは普通にお付き合いしてMの風俗話は一切封印された。

キスもセックスも何度もしたけど、もちろん気にならないわけではない。

頭のどこかで『この口で知らないおっさんのチンポしゃぶってたんだよなー』とかバックで突きながら(バック好きは本当だった)

『この尻にバイブ入れてたんだよなー』とか思ってたが逆に興奮した。

変態というか寝取られ属性というか、俺はそっち側だったらしい。

Mとエッチできなくて溜まったときはMが客とプレイしてるとこを想像して抜いた。

そんなこんなで日は過ぎて俺の誕生日のこと。

お祝いしてホテル行って記念のエッチ。冗談めかしてMに言った。

「俺、Mの初めて欲しいなー」

「え?」

「お尻…まだやんな…?」

「あ…あー!うん!?あー!」

あきらかにうろたえるM。これは照れじゃない別の何かだ。

「え…違うん…?」「うん…違う」

こういう重大時のMの返答はいつも早い。

まあ予想通り、アナル処女はSM野郎に捧げたということだった。

「いつ頃?」意味のない質問

「やめるちょっと前」顔を下に向けたままのM

「なんで?」「常連さんには辞めるってメール送って…そしたらすぐに予約入って会ったらもう風俗完全にやめるん?って言われて…そしたら記念に欲しいって言われて…」「うん」

「11月にはもAFいけそうやなーと思ってオプション可にしよう思ってたんやけど、今の店面接した時点で上がるメド立ってたから、やっぱりユルなったら怖いしAFはせんとこ思ったんやけど…」

無言でうなずき続きをうながす俺。

「ええ人やったしお世話になったから…ええかなーって…」「ゴメン帰るわ」

その時のMの取り乱し方はすごかった

土下座、ゴメンなさい、ゴメンなさい、もう絶対せえへん、ウチいまK君だけやねん

そのまま泣きじゃくって床をころげまわるM

なんかあんまりな行動につい顔が緩んでしまう。

「もうええで」「ほんまに?」「ほんまほんま」「絶対ウソやわー」

こういう時Mはすぐに何でもないような明るい態度をとる。

Mの飼ってた犬が死んだ時も泣きながら電話してきて逆に俺が落ち込み始めると急に「それよりこないだテレビで犬のオモロイのやってたん見た?」とか言い出す。

いい子なんだ。本当に。

そんないい子と、彼女が北陸の実家に帰って遠距離になったからって連絡とらなくなって疎遠になるのはどうなんだろう。

「きれー」というタイトルで白鳥の写メを送ってきたのを

『返しツライわ』と放置したのはどうなんだろう。

それ放置したらもうメールこなくなるのに。

そういうアホな俺は、今では寝取られや浮気モノのマンガやゲームでシコってる。

モニターを見ながら頭ではMが客とハードなAFをしてるところを想像してる。

時々うわーっとなって2ちゃんにスレたてようとして

レベルが足りないと言われ発狂してる。

それで今日こういう話が書けそうなスレを見つけて喜んで書き込んでる。

これでおわりです。どうもでした。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました2
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました その後

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/09/12 08:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画