妻が浮気をしていると知ったとき、怒りや嫉妬よりも

私の妻は40歳になります。その妻が浮気をしていると知ったときは怒りと嫉妬とそして、
何か分からないげれどすごい興奮でどうにかなりそうでした。
それでも未だにまだ妻に問いただすことはできませんが。
まさか自分の妻が浮気しているなど想像もしませんでした。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

童顔で細身ですから年よりはずっと若く見えますが、もう40歳になるし、
それに、非常にまじめで結婚するまで処女でしたし、それ以来遊び歩くこともしていないので、
妻が浮気するなんて考えたこともありませんでした。妻が浮気をしているのではと気がついたきっかけは、
妻の留守に何気なく妻のたんすを見たときからでした。引出しの一番奥に紙袋が入っていて、
何か胸騒ぎがしてそっと中を見てみました。そこには、下着が入っていたのでした。
それも妻がいつもつけている下着とは違ってすけべな下着ばかりでした。
赤や白のレースのスキャンティー。
陰毛の濃い妻が身につければあそこの毛が黒々とみえてしまうようなものです。
それに、レースのブラジャー。当然乳首まで見えてしまいます。それにガーターまで入っているのです。

「私の前ではこんな下着をつけたことがないのに。」
この下着は男に見せるための下着です。私以外の男がいるということは間違いないと思いました。
下着を裏返して股間のところを調べてみましたがさすがに洗濯がしてあり、汚れてはいませんでした。
私はそのときもう怒りと嫉妬で高ぶっていましたが、その下着をつけて男に見せている妻や、
その下着を脱がされて嬲られて、そして、その男にち*ち*を突っ込まれてよがり声をあげている妻を
を想像してペニスは硬くなって、あやうく射精しそうでした。
 その夜、妻とセックスをしました。というより、
「妻を犯してやろう。」
といった気持ちでした。
頭の中はあの嫌らしい下着を着けて男に抱かれてよがっている妻のことで頭がいっぱいでした。
妻の寝ているベッドに行き、妻のネグリジェを一気に脱がせました。
いつもは優しく抱いてキスをしたり小ぶりだけれど敏感な乳房をもんだりしてから妻を
裸にしていくのだけれど、今日は最初から下半身を剥き出しにしてやりました。
「どうしたの。」

妻は驚いたようですがそのままにしています。妻のパンティーを見るとピンクの普通のものでした。
「おれの時は普通のやつか。」
妻のパンティーを一気に脱がせました。妻は逆らうことなく脱がされるままです。
そして、妻の太股を開くと、顔を近づけました。
そこにはいつも見慣れている妻のいやらしいおま*こがありました。
「このおま*こに突っ込まれている。」
妻のおまんこを見ました。濃い陰毛にかこまれたすけべなおま*こが剥き出しになっています。
妻のおま*このぴらぴらは大きくぽってりとして少しはみ出しています。
そのぴらぴらがうっすらと開いていました。そのぴらぴらを思いっきり開いてやると、
私はそこに顔を近づけました。妻はもう濡らしていました。それから、嘗め回しました。

妻は、
「あーーーっ。」
と声をあげます。敏感なところをなめあげてたり吸ったりするしながら、
指先で乳首を転がしてやりました。
「あーーーっ・・・あーーっ・・・」
妻のよがり声がだんだん大きくなります。
「このくらいで入れてやるか。」
と思い、それから散々妻を責めました。妻はついに、
「もうだめ・・・あーーーーっ・・・入れて・・・」
とうわずった声で言っていますが、それでも入れてやりませんでした。
妻は細身でいったん発情すると体中が性感帯になってしまうのをよく知っていましたから、
妻の弱いところを嬲ってやりました。
妻のおま*こは愛液でべちょべちょになってシーツまで汚していました。
「あーーっ・・・・もうゆるして・・・・いれて・・」

私ももうがまんできなくなって妻のぐちょぐちょのおま*こに入れてやりました。入れたとたん、
「あーーーーーっ・・・・・・」
糸を引くようなよがり声とともに妻はいってしまいました。それから、何度も妻をいかせてから、
私も妻の中に精液をぶちこんでやりました。
 つぎの日の朝、起きるとき
「夕べはどうしたの?」
ときく妻に、
「浮気をしているんだろう。」
とは聞けませんでした。それ以来もっと決定的な浮気の証拠を見つけても妻には言えないでいます。

次の朝、少し冷静になって、いったい妻の浮気の相手は誰だろうと考えてみました。
そして、妻との何気ない会話で誰だか分かったのでした。
「私、くたくた。体がだるいわ。あなた夕べすごいんだもの。」
「裕美だってすごかったぞ。疲れてるなんて言っていたくせに。」
「そうよ。昨日は書道の先生のところでいっぱい練習してきたのよ。」
妻は平気な顔をして言いました。妻は全然私が浮気に気づいているなんて考えてもいないようでした。
妻とのセックスが最近激しくなったので、妻はよけいに私が疑っているなんて考えなかったのかもしれません。
妻のその言葉で、妻が昨日あのいやらしい下着をつけていったのは間違いなくその書道の先生の
ところだと分かりました。
以前から書道をやっていた妻は一年ほど前からその書道の先生のところに行き始めていました。
まだ40代で若いけれど少しは有名な人だと聞いていました。その書家に妻は愛撫され、
そして、いやらしい下着をびしょびしょになるまで発情させられ、そして、
おま*こに入れられたに違いありません。

 それから、月に2回ほど妻がその書家のところに行く日は、
必ず脱衣籠を帰ってきて調べるようにしました。
そして、そのたびに一番奥に隠すようにいやらしい下着が隠されていました。
そして、いつもスキャンティーの股間のところはおもらししたように濡れていたのです。
精液のにおいこそしませんが、妻の嫌らしい匂いがしました。その下着を見るたびに私は最初は怒りが
強かったのですが、しだいに怒りよりも嫉妬し興奮するようになってきました。
そして、妻をどうやってあんなに発情させているのか、妻がどのようにあの男に責められ、
そして、悶えているのか見たくなってきました。
それに、浮気を発見してからのほうが妻とのセックスの回数も増え、
激しいセックスをするようになってしまいました。
妻はだからよけいに私が疑っているなどと思わなかったのでしょう。

ある日の夜掃除をしているので、
「どうしたんだ。」
と聞くと、
「明日書道の先生が来てくださるの。私の今までの作品をいろいろ見てくださったり
教えてくださるんだって。」
などとうれしそうに言うのです。私はそこで思いついて、
録音テープのタイマーを書家が来るという時間にセットしました。
隣の部屋のステレオの陰ですから見付からないと思いました。
次の日は仕事になりませんでした。急いで帰ってくるとそのテープを持って自分の部屋に行きました。
そして、聞き始めました。
「まだこの字がよくないな。」
「はい。」
という習字をやっている会話が1時間くらい続きました。
「今日は全然集中していないな。もう書かなくていい。」
という怒った書家の声。
そして、妻か謝っても許してもらえず妻が道具を片付けているような音がしました。
「いつものようにしなさい。」
という書家の声がしました。私は何やら胸がたかなってきました。
ごそごそという音の後静けさが少し続きました。そして、書家の言葉が聞こえました。
「裕美は白の下着をつけると嫌らしい眺めになる。
パンツの上から毛がはみ出しているし、黒い毛がもじゃもじゃと透けているぞ。」

「恥ずかしい…・」
その言葉で妻が下着だけにされて書家の前に立たされているのが分かります。
私は嫉妬と興奮で勃起したものをにぎっていました。
「ブラジャーをとりなさい。」
そして、
「もう乳首がたっているのか。」
という声。妻の小ぶりだけれどまだまだ形の崩れていない乳房と子供を産んで少し黒ずんでいる
勃起した乳首が頭に浮かび、勃起したものをしごいていました。
「今日は集中できないわけだな。大事な字を書くときに集中できなかったからそのかわり、
そこで自分で乳首をいじってみなさい。」
まさかそこまでやらされるとは…男の前にパンティー一枚で立たされて自分で乳首までいじらされていると
は想像もしませんでした。少し静かになりましたが、
「あーーっ…」
という妻の声が聞こえてきます。妻は自分で乳首をいじりながら感じているようです。
妻のかすかなよがり声が聞こえますが、書家の声はしません。立たされたまま妻は書家の前で乳首を
いじりつづけているようです。妻の敏感な乳首をいじれば妻はもうふらふらのはずです。
しばらくすると、
「もう…・だめ。」
という妻の声が聞こえてきました。私は激しく勃起したものをしごくと射精してしまいました。
それでも興奮は収まりません。

「こっちにきなさい。裕美」
妻の名前を呼び捨てにしているのです。そして、それに素直に従う妻。
がさがさっと音がしましたが、それから少しの間また音がなくなりました。
頭の中で妻がパンティー一枚でどんないやらしいことをさせられているのか想像してしまいました。
「裕美は字は集中できないが、おしゃぶりは集中できるんだな。」
妻は書家のものをしゃぶらされているのです。そのうちに妻の、
「うっ…」
といううめきのような声が聞こえてきました。たぶんしゃぶらされながら乳首をいじられているのです。
私はまた勃起してしまいました。激しい嫉妬とそれと裏腹の興奮。妻が書家の言うことを
素直に聞いておしゃぶりをしているという嫉妬と、嫉妬すればするほど興奮するというなんとも
いえない気分です。
「あっ…・うっ…・」
妻の小さなうめきが聞こえてきます。
「どうだ。」
「おいしい。」
というかすかな妻の声。そして、次に、
「ち*ち*、ほしい。」
とまで言わされました。

「今日は肝心の字の集中がたりなかたら、分かっているだろう。
まだ裕美の好きなものはやらないぞ。尻を向けて、尻だけ上げろなさい。
ちょっと音がしました。でも妻の声はしません。ということは、
妻は尻を書家に向けて高く差し出した恥ずかしい格好に素直になったと言うことです。
「パンツにこんなにしみを作っていては、字なんか書けないな。」
「あーーーーーっ…・・」
書家は妻のパンティーに包まれているおま*こにふれたのだと思います。
妻がなぜあんなにいつもパンティーを濡らしていたのか分かりました。きっと、パンティーをつけてさんざん嫌らしいことをされていたのだと思います。
「こんなパンツをはいていたら気持ち悪いだろう。ぬがしてやろう。」
妻はとうとう素っ裸の四つ這いになったようです。
書家の目の前に妻のおま*こが丸出しになっているはずです。妻がまた悲鳴のような声をあげました。
「いい味だな。」
妻はなめられているのです。妻の声が高くなってきました。そして、とうとう、
「ち*ち*ほしい。」
と言ったのです。それから、妻の
「あーーーーーっ…・。」
という大きな喘ぎ声。そして、あっあっという断続的な声が聞こえてきます。

妻は書家のち*ぽでつかれているのが分かります。妻が、
「いく…。」
「違うだろう。」
「抜かないでーーーっ…・」
「いくときは、裕美、ち*ち*いいと言うんだっただろう。」
「はい。だからち*ち*入れて。」
そして、妻の悲鳴のような糸をひくような声がして、
「ひろみ…ち*ち*いいーーーーっ…・」
と、妻はいかされました。私も射精してしまいそうでした。
私にも言ったことのないような言葉を言って妻は書家に絶頂に追い上げられています。
それでも書家はまだ射精していないようです。何回も何回も、
「ひろみ・・ち*ち*いいーーーっ。」
「ひろみ、ち*ち*だいすき。」
「かたいち*ち*がいいのの。ひろみのおま*こ串刺しにして。」
などと言わされていかされました。妻が
「もう許して・・・だめーーっ。」
と言っても責めつづけられていました。私はもう興奮のあまり汗びっしょりになり、
また射精してしまいました。最後に書家に、

「今日は中に出すよ。」
「あーーーーーーっ・・。」
妻のおま*この中に精液をぶちこんだようです。
そして、最後にまたおしゃぶりまでさせられて…・テープが終って寝室に行って見ると妻は
もうぐっすり眠っていました。あれだけよかぜらされては妻はもうくたくただったのだと思います。
さすがに私もその日はもう疲れ果ててしまって妻を抱く気力はありませんでした。

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧

他の体験談を探す
【同じジャンルの体験談】
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた
・名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました
・ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた2
・妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取

[ 2018/01/08 23:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ