▲妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた4(転載禁止)

前回の話

『フフ。あなた、きっと妊娠したと思う。なんか、手応えがあったよ』
麻友は、幸せそうな顔で言います。私は、当然手応えなどありません。でも、麻友の幸せそうな顔を見て、きっと大丈夫な気がしていました。

ついさっきまで、浩くんと激しいセックスをしていた麻友……。でも、そんなことはまるでなかったように、麻友は私に抱きつき、甘えた仕草を見せています。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

麻友は、浩くんとセックスをしているとき、私の目を気にして声を抑えていました。私以外の男性とセックスをしているのに、感じてしまうことに罪悪感を感じているようでした。でも、私は正直に言って、麻友が他の男とセックスをする姿に興奮していました。
私とする時よりも感じる麻友に、嫉妬を感じながらも興奮を感じていました。どうしてそんな風に感じるのかわかりませんが、今までの人生で感じたことのないほどの興奮を感じていました……。

そして数日経過し、麻友に生理が来てしまいました。でも、不思議と麻友は落ち込んでおらず、
『次はきっと大丈夫だよ!』
と、明るい笑顔で言います。浩くんとこんなことを始める前の麻友は、いつも暗い表情でした。思い詰めたような雰囲気でした。私は、麻友に明るさが戻ったことを喜びながらも、もしかして浩くんとのセックスが楽しみになっているのではないか? と、疑念も感じていました。


そして、次の周期、いわゆる危険日が来ました。浩くんは昼前にはウチに訪れ、一緒に昼ご飯を食べました。
楽しそうに食事をしながらも、会話は子作りのことばかりです。
「今日は、交互に何回もしてみたら良いんじゃないかな? お互いに一回だけだと、確率が下がるんじゃない?」
浩くんは、そんな意見を言います。
『そうね。でも、あなた、出来ますか? 休憩長めに取れば平気?』
麻友は、心配そうに質問してきます。確かに、私は一度射精してしまうと、なかなか回復しません。でも、麻友が浩くんとしているのを見るときは、違うようにも感じます。

「じゃあ、シャワー浴びてきますね」
食事が終わると、早速浩くんがそんなことを言います。麻友は、
『朝浴びたんでしょ? 時間もったいないし、そのままで良いわ。寝室行きましょ』
と、そんな風に言います。そして、食器を片付けるのもそこそこに、移動が始まります。寝室に入ると、間接照明に切り替える麻友。私は、一気に緊張が高まります。何度見ても、自分の妻が他の男とセックスをしようとするのは、ショックが大きいです。

麻友は、なにも言わずに服を脱ぎ始めます。ムードもなにもなく、さっさと脱いでいく麻友。同じように、浩くんも服を脱いでいきます。

「今日は、どんな風にすれば良いですか?」
浩くんは、緊張している様子もなく質問します。
『そうね。今日は何回もしないといけないから、なるべく省エネでいこうか。もう、すぐ入れて良いわ。浩くんも、我慢しないですぐに出しちゃってね』
麻友は、ベッドに寝転がりながら言います。
「でも、少しは準備しないとじゃないですか? 濡らさないと痛いでしょ?」
浩くんは、そんな風に言います。
『もう、準備出来てるわ。それ見たら、すぐに濡れちゃうわよ』
麻友は、浩くんのペニスを指さしながら、おどけたように言います。私は、思わず麻友のアソコを見てしまいました。確かに、薄暗い中でも麻友の膣周りが光っているのがわかります。

「あっ、本当ですね。なんか、嬉しいな。じゃあ、入れますね」
嬉しそうに言いながら、麻友に覆い被さる浩くん。慣れた動きで、あっという間に挿入してしまいました。
『うぅっ、が、我慢しなくて良いから、すぐに出してね』
麻友は、そんなことを言います。でも、入れられただけで、すっかりととろけた顔になっているのがわかります。

寝室で、妻が他の男と繋がっている……。それなのに、私はおかしな程興奮しています。嫉妬や悲しみのような感情もありますが、やっぱり興奮が高まる一方です。

「はい。じゃあ、動きます」
浩くんは、そんな風に言うと、すぐに腰を振り始めました。
『うぅっ、うぅあっ、あっ、すごく固いわ。溜めてきたの?』
麻友は、嬉しそうな感じで質問します。
「はい。すごく濃いの注ぎますね」
浩くんは、すでにあまり余裕のない感じです。
『うん。浩くんの濃いヤツ、一番奥に注いでね』
麻友は、声が興奮に震えているような感じです。私は、二人のセックスを見ながら、勃起したペニスが何度も何度も縦に揺れるように動くのを感じていました。

『あっ、あっ、んっ、うぅっ! き、気持ち良くなっちゃう。早くイッて。身体、もたなくなっちゃう』
麻友は、弱々しく言います。そして、正常位で腰を振る浩くんの乳首を触り始めました。すると、浩くんは小さくうめき、腰の動きをさらに早くします。

ベッドのきしむ音、そして、湿った水音……。私は、息が苦しくなるほど興奮しています。
「あぁ、ヤバい。出そう」
浩くんは、あっけないほど早くそんなことを言い始めました。
『イッてっ! 中に出してっ!』
麻友は、短く叫びます。すると、浩くんが腰の動きをさらに早くしました。
『うぅあっ、あっ、ダメっ、気持ちいいっ、イッちゃう、ダメぇ』
麻友は、必死で声を抑えているような感じながら、身体はのけ反り気味になってきています。
「あぁ、出る」
浩くんは、あえぐように言うと、麻友にキスをしました。すると、すぐに麻友の舌が絡みついていくのが見えました。その直後、浩くんは身体を震わせ、麻友の膣奥深く射精を開始しました。

『もう……。最初からこんなに激しくしたら、身体もたなくなっちゃうでしょ』
麻友は、少しすねたような顔です。浩くんは、ごめんなさいと言いながら、すぐに麻友の上からどきました。
『あなた、すぐ来て……』
麻友は、妖艶な顔で言ってきます。だらしなく拡がった脚、膣口からは、浩くんの精液がダラダラと漏れ出してきています。私は、他人の精液あふれる妻の膣に、いきり立ったペニスを差し込みました。
『あなた、すぐイッてくださいね』
麻友は、そんなことを言います。浩くんが挿入したときとの違いに、私は落ち込んでしまいました。でも、わずかな可能性でも、私の精子で受精させたいという気持ちで、腰を動かし始めました。

『あなた、早く……負けちゃうわ』
麻友は、そんな風に言ってきます。私は、麻友は本当に私の精子で妊娠したいと思っているんだなと、少し嬉しくなりました。そして、私は腰の動きをさらに早くしていきます。

一気に射精感が高まるのを感じながらも、麻友がほとんどあえいでいないことに申し訳ない気持ちにもります。確かに、私とのセックスでは射精モードに切り替わらないのかもしれないです……。

腰を動かすたびに、麻友のアソコがグチョグチョと音を立てています。そして、精液独特の匂いも漏れ出しています。私は、急がないとと思いながら必死で腰を振り、あっけなく射精をしました。
『あなた。愛してる』
麻友は、私のことを見つめながらそんなことを言ってくれます。私は、愛してると言いながら彼女にキスをしました。舌を絡めながらキスをしていると、幸せな気持ちになります。でも、ふと横を見ると、浩くんがすでに勃起した状態でスタンバイしています……。

「じゃあ、代わりましょうか」
浩くんは、そんな風に言ってきます。私は、思わず麻友を見ました。私は、休憩しながらするものだと思っていました。
『え? もう? フフ。準備出来てる感じね。良いわ、来て』
麻友は、まだ私と繋がったままなのに、そんな風に言いました。私は、慌てて麻友の上からどきます。すぐに浩くんが麻友に覆い被さり、その大きなペニスを挿入してしまいました。

『うぅっ、やっぱり凄いわね』
麻友は、思わずという感じで声を漏らします。
「今度は、ちゃんと気持ちよくなって下さいね。ちゃんと感じてくれないと、身体が受精モードにならないですよ」
浩くんは、そんな風に言って身体を動かし始めます。
『あっ、んっ、気持ちいいわ。あなた、ごめんなさい。乱れちゃうかも』
麻友は、私を見ながら言います。浩くんは、ストロークの長いピストンをしながら、麻友の乳首を舐め始めました。
『あぁっん、あっ、気持ちいいっ、乳首気持ちいいっ』

【続きは出典元から】

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた5
・いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった4
・おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました
・目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった
・嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた


強気な姉さん女房が寝取


[ 2019/09/09 01:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ