彼女を脅かそうと隠れてたら、男を連れ込んでやり始めやがった……しかも膣痙攣とかw

俺が大学生だったころ、カオリという娘と付き合っていた。

4年で国家公務員試験に受かり浮かれていた。

ゼミで知り合い大学生にありがちなコンパで酔った勢いで付き合ったようなパターンだった。カオリは一流企業から内定を貰ってはいたが国試に落ちていて、進路をどうするか悩んでいる時期だった。

俺はというと母子家庭に育ち奨学金で国立大学に入ったはいいが、バイトの掛け持ちと病弱な母の看病と勉強で4年間、否、高校時代を含めて7年近くを過ごしていた。

そんな中で出来た初めての彼女がカオリだった。自慢出来る出会いではないが、それでも俺的には幸せだった。

カオリは見た目はちょっと小西真奈美を色っぽくしたような感じで、笑うと小さくなる目と、白くてきれいな足が好きだった。

俺にはちょっと変態ぎみの趣味があって彼女が寝てしまったあと、パジャマをまさぐってかってに愛撫し始めるのが大好きだった。カオリの「ダメ?」という甘い声に欲情して、黙々と身体を触りまくっていると眠そうな彼女の息がだんだん荒くなってくるのが最高に好きだった。


そのころ俺は塾で講師のバイトをしていた。
彼女のアパートの合鍵を持っていた俺は塾講が終わる10時ごろに彼女の家に行ってまったりしていた。

彼女も同じ頃にコンビニのバイトから帰ってくる。一緒に簡単に晩ご飯を食べるのが日課だった。食事してそのまま帰る事まあったし、彼女が寝たあとに寝込みを襲うことにもあった。

俺自身眠くて体力も限界の時もあったが、彼女のちょっとはだけたパジャマなどに疲れも忘れて息子を硬くしていた。

何に対して幸せを感じていたのか、自分でもいまいち疑問だったが。それでも漠然とではあったが、カオリとの結婚を考えていた。


俺は結構彼女も喜んで俺に寝込みを襲われていると真剣に思っていた。
なので、「俺、今日バイト上がりは早いんだ」というメールが自然とHしような。みたいな合図になっていた。

ちょうど受験シーズンは大学生にとっては帰省ラッシュになり、バイトを休む奴が出てきて塾長が俺にバイトのコマ数を増やしてくれないかといってきた。俺は実家からの通いだったし、カオリとの卒業旅行に行く金も必要だったので喜んで増やした。

そして事件は月曜日に起きて、その日はいつものバイトの日ではなかった。
その月曜日のバイトの日、俺は彼女にバイトがあることを告げずにバイトに行った。

なんとなくメールしたりするのが面倒だったのと、いきなりバイトの後部屋に行ったらびっくりするかなという期待で、彼女には内緒にしていた。

しかし、バイトはいつもよりも早い時間に終わり、まっすぐ彼女の家に向かった。確か8時くらいだったと思う。

彼女の部屋の電気が消えているのを確認して、いつものように合鍵で部屋に入った。
俺は彼女と卒業旅行に行く話をする事で頭がいっぱいで、彼女の部屋にはいったと思う。

彼女の部屋は廊下が長く奥にリビングがあり、上にロフトがある構造の部屋であった。
彼女はまだ帰っていないようだったので、彼女を驚かそうと靴を持って上がりロフトに隠れた。

部屋から彼女にメールを打った。「今日は急にバイトが入って延長があるから行けないと思う。カオリは何してるの?」

カオリからすぐに返事がきた。「法学のサエコと飲んでるよ。もう帰るけどね。明日は逢えるかな?」

あまりメールのやり取りをしてたら授業をしていないって思われるから返事はしなかった。
そのままカオリを待つ内に…いつのまにか寝てしまっていた。


どれ程眠ってしまっていたのだろうか…ふと目を覚まして携帯を見た。時計は2時を示している。そしてカオリからメールがきていた。

「ユウ君お疲れ!カオリは酔っちゃったので、もう寝ますね。お休み?」メールの送信時間は12時過ぎだった。

どういう事?やんわりと覚醒する意識の中でカオリのメールの意味に疑問を持った。身体を少し起こすと部屋に気配を感じた。うん?カオリ?…声を出そうと思ったら、他の男の声が聞こえる!

俺はしばらく固まった。夢を見ているのかとも思った。
でも暗闇になれた俺の目に映るその部屋は確かにカオリの部屋だった。
しかもその聞き覚えのある声は間違いなくカオリの声だった。

衣擦れの音が静かな部屋に響き、カオリの吐息やかすかな喘ぎ声が聞こえる。
どうやらリビングで何かが行われていた。

いきなり「カオリちゃんのアソコ、酸っぱいよ!」「そんな事言わないで」
という声が聞こえた。

「ねえ、そろそろイイ?。入れていい?カオリちゃんの中にいれたいよー」
「ダメー、彼氏いるから裏切れない」

実際その場面にいた俺は正直言って何もできなかった。本当に固まるということばがぴったりでまったく動けなかった。

ただ次第に暗闇に慣れてくると薄らと何が起こっているのかが見えてきた。
そこには殆ど裸のカオリと男がいて、ソファで抱き合っていた。俺はじっと凝視していた。

そこで電気がついた。俺の身体は明かりに反応してか咄嗟に隠れた。

「ダメ!電気消して!」
「イヤ! はずかしい ア! いぃ きもちいぃ」
「もういれていい?ね、カオリちゃん、俺いれちゃうよお」

ぐちゅぐちゅという音と共に「ああ?、ダメ?」という、彼女の気持ちよさそうなあえぎ声が聞こえた。

最初はぐちゅ ぐちゅ というゆっくりなその音はだんだんはやくなり、ぐちゃぐちゃぐちゃという連続的な音に変わった。

「カオリちゃんすごいやらしい音するよ。ほらマンコの音ぐちゃぐちゃいってるよ 淫乱なんだね?」
「やだぁ あっ いっ はずかしいぃ ああ うあぁ はぁ」

「俺興奮しちゃうよ。ほらここがきもちいんでしょ」
「あぁぁぁ もっとぉ もっとして もっとぉぉぉ」

パンパンという身体のあたる音が部屋に響き、いやらしいぐちゃぐちゃという音も聞こえた。彼女のあえぎ声は俺が聞いたこともないくらい荒々しく、まるで俺の彼女ではないかの様だった。

俺はこの状況に下半身は熱くなり興奮していたが、頭は逆に冷水を浴びたかのように冷静だった。

親の突然死を宣告されたような気分、俺の中で何かが壊れた瞬間だった。
俺はカオリの事を愛していたし、カオリとの二人での生活を夢見ていた。

「カオリちゃんもうイッちゃったの?ほらもっとしてあげるからおしりをこっちにむけて。今度は後ろから入れてあげるよ」

男はいったばかりのカオリに声をかけ、バックの体勢を取らせているらしかった。

俺はこの状況で動くこともできず、ただただ耳を澄ませて…身体を硬直させるしかなかった。

そのうちパシパシという音が聞こえ始め、
「あぁっ あぁっ あぁっ あぁっ」
というカオリの声が聞こえ始めた。

「カオリちゃんのアソコ最高だよ。スッゲースケベな匂いがしてしまってる 俺のにぴったりしてくるよ」

「いやぁ Hなこといわないでぇ あぁっ あぁ」

パシパシという音はいつのまにかパン!パン!という大きな音にかわり、カオリの声も

「アハァ、う、ううぁ ぁぁああ いいぃぃ うはぁぁ」という悩ましいあえぎ声になっていた。

「俺がイイんだろ?ほらもっとはげしくヤラレたいんだろ?チンチンだいすきっていってみろよ」

「あぁぁ いやぁ はずかしいよおおおぉ あぁっ」

「言わないと抜く、俺のチンチンきもちいって言えよ 彼氏とどっちがいいか言ってみろよぉ」

「彼氏の名前を言ってみろよ!なんて名前?」

とうとう男の口から俺の事が出た。ぞくぞくという寒気は体中の興奮に変わっていた。

彼女がすぐそこで男にヤラレ、感じ入った声に俺の胸は痛くなるくらい反応していた。

「うん?ほら、も一回いってみなぁ! ユウ君?何が気持ちいって?マンコぬらしてなにいってんだぁ?」

「あっ!もうアァ…だめ、また…い、イッちゃうぅぅ。ユウ君ごめんね」

多分2時30くらいだったと思う。部屋の中が淫臭で染まった頃、俺はSEXも終わりかけた彼女の部屋のリビングをこっそりと覗き見た。

明るいからバレるかも知れないという危険を冒して…激しい喪失感 そして脱力感 敗北感・・・・

それでもこの屈辱を目に焼き付ける必要が俺にはあった、これからの俺の生きる指針を決める上で重要だった。

俺は右手の感触を確かめると深呼吸をした。そして息を吐くと同時にロフトから飛び降りた。

バン!

想像以上に凄い物音がして俺は着地した。カオリと男は【信じられない!】という表情でこっちを見ていた。

俺が一歩近づくと、同時に男が苦しみ出した。「イタッ!イタタタタ!」どうやら膣痙攣が起きたようだった。
俺はそっと右手をあげた。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました2
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました その後

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/06/21 17:49 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画