妻の美奈子を友達に抱かせた

以前より妻:美奈子を他人に抱かせる願望がありましたが、やっと実現しました。
絶対にありえないと拒否を続けてきましたが、今回酔いに任せて勢いで…。
私の友人:裕二夫婦と4人で居酒屋で飲んでましたが、友人の奥さんは実家に用事があるとかで
飲まずに先に帰ってしまい、3人で盛り上がりました。
美奈子はあまり酒に強くはないのですが、自分は強いと勘違いしており、へべれけになってました。
私は思い切って2人に切り出しました。3人でホテルに行こうと!
裕二は当然びっくりしていましたが、美奈子は私の願望を知っていたので「もぉ~」と軽く拒否。
私も酒の力を借りて説得を続けました。裕二にはイヤな理由がありません。
美奈子は39歳ですが、スレンダーな体形で男好きするタイプです。


「いいね?」と繰り返すと返事が無くなりました。
タクシーを呼び、一番近いホテルへ。運ちゃんも「?」てな表情でした。
部屋に着くと美奈子、私、裕二の順でシャワーへ。
裕二が出たきたころには美奈子は眠っていました。
照明を点けたまま、バスローブを解いて裸体を裕二に晒しました。
裕二は食い入るように凝視していました。
嫌がっていたのに美奈子はブラはおろかショーツも着けていませんでした!
M字開脚で秘部を晒し、指で開くまでもなく濡れているのが解ります。「ン?」
胸に耳を当てると鼓動がバクバク。狸寝入りです!
「美奈子のトロトロのオ○ンコ、裕二に見られてるよ」と耳打ちするとついにあえぎ声が。
まずは裕二とSEXさせることに。心臓が破裂しそうです。
美奈子:「どこに出すの?」「中がダメなら口がいい」と裕二はずうずうしくも言い放ちます。
たまに私も口に射精しますが、ほとんどが胸への射精で我慢してるのに!
美奈子は返事をしません。拒否しないのです!
素っ裸の2人が絡みだしました。私はベッドに腰掛けて見学です。
美奈子は照明が煌々と点いた部屋で裕二と全裸で舌を絡めています。
私の肉棒からは我慢汁が伝っています。止まりません。
「美奈子」と呼びかけるとこちらに視線を向けます。吐息を漏らしながら…。
裕二の攻撃がひと段落し、攻守交替です。
いよいよ私の愛しい妻:美奈子が私以外の肉棒を口にします。
結婚指輪をしたままの指で裕二の肉棒を握りました。裕二はそれを凝視します。
上下に擦ると私に視線を向け、美奈子は「いくよ」と一言。酔いはすっかり醒めているようです。
私のOKも待たずに咥える瞬間目をつむり、とうとう裕二の肉棒に私のものであるはずの唇を被せました。
私も裕二も興奮し、肩で息をしています。
深く1往復したところで口から抜き、裕二の顔を見ながら舌先で亀頭を刺激しています。
裕二と美奈子は見つめ合いながらお互いフェラを楽しんでいるのです。私の妻が!
気が違いそうです。私の肉棒は痛いくらい硬くなっています。
しばらく人妻のフェラを堪能したあと「入れる?」と裕二は美奈子を四つんばいにしました。
私の妻が目の前で他人に肛門まで晒して全裸で四つんばいです!
羞恥心より完全に性欲に支配されているようです。
裕二が挿入する瞬間、私は美奈子の髪に射精してしまいました。手で扱かなくても自然に。
射精中、Yが美奈子を貫きました。美奈子はだらしなく口を半開きにし、「あ、あ…」と
裕二の動きに合わせて声が出ています。
「美奈子、気持ちいい?」尋ねると焦点の定まらない目で私の方を向きます。
「気持ちいいよ…」と答えます。微笑んで!なんということでしょう!狂いそうです。
射精を終えたばかりなのに私は勃ったままです。
「俺のも咥えてくれる?」「おいで」
我慢汁と精液でドロドロの私を躊躇せずに一気に咥えてくれます。
裕二の肉棒を四つんばいで秘部に受け入れ、私の肉棒に舌を絡める美奈子…感動です!
裕二と私で美奈子を串刺しにしています。ビデオがないことが悔やまれます。
「裕二はゴム着けずに生で入れてるよ」
「どっちのチ○コがいい?」
「夫の前で他人とSEXするなんて淫乱だったんだね」
美奈子は私に奉仕しながら裕二の攻めに夢中で答えませんが、問いかけるたびあきらかに
反応があります。言葉攻めで感じているのです。
裕二:「そろそろ出そう」私は美奈子の口から抜くと、美奈子を仰向けに。
裕二は正上位で再挿入。
「口にたくさん頂戴と言えよ」と私は促すると美奈子は「やっぱり中に出して」裕二に言います。
私は卒倒するくらい興奮しました。可愛い妻が目の前で他人に射精、中出しされたいと欲しがっています!
裕二と美奈子は遠慮することなくピッチを上げ、声を上げて果てました。
しばらく裕二は挿入したまま美奈子の乳首を吸っていましたが、美奈子の体からやっと離れました。
私は堪えきれずに美奈子のオ○ンコに挿入しました。
膣には裕二の精液がタップリ入っています。緩くなっています。
美奈子はイった直後なのでしばらく反応しませんでしたが、数十秒後声が出てきました。
裕二はというと満足したはずが精液も拭かずに美奈子の口元に肉棒を差し出します。
美奈子はそれを嫌がることなく自然に口に含むのです。射精後の掃除なんて私はさっきが初めてだったのに。
嫉妬と興奮で震える私は裕二を咥えた美奈子の顔に射精してやりたくなりました。
タイミングが遅く、口に持っていくまでに胸やあごにを汚しながらも美奈子の顔や髪にも
精液をかけることに成功しました。
美奈子は私の射精を確認し、裕二の肉棒を口から外して手招きし、同じように掃除してくれました。
裕二のを握ったままで。

1ラウンドはこんな感じでゴングです。
それにしても普段はまじめで良き母の美奈子がこんな醜態を…。
淫乱になった美奈子をとてもいとおしく思います。大事な妻です。

1ラウンド終わり、休憩です。
美奈子はシャワーを浴びにバスルームへ。
射精1回終えた裕二と2回の私は興奮も一段落し、バスローブを羽織ってソファーでビールを飲んでいました。
裕二:「こんなこと何回かやってんの?」
私:「いいや、願望だけはあったけど美奈子がOKしないんで。今回は酔ってたんだろうな。
   アルコール様々。でも酔ったふりのような気もせんでもないな。冷静にSEXを楽しんでたようにも見えた。
   俺とのSEXは割りと淡白にノーマルだし。」
裕二:「うちのは絶対無理だろうなぁ。」
私:「絶対に言うなよ。俺もお前の女房とやらせろとは言わんし。美奈子はどうだった?」
裕二:「うちのと違って体細いし、よかったよ。中で出したけどいいんかよ?お前、怒らんの?」
私:「美奈子が欲しがったんだから。妊娠はせんだろ。奴はそういうところちゃんと考えてるから。」
ちゃんとしてる…なんて旦那の目の前で別な男とSEXした女に当てはまるか…?
美奈子がシャワーから出てきます。「悠里ちゃん(裕二嫁です)には絶対言わないでね。もちろん他の人にも。」
裕二:「当たり前じゃん。殺されるよ!」
私:「裕二のチ○ポどうだった?お前酔い醒めてただろ。」
美奈子:「実は最初のシャワーで正気に戻ってたの。店で吐いちゃったし。でもなんか断るとノリは悪いって
      しらけるような気がして…。今日どうするの?泊まるの?悠里ちゃんも今夜帰えんないんでしょ?」
裕二:「お前んちに泊まったことにしようか。美奈ちゃん、まだしたい?させてくれる?」
裕二の性欲が戻ったようです。美奈子は私チラッを見ます。
私:「せっかくの機会だからもっと3Pならではのこと試すか?ビデオ持ってくりゃ良かったか?」
美奈子:「ダメ!証拠に残るものは絶対ダメ!」
本気のようです。
裕二:「じゃ、今夜のことは忘れるつうことでもう1回!俺、流してくるわ。」シャワーに消えました。
私:「お前、すごかったじゃん。あれ本性?結婚してから浮気とかホントないの?
   絶対怒らないから言ってみ。」
美奈子:「ないよ。今日はホントハジケただけ。」
私:「じゃ、よそでもハジケるかも知れんじゃん。もう外で飲むの禁止。」
美奈子:「えー。無いって。せっかく喜ぶと思ってOKしたのに!」
私:「うそうそ。ホントは俺の居ないところでも誰かに抱かれてもええよ。」
美奈子:「もぉー。どこまで本気かわからない。」
そうこうしてると裕二が戻ってきました。
入れ替わりに私がバスルームへ。戻ってみるとベッドでもう裕二のを咥えてます。
「おいおい。」なんか仲間はずれにされたようで悔しい。
射精がある男と違って女は体力が残ってる限り性欲は継続するようです。
でも自分の女房はそうじゃないと思ってましたが…。
私のペニスも回復しています。美奈子の口元に差し出してみました。
自然に手にとり、扱きます。そして何回かずつ裕二のと交互に口で奉仕してくれます。
私:「裕二の咥えて、こっち見て。」
裕二:「美奈ちゃん、こっちも。」
美奈子はそれに応えてくれます。わざといやらしい表情で、口元も舌の動きをみせつけます。
裕二:「美奈ちゃん、ホントすごいね。旦那仕込み?」
美奈子:「ううん。時々いろんなの舐めてるから。」
私:「えっ!」
美奈子:「ウソウソ。でもこんなこと言うと興奮するんでしょ?」ニヤケながら。
私は完全にコントロールされています。おとなしいと思ってた妻がこんなこと言うなんて。
ワクワクしてたまりません。
私:「興奮するよ!もう誰に抱かれてもOK!でもお前を大事にする。SEXする前はTELで教えて!
   それと帰ってから全部聞かせて。」
裕二は半分あきれてます。
私:「裕二とときどきSEXすれば?俺居ても居なくてもOKだし。」
裕二:「ええの?」
私:「誰にも言うなよ。美奈子もイヤなら今フェラしてないだろうし。」
美奈子:「裕二くん好きになっちゃうかもよ?あなたにもしないことしちゃうかもよ?いい?」
私:「たとえば?」(もう興奮して大変な心理状況です)
美奈子:「お尻とか。」美奈子はアナルの経験がありません。私が頼んでもNGでした。
私を興奮させて楽しんでいるようです。

美奈子は四つんばいで2人のペニスを愛撫してました。
私は美奈子の後ろに回り、オ○ンコを指で開きます。トロリと太い糸を引いて透明な愛液が滴ります。
十分に粘りがあり、尻を突き出していてもオ○ンコとシーツまでが繋がっているほどでした。
美奈子も自身の言葉で興奮しているのが解ります。溶けたオ○ンコを見て妻が愛しいと思うのは変でしょうか?
口を付けてすすりました。若干精液の匂いとボディソープの匂いが混じってます。
「ん…!」と美奈子は堪らず声が出ます。明るいところで美奈子のオ○ンコを見る機会はそうありません。
せっかくなのでじっくり観察します。普段なら絶対嫌がるでしょうが、裕二へのフェラに夢中のようです。
丸見えのアナルまでじっくり観察。舌を這わせて見ます。尻を振り、快感を堪えますが嫌がる様子はないようです。
まさかホントにアナルSEXの覚悟を決めているのでしょうか?
たっぷりと潤った美奈子のオ○ンコにペニスを擦り付け、ゆっくりと挿入します。
いつもより緩んでいるようですが、温かくて心地いいオ○ンコです。
我妻、美奈子は旦那の友人に頭を撫でられながらペニスに舌を這わせたり、全てを吸い込んで舌を絡めたり、
人道的には決して許されない行為を続けています。それが私には堪りません。
この快感を知ってしまえばもう後戻りできないと確信しました。淫乱な妻がいとおしくて堪りません。
とことんまで汚してみたい…でも他人とSEXさせたい…というSかMか解らない状況です。
普段のSEXで見ることの出来ないアングルでSEXする妻を見たいと思いました。
私は仰向けになり、美奈子を騎乗位となるよう体位を入れ替えました。
裕二はわかっているようで美奈子の前にペニスを突きつけます。
やはり美奈子は自分からそれを掴み、舌を伸ばしてカリに這わせます。
私や裕二に指示されるわけでなく、自分で考えて行動に移しています。
ローアングルから他人にフェラする自分の妻を見たことがありますか?…絶景です!
スレンダーな体ですが、おっぱいはCカップを維持しています。
コリコリに上を向いた乳首を裕二は手を伸ばして摘んでいます。美奈子は眉間にしわを寄せて鼻息荒く
フェラに夢中です。この光景はすばらしい!やっぱりビデオに残したいです。
裕二も挿れたいと言うので交替です。美奈子は裕二のペニスを上に向け位置を合わせ、腰を沈めます。
私は美奈子にペニスを掴ませ、いろいろと質問してみました。
私:「オ○ンコ気持ちいい?俺のとどっちがいい感じ?」
美奈子:「どうなってもいいくらい気持ちよくて堪らない。ごめんね。裕二くんの最高なの。」
私を興奮させるつもりとかの余裕はないはずです。どうやら本心のようです。
私:「いつでもこれを挿れてもらっていいんだよ。でも俺ともSEXしてね。」
美奈子:「ありがとう。大好き。でも裕二くんのチ○コも好き。裕二くんとのSEX気持ちいい。」
美奈子の口から「チ○コ」とか「SEX」という単語をこれまで聞いたことはないかも知れません。
「チンチン」とか「H」とか表現していましたが、一晩開けないうち、いいえたった数時間で妻は豹変しました。
私:「中出しして大丈夫だった?俺じゃなく旦那の友達に中で逝かせるなんて美奈子は最高に淫乱だね。」
美奈子:「安全日だし。でもそうじゃなくても中で出してもらったと思う。昂ぶっちゃって。怒ってる?
      中に射精されるのって温かくてとても気持ちいいの。男も同じなんでしょ。
      お腹の上に出されるのって冬は冷たかったりするし…。」
美奈子は裕二に突き上げられるリズムで吐息を漏らしながら答えます。
私:「中出しされることで征服された感があるんで俺は興奮したよ。ただお前から言うとは思わなかったんで
   ビックリした。これからも出してもらっていいよ。ピル始めるか?」
裕二:「お前らホント変態だな。いいんかよ?」
美奈子:「私とSEXしたくない?いっぱい頑張るからたくさん中に出して欲しいの。」
私のみならず裕二までもを言葉で興奮を誘っているようです。こんなことならもっと早く始めるべきでした。
裕二:「じゃ、いつでも連絡していい?やりたくなったら。」
愛する妻が目の前でこんなこと言われています。本来ならブン殴るべきでしょう。
でも愛妻:美奈子今、それをそいつの上で騎乗位で腰を使いながら頷いています。
旦那のペニスを扱きながら。私はというとその快感に身を任せ、妻の頭を撫でています。可愛いのです。
完全に変態です。どうにかしています。社会的には決して理解されない性癖にどっぷりと浸かってしまいました。
誰か助けてください。
裕二が逝きそうというので私も逝きたくなりました。
私:「精一杯のいやらしい言葉を言ってごらん。」
しばらく吐息だけだった美奈子は「たくさんSEXして!誰でもいいから私に出して!」と叫びました。
裕二:「中に出すぞ!」美奈子:「うん!」2人はほぼ同時に逝ったようです。
私は大興奮で絶頂を向かえ、美奈子の髪を掴んで顔を上向きにし、1晩3発目の射精を美奈子の頬に
ぶちまけました。「ちくしょう!」と叫んでいたと思います。いとおしくも嫉妬に燃えていました。
3回目なのでトロミのない薄い精液、しかし3回目とは思えない量が美奈子の頬から顎を伝ってCカップの谷間に
落ちていきます。裕二は肩で息をし、自分の腹に落ちる私の精液には無反応です。
この歳(41歳です)になって3回目の射精となるとペニスが痛くなってきます。
射精を終え、ピクピクと脈打つペニスを精液まみれになった顔で美奈子は吸い取ってくれます。
逝ったばかりの亀頭を硬くすぼめた舌先でくすぐられると堪らないのは皆さん、ご承知の通り。
美奈子はなんて素敵な淫乱なんだろうと幸せです。
私:「おいしいか?裕二のとどっちがおいしい?」
美奈子:「どっちも苦いよ。おいしくない。」
どうやらそこはホントのようです。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/07/22 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画