レイパーの告白

157 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 01:54:53.93 ID:uUFjfLQoO
夜の雨…私の性欲は更に高まります。
ただでさえ「オマンコ・セックス」しか思い浮かばない頭なのに。
でも、私の欲求を満たしてくれた女が、今夜もいました。
金髪のショートカットになんとデニムのショーパンで生足全開でした。
上着はパーカーでその上にマフラーの親分(?)のような物を羽織っていました。
 
いつもなら、ショーパン女はスルーするのですが、何せこの世の中…チャンスはいつでも、どこでもありますし、手こずるのは承知で狙いました。
ただ、携帯で会話していたのだけが問題でした。
すれ違いした時に顔やスタイルをガン見しました。
中肉中背で今時のギャルといった感じでしょうか。
JKから20前後だと思います。
暫く気付かれないように尾行しましたが、会話が終わる気配はなく、挙げ句のはてにスーパーらしき軒下で座り込んで会話していました。
ヤル為とはいえ、この雨と寒さは堪えました。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

158 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 02:14:21.39 ID:uUFjfLQoO
雨音しか聞こえない夜。
なかなか会話をヤメない女に、段々と苛立ってきました。
「クソッ…さっさとヤラせろよっ…!」
20分から30分位たったでしょうか。ようやく、会話をヤメて立ち上がり歩きだしました。
今度はメールでもしているのか、携帯をいじりながらトボトボと歩いています。
"チャンスっ!"携帯をいじりながら歩いてる女は狙いやすく、ましてやこの雨なので、更に警戒心が薄れていることでしょう。
見た目の通り、頭の弱そうな女です。
女は通りから路地へと曲がりました。
しかし、この路地の方が微妙に民家が多く、襲える場所も難しい所でした。
私は更に苛立ちました。
「このアマ…ずっと通りを歩いてりゃいいんだよっ…!」せれでもやはり"オマンコとセックス"の為なら…と、自分を落ち着かせて尾行しました。
すると、市営団地(?)みたいな所があり、女はそちら方面に歩いて行きます。


159 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 02:30:51.60 ID:uUFjfLQoO
さほど大きくはない団地でした。
団地と団地の間には、駐車場と公園がありました。
「ココなら…」そう判断し、周りを確認しました。もちろん、車も人もいません。冷たい雨が降っているだけです。
女は公園内をショートカットしていく感じで歩いて行きます。
いつもの事ですが、この襲う直前が一番緊張します。
私は小走りに女の背後をつけました。雨音と傘、それに携帯をいじっていたせいか、真後ろに迫っても全く気付く素振りもみせませんでした。
傘が邪魔でしたが、私は背後から一気に襲いました。
「んっ!?んんっーーー!?」口を塞ぎながら、強引に公園のトイレへと一気に連れ込みました。
ちょっと油断すると、襲った時に女がしゃがみ込むので、そうさせない為でもあります。
トイレの身障者用の扉を開け、その中で押し倒しました。男用も女用も真っ暗でしたが、この身障者用だけは電気がついていました。


160 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 02:55:16.27 ID:uUFjfLQoO
「ちょっ!なになにっ!?誰なのっ!?痛っ!ちょっと、やめてくんないっ!」この女をヤル為ですから、もちろんやめる訳ありません。
うつ伏せの女の頭を、床のタイルに抑えつけながら、持っていたガムテープを取り出しました。
女の背中に乗り、口元にガムテープを何枚も張り付け、両手を後ろ手にしてガムテープを巻きました。
「んっんっんっ!んー!んー!」女を仰向けにすると、美味しそうな生足がハッキリと見えました。
いつもは夜間の野外が殆どなので、明るい所はかなり新鮮に感じました。
私は一度、慎重に扉を開けて外へ出て、女の傘を拾いあげました。
再び身障者用トイレに入ると、床に落ちていた女の携帯が鳴りました。
女は口も両手の自由も奪われているにもかかわらず、上体を起こそうとしながら携帯を見つめていました。
私は携帯を拾い、画面を見ると"Sくん"と出ていました。
もちろん、そのまま電源を切りました。

161 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 03:11:31.57 ID:uUFjfLQoO
「ん~ん~ん~んっんっんー!んー!」なにやら苦痛な表情をしていたので「なんだよ、苦しいのかよ?」と問うと、女は何度も頷きました。
「おとなしくしてれば外してやるがな…」再び、女は何度も頷きました。
口元に張ったガムテープを剥がすと「痛いっ!」と女が叫んだので、顔面を思いっきり床のタイルに押し付けました。
「コラ…その顔…ズタズタにしようか?」私はカッターナイフを女の頬にあてながら脅しました。女は小さく首を横に振りました。
もう、あとは楽しむだけ…私が気持ちよくなるだけだと思いました。
デニムのショーパンのベルトを外しジッパーを下ろすと、薄い黄色地に何色もの水玉模様のパンティが見えました。
やはり、いつもと違い明るい所のせいか、この時点で私のぺニスはフル勃起状態でした。
女は荒い吐息を繰返しながら目を閉じていました。


162 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 03:28:14.81 ID:uUFjfLQoO
デニムのショーパンを脱がし、水玉のパンティを脱がすと、ほぼパイパンでした。
私はすかさず、丸見えのオマンコを舐めました。ほんのりと匂いましたが、派手な外見のわりには、意外と綺麗なオマンコでした。
クリトリスを舐めまくり、オマンコの中に舌を入れて舐めまくりました。
もちろん、体質的なもんでしょうが、この女のオマンコはすぐにグチョグチョになりました。かなりの濡れ具合でした。
「やらしい女だな…無理矢理でも感じるのか?」そんな事はないと分かっていても、つい口にしてしまいました。
私はグチョグチョになったパイパンオマンコに中指を入れました。
緩いのか?グチョグチョのせいなのか?何の抵抗もなく、中指はズッポリと入りました。
そのまま、いきなりフルスピードで中指をピストンさせました。


163 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 03:41:25.37 ID:uUFjfLQoO
ピチャピチャピチャピチャ…!とにかく、見事な濡れっぷりです。
女は目を閉じたままで、かなり荒い鼻息で耐えている感じでした。
私は中指をピストンしたまま、クリトリスを舐めまくりました。もう、私の口元は女の愛液でビチャビチャになりました。
もはや、ダラダラと流れ出てくるような感じになった時、女が股を閉めようとしてきました。
私は舐めるのを止めて女を見ると、体をよじりながら、目と口を固く閉じながら首を激しく横に振っていました。
「なんだよ、気持ちいいのかよ?なんだよこのオマンコはよ…」私はニヤつきながら耳元に囁いてやりました。
そして「もっと気持ちよくさせてやるからよ…」と言いながら、ズボンとパンツを脱ぎ、女の股の間に座りました。
フル勃起したぺニスは簡単に、スムーズに根元まで挿入できました。

164 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 03:45:53.20 ID:blkwZqjm0
ハァハァ・・数の子天井でしたか?
165 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 03:59:26.95 ID:uUFjfLQoO
やはり、意外と緩いオマンコでしたが、腰を振ると同時に聞こえる"ピチャピチャ"という音に興奮しました。
あ~気持ちいい…でも、もう少しでもっと気持ちよくなるんだよなぁ…。こんな事を思いながら、私はゆっくりと激しく、奥深くへとぺニスを突き続けました。
パーカーを捲りあげると、厚手のシャツ、それも捲りあげると、タンクトップでノーブラでした。
「おい、いつでもOK状態かよ…?」小ぶりでしたが、若い女のオッパイは張りと艶が違います。揉みしだき、舐めまくりました。
もう堪りませんでした。私は思いっきり腰を振り、オマンコの奥深くへとぺニスを突きまくりました。
「ヒッ!ヒッ!ヒッ!」女が小さな悲鳴をあげ出しましたが、お構い無しにピストンしました。
おっおっおっ!イクっ!イクっ!ウッ…!やはり、この瞬間は最高の快感です。
ぺニスを抜くと、女のオマンコから私のザーメンが垂れてきました。これも、明るい所ならでは光景で、かなりのエロさを感じました。


166 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/03/22(火) 04:17:36.37 ID:uUFjfLQoO
女は焦点の合わないような目を半開きにしたまま、荒い吐息を繰返していました。
気持ちよくなったばかりでしたが、何故か襲う前の苛立ちを思い出してしまいました。
女の携帯を拾い、電源を入れました。そして、まだフル勃起状態のぺニスを、自分のザーメンが垂れているオマンコにもう一度挿入しました。
「んふっ…んっ…んっ…!」女が少しだけ反応しましたが、私は携帯をムービーにして撮影しました。
更にハメてるシーンやザーメンが垂れてるシーン、そして女の全身像と何枚か写メを撮りました。
女はシャッターの音には気付かなかったのか、やはりグッタリした感じでした。
私はアドレスを開き、さっきの"Sくん"にムービーと写メを送信して身仕度を整えました。
すると、Sくんから着信がありました。
「ご馳走さま…」私は一言お礼(?)をして携帯を壊しました。
女の手首のガムテープを外して、私は公園から去りました。
明日も…ヤリたい…。

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました
・清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた完
・セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由4
・おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました3
・いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった完


強気な姉さん女房が寝取


[ 2013/11/02 16:55 ] 男性の体験談 レイプ輪姦した体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ