エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

※可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった4

前回の話

マキは、
『あれ? 柔らかくなっちゃったね』
と言うと、僕の下からすり抜けた。そして、吸い寄せられるように直樹のペニスに顔を近づけていく。
『凄いね。2回も出したのに、もう復活してるね♡』
マキはそう言って、直樹の血管がうねるペニスに舌を這わせた。チロチロと、カリ首や尿道口を舌で責めるマキ。その顔は、発情したように上気して赤くなり、ひどくとろけている。

『カズ君の柔らかくなっちゃったから、もう一回しよ?』
可愛らしい声で直樹に言うマキ。僕は、固さを失ってフニャフニャになったペニスを、なんとか勃起させようとしごいてみたが、まったく大きくなる気配がない。焦れば焦るほどダメになる感じだ。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking|寝取られ作品ランキング|

「いいの? 避妊しないと、ヤバいんじゃない?」
『平気だよ。私、出来にくいんだと思う。今までも、大丈夫だったから。それに、中に出してもらわないと、エッチしたって感じしないもん』
興奮したような顔で言うマキ。マキは、僕と初めてセックスをした時から生で中出しだった。同棲中の今も、生でする事が多い。でも、中に出すのはさすがに避けていた。

「でも、危険日って言ってたでしょ?」
『そうだよ。でも、そうだと思うともっと気持ち良くなるんだ……。中に出して欲しいなぁ……。ダメ?』
小首をかしげて聞くマキ。こんな風に言われて、断る男はいないと思う。
「ダメじゃない! マキちゃん、入れてもいい?」
『マキでいいよ。さっきみたいに、呼び捨てで呼んで♡』
そう言って、マキは直樹にキスをした。そして、マキは積極的に舌を絡めていく。直樹も、夢中で舌を絡めていく。そのまま、マキをギュッと抱きしめる直樹。逞しい筋肉がうねるように脈動し、凄く生々しい。男が見ても、格好いい身体だなと思ってしまう。

『直樹、好きって言いながらエッチして♡』
マキは、僕が見ていることなんて忘れてしまったような顔で言う。
「う、うん。わかった」
直樹は、チラチラと僕の方を見ながらも、結局”うん”と答えた。

『直樹のぶっといおチンポ、危険日のおまんこに突っ込んで♡』
マキは、ベッドの上で足を広げ、あそこを指で拡げながら言う。毛のないパイパンのあそこから、真っ白な液体が流れ出る。でも、それは全部直樹のモノだ。僕は、さっき直樹の精液を掻き出し、僕のものを注ぎ込もうとしたのに、まさかの中折れをしてしまった。

「マキ、好きだ!」
直樹はそう言うと、マキに覆いかぶさって大きすぎるペニスを挿入した。
『うぅあっ、全然違うっ! 本当に大きい♡ 奥が潰れちゃってるよぉ』
マキは、目を見開くようにしてあえぐ。直前まで入れていた僕のものと比べるようなことを言うマキ。敗北感はさっきから感じっぱなしだったが、今はさらに絶望感を感じていた。
「マキちゃん、すっごくキツキツだよ。さっきよりキツくて痛いくらいだよ」
直樹が、あえぐように言う。
『ゴメン。カズ君のと間違えて締めちゃった。直樹のなら、締めなくても平気だよね』
マキがイタズラっぽく言う。僕は、また比較されたことで心底凹んでいた。でも、さっきまで何をしてもダメだった僕のペニスが、ムクムクと大きくなるのを愕然としながら見ていた。さげすまれるようなことを言われて、興奮してしまっているのだろうか?

「マキ、好きだ。本当に好きだ」
そう言って、腰を振り始める直樹。童貞は、初体験の相手を好きになりがちだと思う。特に、相手がマキほどの女の子だったら、誰でも恋に落ちてしまうと思う。
『直樹、好き♡ 今までで一番気持いいよ。ねぇ、もっとギュッとして』
甘えた声で言いながら、自分からキスをしていくマキ。濃厚なキスをしながら、正常位でのセックスが始まる。相当な身長差があるので、キスするのが少し苦しそうだが、それでも必死で唇を重ね、舌を絡ませあう二人。

『直樹、わかる? 子宮が下がってるの。直樹のザーメン欲しくて、子宮が下がってるの』
「うん。なんか、凄くコリコリしてる」
『そこが子宮の入り口だよ。直樹のおチンポでもっと刺激して♡ 直樹のザーメン注いで欲しくて、開き始めてるからぁ』
「う、うん。でも、妊娠しちゃわない?」
『しちゃう。直樹のザーメンで受精したくて子宮がキュンキュンしてるよ♡』
「ダ、ダメだって!」
『大丈夫! 直樹には迷惑かけないから! 欲しいのぉっ! 直樹のザーメン欲しいのっ!』
マキの勢いに押されて、腰を振り始める直樹。マキは、ピンと足を伸ばすようにして力を入れている感じだ。正常位で突かれながら、足をV字開脚みたいにしているマキ。足の指が開いたり、ギュッと内側に曲げられたりしている。僕とする時には、したことのない仕草だ。

「マキ、好きだっ! 俺の女になって欲しい!」
直樹が、調子に乗ってドキンとするようなことを言う。
『ダメ……。そんな弱気じゃダメ。なれって言って……』
マキは、とろけきった顔で言う。
「俺の女になれっ!」
直樹が叫ぶ。
『なる♡ 直樹の女になる』
マキは満面の笑顔で言うと、ピンと伸ばしていた足を直樹の身体に巻付けた。そして、そのまま抱きつきキスをする。両手両脚を直樹の身体に絡みつかせながらキスをするマキ。
直樹も、嬉しそうに舌を絡めながら腰を振る。
『ンッ、ンッ! んっーっ! ん、ふっうぅ♡』
一つに溶け合うような濃厚なセックスを見せつけられ、僕は信じられない程に勃起してしまっていた。

『うぅっ凄いっ! 気持いいっ! 好きっ! 好きっ! うぅっ!』
マキは、まったく余裕がなくなってしまった感じだ。夢中でしがみつき、あえぎ続ける。さすがに3回目なので、直樹はまだまだイク気配もない。でも、動きはまったく遅くならない。無尽蔵の体力があるように、腰を振り続ける。そう言えば、直樹は”永久機関”というあだ名をつけられていた時期があった。それくらい、体力が有り余っているということだ。

「マキ、好きだっ! 好きだっ! 俺の女になれぇっ!」
『なってるっ! もう、マキは直樹の女だよ! もっと! もっと! 直樹の形にしてぇっ! おまんこ、直樹専用にしてぇっ!』
二人はむさぼるようにセックスを続ける。もう、僕の存在など消えてなくなってしまったような感じだ。

力強いピストンを続ける直樹。マキは、すっかりととろけてしまった顔のまま、直樹の乳首を舐め始める。正常位で突かれながらも、こんな風に乳首を舐めるマキ。僕には見せたことのない淫乱な姿だ。

「あぁ、マキ、イキそう……ヤバい……」
『イッてぇっ! マキの子宮に全部注いでぇっ! うぅあああぁっ! イクっ! イクっ! 一緒にっ!』
「イクっ! 中に……うぅっ!」
『ひぃあああぁぁっ! イグッ! イグッ! うぅあああぁぁーーっっ!!』
マキは、見ていてわかるほど全力で直樹にしがみつきながら、身体をガクガクッと何度も震わせた……。

荒い呼吸をする直樹。本当に気持ちよさそうだ。そして、グッタリとするマキにキスをした。すると、マキは嬉しそうに舌を絡めていく。

『直樹のザーメン、子宮に入ってくるのわかった気がする……。すっごく幸せ♡』
「マキ……好きだ」
『ふふ。私も好き♡』
繋がったまま、イチャイチャし続ける二人。僕は、マキに捨てられてしまうイメージしかなかった。

しばらくして、マキが直樹の身体の下から抜け出し、直樹のペニスを口で清め始めた。
『お掃除するね』
ニコニコ幸せそうに笑いながら、お掃除フェラをするマキ。僕は、すっかりと急性インポから抜け出していたのに、何も出来ずに眺めていた。

「マキ……本当に、俺と付き合ってくれるの?」
『え? 付き合う?』
「え? だって、女になるって……」
『なったよ。直樹の女になったよ。でも、私はカズ君の彼女だよ?』
「えっ? どういう意味?」
『直樹とはいつでもエッチするけど、付き合うのは無理だよ。だって、二股になっちゃうでしょ?』
「エッ……」
直樹は、絶句した。無理もないと思う。言っていることはメチャクチャだ。僕も、意味がわからない。でも、僕が捨てられることはなさそうだ……。それにホッとする僕。

『直樹、毎日でもいいよ。直樹のおチンポだったら、生理の時でもしてあげる♡』
マキは、目がハートになっているような感じで言う。本当に、身体だけが目当て……そんな感じだ。

「わ、わかった。じゃあ、また明日来るよ……」
直樹は、複雑な表情のまま、服を着始めた。
『うん! 待ってるね〜』
マキは可愛らしく言った後、今度は僕に近づいてきた。そして、キャパオーバーでフリーズしている僕に、いきなりキスをしてきた。すぐにマキの可愛らしい舌が僕の口の中で暴れ回る。

『カズ君、お待たせ。今度は、ちゃんと中に出してね♡』
そう言って、鬱勃起している僕にまたがり、対面座位になってしまった。マキのあそこは、さっきとは違いちゃんと締まっている。ユルユルという感じはない。

『どう? ちゃんと締まってるでしょ』
おどけて笑いながら言うマキ。僕は、うなずくことしか出来なかった。服を着始めた直樹は、マキが僕と繋がっている姿を見て落ち込んでいる。そして、そのままそっとドアを開けて出て行ってしまった。

『また明日ね〜』
その背中に、マキが声をかける。僕は、ちょっとだけマキが怖いと思ってしまった。

『カズ君……。こんな女だけど、許してくれる?』
僕と対面座位で繋がったまま、真剣な顔で言うマキ。その目には、僕へのあふれる愛が見える気がした。
「お、俺なんかでいいの? おちんちん小さいし、早漏だし……」
『いいの。カズ君のこと、愛してるの!』
マキは、ムキになって言う。
「だ、だったら、どうして直樹と?」
『だって、したいんだもん……。ぶっといおチンポで、狂わせられたいんだもん』
頬を膨らませて、すねたように言うマキ。本当に、意味がわからないと思ってしまう。

「マキ、愛してる。僕と結婚して欲しい……」
まだ学生の身分なのに、僕は思わずそう言った。直樹に奪われたくないという気持ちが大きすぎたのだと思う。
『うん! ふつつかな私ですが、よろしくお願いします』
マキは嬉しそうに笑いながら言ってくれた。僕は、そんなマキにキスをした。すると、すぐに舌が絡みついてきて、マキの腰も動き始めた。

マキは、激しく腰を振る。痛いくらいに締め付けながら、腰を前後や上下に激しく振る。僕は、あまりの気持ちよさにマキの舌に舌を絡ませるのがやっとだった。

そして、5分も持たずに、マキの中に射精してしまった。
『あん♡ カズ君の出てる。直樹のに負けるな〜』
と、笑いながら言うマキ。僕は、どちらの種にしろ、妊娠してしまったらどうするつもりなのだろう? と、不安に思っていた。
そしてマキは、直樹にしたようにお掃除フェラをしてくれた後、ベッドに僕の腕枕で寝そべった。

『ねぇ、どんな気持ちだった? 嫉妬した? 興奮した? それとも、怒っちゃった?』
好奇心で、目をクリクリと動かしながら聞いてくるマキ。
「全部……。嫉妬も興奮も、怒りも……あと、泣きそうだった」
『へへ。ゴメンね。でも、私もカズ君に見られてるって思うと、すっごく感じちゃったよ。頭が真っ白になっちゃった』
「それって、あいつのがデカいからでしょ?」
『へへ。それもあるかも』
イタズラっぽく笑うマキ。
「……いいの? 俺の、あいつの半分以下だよ?」
『いいの。肉体的には直樹としてる時の方が気持いいけど、心はカズ君としてる時の方が、100倍気持いいよ♡』
マキは、真剣な目で僕を見つめながら言ってくれた。僕は、その言葉に、涙をボロボロと流していた。

『ずっと、ずぅ〜っと一緒にいようね!』
マキはそう言って、僕に抱きついてくれた。こんな風に、マキと直樹との初エッチは終わった……。

そして、マキは次の日、やたらと甘えん坊だった。とにかく僕に触れていたいという感じで、ずっとくっついてくるような一日だった。
『カズ君、我慢できなくなっちゃった……。部室行こうよ……。今なら誰もいないと思うし……』
見てすぐにわかるくらいに興奮した顔で言うマキ。そして、授業をサボって部室に行く僕ら。確かに、そこには誰もいなかった。

すると、マキはすぐにスカートの中に手を突っ込んで、パンツを脱いだ。そして、僕を椅子に座らせると、ファスナーからペニスを取りだした。
『あぁ、凄い……カチカチ……』
うわずった声で言いながら、僕のペニスをくわえるマキ。強烈なバキュームをされて、あっという間に勃起100%にされた。すると、すぐにまたがってくるマキ。ペニスに熱い肉が絡みついてくる。
『うぅ、入った♡ カズ君、愛してる』
マキは嬉しそうにうめくように言うと、僕にキスをしてきた。そして、キスをしたままの対面座位が始まる。

椅子がギシギシときしみ、マキの甘いうめき声が漏れる。僕は、早く終わらせなくては……という気持ちと、マキの強烈な締めつけで、すぐにイキそうな気配がしてきてしまった。

『カズ君、まだダメだよ。カチカチになってきたけど、まだイッちゃダメだからね』
苦しげな息遣いで言うマキ。直樹のモノとは段違いに小さい僕のペニスでも、こんなに感じてくれる……。本当に、泣けてくるほど嬉しい。

「マキ、愛してる。本当に気持いいよ」
『私も気持ち良いよ。カズ君、もう少し……。うぅっ、あっ、あっんっ。イケそう……もう少しでイケそうなのぉ』
マキは、今まで僕としたエッチとは全然違うリアクションをしてくれる。本当に、いまにもイキそうな感じだ。こんなマキを見ると、いつもの僕とのエッチでは、演技をしていたんだなと思ってしまう。

僕は、イカないように気を紛らわすようなことを考える。でも、マキの腰の動きはどんどん速くなっていき、限界間際になってきた。すると、マキは腰を振りながら、自分のクリトリスをまさぐり始めた。
『カズ君、気持いい。お願い、突き上げてっ! もう少しでイケるからぁっ!』
マキは、部室ということも忘れて、結構な声を出してしまっている。僕は、もう破れかぶれで腰を突き上げ始めた。
『うぅっ! イクっ! イクっ! カズ君愛してるっ!!』
マキは、僕とのエッチでは始めて見せるようなとろけた顔でイッてくれた。そして僕も、それにあわせるように射精した。
『うぅあぁ、出てる、カズ君のザーメン熱いよぉ』
マキははしたないことを言いながら、キスをしてくれた。
「人来ちゃうよ……」
イッて冷静になった僕は、そんなことを言う。
『そ、そうだね。へへ。夢中になっちゃった』
ニコニコ笑いながら言うマキ。本当に可愛らしいと思った。

『じゃあ、また後でね〜』
そして僕とマキは、それぞれの教室に向かった。あっという間に時間が過ぎて、待ち合わせのベンチに行くとマキはもう待っていた。
隣に座る僕に、腕を絡めてくるマキ。でも、どことなく様子が変だった。フワフワしているというか、落ち着きのない感じで、頬が赤くなっている。
「どうしたの? 体調悪いの?」
心配になって聞く僕に、
『平気だよ。元気だよ』
まだボーッとした感じで言うマキ。
「そう……。じゃあ、どうしたの? なんか、ボーッとしてる感じだけど」
『さっきね、lineで直樹君に呼び出されたんだ』
マキは、いきなりとんでもないことを言い出す。
「エッ? 呼び出された?」
意味がわからない僕は、間抜けな感じで聞き返した。
『うん。車で来てるからって、西門のところで……』
マキは、モジモジしながら言う。西門は、裏通りみたいな感じの道路に面している。その道路は、駐車禁止でもないので車を停めている生徒も少なからずいるみたいだ。

「来てるって、あいつ学校は?」
『休んだって言ってたよ』
「……なにしてたの? マキの講義は?」
『へへ。サボっちゃった。直樹君とついさっきまでエッチしてたんだよ』
潤んだ目で言うマキ。
「なっ……。どこで?」
『車だよ。結構揺れてたから、バレバレだったかも』
マキは、言いながら興奮している感じだ。
「どんな風にしたの?」
僕は、怒りも嫉妬もさほど感じず、ただ興奮していた。どんな風にしていたのだろうか? 狭い車の中で、どんなエッチをしたのだろうか? それを知りたい一心だった。

『やっぱり興奮するんだね。モッコリしてる』
笑いながら言うマキ。確かに、僕のペニスは一瞬で勃起してしまっていた。
「……ゴメン」
『良いよ。カズ君が興奮してくれる方が、私もやりやすいから。やっぱり、多少は悪いなぁって思ったりするからさ……。興奮してくれるなら、やり甲斐があるよ』
イタズラっぽく笑うマキ。僕はひたすらドキドキしていた。

『直樹君、夕方まで我慢できなくて来ちゃったんだって』
マキは、僕が黙って聞いているので、一方的にしゃべる感じになっていた。直樹の家からは、車でも1時間半くらいはかかるはずだ。確かに、昨日約束っぽいことはしたが、まさか本当にまた来るとは思っていなかった。でも、考えてみたら、童貞を卒業させて貰い、また来てねと言われたら、こうなるのは当然かも知れない。

『それでね、直樹君の車に乗ったんだけど、直樹君ガチガチに緊張しちゃってて、なにも言わないの』
「……」
『だからね、私が先にお口でしてあげたんだよ。学校の横だし、見られちゃったら大変だから、お口でして終わりにしようって思ったんだ』
その言い方だと、口だけでは終わらなかったと告白しているようなものだ。
「口では終わりにならなかったってこと?」
『そうだよ。車の中でしちゃった♡』
上気した顔で、興奮気味に答えるマキ。罪悪感のようなものは一切感じていない雰囲気だ。
「あ、あんな場所じゃ、誰かに見られたんじゃないの?」
僕は、的外れなことを言ってしまった。僕の見ていない場所でセックスしてしまったことよりも、誰かに見られたんじゃないのかを心配するなんて、どうかしていると思う。

『うん。多分見られちゃったと思う。でも、見られてるって思うと、頭真っ白になっちゃった♡』
マキは、さらに興奮した顔で言う。
「……どうやってしたの?」
『聞きたいんだ。やっぱりカズ君は寝取られマゾなんだね』
「そ、そんなんじゃないよ」
『じゃあ、言わないよ。教えてあげない』
ニコニコ笑いながら言うマキ。本当に楽しそうだ。
「……ゴメン。教えて欲しい……」
『そう言うと思った。あのね、直樹のくわえてて、欲しくなっちゃったの。でも、さすがにマズいと思ったから、自分でしたんだ。直樹君の大きなおちんちんくわえながら、あそこに指入れてオナニーしちゃったんだよ』
ここが、校内でも外れの方にあり、人があまりいないベンチだからか、マキはためらいもなく恥ずかしいことを話す。
『それでね、膣中からカズ君のザーメンが出てきちゃったから、匂いでバレちゃったんだ。それで直樹嫉妬しちゃって、覆いかぶさって入れてきたんだよ。見られちゃうって押しのけようとしたんだけど、直樹凄い力だから……』
マキは、興奮した顔で話を続ける。僕は、言葉も出せなかった。
『でもね、直樹のが入ってきた瞬間、イッちゃったんだ。多分、今まで生きてきた中で、一番のイキ方しちゃった♡』

【続きは出典元で】

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
関連記事
・清楚な妻が、イボチンの男性に堕ちてしまいました2
・天然で可愛い母と怖いけど美人な姉との生活は身体がもちません
・同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた3
・万引きしてる若妻さんは、お隣の巨乳さんだった2
・無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた3
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声
  
  むきだし 古川いおり
【DMMコミック】同人:脳内を自由に書き換えて俺の言うことを聞くエロ娘に作り変えてやる!(フルカラー)(直タイトル) SP/PC   
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/06/01 18:13 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
おすすめ動画
Twitterフォロー