驚くほどウブな幼馴染みの母親をオンナにしてやった

俺(マサ)25才,幼馴染の家族と仲が良い。
同級生の彼女(舞衣)はいつも一緒に学校に行っていた幼馴染だが,小学2年で高熱の病気で半身不随になった。
舞衣の妹(香奈)は可愛い22才の大学生,昔より懐いて俺の処に良く遊びに来る。
5年前に俺の部屋で処女を奪ったが痛がって大変だった。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

半年ぐらいは痛がって逃げ回り,押さえつけてやりまくり毎回強姦さながらだったが今は
大声を上げながら俺にしがみついて腰を振りまくる。
母親の千代は1年前に旦那を病気で亡くしたがアパート経営で地味に暮らしている。
色白でおとなしく控え目で少し暗い感じがするが,以外にお尻が大きく胸も大きく良く見ると美人。
おしゃれして姿勢よく歩くと人並み以上の美人なのは間違いない。
近所なので月に1,2度行って舞衣の話し相手を20年近くしている。
2カ月前に舞衣にパソコンを教えてほしいと頼まれてパソコンを買って舞衣に教えている。
大学に入った頃より千代の俺を見る目が変わって来た。

女だけの兄弟で育ち,子供も女だけなので男の俺に特別に興味がある様だ。
千代にもパソコンを教えると,横にぴったりと寄り添い,顔も寄せて来る。
マウスの使い方を手を重ね,手を握りながら教え,いつまでも手を握っていると千代の顔が
赤く染まっていて超可愛い。
千代の女っぽい香りや色白な赤ら顔を見ると俺のチンポが勃起して困る。
千代はますます俺に体を預けて来るので左手で肩を抱き右手は千代のマウス右手に重ねると千代は目をつむり頭を俺の左肩に埋めてきた。
思わず千代にキスした。

千代がビックリして離れようとするのを右手も腰に回し引き寄せて濃厚なキスをし,舌を入れようとするが歯を開かない。
しばらくすると少し歯を開いたので舌をねじ込んだ。
千代の舌が俺の舌に触り,千代の舌に吸いついた。
千代も俺の舌に吸いついたが,キスを離れた一瞬に千代は離れて逃げて行った。
隣の部屋に舞衣が居るのでこれ以上は出来なかったが・・・
それからの千代は乙女の様な仕草で俺を見る。 こっそりと手を握っても握り返して来る。

香奈が卒業旅行で1週間海外に行くことになった。
留守が物騒なので俺に泊まりに来てほしいと香奈から頼まれた。
舞衣も喜び千代もお願いします・・との事,千代をものにするチャンスと千代の顔を見ると
色っぽい目で俺を見る。
千代も同じ想いと確信した。
最初の夜は残業し少し遅く行き,食事をご馳走になり,舞衣にパソコンを教えたら10時を過ぎた。
舞衣が寝るので2階でテレビを見ながらワインを飲む事にした。
千代がおつまみとワインを持って来て一緒にソファに座って飲んだ。
千代は浴衣の寝巻,俺はトレーナー。
千代がかなり酔い自分の不遇を嘆き始めた。 泣き上戸の様だ。
恋をした事が無い,旦那とは好きでもなく見合い結婚で子供が出来た。

自分の不注意で長女が半身不随となり,病院や介護で大変だった。
旦那が亡くなり気楽になったが既にもうすぐ50才,自分の人生は何?
「マサちゃんは良いわね! 女の人にモテルでしょうし何人も恋人が出来るでしょうし・・」
「香奈をお嫁にしてね! もうその関係してるでしょう! うらやましい~」
「私も良い人が欲しい~」
「俺が恋人になってやろうか?」と冗談半分に言った。
「本当? マサちゃんが恋人になってくれたら最高よ!」と胸に顔を埋めてきた。
抱き寄せキスし舌を絡めて濃厚キスをしばらくする。

「本当に恋人になるか? 」「マサちゃんの恋人になりたい!」
「判った,恋人にするよ! 俺の言う事を聞くか?」「聞く! 何でも言う事を聞くわ! 可愛がってくれる?」「可愛がるよ,そのかわり俺の奴隷だよ!」「奴隷になる~」
千代の寝巻の胸を開きおっぱいを掴むと「ああー駄目」と手で覆うが肩まで寝巻をめくり
両方のおっぱいを揉む。 予想以上に大きいおっぱいで乳首はすぐに大きく硬くなった。
揉みながら乳首を口で転がすと体を捩って声を上げる。
寝巻の腰ひもを解き,寝巻の前を全て広げると真っ白な全身が眩しい。
太ももを撫でながら,パンティの上から中からオマンコを触ると足を閉じて逃げる。
逃げる千代を抱え布団に運び寝巻をはぎ取る。
俺の足で千代の足を広げオマンコを触ると洪水のように濡れている。

オサネも大きく硬くなっていて押さえて触るとピクピクと痙攣する
穴に中指と薬指を入れるとかなりの締めつけて来る。
入れながら親指でオサネを擦ると泣き声を出して両足を突っ張り指を締めつける。
千代が逝きそうになる前にオマンコからおっぱいに移り揉みながら舌を吸う。
そして又オマンコを責める。
泣き声が益々大きくなり,階下の舞衣に聞こえそう。 「舞衣に聞こえるよ!」
千代は手で口を塞ぎ必死で声を堪えている。
お構いなしに逝きそうな千代を逝かせないでオマンコとおっぱいと唇を交互に責める。
堪らず「お願い 堪忍して!」と泣き声を出す。

足を開きオマンコにキスする。 千代はビックリして「そんなの恥ずかしい~」と閉じる。
「足を開かないとキス出来ないよ」千代の足の力が抜けてきた。 足を開きオサネを口に含み転がすと泣き声になって両手だ俺の頭を掴み足を突っ張り喚く。
逝きそうになる千代のオサネから離れね「もっといっぱい開かないとキス出来ないよ!」
千代は思い切り足を開きオマンコを開く。 「まだもっと開け!」「もうこれ以上開けない~」
千代の足を肩に持ち上げ大きく股を開きオマンコを両手で開く。 「ほら まだ開くよ!」
いっぱいに開いたオマンコのオサネを口で転がすと手で口を塞ぎながら泣きまくる。
俺の硬いギンギンに勃起したチンポが千代の背中に当たる。

それを千代が背中に回した手で握って来た。 千代の手がチンポを強く握り次を催促している。
千代に覆いかぶさりチンポを千代の顔に,俺の口はオサネを吸う。 69の体制に。
千代が両手でチンポを握り「大きい~ 硬い~」と先から根元,金玉を触りまくる。
汁が垂れている先をキスしている。 「口に入れるんだよ!」「こんな大きいの無理~」
「こんなの初めて,入らないよ~」
少し口を開けたので一気に口の奥にチンポを突っ込んだ。
ウガウガ言いながらチンポに吸いついてので奥にいっぱい突っ込みながらオサネを唇で転がした。
ウガウガが泣き声になり苦しそうだが足が突っ張り痙攣しだした。

俺も爆発しそう,オサネを離し「出るよ! みんな飲めよ!」
千代の口にピストンしながら苦しそうな千代のオサネに吸いつき思い切り千代の口の中で爆発した。
千代は痙攣しながら苦しそうにチンポを外しそうにするが押さえこんで最後の一滴まで出し切った。
見ると咥えた千代の口の端から白い精液を垂らしながら必死でごくりごくりと飲み込んでいる。
寝巻で千代の口を拭き,濡れたオマンコも拭き,俺のチンポも拭き千代を胸に抱き寄せた。

胸の中で千代が泣きだした。
千代が可愛く愛くるしく「千代は俺の女だよ!」千代は泣きながらしがみつく。
千代にキスしおっぱい,ももを撫でるとチンポがギンギンとなって来た。
千代の手をチンポに握らせると両手で握って来た。
オマンコは又洪水に濡れてきている。
穴に両指入れ,親指でオサネを擦ると声を上げチンポを強く握って来る。

千代が逝きようになるので俺の両足で千代の両足を広げオマンコに入れようとする。
千代が両手で握りチンポの先をオマンコの穴に当てるが「駄目駄目いけないわ」
「入れちゃー駄目」「お願い許して 堪忍して」と泣き声を出す。
お構いなしに突くと先が入った。「駄目駄目 入れちゃー駄目 許して」と言うが手はチンポを握ったままオマンコに入るのを確かめている。
腰を入れオマンコにチンポを押し込むと思いの外キツイ。 ギッギッと入る感じで腰を力を入れてやっと入る。 「ああー 壊れる 堪忍して」と喚く。
根元まで入れ「みんな入ったよ」「壊れる,死んじゃう」 少しオマンコからチンポを抜くと
千代が腰を上げ抜けないようにする。 又一気に根元まで突き入れると「入った~」と言ってオマンコがチンポを締めつけて来る。
子供を産んでるのにこの締め具合は最高。
少し出し入れするとオマンコより汁が出てきて出し入れがスムーズになりビチャビチャと卑猥な音がする。
千代が泣き声で背中にしがみついて爪を立てる。
痛いので中断し,手を頭に上げて押さえ声を出さないように舌を吸いながらピストンをする。
千代は息が荒くなり苦しそうに泣く。
大きな声を上げながら足を痙攣しながら逝った。
俺は未だ元気なのでグッタリした千代のオマンコとチンポを入れながら眺める。
千代が「又逝きそう!」と言っで両足を俺の腰に回し締めあげて来る。
背中の爪が痛いので千代をうつ伏せて後ろから尻の穴を見ながら突きあげる。
千代は布団を両手で握りながら口を押さえ泣き声をあげてお尻を振る。
お尻の穴に親指を突っ込むとオマンコの締りが一段と良くなり泣き声が大きくなる。
この締りには堪らなくなり,泣きながらお尻をふる千代のオマンコの中に爆発した。
千代も腹這いになり後ろから残り精子を出し切ると逝ってしまった。

この後もう一回して,朝も一回した。
朝ごはんの時に舞衣が「昨夜 変な声がして怖かった,猫か外で誰かが泣いていた様だ」と
言う。
千代が「怖いね~ 又マサちゃんに泊まりに来てもらおうね」「又来るよ!」
舞衣が2階に上がれないので安心だが・・・

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧

他の体験談を探す
【同じジャンルの体験談】
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた
・名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました
・ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた2
・妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ