ばあちゃんの家で、母さんと

僕は、20歳の学生です。僕も、母さんとセッ○スをしています。
 母さんは46歳で、ぽっちゃり型の美人です。家族は48歳の親父と、母さんと、僕の3人です。
 きっかけは、母さんと僕とで、田舎のばあちゃんの家(親父の実家)に泊りに行ったときに起きました。
 ばあちゃんは、じいちゃんを亡くして、一人暮らしです。
 だから、僕達が遊びに行くと喜んで、話し始めたら止まりません。
 その日も、夕食後、遅くまで、ばあちゃんは母さんと話し込んでいましたが、ついに、ばあちゃんも話し疲れたのか、「もう寝ようかね」といって、自分の部屋へ行きました。
 なが話しに付き合っていた母さんも、「もう遅いから先に寝るわよ」といって、いなくなりました。
 僕は、居間に残ってチューハイを飲みながら、テレビを見ていましたが、2時ごろになって番組もいいのが無くなったので、寝る事にしました。
 ばあちゃんの家で泊まるときは、いつも客間で寝ることになっています。
 客間に入ると、布団が二組、並べて敷いてあり、豆電球の薄明かりの中で、母さんが寝ていました。
 母さんは、お腹のあたりに、タオルケットをかけて、少し、疲れたのか、かすかに寝息をたてて、熟睡している様子でした。


 僕が自分の寝床に入ろうとしたとき、暑いのか、母さんが寝返りをうって、タオルケットを蹴飛ばして仰向けになりました。
 母さんの浴衣がめくれ上がって、白い太ももが付け根まで、露出しました。すごくエロっぽくて、それを見ているだけで僕のペ○スが膨らんできました。
 豆電球の明かりに照らされた、母さんのショーツは、ベージュ色で、縦にうっすらと溝があって、その下の割れ目の部分が容易に想像できました。
 僕は、母さんの乱れた寝姿を見ながら、以前、親父の寝室からかすかに聞こえてきた、母さんの卑猥なよがり声を思い出していました。
 母さんが、全裸で犬のように四つんばいになって、後ろから親父に激しく、突き上げられて、髪を振り乱して絶頂の声を上げているのではないかナ? と以前、思ったことがありました。
 また、そんな、母さんの姿を、かってに想像していると、ますますペ○スが硬くなって来ました。
 僕は、多少酔っていたので、大胆になれました。
 そーっと母さんの浴衣の帯をほどき、浴衣の前をゆっくりと広げてみました。ベージュのブラジャーに包まれた、白くて大きなオッパイがありました。
 僕は、母さんがまだ熟睡しているのを確かめると、ショーツに顔を近づけて、ショーツの上から割れ目にそって、指でなでてみました。
 すると、母さんの寝息がピタリと止まり、眉の間にしわを寄せ、かすかに鼻声で「ン~」といって、脚を広げました。
 今度は、クリのあたりを指で触ってみました。
 すると母さんは、少し唇をあけて「あ~」と息をもらし、自分のオッパイを揉むような仕草をしました。
 さらに、母さんのショーツの横から指をいれて実際に割れ目を触ってみました。
 すると、そこは、まるでオシッコを漏らしたように、濡れていました。
 恐る恐る、指で膣穴を探っていると、母さんは、目を閉じたまま、「あ~  あ… な… た…~」といいながら、下半身をよじっていました。どうやら、母さんは、親父とヤッテいる夢をみているようでした。
 僕はもう、我慢できなくなって、イチがバチか一気にやってみようと思いました。
 僕は急いで、パンツを脱ぐと、少し開いた母さんの脚の間に僕の両脚をいれて、体重をかけないように、腕立て伏せの格好になって、母さんの、ショーツの前を横に引っ張り、ヌルヌルになっている割れ目を剥き出すと、剛直したペ○スを、一気に、膣の奥深く、ズブリっと挿入しました。
 瞬間、母さんは「あッ」と小さな声をだし、僕のペ○スを体の奥深く受け入れるかのように、腰を浮かせました。
 僕は、ペ○スを挿入したまま、母さんのブラジャーを上にずらし、オッパイに喰らいつき、乳首を吸いました。
 そのとき、母さんの身体がビクッとこわばって、「えっ! なっ!…だれっ! ゆっ!雄也?!」と怯えるような声で言いました。
「ひっ!・・・・いやっ!」「雄也!・・・・やめて!、お願い!・・・・」と、母さんは慌てて身体をよじって逃げようとしました。
 僕は、母さんの脇の下から手を回して、がっちりと押さえ込み、脚をからめて、ペ○スでしっかりと膣穴を貫いて、逃しませんでした。
 僕が、「ばあちゃんが起きるよ、」とひとこと、言うと、急に母さんの抵抗が弱くなりました。
 母さんは弱弱しい声で「ね… 雄也・・・・ やめて、お願いだから・・・・」と何度も言っていました。
 僕は無視したまま、母さんの膣穴深く埋め込んだペ○スを、ゆっくりと、ピストンしました。
「ひっ!・・・・いやあっ!」
 母さんがかすれた声を出して、僕を押し退けようとしました。
 僕は脚をからめたまま、徐々にピストンのスピードを上げ、夢中で母さんの膣の奥を突きまくりました。
 僕はすぐに気持ち良くなって、5分も持たないで、母さんの膣穴に大量の白濁液を放ちました。
 僕は射精したあとも、母さんとつながったまま、逃がしませんでした。
 母さんは、目を閉じたまま何も言いませんでした。
 今、起きてしまった現実を、どう受け入れていいのか、分からないまま、言葉を失っているかのようでした。
 僕は、それをいい事に、おもむろに、支配下にある母さんの乳首を吸いました。
 すると、母さんの体が反応して、膣穴がじわっと僕のペ○スを締め付けてきました。
 すぐにまた僕のペ○スが硬くなってきました。今度は、ゆっくりと僕がピストン運動を始めても、もう、抵抗しませんでした。
 母さんは、しっかりと目を閉じて、唇を結んでいましたが、僕がグラインドを始めると、しだいに、眉間にしわをよせて、息が荒くなってきてきました。
 僕は汗だくになり10分くらい、母さんを突きまくっていると、母さんは、左右に髪を振り乱しながら、とうとう可愛い声で「あァ~」というよがり声を出しました。
 その声を聞いて、僕は、一気に射精感が込み上げてきました。
 僕が母さんの腰をつかんで、グイっと力を込めて突き上げると、母さんが、「ああ~」「い… く!」と、僕にしがみ付いて来て、すごい力でペ○スを締め付けてきました。
 僕はまた、母さんの膣の奥深くに、二度目の射精をしてしまいました。
 
 僕と母さんは、こうして、秘密の関係を結んでしまいました。
 母さんは、この秘密を人に知られることを極端に恐れています。当然ですが、親父に知れたら、終わりです。
 それ以上に、母さんは、親戚や近所に知られると、もうここで、住むことすら出来ないと言っています。
「だから、絶対に人に言っちゃダメよ!言わないって約束して!」って懇願するのです。
 その日以来、母さんは、「絶対に…秘密を守ってくれるなら…」と言っては、新たな秘密を重ねるようになりました。
 今では、僕が「まだ、誰にも言ってないよ…」と言うだけで、その奥にある淫らな意味を理解して「わかったわ…」といって、どんな恥ずかしい要求でも聞いてくれます。
 これからも母さんとの秘密の関係は、まだまだ続きそうです。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果4
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました完
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3

強気な姉さん女房が寝取

[ 2017/11/24 02:08 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画