□セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた完(転載禁止)

前回の話

俺は、すぐに始まった二人の2回目のセックスを聞きながら、狂ったようにオナニーを続けていた。麻衣子は、どういうつもりでこの音声を聞かせているのだろう? 本当に、しばらく帰ってこないつもりなのだろうか? 俺は、動揺しながらも右手の動きを止められずにいる。

『すごいね。もうカチカチだね』
麻衣子は、嬉しそうに言う。
「麻衣子だからだよ。麻衣子となら、何回でも出来るし」
健也くんは、きっぱりと言い切る。最初の頃のおどおどした感じはまるでなくなっていて、男らしい感じになってきている。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)


『嬉しいな……。健也、もう来て……』
麻衣子は、本当に嬉しそうに言う。俺は、麻衣子は俺が聞いていることを知っているのかな? と、疑念を感じていた。向こうからかかってきたので、わざと俺に聞かせているんだとは思う。でも、間違ってかかってしまったという可能性もあるのかな? とも思っていた。

「どの格好が良い?」
『座ったヤツ。キスしながらしたい』
麻衣子は、興奮した声で言う。俺は、対面座位でセックスをする麻衣子を想像しながら、オナニーを続けた。

『あぁんっ、気持ちいい。健也、本当に気持ちいいよ』
麻衣子は、本当に気持ちよさそうな声をあげている。俺は、音声だけではなく、映像を見たいと思っていた。麻衣子は、動画を撮ってくると言うような書き置きを残していた。

「本当に愛してる?」
健也くんはそんな質問をする。
『愛してるよ。健也は?』
麻衣子も、甘えた声で質問する。健也くんが愛してると答えると、会話がなくなる。

でも、耳を澄ますと、荒い息遣いとうめくような声が聞こえてくる。対面座位でキスをしながらセックスをする麻衣子……。俺は、それを想像して胸が苦しくなるほどの嫉妬を感じながら、もうイキそうになっていた。

『イッちゃうっ、健也、イクっ! 愛してるっ!』
麻衣子は、叫ぶように言う。すると、いきなり通話が終わってしまった。俺は、慌ててスマホに手を伸ばす。そして、散々迷ったあげく、麻衣子に電話した。でも、電源が入っていないと言うメッセージが流れるだけで、繋がらない。

ずっと通話状態で放置したので、バッテリー切れを起こした? 俺は、なぜこんなタイミングで? と、思いながらも、興奮が収まらず、前に麻衣子が隠し撮りしてくれた動画を見始めた。
麻衣子が、健也くんとセックスをする姿……そして、中に出された場面で、俺はイッてしまった……。射精を終えると、俺は急に冷静な気持ちも戻ってきた。今日、本当に戻ってこないのだろうか? 泊まってくるのだろうか?

心配でモヤモヤしたまま、なかなか眠れずに過ごしていた。今頃、まだセックスをしているのだろうか? そんなことを想像したまま、気がついたら寝ていた。

朝になると、やっぱり麻衣子はいない。本当に泊まったんだ……。俺は、絶望的な気持ちになる。今日は、帰ってくるのだろうか? 心配でなにも考えられなくなってしまう。

なんとなくスマホを見ると、麻衣子からメッセージが来ている。慌てて確認すると、短い動画が添付されていた。寝ている健也くん。寝顔が無邪気な感じだ。すると、カメラが回転し、麻衣子の身体を映し始める。麻衣子は、全裸だ。そして、体中に精液みたいなものが飛び散っている。

カメラは、さらに麻衣子の下腹部の方を映し出し、拡がった膣口から垂れ流れる精液まで映し始めた。それは、どんどん溢れてくるような感じだ。すると、カメラが一気に動き、麻衣子の顔のアップになる。麻衣子がニコッと微笑んだところで、動画は終わった……。

俺は、麻衣子がなにを考えているのかわからなくなってしまった。挑発? 興奮させるため? 俺は、わからないままメッセージを送った。でも、返信はない。

そのまま、なにもないまま夕方になってしまった。まるっきり、引きこもりになったように家から出なかった俺……。心配しながらも、興奮する俺もいる。

ただ、結局この日も麻衣子は帰ってこなかった。俺は、絶望的な気持ちになりながらも、やっぱり麻衣子の隠し撮りした動画を見てオナニーをしてしまった……。

麻衣子は、それから4日後に帰ってきた。と言うよりも、帰宅したら麻衣子がすでにいた。
『秋則さん、お帰りなさい。寂しかった?』
麻衣子は、夕ご飯を用意しながら声をかけてきた。俺は、思わず麻衣子に駆け寄り抱きしめた。
『ゴメンね。寂しかったみたいだね。私も会いたかったよ』
麻衣子は、そんな風に言う。本当に会いたかったという感じはする。
俺は、どこにいたのか質問した。
『知ってるでしょ? 健也くんのところだよ。プチ同棲してたんだ』
麻衣子は、悪びれる様子もなく言う。俺は、言いたいことが頭をぐるぐる回るが、結局言葉に詰まってしまう。

『夕ご飯出来てるよ。まずは食べようよ』
麻衣子は、俺を促す。そして、夕食が始まった。麻衣子は、6日も家を空けたとは思えないほど普通の感じだ。
『洗濯とかもしてくれたんだ。ありがとうね』
麻衣子は、楽しそうだ。俺は、どんな生活をしていたのか質問する。
『どんなって、普通の同棲だよ。健也くん、元気だから毎日クタクタになっちゃった』
麻衣子は、そんな風に言う。俺は、沢山セックスをしたのかと質問した。
『うん。起きてる間はずっとしてた感じだよ。食べるときも、トイレ行くときもずっと』
麻衣子は、そんな風に言う。俺は、どうして今日帰ってきたのかと聞いた。
『さすがに疲れちゃったし、秋則さんにも会いたくなったから』
麻衣子は、真面目な顔で言う。
「彼のところには、戻るの?」
俺が質問すると、
『うん。明日からまた行ってくるね。ダメ?』
と、挑発するようななんとも言えない表情で言った。俺は、すぐにそんなのはダメだと言う。
『本当に? 本当にダメだと思ってるの?』
麻衣子はそんな風に言いながら、テーブルの向こうから脚で俺の股間を踏むように押してきた。俺は、思わずうめく。
『カチカチになってるよ? 本当は、ダメだなんて思ってないんじゃない?』
麻衣子は、俺の股間をなで回すように踏みながら言う。

『これで見られるようにしてあげるよ? どう?』
麻衣子は、ラックから箱を取り出して机の上に置く。それは、見守りカメラという商品だった。俺は、どういうことかと質問する。すると、麻衣子はこれを健也くんの家にこっそり設置し、俺が自宅で見られるようにするという。俺は、同棲している麻衣子の様子を想像し、嫉妬と興奮で言葉が出てこなくなった。

『じゃあ、決まりだね。ご飯食べたら、動画見ながらしようね。ちゃんと撮ってきたから』
麻衣子は、良い笑顔で言う。俺は、完全に彼女にコントロールされてしまっているなと思いながらも、黙ってうなずいた。

俺は、ドキドキしながら食事を続ける。麻衣子は、意味ありげな笑みを浮かべながら俺を見つめている。そして、食事を終えると、すぐに寝室に向かった。

麻衣子は、慣れた動きでテレビにポータブルビデオ型のカメラからSDカードを抜くと、テレビに刺した。そして、動画が始まる。

動画が始まると、そのタイミングで健也くんが部屋に入ってくる。彼は全裸だ。そのペニスは勃起していないようで垂れ下がっている。
麻衣子はやはり全裸で画面の隅に映っているが、二人は仲良くソファに寝転がった。健也くんが後ろで、前に麻衣子が寝転がる感じだ。

そして、二人はテレビを見始める。何かの映画を見ているような感じだ。二人は、全裸のままで寄り添うように抱き合っている。
「入れるよ」
健也くんは、そんな風に言うと後ろからペニスを挿入したみたいだ。
『あぅん、エッチ』
麻衣子は、テレビ画面を見つめたまま可愛らしい声を漏らす。二人は、そんな風に繋がりながらもテレビ画面を見つめている。

しばらく、動きもなく画面を見入っていた二人。俺は、映画を見ながら繋がっている二人を見て、言いようのない不安を感じていた。

ついこの前までは、おどおどしていた健也くん。どちらかというと、麻衣子が痴女のように迫っていたイメージだ。それが今は、長く同棲している恋人同士のような雰囲気だ。

そのまま、30分近く映画を見続ける二人。ずっと、ハメたままだ……。すると、動きが出てくる。麻衣子が、微妙に腰をくねらせるように動かし始めた。

【続きは出典元から】

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・元彼に嫉妬してEDになった私と、罪悪感から寝取られる妻2
・嫁と俺の共通の友人が、嫁を気軽に使っていた4
・清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた4
・いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった2
・セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由2


強気な姉さん女房が寝取


美人妻のパイパンマ○コに生中出し4連発 元地方局アナウンサー

母さんじゃなきゃダメなんだっ!

[ 2019/08/16 13:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ