葬式で従姉妹にゴックンしてもらった

俺が高校三年の頃の話。
従姉妹(姉妹)家族と同居している父方の祖母が亡くなって、葬儀やらなんやらでしばらく従姉妹の家に泊まる事になったわけ。
久しぶりに対面した従姉妹達と初めはギクシャクしたが、すぐ昔のように話せるようになった。

ちなみに、姉の方のかよこは、高校三年でタメ。目がパッチリ二重で、髪は茶髪、痩せ型、胸はA-Bカップ、鈴木亜美を派手にした感じ。

妹のミホは、高校一年。姉に若干肉をつけた感じ。でも小柄。こちらも鈴木亜美系。
しかし、姉のように派手ではなく清楚な感じ。
それで何もやることがない時は、かよこの部屋でくっちゃべってた。
かよこは喪服を着ていて、当時喪服を持ってなくて学校の制服で来た俺の立場がなかったよ

でもミホは制服。しかもセーラー服。この時点では、従姉妹だしなんとも思ってなかったがミホの短めのスカートからのぞく太ももをみたら、なんか意識しだしてしまった・・・

んで、当然ちらちら見るわけ、ミホが気がついていたかどうか分からないけど、お菓子とるふりしてちらちら。テレビのリモコンとるふりしてちらちら。
会話しながらちらちら。なにもしないでちらちら。

俺が見ているのをよこが気がついていたらしく、最初は俺がミホの足見た後、おれの顔を探るように覗いていただけど、ある時
「kちゃん(俺)なにミホの足みてんの?」と鋭い突っ込み、「別に見てないから」
(ごめんなさい見てました)と焦りながら俺。
「あはは」と軽い笑いのミホ。正直言ってその時点で勃起していたので、目立たないように座り直し。やばいやばい。でもばれてないだろ。

それでしばらくたって、葬式の後に居間でお客さんも交えて皆でお酒を飲みまくる事になった。

俺等飲みまくり食いまくり。机の下に転がった柿の種とるふりしてミホのスカートの中みたら、水色のパンティだった。

また勃起。
「kちゃん大人ぽくなったよね」とミホ。
「ミホはなんかかわいくなっててびびった」と日常会話。俺の股間は非日常。カヨコは酔いつぶれてダウン。

その後、客が帰って、俺も気分悪くなったから寝ることに。従姉妹のかあちゃんが「皆上行って寝な」と言い出す。
上はミホとカヨコの部屋とおまえら夫婦の寝室しかないじゃん。俺は、いくら従姉妹でもあれであれだなーと思ったがミホが、
「いこいこ。お姉ちゃん運ぶの手伝って」
というから、まぁいいかと。

ミホと二人でカヨコを運ぶ。階段の途中でカヨコを危うく転落させる所だったが、なんとかセーフ。
どさくさに紛れて胸さわりまくり。だって酒にまじってすげーいい匂いするし。

カヨコの部屋到着。カヨコをベッドに捨てて二人で座ってお喋りする流れに。
エロイ話振ったら、酔ってるせいか結構のってくる。
「彼氏いんの?」 「いる」 いんのかよ・・・
「エッチとかした?」「一回した」したのかよ・・・

会話しているうちに、ミホがソフトタッチしてくるから俺もタッチ。
あの太ももに触りたかったけどそれはやばいと思って、肩とか二の腕。
しかし、酔ってるしかわいいし色白だから、我慢できずに「胸どんくらい」といつつ右胸にセクハラ。

Cカップくらいでやわらかい。実は俺道程だったから初めての感触。やわらかい。「おいおい、だめだからそれ」とミホ。
構わずムニュムニュと両胸を触る俺。あーやわらかい。ちょっと無言になった後ンフーって感じでちょっと息を吐き出して「kちゃんってエッチだね」とすごい色っぽいかわいい声。もうたまらない。

「キスしてみていい?」「んー・・・」と渋ったが、チュッとしてみた。なんか一瞬止まって上目づかいで俺を見てくるミホ。
またおっぱいもみもみ。二人とも息が荒くなってきて、六畳の部屋に押し殺したはぁはぁという息遣いとカヨコのスースーという寝息が混じって変な感じ。

もうあそこがカチンコチンだしセーラー服だしぎゅっとだきしめた。「いい?」と聞いてみた。
「従姉妹だし駄目・・・」とミホ。
「ちょっとだし大丈夫だよ」ー意味不明の道程な俺。
「エッチは駄目」ミホ。
「口だけは?」
 調子に乗る道程な俺。無言になったからOKだなと勝手に判断。

とりあえず、はぁはぁしながらディープキス。(ちなみにキスはしたことあったよさすがの俺でも)ちょいザラザラしたミホの舌とレロレロ絡める。
カポって口離したら、ミホがまたンフーみたいに息吐いて、ちょっと力抜ける。さらにレロレロ。

俺は、その時興奮しすぎて次に何していいか分からなかったが、とりあえずあのしろい太ももがほしくてたまらなくなりちょっと抵抗にあったが、ここぞとばかりに制服のスカートの中に頭突っ込んで太ももをなめまくり、
「足に・・・後つけないで・・・んっ・・あっ」
と言っていたがそんなのその時は耳に入らない。

とにかく太ももを吸ったり舐めたりしまくった。ミホの太ももは俺の唾でニュルニュルになった。ミホの息も俺の息もますます荒くなる。

今度は奥だと思って、そのまま水色パンティに突撃。部屋は暗くて、スカートの中はもっと暗かった。
パンティに顔を押しつけて匂いをフガフガ(変態だなこれw)それでベロベロ舐め回す。
ミホはスカート越しに俺の頭を掴んで「ングっ・・・ング・・・」と声を押し殺した後、ンハーと息を吐くのを繰り返した。

それでパンティが湿ってきた。一度スカートから顔だして、パンティ脱がそうとしたら
「だから・・・駄目だって・・・・・・」とゼェゼェしながら拒否された。
「分かった。じゃあさっき言ったのして・・・口でって言ったし・・・」
とゼェゼェしながらお願い。
「じゃあ・・出して」

ソッコ−、ズボンとトランクス一緒に脱いだ。それで赤いソファーにおれが下半身丸出しで座りその下にひざまずくようにミホ。
もうカチコチで見られただけでイキそう。とりあえず手で触ってきた。
初めて女にチンコ触られたよ。ますます興奮した。

それでミホが「どうすんの?」と聞いてきた。「だから口でやってみて・・・」と俺。
「したことないからたぶん下手だよ・・・・」とミホ。「分かったからとりあえずして・・・」と俺。もう我慢の限界。

ゆっくり、小さい顔が動いて、ミホの口がおれのチンコに。カポって咥えた。なんかニュルってした。同時くらいにチンコのさきっぽにミホの舌がくっついた。

女の子に初めて咥えてもらった興奮とあっちも初めてチンコ咥えたんだなとい興奮とそれまでの興奮がまじったのか背中の上のほうがピリッてする感じの快感。
それで舌先でレロレロしてる、今考えるとぎこちないって表現が正しいのかな。そのときはすげーきもちよかった。

それでイキのを我慢して「もうすこし強く吸って」とか「上下に動いて」とかわがまま言いまくり。
そうすると鼻でンフーンフーとしながら顔を上下に動かしてくれた。俺は息を止めて我慢してたから、姉の寝息とジュボジュボって音とミホのンフーと下の階の身内の話す声が聞こえた。

ミホが上目使いでこっち見たから、もうさすがに我慢できすに「やべっでる、でるでる」
とミホの頭をがしって掴んでケツと腰に力入れて、ミホの口の中にびゅっびゅっびゅっびゅってだした。マジでそれまでで一番でたかもしれない。

でてる途中にミホが苦しいのか口を離そうとしたが俺は気持ち良すぎたので理性が効かず、頭を掴んで離さないままびゅっびゅって全部ミホの口の中に出し切った。

その後も落ち着くまで頭は掴んだままミホの口にチンコいれたままいた。ミホがゲホゲホなったのですぐチンコ離した、少し口から垂れてミホの足と絨毯についた。口に残ったのは飲んだみたいだった。

「マジびっくりしたー」とよく見ると涙目のミホ。冷静になったら凄い悪い事した気になってきたので
「ごめん。ほんとごめん」と平謝り。

「んーん。大丈夫。それよりにがくて飲むときイガイガした」と手にもついてしまった俺のをベッドの横の所に擦り付けてる。
「ほんとよかったありがと」と俺。「うん・・・」とミホ。

そんで、チンコも拭かずズボンとパンツ穿いて、「・・・・・・やっぱ下で寝るわ」
と俺は居間で寝ました。

帰るときに、かよことミホとケー番&メルアド交換して、かよことその他にばれなくてよかったなと思いながら帰りました。

その後、ミホの太ももと口を思い出してオナニーしてたよ。

この前大学生になったミホが、俺のアパートきたけどその時はなにもなかった。
あれ以来極普通の従姉妹通しとして付き合っています。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました完
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました

強気な姉さん女房が寝取

[ 2017/06/11 18:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画