月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由6(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁にペニスを踏まれながら射精してしまった私は、自分でも驚いていた。
『すっご〜い。踏んだだけで出ちゃうの? 本当に、ド変態になっちゃったんだね』
嫁は、つま先でグリグリとペニスを踏みながら言う。私は、ゴメンと言うことしか出来ない。私の両手には、嫁の膣から流れ出たザーメンが溜まったままだ。聞くまでもなく、達也のザーメンだと思う。

『どう? 達也くんの濃いでしょ?』
私の手の平の上のザーメンを、人差し指でかき混ぜながら言う嫁。確かに、見るからに粘度が高そうだ。
『パパの薄目の精液と違って、こんなだよ』

嫁は、指でザーメンをつまんで持ち上げるようにする。すると、ドロッとスライムみたいな動きをする。
「中に出されちゃったんだよね? コンドームしないでセックスしたって事だよね?」
私は、さっき画面で見て知っていることなのに、あえて質問した。
『そうだよ。パパがいなくなっちゃったから、犯されちゃったんだよ』
嫁は、うわずった声で言う。私が犯されたの? と、聞くと、
『プレイだけどね。犯すみたいにしてもらっちゃったんだ。もう、頭の中真っ白で、メチャクチャ興奮しちゃった。あんなの、生まれて初めてだよ』
と、嫁は答える。

そして、いきなり私の手の平の上のザーメンに口をつけると、ズルズルと音を立てて飲み干していく。あっという間に手の平いっぱいのザーメンがなくなってしまった。
『すごく喉に絡みついてるよ。なんか、飲んだだけで妊娠しちゃいそう』
おどけたような口調で言う嫁。パジャマの上だけを着た嫁は、すごく淫靡な感じがする。パジャマは、大きな胸で膨らんでボタンのところが弾けそうになっているし、下半身は裸のままだ。そして、口元にはザーメンの塊が付着している。

私の視線に気がついたのか、
『あれ? ついちゃってる? パパ、指でぬぐってくれる?』
と、おねだりをしてきた。私は、言われるままに人差し指で嫁の口元のザーメンを拭い取っていく。すると、すぐにその指を舐め始める嫁。私の指を、まるでフェラチオでもするように舐めている。
私は、そのイヤらしい舌づかいに興奮してしまった。あっという間に再び固くなるペニス。すると、嫁はすぐに私のペニスを踏んできた。

『パパ、元気だね。もうカチカチだよ。昔に戻ったみたいだね』
嫁は、妙に嬉しそうに言う。私は、どんな風にセックスをしたのか質問した。
『え? どんな風って? バックで犯されてるみたいにガンガンされちゃったよ。立ったままでね』
嫁は、そんな説明をする。概ね見たとおりの説明だ。特に、隠し事をするつもりはないみたいだ。
「キ、キスは? したの?」
私は、息苦しい感じすらしていた。質問すると、
『キスはしてないよ。だって、キスはパパとしかしたくないから……』
と、妙に可愛らしく言う。もう40歳をすぎているのに、私にしてみればいつまでも可愛い嫁だ。
でも、キスはしていないとウソをつかれてしまった……。私のペニスが、さらに固さを増した気がする。
『あれれ? ナンか、もっと固くなったよ。想像しちゃった? キスした方が良かった?』
嫁は、そんな質問をしてくる。私は、キスはやめて欲しいと言った。
『した方が興奮するんじゃないの? 本当に、しなくてもいい?』
嫁は、私をからかうように言う。でも、私は迷っていた。二人がキスをしたのはすでに知っている。それを見て激しく興奮したのも事実だ。
でも、キスを公認してしまったら、より歯止めがきかなくなるのではないか? 最後の砦として残すべきなのではないか? そんな思いがよぎる。

『いいよ、言わなくても。おちんちんが返事してくれてるもの』
嫁は、少しからかうような感じで言う。確かに、私のペニスは勃起しすぎて脈打つようになっている。それを直に踏んでいる嫁には、私の興奮が筒抜けなのだと思う。

私は、何も言えずにうなだれた。すると、嫁が対面座位で繋がってきた。さっきよりは元に戻ってきたような感じはするが、それでもやっぱりいつもと感じが違う。
『パパ……。パパのおちんちんって、奥に突き当たらないでしょ? 達也君のおちんちんは、奥に突き当たって、さらに押し込んでくるんだよ』
嫁は、私の耳元でささやくように言う。私は、劣等感を強く感じていた。

『奥に当たると、頭がボーッとしちゃうくらい気持ち良いんだよ。あんな快感知らなかったなんて、人生損してたかも』
嫁は、さらにささやく。私は、その快感を与えることが出来なかった事に謝った。
『謝らなくてもいいよ。パパとのエッチで充分だったし』
嫁は、そんな事を言ってくれる。でも、私とのセックス後に、嫁がオナニーをしていたのは毎度のことだった。

「あいつとする方が、気持ち良いって事?」
私は、わかりきった質問をした。
『うん。ゴメンね。どうやっても、達也君の方が気持ち良いよ』
嫁は、私の耳元で言う。少し言いづらそうだ。そして、それをごまかすように、腰を動かし始めた。
感触が違っても、充分に気持ち良い。柔らかい膣肉に包み込まれ、こすられているような感じだ。
『んっ、んっ、パパ、カチカチだね』
嫁は、甘い声をあげながら言う。いつものリアクションだ。でも、達也とのセックスを見てしまった後では、嫁が全然感じていないのは一目瞭然だ。声のトーンも、表情も違う。ひと言で言うと、私とのセックスでは、嫁は余裕があるように見える。切羽詰まった感じも、感じすぎて怖いという感じもしない。

すると、嫁はいきなりキスをしてきた。いきなり舌が口の中に飛び込んできて、私の舌を絡め取っていく。同時に、何とも言えない生臭い味と臭いも広がる。達也のザーメンの残り香だと思う。
私は、一瞬顔を背けようとした。でも、嫁が抱きついてきて舌を絡めてくるのでそのままキスを続けた。

『変な味する? でも、パパのもっと固くなったよ。こんなのでも興奮するんだね。変態』
嫁は、楽しそうに笑いながら言う。
「……してるところ、見せてくれないかな?」
私は、嫁にそんな提案をした。
『いいよ。じゃあ、呼んでこようか?』
嫁は、イヤがる気配もなく言う。それどころか、どこか楽しんでいるような雰囲気だ。そして、嫁は下半身裸のまま寝室を出ていった。形のいいお尻が揺れ、全裸よりもはるかにイヤらしい姿に思える。

私は、とりあえずパジャマを着て嫁が戻るのを待った。さっきは、画面越しだった。目の前で嫁が巨根に狂う姿を見て、私はどうなってしまうのだろう? そんな期待と不安で落ち着かない気持ちだった。

でも、なかなか戻ってこない。私は、どうしたのだろう? と、思って寝室を出た。すると、嫁の悩ましい声が聞こえてくる。私は、息を飲んで廊下を歩き始めた。和室の横まで来ると、
『んっ、ンンッ、あっ、うぅっ、ひぃうぅ』
と、嫁のくぐもったあえぎ声が聞こえてくる。私は、襖を薄く開けた。すると、さっき私としていたように、対面座位で繋がる二人が見える。キスをしたまま、なまめかしく腰を動かしているのは嫁の方だ。嫁はパジャマの上は着たままで、達也の方は全裸になっている。

『ダメぇ、声出ちゃうよ。ねぇ、もうやめよ』
嫁は、うわずった声で言う。
「大丈夫だって。寝てるんでしょ? 起きないって」
声をひそめて言う達也。どうやら、私に内緒と思っているようだ。
『でも……』
嫁はそんな事を言っているが、腰は動きっぱなしだ。
「じゃあ、俺が動きますね」
達也はそう言うと、腰を突き上げるような動きを始めた。
『ダメぇ、声、うぅ、出ちゃうから、あっ、ダメっ、あっ、あぁっ、奥に当たってるの』
嫁は、必死で声を抑えている感じだ。でも、抑えきれないあえぎ声がはっきりと聞こえてくる。

私は、嫁のセックスをこんな風に覗き、画面で見ているよりもはるかに興奮していた。どれだけカメラの性能が良くても、やっぱり臨場感や解像感が違いすぎる。

「奥、気持ち良いでしょ。こんなの初めてですよね?」
達也は、得意気な感じで言う。
『そうよ。こんなに奥まで入ってきたのは、達也君が初めてよ』
嫁は、少し照れ臭そうに言う。
「僕と先輩以外は、何本知ってるんですか?」
達也は、腰を動かしながら質問する。私は、ドキッとしていた。それは、私も聞きたいことだ。実際、嫁は何人経験があるのだろう?

『5本よ。2人以外はそれだけよ』
嫁は、素直に答える。私は、その言葉に嫉妬を感じてしまった。5人が多いのか少ないのかはわからない。今時ならば、普通なのかもしれない。でも、私にしてみれば、5人も知ってるんだ……という気持ちだ。

「へぇ。意外に多いんですね。じゃあ、7人の中で1番は俺ですか?」
達也は、そんな質問をする。
『気持ちよさって事? 恋愛感情って事?』
嫁は、気持ちよさそうな顔のまま質問する。
「もちろん、セックスの気持ちよさです!」
達也は元気いっぱいに言う。

『それなら、そうね。これが1番かな?』
嫁は、素直に答える。
「じゃあ、先輩は? 何番目なんですか?」
達也はそんな余計なことまで聞く。
『も、もちろん、2番目よ。決まってるじゃない』
嫁は、明らかに動揺して答えている。私は、絶対に違うんだなと思っていた。
「本当は? いま、動揺してるでしょ?」
達也は、そんな事を言う。
『わからないよ。そんなの、忘れちゃったし』
嫁は、とぼけた口調で言う。
「ホントですか? でも、先輩より大きいヤツいたでしょ?」
『それは……いたけど。もういいでしょ。早く終わらないと、起きちゃうわよ』
嫁は話をそらす。私は、自分が何番目なのだろうか気になってしかたなかった。

「じゃあ、どうやって欲しいですか? さっきみたいにバックでしますか? 犯すみたいにしましょうか?」
達也はそんな事を言い始める。私は、カメラで見たあのレイプのようなプレイを思い出し、ドキドキしていた。
『ダメだよ。あんなの、声我慢できないに決まってるでしょ? 寝バックでしてくれない?』
嫁はそんな事を言うと、布団の上にうつ伏せで寝転がった。
「奥さん、やっぱりエロいですね。寝バック好きって、かなり玄人っすよね」
達也はそう言って、嫁に重なっていく。
『うぅっ、あぁ、気持ち良い。やっぱりこれが一番気持ち良い』
嫁は、気持ちよさそうな声を上げる。この体位は、私とは一度もしたことがない。
「男も気持ち良いんですよ。スゲぇ締まるし、密着感がいい感じっす」
達也はそんな事を言いながら腰を動かし始める。
『あっ、あっ、気持ち良い。すごくこすれてるの。本当に気持ち良いっ!』
嫁は、とろけた声であえぎ続ける。
「先輩とはしないんですか?」
達也が質問する。
『しないって言うか、出来ないんじゃないかな? だって、長さがないと抜けちゃうでしょ?』
嫁は、少し言いづらそうに言う。
「あ、そっか。じゃあ、久しぶりの寝バックっすね」
『そうよ。だから、楽しませてね』
「あれ? 起きちゃうからやめるんじゃないんすか?」
『そんなのいいから、黙ってしなさい』
嫁は、ぴしゃりと言う。達也は、おどけた返事をして腰を動かし続けていく。
確かに、この体位はある程度のペニスの長さが必要な気がする。お尻が邪魔をするからだと思う。
『あっ、あんっ、それ、それすごい、うぅっ! 上手ね。本当に気持ち良い。もっとしてっ、もっと、奥まで押し込んでっ』
嫁は、うつ伏せのままあえぎ続ける。私は、嫁の好きな体位をしてあげることが出来ていなかったんだなと知った。

達也は、そのまま腰を振り続ける。嫁は声を抑え気味にしながらも、気持ちよさそうにあえぎ続けている。少しずつ大きくなっていくあえぎ声。すると、嫁はクッションに顔を押しつけるようにして声が漏れなくした。

嫁は、達也を呼びに行ったはずだ。私の目の前で、達也とセックスをするつもりだったはずだ。でも、いまの2人は、私に見つからないようにコソコソセックスをしているようにしか見えない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


嫁の母親はまだ43歳で、女盛り全開でした

少し前、夫婦で嫁の実家に行った時のことだ。
記憶があやふやな部分もあって、少し話を盛ってるが気にしないように。

嫁は21歳の幼妻。2コ下の義弟は都会の大学に通ってる。
実家は「ど」が付く田舎で、だだっ広い一軒家に義両親が2人で住んでる。
資産家でもないが、なんで田舎の家って無駄に広いんだろうな。

義父は49歳で義母は43歳。最近は田舎でも高齢出産が増えてるそうだから、
夫婦で小学校の授業参観に来て違和感ないかもしれん。
そんな若い義両親に「そのうち孫の顔も拝めそうだな」とか言われたら、
なんだか「さっさと娘さんを貰ってすいません!」と申し訳ない気分になる。

【続きを読む】

嫁にエッチな格好で専務の祝賀パーティーに参加させた結果

会社の人事移動があり、課長に昇進した私は、専務に自宅での祝賀パーティに誘われました。
当日が来まして、私たち夫婦は専務の自宅へと向かいました。

私は30歳、妻24歳で、子供はまだいません。
妻はB92-W59-H85で、街角では誰もが振り返る美人です。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 18:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに3(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁が、突然友人と日帰り温泉旅行に行くと言ってきた。前にも何回かそんなことはあったが、こんなに急に言ってきたことはない。いつも、何ヶ月も前から予定して、色々と準備をしてから出かけていた。
私は、まずそこに違和感を感じた。以前の私なら、違和感も感じずにそのままスルーしていたかもしれない。でも、孝一とあんなことをした嫁に、少なからず疑念を持ってしまっていた。

私は、その話を聞いた夜、無性に嫁を抱きたくなり彼女のベッドに忍び込んだ。

『どうしたの? 昨日もしたのに、続けてなんて珍しいじゃない?』
嫁は、そんな事を言いながらも嬉しそうだ。私は、いまだに私とのセックスを喜んでくれる嫁に、申し訳ない気持ちを持った。なんとなくセックスレスになっていた私達……でも、それは私の方の理由だったのだと思う。
欲求不満とか、寂しい思いをさせてしまっていたのだなと反省をする。

私は、いつも以上に激しく嫁を欲した。自分でもどうしてかわからないが、嫉妬のような感情で嫁に激しくキスをして荒々しく服を脱がせていく。
『あん。どうしたの? 激しいね』
嫁は、少し戸惑いながらも、嬉しそうに微笑んでいる。あっという間に彼女を全裸にすると、私はその大きな胸にむしゃぶりついた。子供が出来る前は、どちらかというと貧乳気味だった。でも、妊娠中からどんどん大きくなり、出産後はEカップになったと言っていた。今はそれより多少小さくなった気がするが、弛みもなく綺麗な胸だと思う。

『あっ、あんっ、パパ、どうしたの? 違う人みたいだよ』
嫁は、うわずった声で言いながら、あえぎ声を漏らし始めた。いつもよりも、かなりリアクションが良い。敏感になっているような感じだ。

私は、胸をいつもよりも激しく揉み、そして強く舐め続けた。すると、スッと嫁の手が伸びてくる。パジャマのズボンの上からペニスを握られ、私は少しうめき声をあげた。嫁の手コキは的確で、ズボンの上からなのにカリ首を正確に刺激してくる。
これが、年下の浮気相手のために磨いたテクニックなのかと思うと、嫉妬で息が詰まりそうになる。
『パパのすごく固くなってるよ。こんなにカチカチなの、初めてじゃない?』
嫁は、本当に驚いたような感じだ。私は、負けずに嫁のアソコに手を伸ばした。クリトリスの辺りに手が触れると、クチョッと濡れた感触がある。私が激しく興奮してガチガチに勃起しているように、嫁のアソコも驚くほど濡れている。

「すごいね。グチョグチョだよ。興奮してるの?」
私は、そんな事を聞きながらクリトリスの辺りを指で刺激する。膣口や陰唇周りだけではなく、内股のあたりまで濡れているのがわかる。
『うん。だって、パパのすごいんだもん……。欲しくなっちゃった』
嫁は、甘えた口調で言う。でも、私のペニスを触り始めたのなんて、ついさっきの話だ。嫁のアソコは、それよりもはるか前からこんなに濡れているような気がする。

「この前の孝一の話、覚えてる?」
私は、嫁のクリトリスを刺激しながら質問する。
『え? 孝一さんの話? どれのこと?』
嫁は、少し不安そうな顔になる。きっと、手コキをしたことや、飲精をしてしまったことがバレたのではないかと不安になっているのだと思う。

「彼女を他の男に抱かせてるって話」
私がそんな風に言うと、嫁はホッとしたような顔になり、
『覚えてるよ。本当なのかな? なんか、信じられないね』
と、素直な感想を話した。
「でも、そういうの多いらしいよ。寝取られ性癖ってヤツ。トムクルーズの映画でもあったでしょ」
私がそんな事を言うと、
『どうしたの? 急にそんな話して……。もしかして、私を他人に抱かせていって思ってるの?』
と、再度不安そうな顔に戻った。私は、慌てて否定した。でも、すぐに、
「千里は? 興味ある? 他の男の人としたいって思う?」
と、質問を重ねた。
『ないよ! あるわけないじゃん!』
嫁は、即否定した。でも、あまりにも返事が早すぎて、逆にどう思っているのかわからなくなってしまった。私は、浮気とか恋愛感情とかは関係なく、その行為自体に好奇心はないのかというような聞き方をした。

『う〜ん。それはあるかな? どんな感じなのかなぁって、ちょっとは興味あるかも』
嫁は、そんな言い方をした。私は、嫁が孝一とセックスしている姿をイメージして、猛烈な嫉妬を感じた。そして、荒々しく彼女に覆いかぶさり、パジャマを脱ぐのももどかしく、ほとんど着衣のまま彼女に挿入した。
キュゥッと締まる嫁の膣。私は、コンドームをつけ忘れていることに気がついた。でも、今さら後に引けない。私は、ほとんど犯すような感じで嫁を責め続けた。
『あっ、あぁっ、パパ、どうしたの? 興奮してるの? 激しいよ、うぅぁっ、あっ、あんっ、パパ、すごい、カチカチになってるっ』
嫁は、いつもよりも感じているようなリアクションだ。私は、そのまま腰を振り続けた。頭の中は、若い恋人とセーラー服姿でセックスをしている嫁の姿や、孝一にフェラチオしている姿でいっぱいだ。

私は、少し痛みを感じるほどに強く下腹部をぶつけていく。すると、嫁は私にしがみつきながら、
『パ、パパ、イッちゃう、イクッ、うぅっ!』
と、言って果てた。嫁は今まで、セックス中にはっきりとイクと口にしたことはない。以前に、不安な気持ちから、気持ち良くないの? と、嫁に質問したことがあったが、彼女は気持ち良いし、ちゃんとイッてると答えてくれた。でも、恥ずかしくて口に出来ないだけだとも言った。

私は、初めて見る嫁のリアクションを見て、実は今まで一度もイッたことがなかったんだなと気がついた。全然満足してくれてなかったんだなと思った。
そんな事を考えているウチに、私は限界を迎えてしまった……。慌ててペニスを抜くと、手でしごく事もなくノーハンドで射精した。
飛び出した精液は、自分でも驚くほどの勢いで嫁の身体を汚していく。お腹や胸、そして、喉のあたりまで飛んでしまっている。
『キャッ、すごい飛んだよ』
嫁は、ビックリした顔で言う。でも、どこか嬉しそうな感じだ。私は、慌てて謝りながら嫁の身体のザーメンをティッシュで拭き取っていく。

『パパ、まだまだ若いんだね。こんなに飛んじゃうなんて、10代の男の子みたいだよ』
嫁は、そんな事を言う。でも、20歳の若い男と浮気をした過去を持つ嫁がそんなセリフを言うと、胸騒ぎみたいな感情が湧く。

「千里も、いつもより気持ちよさそうだったね」
私がそんな指摘をすると、恥ずかしそうにモジモジしながら、
『うん。だって、パパ激しいんだもん。違う人にされてるみたいだったよ』
嫁は、上気したような顔で言う。まだ興奮が残っているみたいだ。私は、今までは相当我慢させていたのかな? と、不安になってきた。私とのセックスで、逆に欲求不満が溜まっていたのではないか? そんな事を考えてしまう。

「さっきの話だけど、本当に興味はあるの?」
私は、呼吸が整うと、そんな質問をした。嫁は、実際にするつもりはないが他の男とのセックスに興味はあると言った。
『少しだけね。どんな風かなぁって……。絶対にしないけどね』
嫁は、少し動揺した感じで答えた。

私は、動揺しながらも土曜日のことを聞いた。これまでもあったことだが、今回はあまりに急だった。
『うん。割引券もらったんだって。旦那さんの会社の関係で』
嫁は、よどみなく答える。これまでの私なら、それで納得したはずだ。でも、私の頭の中には、他の男と温泉に行く嫁がイメージされていた。

そして土曜日、嫁はいつも通りの普通の感じで出かけていった。メイクも普通だし、服も普段着ているようなものだ。特に、浮気の気配は感じない。
『じゃあ、行ってきます。食事とか、ゴメンね』
嫁は、申し訳なさそうに言って出かけた。私は、笑顔で送り出しながらも、不安でいっぱいだった。本当に、優子さんと行っているのだろうか? 確かめたくても、私は彼女の連絡先も住所も知らない。

落ち着かないまま、テレビを見たり本を読んだりしていたが、ふと孝一のことが気になった。まさかとは思うが、孝一と行ったのではないか? そんな事まで考えてしまった。そして、休日で悪いなと思いながらも、彼に電話をした。すると、すぐに電話に出た孝一は、
「お疲れ様です! どうしたんですか? 休みの日に珍しい」
と、元気いっぱいに言ってきた。
「いや、飯でもどうかなって思って」
「えっ? 千里さんは? 一緒にですか? だったら、すぐ行きますけど」
孝一は、そんな風に言う。私は、やっぱり考えすぎだったなと思い、
「千里は遊びに行ってるんだよ。ヒマだから電話したんだけど」
「なんだ、いないんだ……。じゃあ、ダメです。これから彼女とデートなんで」
孝一は、あっさりとそう言った。私は、別に本当に孝一と食事がしたかったわけではなく、嫁がもしかしてと思って確認しただけだったので、あっさりと引いた。

そのまま、モヤモヤとした時間は過ぎていく。こんな風に、嫁のことを疑ったのは初めてだ。それに、こんなに彼女に執着心を持ったのも初めてかもしれない。

そして、22:00前に嫁は帰ってきた。
『ただいま〜。ご飯食べた?』
嫁は申し訳なさそうに言う。私は、もう食べたよと言うことと、早かったねという事を言った。

『はい、お土産』
そう言って、ラスクを渡してきた。有名なヤツだそうだ。私は、ありがとうと言いながら、温泉に行ったのは本当なんだなと思っていた。こんなに疑ってしまうのが、自分でも不思議だ。

そして、ラクスを食べながら今日の話を聞き、風呂に入って寝室に入る。少しすると、嫁も風呂から上がって寝室に入ってきた。私は、少し上気したような嫁の顔を見て、性欲が抑えきれなくなってしまった。
抱きつき、キスをすると、すぐに舌を絡めてくる嫁。そのまま、濃厚なキスを続ける。しばらくすると、嫁の手が私のペニスに伸びてきて、パジャマの上からさすってくる。
『すごく興奮してるね。どうしたの? 最近、カチカチだね』
嫁は、嬉しそうに言う。私は、この前の孝一の話のせいだと答えた。
『パパも、そういうことしてみたいって事? そんなのダメだよ』
嫁は、少しすねたように言う。私が、どうして? と聞くと、私が他の女性とセックスをするのは絶対にイヤだと言う。愛されているなと思いながらも、嫁は年下の男の子と浮気をしたことがあるクセに、よく言えるなとも思った。

「じゃあ、他の男とエッチするのはイヤじゃないって事?」
『そ、それは……。だって、パパはイヤでしょ?』
嫁は、女性特有の話のすり替えをする。
「それはイヤだけど……。見てみたい気もする」
『変態。ダメだよ。そんなの、絶対にヘンだよ』
嫁はそんな風に言った。そして、そのまま私に抱きついてキスをしてきた。私は、少し安心しながらも、嫁が妙に興奮しているなと感じた。そのままセックスをしたが、嫁はいつも以上に感じていたし、私もあっけなくイッてしまった。

そして、久しぶりに抱き合いながら寝た。私は、色々と考え事をしていた気がするが、気がついたら寝ていた。

起きた後、いつも通りの休日を過ごした。月曜日になり会社に行くと、孝一が笑顔で近づいてきた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


自慢の彼女はドSで、僕は寝取られマゾになりました

僕が高校2年生の頃の話です。
高校2年生の春、初めて僕に彼女ができました。

彼女の名前は、なつき(ということにします)といいます。彼女の身長は170センチ位あり、スタイルも抜群でまるで芸能人のようなかわいさでした。顔は北川景子さんに似ています。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 13:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

引っ越してきたご夫婦と仲良くなりすぎて、嫁を交換していますw

3年前に私達夫婦は結婚し、2年前に新居を購入した。
妻との間にまだ子供も無く、それでも楽しく新婚生活を送っていた。
新居完成が近づき、家を見に行くと直ぐ近くにも家が建てられていて、同じ時期に完成する予定らしい。
どんな人たちなのか?いい人だったらいいね!と妻と話していたのだ。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

性欲がないと思ってた先生も、男でした

高2の時の先生とのセックスです。

女子校で、生徒のパンチラを見てもどうも思わない枯れた30のF先生。
F先生は先生の中では若めで、おもしろいのでまあ人気があって、友達とよくその先生をからかっていたのですが、いつも軽くあしらわれていました。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 08:00 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

出会い系の妊婦は、旦那とラブラブアピールがウザいけど簡単にやれたw

出会い系を長くやってきて、何人もの人妻を食ってきたが、昨日、初めて、妊婦をゲットすることができた。

7月に出産予定の、まさに腹ボテ女。

24歳の若妻だ。
てゆーか、自分にもびっくりだ。

【続きを読む】

サークルのエロい女におかずになってくれと言ってオナニーを始めた結果

大学時代の話ね。
俺は大学時代、文化系のサークルに所属してたんだけど、3年の時、後輩に『T四郎』という奴が入ってきたんだ。
そいつはギャンブルと風俗通いに狂った奴で、どうしようもないアホだった。
しかも、九州生まれの腐れ日本男児で、女を小馬鹿にする様な奴だった。
時代錯誤も甚だしいしゃべり方をする男だったよ。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 01:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

※課長にパワハラされて、嫁にセクハラまでされてしまいました2(転載禁止)

前回の話

僕は、思いきりシミになってしまっているズボンを見て、慌てました。こんなところは、加奈子に見せられるはずもありません。加奈子があんなにひどい目にあっていたのに、僕がこんな状態になっているなんて、知られて良いわけがありません。

でも、僕自身不思議でした。どうしてこんなに勃起してしまうのだろう? どうしてこんなにシミが出来るほどガマン汁が出てしまうのだろう? 僕は、床に飛び散っている課長の精液をティッシュで拭きながら、パニックになりそうでした。

【続きを読む】
[ 2018/01/31 00:45 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

出会い系のJKに昏酔強盗されかかったので教育しましたw

俺は、営業系なので外に出る機会は多い、得意先回りをする気分になれない時は、出会い系サイトで暇つぶしをする。

掲示板を眺めるだけだが、たまに知り合った女と会う機会も幾らかある、大半がセックスレスになっている主婦がメインになる、数少ない会える機会の中で、強かな女を懲らしめた経験談を話そう。

【続きを読む】

昔、一卵性双生児の双子とエッチしたことがあります

今から10年ほど前に双子をいただきました。
私21歳、相手17歳で身長は160cmくらいでちょっとぽっちゃり系の一卵性双生児。
バストはCカップくらいかな?その時の思い出は最悪だが、最近ばったり片方と出会った。で、飲みに誘い色々話をしているともう片方も呼び出そうという事になり三人で飲んだ。で、上手い流れに持ち込めてご馳走になりました。

【続きを読む】
[ 2018/01/30 23:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

妻が怪我をして、叔母の家から通勤をするようになった結果

妻がケガをして救急車で運ばれ町の病院に入院した時、町に住んでる叔母さん(義母の妹)が見舞いに来てくれて、
「会社の帰りに病院に寄って家に帰るのも大変なので、入院中は、ウチから会社に通えばええよ」と言ってくれた。
叔母さんと晩酌してると、ふっくら叔母さんの胸の谷間が目に付く。

【続きを読む】
[ 2018/01/30 22:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

私の身体に夢中になっている男の子……でも、本当は私の方が……

今日、3時からあの子が訪ねて来てくれます。
ああ、あと、30分でまたあの大っきいペニスでヒイヒイ泣き叫ばされると考えるだけでアソコがジンと来ます。準備はもう出来ているんです。裸にエプロンだけ付けた恥ずかしい格好です。

【続きを読む】

ふたりエッチな性教育は、優良先生が担当です

「教えてください!!」
「…何を!?」
「そ…その…、エ…エッチのテクニックですっ!!」
 るい発した言葉の内容を一瞬理解できず、辺りをキョロキョロ見回し、
「あ…あたしに??」と、驚きを隠せない表情で、優良は尋ねた。
「他に誰が…」
二人以外には誰も居ないリビングで、るいが苦笑しながら答える。
 学友達の間でも、エッチの事に関してはおカタイというイメージの渡辺るい。
そんな彼女が唯一、エッチに関する相談の出来る相手。小野田優良。

【続きを読む】

短いスカートをはいた生徒と、真面目な教師とのお話

コンコン…
失礼しま~す。先生いますか~?
(放課後の誰もいない学校、ある企みを抱えて職員室を訪ねる)
(ゆるいパーマのかかった茶色のショートカット、ブラウスのボタンを外しEカップの谷間を見せ、チェック柄のスカートを普段よりもかなり短くして白い太ももの付け根辺りまで露わにしている)はい いますよ。

【続きを読む】
[ 2018/01/30 12:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

パートの人妻に、マゾだろと言って口説いた結果

休日に職場にパートで入ってきた人妻と町でばったり会ったので、食事がてらに軽く酒を飲みながら話をしていると、酔ってきた彼女の口から「旦那とご無沙汰で」なんてよくある展開になってきた。
彼女は、33歳で子供が2人いる人妻。なかなかいい女だった。
オレも酔っていたので、
「君、マゾだろ。オレ、M女はすぐわかるんだよ」
と言って口説きに入っていた。

【続きを読む】

貧乏で、彼女が素人系雑誌のモデルをやった結果

ぼくも彼女も学生だったころ
彼女は家賃をバイトで稼いで自分で払ってました。
バイトしながらの学生って遊ぶ時間なくなるし・・・
ある日彼女が原宿であるいていると、スカウトマンに声かけられたとのこと。

【続きを読む】
[ 2018/01/30 02:07 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

主婦ですが、先生が格好良くてエッチしちゃいました

○○は今主婦兼たまにお仕事って生活のせいか…。
ヒマで…。だからこんなHな人になったのかも…(いや結婚前からなんですけどね…)
なんて思いながらちぇみーさんのHPを眺めてます。
今日かなかなさんのを見てて私もまた…と思いメールしました。
これもまた、なかなか回りの人には言えずにいたので、聞いてやってください。

【続きを読む】

怪しい妊娠をした彼女にソープで働いてるのかと聞いたら、ソープではないと言われた

風俗系の体験談なのでちょっとスレチかもしれないけど良いかな?
先月の終わり頃、突然彼女から「生理がきてない」とメールをもらった。
えっ?妊娠した?マジで?と焦りながら返信すると、まだ分からないという。
「ちゃんと確かめろよ」とマツキヨとかで売ってる判定キットを勧めた。
いつもこんなに遅れる事無かったのに・・・

【続きを読む】
[ 2018/01/30 00:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

出向先で、取引先の女課長にパワハラされたw

スペック。

俺26歳でガリレオガリレイ貧困のブルースリー。

相手は課長36歳の女。太めのポンキュッパ。とくにケツがデカイ。大柄な体格のせいかとにかくデカく感じる。顔は浜崎あゆみによく似てる。黒髪のあゆにブルーフレームのメガネかけた感じ。

【続きを読む】

嫁と喧嘩がちで、出会い系をやったら、アポれたJKがバイト先のあゆみだった

俺 168 60 33歳 会社員 妻子あり TOKIOの山口達也似

相手 160 40くらい? 18歳 女子高生

最近残業が多くて嫁ともケンカが多くなりついつい出会い系に… そこで同じ市内の18歳の若い子に「一緒に食事でもどうですか?」と送ってみた。

【続きを読む】
[ 2018/01/29 22:10 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

パンツ生脱ぎだけが約束だった主婦が遅刻してサービスしてくれた

パンツ売り希望の23歳人妻に会った。
別にパンツをスーハーする趣味はないんだが、女を買う行為に興奮するのだ。
風俗嬢じゃなくて素人。

素人女を金で買うことに興奮を覚え、ついにはパンツ売りの女性も・・。

【続きを読む】

同級生が見違えるように可愛くなって現れ、フィアンセがいるのにやらせてくれた

この前、同級生とコンビニで会った。
当時も仲は良かったが、可愛くない為、恋愛対象外だった。

「お前とはいくら貰ってもやりたくないな!」と言ったこともある。

そんなあいつが(以後A子)、見違えるように可愛くなって俺の前に現れた。

「久しぶりー!元気?」
「おー元気だよ!可愛くなったな!」

【続きを読む】
[ 2018/01/29 17:30 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

夫の兄は身長も大きいですが、あれも凄く大きかったです

今年30歳になる主婦です。夫には弟と兄がいます。
弟は遠く離れていますので滅多に会う事はないのですが、兄の方はご近所に住んでおり頻繁に家に来るのです。

夫は次男ですが母親と同居、兄のところに居たのですが兄嫁と合わず私たちが結婚した時に同居する事に。
親を押付けたと思っているのか兄夫婦はそれは親切です。
夫の兄は背が高くて身長は185センチもあり私などは見上げるくらいです。

【続きを読む】

宅配の彼がいるのに、オナニーをする快感に目覚めた私

私は小さい頃から両親に『女は淑やかに慎ましく』みたいな躾けをされてきました。
そして、その言いつけを守る子でした。
両親が大好きだったから。

【続きを読む】
[ 2018/01/29 12:00 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)

妻をさらしたい願望を持つ私が温泉旅行で妻と酔った夫婦と混浴して

以前から、妻をまた営みを他人に晒したい願望がありましたが、キス・他人棒のフェラ、受入れ等は絶対に許さない自分がいます。
しかし、他人棒を触るだけなら許せる気持ちもあります・・・

中途半端なんですが・・・
営みの最中にバイブを突っ込み、私の一物を咥えさせて擬似3Pなるものをやっています。

【続きを読む】
[ 2018/01/29 08:03 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

彼と行った夏祭り、彼をヤリマンビッチに寝取られた……

彼21歳、私18歳の頃のこと。

彼と夏祭りデートしていたとき、急に「ちょっと待ってて」と言われ、一人にさせられました。

20分くらい待たされて戻ってきたと思ったら、女の人連れて「同級生の幸恵ちゃん」て紹介されました。

【続きを読む】
[ 2018/01/29 02:03 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

「一度だけおもちゃを使ってみたいんです」という人妻

「一度だけおもちゃを使ってみたいんです」というステキな投稿を発見。それも既婚者。

暇と性欲を持て余した人妻とおもちゃを使った変態プレイ・・。想像しただけで鼻血が出そうです。なので「おもちゃ使うの大得意!」とメール。実際はおもちゃは勝手に動いてくれるから得意も不得意もないけど、返信ゲット!

【続きを読む】

叔母の家に居候し叔母とのSEXに明け暮れた4年間

学生の頃、叔母の家に居候し4年間、叔母とのSEXに明け暮れた。
叔母は未亡人で当時50代半ば、優しくて色っぽい女だった。俺は叔母の豊満な胸や丸みを帯びたお尻を眼に焼きつけオナニーをした。「叔母さんとSEXしたい。」という思いが日に日に強くなっていった。

【続きを読む】
[ 2018/01/29 00:03 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ