月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

※そのクリニックには、特別な不妊治療がありました

結婚して5年ほど子作りを頑張りましたが、結局授かれませんでした。さすがに何か問題があるのではないかと、夫婦で検査を受けました。結果、私に問題があり、自然受精は難しいという結果でした。

しかし、この時に難しいという言葉で説明を受けたことが、私達の人生に大きな影響を与えたと思います。難しいということは、可能性があるということだ……私達は、そんな風に考えるようになってしまいました。この場合、医者が言う”難しい”という言葉は、可能性がないという意味だったのだと思いますが、私達はそう考えることが出来ませんでした。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 21:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

大混雑の電車で、外資系に勤めるOLといった感じの彼女が酔いつぶれて俺を同僚と勘違いした結果

ちょっと、前のことなんだけど・・・・。終電は大混雑状態で、後ろから、突き倒されるように、中のほうに流されていきました。

どうにか、つり革をキープすると、目の前には、みるからに泥酔状態のOLさんが横のババァもたれるように、眠っています。
OLはどんな感じかというと、年齢は、20代後半、化粧は、きっちりしているが、ケバさはない。

【続きを読む】

気が強い会社の女の子は実は処女だったw

35歳の会社員です。
35歳にして、初めて24歳の処女ゲットしました。

28日会社の忘年会がありましたが、仕事でちょっとしたトラブルがあり、1時間ほど遅れて同僚と一緒に会場に向かいました。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 17:17 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)

寝取られ系体験談 姉妹サイトの告知

姉妹サイトのオリジナル寝取られ体験談のご紹介です。

お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました
マンガみたいにお裾分けをもってくるお隣の若妻さんに、オナニーを知られてしまい……
子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果
妻がむかし勤めていた会社でパートを始めた結果、衝撃的すぎる事実を知りました……
寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦
夫と食事中、大学生にナンパされたことを話し始める妻は、当たり前のように……
私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻
私がミスを隠そうとしたばかりに、部長に妻を差し出すことに……
EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩
会社の後輩は、EDを治すには妻を寝取らせることだと言った……
妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる
妻は月に一度だけ、本当に大好きな男の元へ行きます……
バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間
夜行バスでスキーに行ったら、寝ぼけた巨乳のロリママが抱きついてきた……
酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした
ベロベロに酔っ払った帰った夜、寝ている妻に欲情してしまい、睡姦をしたらお義母さんだった……
年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と
リゾートホテルに混浴スペースがあったことで、仲良くなったご夫婦とスワッピングする流れに……
仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした
家族ぐるみの付き合いの仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那さんのアレを握ってしまった……
結婚を決めた彼女が、出張中に俺の親友と浮気してた
高校時代からの付き合いで、同棲もしている彼女が、俺の親友に抱かれていた……
妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた
妻とマンネリ打破のために始めた露出プレイは、甥っ子を巻き込んでネトラレへと変わっていく……
清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく
幸せな結婚生活、しかし、母親の借金が原因で裏社会の人間に身も心も堕とされていく美しい妻……

[ 2018/01/21 15:46 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由6(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁にペニスを踏まれながら射精してしまった私は、自分でも驚いていた。
『すっご〜い。踏んだだけで出ちゃうの? 本当に、ド変態になっちゃったんだね』
嫁は、つま先でグリグリとペニスを踏みながら言う。私は、ゴメンと言うことしか出来ない。私の両手には、嫁の膣から流れ出たザーメンが溜まったままだ。聞くまでもなく、達也のザーメンだと思う。

『どう? 達也くんの濃いでしょ?』
私の手の平の上のザーメンを、人差し指でかき混ぜながら言う嫁。確かに、見るからに粘度が高そうだ。
『パパの薄目の精液と違って、こんなだよ』

嫁は、指でザーメンをつまんで持ち上げるようにする。すると、ドロッとスライムみたいな動きをする。
「中に出されちゃったんだよね? コンドームしないでセックスしたって事だよね?」
私は、さっき画面で見て知っていることなのに、あえて質問した。
『そうだよ。パパがいなくなっちゃったから、犯されちゃったんだよ』
嫁は、うわずった声で言う。私が犯されたの? と、聞くと、
『プレイだけどね。犯すみたいにしてもらっちゃったんだ。もう、頭の中真っ白で、メチャクチャ興奮しちゃった。あんなの、生まれて初めてだよ』
と、嫁は答える。

そして、いきなり私の手の平の上のザーメンに口をつけると、ズルズルと音を立てて飲み干していく。あっという間に手の平いっぱいのザーメンがなくなってしまった。
『すごく喉に絡みついてるよ。なんか、飲んだだけで妊娠しちゃいそう』
おどけたような口調で言う嫁。パジャマの上だけを着た嫁は、すごく淫靡な感じがする。パジャマは、大きな胸で膨らんでボタンのところが弾けそうになっているし、下半身は裸のままだ。そして、口元にはザーメンの塊が付着している。

私の視線に気がついたのか、
『あれ? ついちゃってる? パパ、指でぬぐってくれる?』
と、おねだりをしてきた。私は、言われるままに人差し指で嫁の口元のザーメンを拭い取っていく。すると、すぐにその指を舐め始める嫁。私の指を、まるでフェラチオでもするように舐めている。
私は、そのイヤらしい舌づかいに興奮してしまった。あっという間に再び固くなるペニス。すると、嫁はすぐに私のペニスを踏んできた。

『パパ、元気だね。もうカチカチだよ。昔に戻ったみたいだね』
嫁は、妙に嬉しそうに言う。私は、どんな風にセックスをしたのか質問した。
『え? どんな風って? バックで犯されてるみたいにガンガンされちゃったよ。立ったままでね』
嫁は、そんな説明をする。概ね見たとおりの説明だ。特に、隠し事をするつもりはないみたいだ。
「キ、キスは? したの?」
私は、息苦しい感じすらしていた。質問すると、
『キスはしてないよ。だって、キスはパパとしかしたくないから……』
と、妙に可愛らしく言う。もう40歳をすぎているのに、私にしてみればいつまでも可愛い嫁だ。
でも、キスはしていないとウソをつかれてしまった……。私のペニスが、さらに固さを増した気がする。
『あれれ? ナンか、もっと固くなったよ。想像しちゃった? キスした方が良かった?』
嫁は、そんな質問をしてくる。私は、キスはやめて欲しいと言った。
『した方が興奮するんじゃないの? 本当に、しなくてもいい?』
嫁は、私をからかうように言う。でも、私は迷っていた。二人がキスをしたのはすでに知っている。それを見て激しく興奮したのも事実だ。
でも、キスを公認してしまったら、より歯止めがきかなくなるのではないか? 最後の砦として残すべきなのではないか? そんな思いがよぎる。

『いいよ、言わなくても。おちんちんが返事してくれてるもの』
嫁は、少しからかうような感じで言う。確かに、私のペニスは勃起しすぎて脈打つようになっている。それを直に踏んでいる嫁には、私の興奮が筒抜けなのだと思う。

私は、何も言えずにうなだれた。すると、嫁が対面座位で繋がってきた。さっきよりは元に戻ってきたような感じはするが、それでもやっぱりいつもと感じが違う。
『パパ……。パパのおちんちんって、奥に突き当たらないでしょ? 達也君のおちんちんは、奥に突き当たって、さらに押し込んでくるんだよ』
嫁は、私の耳元でささやくように言う。私は、劣等感を強く感じていた。

『奥に当たると、頭がボーッとしちゃうくらい気持ち良いんだよ。あんな快感知らなかったなんて、人生損してたかも』
嫁は、さらにささやく。私は、その快感を与えることが出来なかった事に謝った。
『謝らなくてもいいよ。パパとのエッチで充分だったし』
嫁は、そんな事を言ってくれる。でも、私とのセックス後に、嫁がオナニーをしていたのは毎度のことだった。

「あいつとする方が、気持ち良いって事?」
私は、わかりきった質問をした。
『うん。ゴメンね。どうやっても、達也君の方が気持ち良いよ』
嫁は、私の耳元で言う。少し言いづらそうだ。そして、それをごまかすように、腰を動かし始めた。
感触が違っても、充分に気持ち良い。柔らかい膣肉に包み込まれ、こすられているような感じだ。
『んっ、んっ、パパ、カチカチだね』
嫁は、甘い声をあげながら言う。いつものリアクションだ。でも、達也とのセックスを見てしまった後では、嫁が全然感じていないのは一目瞭然だ。声のトーンも、表情も違う。ひと言で言うと、私とのセックスでは、嫁は余裕があるように見える。切羽詰まった感じも、感じすぎて怖いという感じもしない。

すると、嫁はいきなりキスをしてきた。いきなり舌が口の中に飛び込んできて、私の舌を絡め取っていく。同時に、何とも言えない生臭い味と臭いも広がる。達也のザーメンの残り香だと思う。
私は、一瞬顔を背けようとした。でも、嫁が抱きついてきて舌を絡めてくるのでそのままキスを続けた。

『変な味する? でも、パパのもっと固くなったよ。こんなのでも興奮するんだね。変態』
嫁は、楽しそうに笑いながら言う。
「……してるところ、見せてくれないかな?」
私は、嫁にそんな提案をした。
『いいよ。じゃあ、呼んでこようか?』
嫁は、イヤがる気配もなく言う。それどころか、どこか楽しんでいるような雰囲気だ。そして、嫁は下半身裸のまま寝室を出ていった。形のいいお尻が揺れ、全裸よりもはるかにイヤらしい姿に思える。

私は、とりあえずパジャマを着て嫁が戻るのを待った。さっきは、画面越しだった。目の前で嫁が巨根に狂う姿を見て、私はどうなってしまうのだろう? そんな期待と不安で落ち着かない気持ちだった。

でも、なかなか戻ってこない。私は、どうしたのだろう? と、思って寝室を出た。すると、嫁の悩ましい声が聞こえてくる。私は、息を飲んで廊下を歩き始めた。和室の横まで来ると、
『んっ、ンンッ、あっ、うぅっ、ひぃうぅ』
と、嫁のくぐもったあえぎ声が聞こえてくる。私は、襖を薄く開けた。すると、さっき私としていたように、対面座位で繋がる二人が見える。キスをしたまま、なまめかしく腰を動かしているのは嫁の方だ。嫁はパジャマの上は着たままで、達也の方は全裸になっている。

『ダメぇ、声出ちゃうよ。ねぇ、もうやめよ』
嫁は、うわずった声で言う。
「大丈夫だって。寝てるんでしょ? 起きないって」
声をひそめて言う達也。どうやら、私に内緒と思っているようだ。
『でも……』
嫁はそんな事を言っているが、腰は動きっぱなしだ。
「じゃあ、俺が動きますね」
達也はそう言うと、腰を突き上げるような動きを始めた。
『ダメぇ、声、うぅ、出ちゃうから、あっ、ダメっ、あっ、あぁっ、奥に当たってるの』
嫁は、必死で声を抑えている感じだ。でも、抑えきれないあえぎ声がはっきりと聞こえてくる。

私は、嫁のセックスをこんな風に覗き、画面で見ているよりもはるかに興奮していた。どれだけカメラの性能が良くても、やっぱり臨場感や解像感が違いすぎる。

「奥、気持ち良いでしょ。こんなの初めてですよね?」
達也は、得意気な感じで言う。
『そうよ。こんなに奥まで入ってきたのは、達也君が初めてよ』
嫁は、少し照れ臭そうに言う。
「僕と先輩以外は、何本知ってるんですか?」
達也は、腰を動かしながら質問する。私は、ドキッとしていた。それは、私も聞きたいことだ。実際、嫁は何人経験があるのだろう?

『5本よ。2人以外はそれだけよ』
嫁は、素直に答える。私は、その言葉に嫉妬を感じてしまった。5人が多いのか少ないのかはわからない。今時ならば、普通なのかもしれない。でも、私にしてみれば、5人も知ってるんだ……という気持ちだ。

「へぇ。意外に多いんですね。じゃあ、7人の中で1番は俺ですか?」
達也は、そんな質問をする。
『気持ちよさって事? 恋愛感情って事?』
嫁は、気持ちよさそうな顔のまま質問する。
「もちろん、セックスの気持ちよさです!」
達也は元気いっぱいに言う。

『それなら、そうね。これが1番かな?』
嫁は、素直に答える。
「じゃあ、先輩は? 何番目なんですか?」
達也はそんな余計なことまで聞く。
『も、もちろん、2番目よ。決まってるじゃない』
嫁は、明らかに動揺して答えている。私は、絶対に違うんだなと思っていた。
「本当は? いま、動揺してるでしょ?」
達也は、そんな事を言う。
『わからないよ。そんなの、忘れちゃったし』
嫁は、とぼけた口調で言う。
「ホントですか? でも、先輩より大きいヤツいたでしょ?」
『それは……いたけど。もういいでしょ。早く終わらないと、起きちゃうわよ』
嫁は話をそらす。私は、自分が何番目なのだろうか気になってしかたなかった。

「じゃあ、どうやって欲しいですか? さっきみたいにバックでしますか? 犯すみたいにしましょうか?」
達也はそんな事を言い始める。私は、カメラで見たあのレイプのようなプレイを思い出し、ドキドキしていた。
『ダメだよ。あんなの、声我慢できないに決まってるでしょ? 寝バックでしてくれない?』
嫁はそんな事を言うと、布団の上にうつ伏せで寝転がった。
「奥さん、やっぱりエロいですね。寝バック好きって、かなり玄人っすよね」
達也はそう言って、嫁に重なっていく。
『うぅっ、あぁ、気持ち良い。やっぱりこれが一番気持ち良い』
嫁は、気持ちよさそうな声を上げる。この体位は、私とは一度もしたことがない。
「男も気持ち良いんですよ。スゲぇ締まるし、密着感がいい感じっす」
達也はそんな事を言いながら腰を動かし始める。
『あっ、あっ、気持ち良い。すごくこすれてるの。本当に気持ち良いっ!』
嫁は、とろけた声であえぎ続ける。
「先輩とはしないんですか?」
達也が質問する。
『しないって言うか、出来ないんじゃないかな? だって、長さがないと抜けちゃうでしょ?』
嫁は、少し言いづらそうに言う。
「あ、そっか。じゃあ、久しぶりの寝バックっすね」
『そうよ。だから、楽しませてね』
「あれ? 起きちゃうからやめるんじゃないんすか?」
『そんなのいいから、黙ってしなさい』
嫁は、ぴしゃりと言う。達也は、おどけた返事をして腰を動かし続けていく。
確かに、この体位はある程度のペニスの長さが必要な気がする。お尻が邪魔をするからだと思う。
『あっ、あんっ、それ、それすごい、うぅっ! 上手ね。本当に気持ち良い。もっとしてっ、もっと、奥まで押し込んでっ』
嫁は、うつ伏せのままあえぎ続ける。私は、嫁の好きな体位をしてあげることが出来ていなかったんだなと知った。

達也は、そのまま腰を振り続ける。嫁は声を抑え気味にしながらも、気持ちよさそうにあえぎ続けている。少しずつ大きくなっていくあえぎ声。すると、嫁はクッションに顔を押しつけるようにして声が漏れなくした。

嫁は、達也を呼びに行ったはずだ。私の目の前で、達也とセックスをするつもりだったはずだ。でも、いまの2人は、私に見つからないようにコソコソセックスをしているようにしか見えない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


☆勃起不全EDの私は、週末ホテルで最愛の妻を他人に抱かせている姿を撮影している


今日もお仕事のために子供を留守番させてやって来た、牝犬ママさんです。
どこにでもいそうな普通の奥さんなのですが、ひと度ご主人様のためとなれば頑張ってセーラ服を着てくれます。
30歳過ぎの人妻さんにセーラー服を着せて服従させるのは、まるでAV女優か商売女が目の前にいるようで、何ともイヤラシいのです。
プレイの途中では、電話でお子さんに帰りが遅いと怒られてしまう始末です(笑)



私の仕事中の昼間にも妻を淫欲まみれにするため、友人に妻を貸し出しました。
平日の昼間から**され逝きまくる妻。
堅くなった友人の肉棒をうまそうにしゃぶりつく痴態ぶり・・・
ジュポジュポねっとりフェラで、なかなか離そうとしません。。(汗



寝トラセ妻 勃起不全EDの私は、週末ホテルで最愛の妻を他人に抱かせている姿を撮影している


子供のできない妊娠適齢期の人妻達
自然妊娠を望む彼女たちの願いを叶える秘密厳守のとあるサービスがあった
それは夫にかわり妊娠させる種付け代行という行為だった…


僕の知らない妻を見たくて…


おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~

【続きを読む】
[ 2018/01/21 15:46 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

※可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

僕には、分不相応な彼女がいる。取り立てて取り柄もない僕が、必死で頑張ってなんとか交際までこぎ着けた。
彼女は真希子という名前だ。でも、某政治家と同じ名前なのが気に入らないらしく、マキちゃんと呼ばせる事が多い。SNSもマキで統一しているので、友人関係でも、マキが本名だと思っている人も多いようだ。

マキは、彼氏のひいき目もあるかもしれないが、10人いれば10人が可愛いと言う女の子だと思う。157cmで小柄。童顔で子供っぽい印象だけど、脱ぐと意外に胸がある。
顔は、目がぱっちりと大きく、八重歯が可愛くて印象的だ。細かく言うと、黒目がちょっと大きめで、まつげも長くて量も多く、付けまつげをしているように見える。何よりも、肌のきめが細かく、赤ちゃんみたいな肌をしている。48人集めなくても、単独で通用しそうなルックスだと思う。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 15:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

アダルトショップをやってますが、女性客の商品選びをお手伝いしてますw

私は、東京のある繁華街の裏通りで、大人のおもちゃ屋を開店しています。

女性店長の店として評判になったこともあり、まあまあの商売をしています。

三十代のムッチリ系の店長は、男性客には人気がありますが、女性客は女性店長を好みません。

【続きを読む】

1月19日新作アップしました ブロマガコンテンツ更新案内

オリジナル体験談一覧です。姉妹ブログのものも全て含んでいます。
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)
すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果5
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・課長にパワハラされて、嫁にセクハラまでされてしまいました
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです5
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由6
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・妻が大学生にナンパされたと告白して始まった、童顔な妻との寝取られ生活4
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2018/01/21 12:26 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

「ホントですか!? 千里さんがナンパしてって事です?」
孝一は、かなり驚いている。
『ちょっ、ちょっと、声大きいわよ。起きちゃうでしょ』
嫁は、少し慌てた声を出す。
「平気ですよ。先輩、ああなったら起きないですから」
孝一は、落ち着いた口調で言う。
『それはそうだけど……。そろそろ帰ったら?』
嫁は、少し落ち着かない感じで言う。

「いや、まだです。もっと聞かせてくださいよ」
孝一は、嫁にそんな風に言う。私も、もっと聞きたいと思っていた。まさか、嫁が浮気経験ありとも思っていなかったし、嫁の方から声をかけていたなんて、とても信じられない。
『別に、それだけよ。私が声かけて、半年位付き合いがあったって言うだけよ』
嫁は、かなり言いづらそうな感じだ。
「どうして声かけたりしたんですか? どこで声かけたんですか?」
質問を重ねる孝一。
『どこって、ショッピングモールよ。イ〇ンよ。フードコートで』
嫁が質問に答えた。まさか、日常的によく行く場所でそんな事をしていたなんて、予想外もいいところだ。
「あんなところで逆ナンですか? なんか、プロって感じですね」
『なにそれ。面白い言い方。ご飯食べてるときに、私のスカートの中チラチラ覗いてる男の子がいたの。なんか、可愛い感じで、ちょっとからかっちゃったんだ』
嫁は、なんとなく懐かしそうな感じで言う。
「どうやってからかったんですか?」
『え? その……脚組んだり、ちょっと広げてみたりよ』
「それって、モロ誘惑じゃないですか」
『そうかもね。彼、顔真っ赤にして恥ずかしそうにしてたわ』
「それで、どうやって声かけたんですか?」
『それは……。覗いてたでしょって』
「うわっ、そんな風に言われたらメチャビビるでしょ」
『うん。すごくビビってたわ』
そんな会話を続ける二人。

結局、そのまま嫁がラブホテルに誘ったそうだ。そして、ビビる男の子に筆おろしをして、ズルズルと関係を続けてしまったそうだ。

まだ20歳の若い男の子なので、嫁とのセックスに夢中になり、ほとんど毎日と言っても良いくらいセックスを求めてきたそうだ。
時間がないときなどは、自宅の近くの公園のトイレや、駅ビルの非常階段でもセックスをしたそうだ。そして、その半年間は、ピルを飲んでいたそうだ……。
「って言うことは、中に出されたりしてたんですか?」
『そ、そんなのいいでしょ! もう、質問終わりだよ』
焦る嫁。どう聞いても、中出しされていたと思える。
「へぇ。まさか千里さんがそこまでするなんて、超意外です。けっこう、一途なタイプなんですか?」
孝一は、不思議そうな声で聞く。
『そ、そんなことないわよ。ただ、すごく求められるから……。嬉しいって思ってたかも』
嫁は、恥ずかしそうに言う。その言葉に、私は急に責任を感じ始めた。私がちゃんと嫁を女性として見ていれば、嫁の浮気はなかったのではないか? そんな気がしてきた。

そして、嫁は孝一に上手くのせられたのか、色々と話をする。私達には大学時代の友達と遊ぶと言って家を出て、一日中彼の家でセックスをしたこともあるそうだ。
一日中全裸で過ごし、料理をするのも食事をするのも全裸で、ほぼ一日中ハメっ放しだったそうだ。つがったまま昼寝をしたり、口移しで水を飲ませ合ったりしたそうだ。
私は、激しく動揺してしまった。そんなガチの浮気をしていたなんて、とても信じられないし、信じたくもない。私は、机に突っ伏して寝たフリを続けながら、心臓がバクバクしていた。でも、さっきから私は勃起しっぱなしだ。なぜか興奮してしまっているし、嫁への独占欲のような気持ちがものすごく大きくなっている。

『ちょっと、なに大きくしてるの? 興奮しちゃった?』
嫁が、ちょっと笑いながら言う。
「そりゃ、興奮しちゃいますよ。だって、千里さんエロ過ぎるでしょ」
『そんなことないわよ。昔の話よ。それより、ちょっと見せてよ。大っきくなったところ見てみたい』
嫁は、そんな事を言う。私は、またドキドキしていた。この前は、勃起していないペニスを見ただけだった。それでも、嫁はビックリするくらい大きいと言ってた。

「いいですよ。でも、そんな事言い出すなんて、千里さんも興奮してるんじゃないですか?」
からかうように言う孝一。
『そんなわけないじゃない。ただの好奇心よ。ほら、自信あるんでしょ? 早く見せなさいよ』
嫁は、ノリノリという感じだ。
「どうですか?」
『わっ、本当に大きいんだね。これじゃ、彼女も痛いかもね』
嫁は、驚いていると言うよりも、どことなく興奮しているような口調に思える。

「わかってもらえました? ホントに大きいでしょ? でも、大きいだけならまだいいんですけど、すごく固いんですよ。固くて痛いって感じなんですよね」
孝一はそんな事を言い始めた。
『そうなの? ホントね。プラスチックみたい』
私は、思わず飛び起きそうになった。触ってる? 私は、ドキドキしながら薄目を開けた。でも、二人の姿は見えているが、手元までは見えない。ただ、嫁が今まで見た事のないような表情になっているのはわかった。興奮しているとも、好奇心で目を輝かせているとも言えない感じだ。もしかしたら、牝の顔というのがこういう表情なのかな? と、思うような顔だ。

「プラスチック? プラッチックの事ですか?」
『なにそれ。プラスチックはプラスチックよ』
二人は、噛み合わない会話を続ける。関西方面出身の孝一は、そう言うらしい。
「そろそろいいですか? あんまり握られちゃうと、さすがに変な気起きちゃいそうです」
孝一はそんな事を言う。
『ご、ごめん。なんか、握り心地いいからつい……』
「じゃあ、そろそろ帰りますね。ムラムラしちゃったんで、風俗でも寄って帰ります」
そんな事を言い始める孝一。彼女がいて、浮気もしているのに、風俗まで行っているのに驚いた。
『そんなところ行ってるの? だって、手やお口でしかしてもらえないんでしょ? もったいないじゃない』
嫁は、そんな事を言い始める。私は、急にイヤな予感がしてきた。
「いや、たまには気楽でいいもんですよ」
孝一はそんな事を言っている。
『もったいないわよ。貯金しときなさいよ。私が手でしてあげるから』
嫁は、そんな事を言い始めてしまった……。
「えっ? マジですか?」
孝一は、驚いている。無理もないと思う。
『手だけよ。いつもワインとか持って来てくれてるでしょ。お礼よ』
嫁はそんな事を言った。そして、遠慮しがちな孝一を再びソファに座らせる。

「なんか、悪い気がします」
孝一は実際に罪悪感を感じているような口調だ。
『悪いに決まってるじゃない。内緒よ。それにしても、本当にカチカチなのね』
「あぁ、ヤバい。メチャ気持ちいいです」
『ふふ。お汁出てきたわね。大きいと、これの量も多いのね』
「いや、千里さんがしてくれてるから、いつも以上に興奮してるんだと思います」
『こんなおばちゃんでごめんね。風俗なら、もっとピチピチの子が相手なんでしょ? 我慢してね』
「そんな事ないですって! 僕が行くのって人妻系のヘルスばっかですし、千里さんレベルの美人なんて、絶対にいないですもん」
『はいはい。褒めても手だけよ』
「それで充分です!」
そんな会話をする二人。でも、嫁は孝一のペニスを手コキしている……。私は、なんとか見ようと微妙に体勢を変えるが、やっぱり手元までは見えない。上気したような嫁の表情が見えるだけだ。

『これくらいで大丈夫? 弱い?』
嫁は、少し恥ずかしそうな声で聞く。
「大丈夫です。気持ち良いです」
孝一は、少し照れているような口調になっている。二人とも、多少ろれつが回っていない感じはあるので、けっこう酔っ払っているのだと思う。でも、酔っているからといってこんな事までするのはやりすぎだと思う。

『ごめんね、ちょっと持ちづらいから両手でするね。指が回らないなんてウソみたい』
そんな事を言う嫁。指が回りきらないなんて、どんなに太いのだろうと思う。そして、そんなものを握ってしまっている嫁は、変な気持ちになっていないのだろうか? 私は、興奮しているのは確かだが、不安な気持ちの方が大きい。
「あっ、すみません。両手で大丈夫です。あぁ、気持ち良いです。上手ですね。その彼に色々してあげたんですか?」
孝一は、そんな質問をする。
『そうよ。こんなのはどう?』
「うぅっ、ヤ、ヤバいです、気持ち良すぎる、うぅっ、ちょっ、ストップ、うぅっ!」
余裕のない声を上げる孝一。嫁は、どんな責め方をしているのだろう?

『ふふ。さすがね。あの子は、これやるとすぐにイッちゃったわ』
嫁は、Sっぽい雰囲気になっている。私は、いままで知らなかった嫁の姿に驚いていた。嫁は、どちらかというとM寄りの性癖だと思っていた。私とのセックスでは、基本的に受け身ばかりだ。

「いや、マジでヤバかったっす。それにしても、千里さんテクニシャンすぎません?」
孝一は、感心したように言う。
『色々と頑張っちゃったからね。それくらいしないと、おばちゃんなんてすぐ飽きられちゃうからね』
嫁は、少し寂しそうに言う。私は、嫁が若い恋人のために色々と頑張っていたと聞かされ、胸が痛んだ。浮気された怒りよりも、健気な嫁に同情のような感情すら持ってしまう。夫が、浮気した嫁に怒り狂って復讐をするという話をネットやテレビでは見かけるが、私に関してはそんな感情は起こる気配もない。

「千里さんだったら、頑張らなくても大丈夫だと思うけどなぁ〜。それに、千里さんから別れたんでしょ?」
『それはそうだけど……。でも、彼に飽きられてきてたって感じたからかもね』
嫁は寂しそうに言う。
「へぇ……。僕なら飽きるなんて絶対ないけどなぁ〜。色々頑張ったって、どんなことしたんですか?」
『え? そんなのいいでしょ。ほら、早く出しちゃいなさいよ。いい加減疲れたわ』
嫁は、話をそらそうという感じで言う。
「教えてくれたらすぐ出ますって」
孝一は、少し余裕のない声で言う。嫁が手コキをしながらこんな会話をしていると思うと、さすがにやりすぎだと思う。でも、なぜか私のペニスは手も触れていないのに射精寸前まで追い詰められている。

『もう……そんなたいしたことしてないわよ。エッチな下着着てみたり、その……セーラー服着てみたりよ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


水道修理でお邪魔した先の奥さんを思い切ってレ〇プした!

「美紀の体をよく見せてもらうからな!」Tシャツをたくし上げて、ブラもついでに押し上げる。
白いきれいなおっぱいが飛び出してくる。
ピンクの乳首にしゃぶりつくと・・・「ああ・・ん」美紀は声上げる。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 12:00 ] 男性の体験談 レイプ輪姦した体験 | TB(0) | CM(-)

5年前からしている不倫は親子丼

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。

【続きを読む】

知り合いの奥さんがが怪しげな仕事を始めて、浮気してるっぽかったから便乗した

9月の半ばごろから奥さんが働きに出ました。知り合いだと言うなんとも怪しげな「健康補助食品」をネットで販売しているそうです。
アンケートの回答があれば説明に出向くそうです。ウキウキとしている姿を見て少し複雑な思いもあったのですが、私自身運動会で知り合った奥さんとの進展に力を入れようとしていたのでいいタイミングでした。

【続きを読む】

社交的な妻は、レイパーにも身体も心もを開いてしまった

私41歳、妻38歳。東京近郊の住宅街に住んでいる。
小学校6年と2年の子供がいる。
11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、週末は、私たち夫婦二人だけになった。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 01:03 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

複数の男性の共有物となり呼び出されてはすぐにイク妻

由美子(162cm/48kg)は40才を過ぎました。
30代とは違った色気が出てきてか、すれ違う方には良く振り返ってもらえます。

先日はネットで知り合った男性に抱かれて午前4時過ぎに帰宅しました。

【続きを読む】
[ 2018/01/21 00:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果5(転載禁止)

前回の話

妻は、部長の精液を飲み干した後、
『次は、下のお口にも欲しいな』
と、甘えた声で言う。オープンカップのブラジャーに、ガーターベルトとマイクロミニなショーツ姿の妻は、乳首に鎖付きのクリップをつけたままとろけた顔をカメラに晒している。
乳首クリップの鎖は左右のクリップを連結していて、今はダランと垂れ下がり、大きくなったお腹にくっついている。妊婦の妻がこんなはしたない格好をしていると、背徳感がものすごく大きい。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 22:14 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

4人で同窓会っぽく飲んでたら、スプラッシュな乱交になりました

数年前の夏のことです。

俺(22才)と、大輔、香織、美佳(仮名)と俺ん家でプチ同窓会した時の話しです。

俺達はみんな中学の同級生で高校卒業してから毎年最低1回は会って飲み会してます。

俺と大輔は幼稚園からの仲良しで、香織と美佳は中学の時はあまり話したことがなかった。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 22:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

息子の部活をバックアップするつもりが、コーチと肉体関係を……

 今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では県大会3位の成績を収めました。
もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。
母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 22:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

※同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた

今の会社に勤めて18年、真面目に働いてきたつもりだ。終電で帰る事もちょくちょくあったし、休日もお客の都合で働いたりしてきた。

そのおかげか、収入もそこそこになったし、自分にはもったいないような美しい妻とも結婚する事が出来た。子供も二人出来たし、小さいながらも一軒家も購入した。人生、今がピークなのかなと思うくらいに、充実して楽しい日々だった。

それが、最近、おかしくなってしまった。残業しすぎで自殺した女の子の件がきっかけで、会社がやたらと残業にうるさくなり、残業時間が激減した。その結果、手取りの給料が10万近く減ってしまった。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※私より稼ぐ妻に、射精管理をされています

「すずちゃん、もう朝だよ」
私は、いつも通りに朝食を準備したあとで、妻のすずを起こした。在宅自営業の私と、バリバリの不動産営業のすずなので、家事は私がやることが多い。もともと、高校から寮生活だったこともあり、掃除も洗濯も料理も得意な私にとっては、別に苦ではない感じだ。

『んん〜。おはよう。いい匂いだね』

【続きを読む】
[ 2018/01/20 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ツアーガイドの妻が、団体客に陵辱の限りをつくされた

数日前、妻から衝撃な告白をされた。
今から10年前、妻は某旅行会社に勤めた。
人と接する仕事がしたいと、ツアーガイドになった。
現に私も、会社の旅行で妻と知り合ったのだ。
10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 17:49 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた(転載禁止)

大学から東京に出て、就職も東京でした。基本的に友人や交友関係は東京に出てから知り合った人ばかりだけど、一人だけ中学の頃からの友人がいる。俺が東京の大学を受験するきっかけも、彼だった。高2の時、彼が急に東京の大学に行くと言い出し、アイツが行くなら俺もと言う感じの軽いノリで受験勉強を始めた。

大学自体は結局違う大学になったけど、しょっちゅうつるんで遊んでいた。就職後もそうだったけど、アイツが結婚してしまったので、遊ぶ機会は急に少なくなった。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 15:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

酔っ払って彼氏と間違えて友達の旦那さんとしちゃいました

友達の家で、4家族で飲み会やっててリビングでみんなで飲んでたんだけど、お酒の強い人、弱い人がいて眠くなった人から隣の部屋で寝ていました。

私もかなりお酒が入り何人が飲んでて、何人が寝ているか分からない状態でした。

私も眠たくなり、隣の部屋に行くと3人位が寝ていたのかな?隣が誰だか分からないけど取り合えず空いてたから寝ました。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 13:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

忘れ物を取りに帰ったら、母がバイブオナニーの真っ最中でした

 先日、偶然にも母(33)の全裸姿をみてしまった。いつものように野球の練習に行くため家を出たが、途中でグローブを自室に忘れたことに気づき家に引き返した。家を出てからもう20分位も経ってしまった。玄関の鍵を開け、急いで2階の自室からグローブを取り、靴を履くため玄関の上がりこまちに腰を下ろした。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 12:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

男子に人気のぶりっ子に嫉妬したブスが、輪姦させた結果

私たちのクラスに超ぶりっ子のゆきという子がいました。
同性の私たちが見るとあまりにも分かりやすい可愛い子ぶりっ子なのに、男子には分からないらしく男子には人気がありました。
まぁ、そのぶん女子からは嫌われていたのですが・・・。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 08:00 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

ツレの家で遊んでたら、目の前で可愛い憧れのあの子が金髪にやられた

これは俺が中3の時の話なんだけれど。
俺、マコト、ユタカ、カツヤ、タカミチ(仮名な)の5人は高校も底辺の馬鹿公立に行くことが決まってたんで、やる事もなくてよく夜になるとマコトの家でたむろしてた。
俺らは特段不良でもなんでもなかったけど、なんか夜遊ぶのが楽しい、みたいな時期があるじゃん?
だからこの5人プラス、後はクラスやクラブの友達が不定期にって感じで週に3〜4日は集まってた。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 02:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

姉の友達とヤリまくり、彼女の結婚式の後もやりました

大学は大阪だったけど、夏休みに実家に帰ったときに姉の短大時代の友達とやった。
3年の夏休みに実家に長めに帰って車の免許とバイトをやってたが、仲のいい友達は東京や大阪に出て帰ってきてない奴が多く、結構暇してた。
帰省して最初の週末にうちに姉の友達数人が遊びに来た。
親もいなくてゴロゴロしてた俺は用事があってリビングに行ったときにちょっとだけ挨拶した。

【続きを読む】

上司2人がウチに来る目的は、僕の女房です

 家に招いた上司2人の目的は、目の前にいる僕の女房です。仕事上の僕の大きなミスを会社の上層部に報告しないかわりに、新婚の女房を抱かせる。そんな約束で飲み会を口実に家にあがりこんできました。
女房を他の男に差し出すなんてことはできないので、そんな提案は拒絶しましたが、会社をクビになるわけにもいかず、結局僕と女房が交わっているところに、2人が加わるという形で条件をのむことになりました。

【続きを読む】
[ 2018/01/20 00:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

嫁の姉に欲情して夜這いをかけたらウェルカムだった

同居してる義姉がいてて、なかなか良い体をしてるんだ。
夜な夜な寝てる義姉にイタズラをしてた。
最初の頃は、寝顔を見ながらオナニーをしたり、義姉の後に風呂に入って、浴室にある脱ぎたての下着でオナニーをしてた。
ある日、義姉が寝てるベッドにそっと入ったら、少し寝ぼけながらもビックリした様子。

【続きを読む】
[ 2018/01/19 23:01 ] 男性の体験談 身近な女性との体験 | TB(0) | CM(-)

父のDVから母を守っているウチに芽生えた性欲

母親との近***はDV等の家庭的に問題のあるケースが多いという話ですが、それは本当だと思います。
うちも父がDVでしたから、今思い起こしてもそれがなければ至極まともな母子関係だったと思いますよ。
というか僕が家を離れた今はあの頃のことがなかったのように普通の母子関係ですから。

【続きを読む】
[ 2018/01/19 22:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ