秘密基地で、中二病の俺を先生と呼ぶ女の子と

664 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 05:29:57 ID:8392BRz30
妄想なんだが→kwsk→じゃぁ書くか って流れはもう秋田から勝手にダラダラ書く

厨房の頃、母校の小学生4年生で俺を「先生」と呼ぶ子がいた
きっかけは忘れたが、ちょくちょく秘密基地や道であって話をしてた
何で先生かと言うと、俺が中二病真っ最中で色んな方面の知識に詳しかったから、当時の彼女の目にはいろんなことを知っている「先生」だったらしい

まぁ最初の頃はその気もなく、普通に俺になついてくる子で、ちょっとめんどうくせぇなーって思ってた
しかしながら常に愛想笑を浮かべ、表面的な人付き合いがやたらとうまい俺はそんなことはおくびにも出さなかったが
彼女は俺のことを尊敬して懐いていた
知り合いになって半年ぐらいたったとき、ちょっと彼女と疎遠になった
正直めんどくさかったし、あまり気にしてなかったある日、あの子と秘密基地であった
なんか最初は無視してくる
無視されたらされたで何かむかつくから普通に話しかけてもツンツン(当時こんな表現はなかったが)
まぁそんな感じなんで俺も逆にむかついてそっけない態度をとってた


665 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 05:36:21 ID:8392BRz30
そしたその子
「先生怒ってる?」
って聞いてきた。
どうしたのか聞くと、道であっても無視する。秘密基地にもこないってことが続いてその子なりに嫌われたと思ってたらしい
俺に無視した覚えはなかったが
まぁそんなこんなで普通に話をするようになった
しれ、話は変わるが秘密基地は俺の家の裏山にあってだな
山っつったら当時は濡れたエロ本が沢山落ちてたわけだ
秘密基地にはそのエロ本がひっそりと置いてあって、男だけで集まったとき秘密基地でエロ本鑑賞会が始まる→エロ本捜索が常だった
そのエロ本が、彼女と二人っきりのとき見つかってしまった
そのとき俺はエロ本なんてそんな破廉恥なという純情BOYだったため、ジャンプのIsでさえ避ける年頃だった
「先生コレ何?」と聞かれた
俺は知らないフリをした。今思えば、バレバレだったのだろう
その子は俺からみて「ふーん」という態度をとっていたが、どうやら俺の反応が気に入ったのか、やたらとエロ本の内容を出して俺を挑発してきた


666 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 05:44:38 ID:8392BRz30
その子が見せてきたページが、女性が足を棒で括りつけて浣腸しているページだった
「先生これなんだと思う?」
「知らん」
とは何故か言えなかった。正直先生先生と呼ばれていた俺のプライドが、今まで俺を慕っていた子の俺を見る視線が耐えれなかったのだろう
「それはそういうプレイなんだよ!!」
と言ってしまった。
その子がニヤニヤしてるのが、顔を見なくても分かった。「へー」なんて言いやがるこのアマ。正直ぶっ殺そうと思った
その後は俺も変な興奮をしてしばらくエロ本を指で指しながらプレイを説明してった
正直むっつりで多方面に詳しかった俺は、その子に確か獣姦まで教えた気がする
「こうすると気持ちいいんだよ」って俺が説明したとき、その子が
「なんとなく分かる気がする」
と言い放った
「へー、大人の女なんじゃね」と俺は大人の立場から皮肉を言ってみた
したら
「先生はこんなことしたことあるの?」
ときやがった


667 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 05:52:15 ID:8392BRz30
半立ちだった俺だが、どこか酷く心は冷静だった
俺はその子の後ろから抱き着いて
「やってみようか」と一言
そしたらその子
「先生はそんなことしないよ」

正直俺も手を出すつもりはなかった。
しかしながら、そんな信頼というか男としてみられていないというかそんな無警戒な発言をされたら俺もとまらなかった
無理矢理衣服を破って、嫌がる彼女を押し倒した
嫌がって声を出した彼女の口に脱がしたパンツを詰め込んで、あそこにむしゃぶりついた
ということはしなかった
どうしてか半ば正義感にかられた俺は
彼女に説教をしてしまった
なに「男にそんなこと許しちゃいけん」だの「俺じゃなきゃ襲ってた」だの「俺をあまり信用するな」だの
しかし彼女は「大丈夫」「信用してるから」だの繰り返す
後ろからチチにそっと触れてもその反応。俺は覚悟を決めた


669 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 05:55:06 ID:8392BRz30
「明日俺の家に来い。犯してやる」
と言った
その子は
「うん」といった。俺を信じてるのか、それとも本当に犯されるのを期待してたのか
まぁ俺を無条件に信じてたんだろう
なんつーか少女マンガにあるような「誠実な男」とやらに憧れてる年齢だろうし

俺らはその日、その場で別れた


671 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:02:09 ID:8392BRz30
個人的に厨房で「明日俺の家に来い。犯してやる」つった俺は相当のイケメンだったと今更ながらに思う。

次の日、日曜だったか休みだったか、はたまた本当に明日だったかもよく覚えていない
とにかく当日、俺の家には家人はいなかった。
そういえば確か前の日に自販機でコンドームを購入してたから、次の日ではなかったと思う。まぁここらへんは詳しくしても意味ないから割愛

その子は俺の家を知らなかったから、時間を決めてバス停まで迎えにいった
しかし迎えにいったのだが、俺は彼女を確認するなり遠くから「来い」のジェスチャーをして、10mはなれてカルガモの様に後をつけさせた
年下の女の子と一緒に歩くのが恥かしかったのか。はたまた今からその子を犯すのにどういう顔でいけばわからなかったのか。妙な気分だったことは覚えている
彼女が俺の後をつけているかどうか、いちいち確認しながら言った。
家に着いた
「あがって」と俺はそっけない
彼女は「お邪魔します」と普段と変わらないように見えた
俺の部屋は2階にある。来たときと同じように、後は無言で部屋まで誘導した


672 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:08:09 ID:8392BRz30
初めて女をよんだ部屋だ。
彼女は家にはいったときと同じように「お邪魔します」と部屋に入った
立ったまま、また俺は後ろから抱きついた
「本当にするよ?」俺はまた確認した。その子は否定しないだろう。そんな打算が俺にはあった
同じように彼女は言った「信じてるから」
「勝手にしろ」
俺は彼女のチチを揉んだ
揉みしだいた
彼女は小4の割には胸が結構あった


673 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:14:28 ID:8392BRz30
「言ったろ。男はみんなこうだって」
しかし俺は卑怯だなー、と今は思う。彼女の信じるという言葉を逆手にとって、無責任に手を出そうとしてるんだから
罪悪感はなかった。ただ、興奮した
チンコがパンツ越しに盛り上がる
あえてチンコは立ってることを知らせるように、その子の背中にあてがった
気付いてるのか気付いてないのか。しかし彼女の顔は火照っていた
むにむに胸を揉んだ
もみしだいた
その内、直接ブラの下に手を入れた
乳首を指で転がす。
彼女がこっちを上目向きに見た

あ、ごめん此処で思い出した。乳を揉む前に思いっきり後ろから抱き着いてレロレロディープキスしてから「本当にするよ?」って言ったんだった
まぁ気にしない。甘いっちゅーか、彼女の粘膜がぬるくて薄皮が気持ちよくて嘗め回した。でもやたらと歯がぶつかって、何度もキスが中断した


675 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:21:03 ID:8392BRz30
やっぱり顔が火照っていた。目もなんとなく潤んでいた・・・ような気がする
何度もキスした。舌を何度も入れてると、彼女も舌を入れてくるようになった

下に手を伸ばした
パンツ越しに濡れてるのが分かった
これが結構というか、ビショビショじゃねーか!ってぐらい濡れてた。お前、本当に小4か?と
「・・・・濡れてる」
「以外じゃね。気持ちいいの?」
言葉責め
彼女の耳が真っ赤になった
指を取り出して、その子の目の前でペロっと舐めたりした
余裕そうに見えるが、俺もそろそろ限界だった
彼女を抱いて、ベッドに横にした


677 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:27:36 ID:8392BRz30
「最後に聞くけど、本当にするよ?」
最後の疑問だった。今思うと本当出来レース。今更聞くのは、俺が自分勝手に好き放題できる免罪符がほしかっただけだった
その子の最後の返答も
「信じてるから」
だった

パンツを脱がして、舐めた
あえて音が響くように、ピチピチャと音をさせた
「ん…んn・・・」
ひたすら舐めた
ぷっくりふくらんだ恥部
その割れ目。毛は少し申し訳程度に生えていた


678 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:32:27 ID:8392BRz30
しかしここでお前らに悲しいお知らせがある
悲しいことに俺は当時クリちゃんの場所を知らなかったのだ
ぷっくり膨れた割れ目を舌でかぎ分けて、まわりのヒダを舐めるのが精一杯だった

なんと!みるみるウチに乾いていくではないか!?これは結構ショックだった。
今だったらクリ舐めだとかクリ吸い付きだとかアナル舐めだとか色々フロンティア精神があるのだが、当時の俺の精一杯。笑えるが、必死だった
いやマジで。「どうしてだ!俺はちゃんとやったよ!」とグリードアイランドをコピーしようとしたイルミばりにパソコンを叩くところだ

クンニはやめて、胸に舌を移行させた
チロチロ乳首を嘗め回した。
「ん・・・ん・・・」と彼女は感じてるのか感じていないのかよくわからない感じ
ほんと、俺ってかっこいい台詞言う割には妖怪ナメナメだったわけだ
しかし先のクンニで自信を失った俺。「どうしてほしい?」と精一杯カッコよく聞いた。
「噛んでほしい…」だった。

俺は軽く乳首を甘噛みした


679 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:39:33 ID:8392BRz30
「アアン!・・・あ!、あ!…ん…んんん…」
明らかに反応が違った。
このとき俺の乳首舐めスキルに「甘噛み」が加わった。レベルが2に上がった。賢さが2増えた。特技「乳首甘噛み」が加わった。称号「妖怪カミカミ」を手に入れた

コリっと弾力があるんだわ。前歯で形が潰れないように軽く潰すたびに、声があがる
奥歯でゆっくりと噛み潰すたびに、んん・・・と我慢した声が室内に漏れる
今更ながら、俺はファンタジスタの精神を持っている。女の子を感じさせてこそ俺も気持ちよくなっていく黄金の精神を持っていた
次第に愛声の感覚が戻ってきた
下に手を伸ばすと、また濡れていた
いける
俺はコンドームをとりに、彼女のそばを離れて机に手を伸ばした


680 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 06:45:49 ID:8392BRz30
「それ、何?」
その子が言った
「コンドームだよ」
俺は答えた。昨日装着の練習したおかげか、30秒ぐらいかかって装着できた
「コンドーム、つけるんだ」
その子がぼそっと言った。
俺は「ああ、そうだよ」とか適当な答えをした気がする。
「じゃぁ、いくね」
俺はそういった
彼女は何も答えなかった
腰を近づけ、あてがう。
ぷっくり開いた秘部に、先端を入れた。
インターバルのせいか、やや乾きそうになっていた。
その子の足をもって、腰を突き出すと同時に引っ張った
ムリ、と俺のアソコガ半分ほど『メリ込む』形になった
大きな声があがった


681 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 07:01:10 ID:8392BRz30
「痛いぃ!抜いて!」初めてだった「痛い!痛い!」でも止めれなかった。何度も腰を打ちつけたパンパンと打ち付ける。たまにニュルリとアソコが外に抜けるが、何度も入れなおして腰をたたきつけた
何度も彼女は痛いを繰り返した。そのたびに、妙な征服感があって。俺は何度も何度も動き回った
変な話だが、俺はこの時もえらく冷静だった。興奮していたといえばYESでありNOでもあるのだが
性欲に近い征服欲が満たされていったってのが多分正解だったと思う。普段俺は目茶目茶人に優しく、嫌がることは出来ない人間だった。が、この日は違った
小学生を犯している、という感覚で頭が一杯だった。別にロリコンだったわけじゃない。でも、学校も違う年の離れた子を一方的に犯している実感だけが頭に妙に残った
ゴムが破けた。一枚しかつけてないのに。2枚つけたらやぶれやすくなるから1枚にしろって先輩がいってたのに
途中から彼女はもう痛いとは言わなくなった。
気がついたら、俺が動くたびに体を揺らして、ヒクヒク顔を両手で覆って泣いていた
気付いた瞬間、最高に興奮した俺は射精した。というより、蓋が開いたように精子がどくどく止まらなかった。


682 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 07:11:41 ID:8392BRz30
改行制限面倒くさいね

本能的に膣奥深くに流し込むように、両足をしっかりと腰に近づけ、ぐいぐいと小学生の膣の奥まで腰を深く突き刺した
どくどくと出てる瞬間が凄い気持ちいいんだわ。流し込んでいるって感覚が
多分オスとしての本能なんだろうな。
ションベンをした後みたいに、ブルっと最後の精子を流し込んだ
暫く荒い息がとまらなかった。繋がったままの体勢で、俺は息が荒く、したの子は泣き止まない
スッキリした反面、妊娠の心配はあったが、正直オスの本能に勝てなかった。
泣いている彼女の手をつかんで、ベッドに倒した
泣き顔が酷かった。震えてる唇をまた舌で蹂躙した
また加虐心が沸いてきた。腰がまた動き出す。もう痛いと声は出ない。目をつむって必死に我慢している
残った精子を流したくてまた腰を振った
それから2回、射精した。
中で。


683 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 07:16:58 ID:8392BRz30
細いんだな
華奢な手
華奢な腰
それを無理矢理手篭めにした感覚ってのはヤバイ

しかし不思議なもので、行為が終わった子にポカリスエット差し出すと普通にしてた
確か内容をあまり覚えていない。先の行為が強烈だったんで
ただその子は俺のことを嫌いになっていなかった
ことだけは覚えている
あとはすげーフェラしてほしくてその流れにもっていこうとしてた記憶しかない


684 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 07:20:18 ID:8392BRz30
思い出したが、その子はニュアンス的に俺と付き合ってほしいみたいなことを言ってた





まぁしっかしその当時の俺の最悪なこと
「別に好きだからしたわけじゃない」
「男は誰とでもできる」
とか。わーめちゃくちゃ。マジ殺されるべきゴミ男でした

その日はそんな感じで返しました。それからも後日談が結構あるけど、書きすぎたんで自重しときますえ
紫煙ありがとう。ところでディープパープルいいよね。ハイウェイスターとか


685 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 09:00:26 ID:8392BRz30
それと当たり前ながら妄想だから本気にすんなよマジで


688 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 11:24:20 ID:8392BRz30
後日談つっても色々あってエピソードは多いが中身が少ない
・バスでフェラさせた話(隣にオッサンいて)
・小学校忍び込んでやった話
・映画館でやった話

かな。あとは小学生じゃないが、高校時代、教諭にセフレ抱かせて口封じをしようとした話などがあるが。
まぁ妄想だからかなり無理あるけど。どれがいい?


690 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2009/12/25(金) 13:05:06 ID:8392BRz30
>>689
俺が猿であの子はこどもでした。どちらかというと抱くことによる精神的な気持ちが重要であって、あまりセックスにのめりこむことはなかった
逆に猿だった俺は、あの子を性処理にしてた節がある
一度、何でかバックで責めてる最中にスゲェ乱れたことがあるが、原因がいまだに分からない
Gスポットにあたったのか、雰囲気にやられたのかしらんが
次の日同じ体位でせめてもいまいちだったから、その一回がエロかった感じ

あとお前は死ね。クリスマスだと?いまだに一度も女と過ごしたことは無いわ

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました2
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/06/09 09:19 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー