月別アーカイブ  [ 2017年11月 ] 

≪ 前月 |  2017年11月  | 翌月 ≫

巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由4(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、射精の快感に声が漏れそうになりながら、必死で抑え込んだ。手も触れずに射精したことがバレないように、必死だった。

『達也君、若いのねぇ。こんなに飛ぶなんて、ビックリしちゃったわ』
嫁は、髪に付着したザーメンを気にしながら言う。
「す、すいません」
達也は、バツが悪そうに言う。
『良いわよ。ちょっとシャワー浴びてくるね。抜くわよ』
そう言って、嫁は立ち上がった。ゴツいディルドが抜けていき、抜ける瞬間、嫁は悩ましい声をあげた。抜けたディルドはかなり濡れていて、本気汁みたいなものも付着している。

『そんなに見ないの。恥ずかしいじゃない』
そう言って、床に突き立ったままのディルドを外して持ち去る嫁……。薄手のニットに、穴あきのイヤラシいショーツの後ろ姿は、全裸よりもよほどイヤラシいと思った。

「先輩、なんか、すんません」
達也は、ペニスを勃起させたまま謝ってくる。私は、気にするなと言いながら、早くしまえと言った。達也はパンツをはきながら、
「奥さん、メチャクチャエロいオナニーするんですね」
と、まだ興奮した感じで言ってくる。確かに、あんなオナニーはなかなかないのかもしれない。

「じゃあ、今日はお開きかな?」
私はそんな風に言った。私自身も、早くパンツをはき替えたいと思っていた。
「もう終わりですか? 俺、まだ全然イケますけど」
残念そうに言う達也。まだ、やる気満々のようだ。でも、私の気持ちの方が折れてしまったので、今日は帰ってもらうことにした。嫁がシャワーを浴びているうちに帰った達也。嫁が戻ってくると、              
『あれ? 達也君は?』
と、聞いてきた。私がもう帰ったと答えると、
『へぇ、そうなんだ。あなたのことだから、もっとさせるのかなぁって思ってたけど』
と、からかうような口調で言ってきた。私は、
「もっとしても良いって思ってたの?」
と、揚げ足を取るように聞いた。
『うん。だって、あんなの見せられたら、入れてみたいなって……』
嫁は、何とも言えない表情をしている。興奮しているようにも見えるし、申し訳ないなと思っているようにも見える。
「……また、呼んでも良いかな?」
『うん。でも、知らないよ〜』
嫁は、楽しそうに言った。そして、
『あなたもシャワー浴びてきたら? パンツの中、気持ち悪いでしょ』
嫁は、ニヤニヤした顔で言う。私は、バレていたんだなと気づき、恥ずかしさに耳が熱くなるのを感じていた。

そして、シャワーを浴びて寝室に入ると、すぐに嫁が抱きついてきた。そのまま、私に覆いかぶさるようにしてキスをして来る。
『あなた、もう我慢できない……入れて』
うわずった声で言う嫁。息遣いまで荒くなっている。私は、ふとベッドの横を見た。すると、延長コードに繋がった電マが無造作に置いてあった。私がシャワーを浴びている間、楽しんでいたようだ。
嫁は、入れてと言いながらも、私の腰のタオルを外すと、勝手に入れてしまった。コンドームもつけずに入れてしまうなんて、興奮が相当高いのだと思う。
「和美、ゴムは? つけてないよ」
慌てて嫁に言う私。でも、嫁はうわずった声で、
『今日は大丈夫、あなた、すごく固いよ。いつもよりカチカチになってる』
と、私の耳元で言う。私は、その言葉が出てきた嫁の口を見つめる。そして、その口が他の男のペニスをくわえていたのを思い出し、激しい嫉妬に任せてキスをした。すぐに嫁の舌が絡みついてきて、私の口の中をグチャグチャにかき混ぜてくる。私は、今まで感じたことのない感情のまま、腰を振り始めた。

『んっ、んっ、ん〜っ!』
妻もいつも以上に激しく感じているようで、私にしがみつくように抱きついてくる。そして、膣の感じもまったく違って感じる。締めつけてくるだけではなく、うねっているような、そこだけ別の生き物にでもなったような感じがする。

そして、さっき出したばかりなのにもう限界が訪れてしまう。
「和美、イク……」
私は、こんなに早くイッてしまいそうなことに恥ずかしくなりながら言う。
『良いよ、イッてっ! あなた、中にっ! 欲しいっ!』
嫁は、そんな言葉を叫ぶ。私は、後先考えずに嫁の中に注ぎ込んだ。膣中に射精するなんて、何年ぶりだろう? ただ射精する場所が変わるだけなのに、ゴムの中に出すのとは全然違う感覚だ。圧倒的な快感と満足感を感じながら、私は嫁にキスをした。すると、
『あなた、あれでもっとして下さい』
と、恥ずかしそうに言う嫁。サイドテーブルの上にある、ディルドが入った袋を見つめている。私は、イッてもまだ興奮が収まっておらず、言われるままにディルドを取り出して嫁の膣中に挿入した。

『うぅあっ、すごいぃ……』
嫁は、入れただけでのけ反って震える。私のものを入れた時とは大違いの反応だ。私は、こんなオモチャに勝てないことが悔しいと思いながらも、嫁の感じる姿に興奮してディルドを出し入れし続けた。
『あっ、あっ、当たるっ、奥に当たってるのっ! あなた、気持ち良いっ! もっと強くっ!うぅあっ!』
嫁は、本当に気持ちよさそうにあえぎ始める。私は、このディルドと同じくらいのサイズの達也が、嫁を犯している姿を想像していた。
「大きいのが気持ち良いのか! 奥がそんなに良いのか!」
私は、嫉妬と敗北感を感じながらディルドを狂ったように抜き差しする。
『気持ち良いのっ! 奥が良いっ! あなたのじゃ、届かないところが気持ち良いのっ! 大っきなおチンポ気持ち良いのっ!』
嫁は、そんな事を口走りながらのけ反ったりシーツをグチャグチャに掴んだりしている。そして、ビクンと不規則に身体を跳ねさせる。本当に感じると、女性はこんな動きになるんだなと思いながら、私は嫁を責め続けた。

「ア、アイツのが欲しいんだろ! 入れてみたいって思ったんだろ!」
私は、嫉妬に任せて叫んだ。
『お、思った! 入れて欲しいって思ったのっ! あの大きいので、いっぱいハメて欲しかったのっ!』
嫁は声をうわずらせながら叫ぶ。それと同時に、ガクガクッと体を震わせて果てた。でも、私はそのままでたらめにディルドを動かし続けた。
『も、もうダメッ! イッてるのっ! イッたのっ! うぅあぁっ! 止めてっ、敏感になってる、ウウゥあっ! イヤァ〜っ!』
嫁は、のけ反りながら叫ぶ。私は、そのままさらに奥に押し込むように動かし続けた。たぶん、達也としなくてもディルドで十分気持ち良いと示したかったのだと思う。

『ダメっ! ダメぇっ! で、出ちゃうっ! 止めてっ! あなた、イヤァ〜ッ!』
嫁はのけ反ると、アソコから透明の液体をほとばしらせた。私は、目に見える反応に夢中になり、さらにディルドを動かす。グチョングチョンと大きな水音を立てながらディルドが出入りする。それにあわせて、透明の液体がまき散らされていく。

『イグッ! イグゥゥッ!!』
嫁は、今まで見たこともないようなとろけきった顔で叫ぶと、両脚をピンと伸ばしてガクガクッと痙攣した。私は、やりすぎたと思いながらディルドを抜く。抜くときに、もう一度大きくビクンと体を跳ねさせ、ピュッっと最後の潮吹きをした嫁……。ベッドはビチャビチャになってしまったが、私は最高の気分だった。

『あなた、やりすぎ……死んじゃうかと思った……。でも、今までで一番気持ち良かったよ』
嫁も、満足そうに言ってくれる。私は、彼女の頭を撫でながら、それでも達也のペニスが嫁を犯しているイメージでいっぱいだった。

それから、嫁とのセックスはさらに過激に変化していった。ディルドを使うのは当たり前になり、私とセックスしたあとが本番という感じになっていった。大人のおもちゃも、ディルドと電マの他に、クリキャップや乳首につけるクリップ、私のペニスに装着するリングのようなものも増えた。
でも、リングで太さは水増しできても、長さはどうしようもなく、結局嫁はディルドでイク感じだ。もちろん、毎回達也のことを口にしながらのセックスになる。でも、あれ以来一度も達也をウチに呼んではいない。達也は、顔を合わせるたびに次の予定を入れようとするが、私がはぐらかしているような状況だ。

私が嫁と達也を会わせないのは、怖いという気持ちもある。本当に寝取られてしまうかもしれない……。そんな恐怖感はある。でも、それ以上に考えていることは、私のいないところで二人がセックスするのを見たいという事だ。
私の目のないところで、二人はどんな風になるのだろう? 嫁は、どこまでしてしまうのだろう? そんな好奇心が、抑えられないほど大きくなっていた。

そして、3ヶ月ぶりに達也を家に招いて夕食を食べる機会を設けた。達也は本当に喜んでいて、上機嫌になっているのがわかる。嫁に達也が来ることを話すと、
『あら、久しぶりね。あなた、変な事考えてないでしょうね? もう、あんなのはダメよ。変な噂になっちゃうわよ』
と、釘を刺してきた。私は、見透かされているようでドキッとしながら、
「わかってるよ。でも、和美が我慢できないんじゃない?」
と、おどけて言うと、
『そうかもね』
と、嫁は笑いながら言った。私は、その言葉にすら勃起しかけていた。


夕食が始まると、達也も嫁も、この前のことなどなかったような顔で普通に話している。
『美味しそうに食べるのね。作りがいがあるわ』
嫁は、嬉しそうに言う。確かに、達也は美味しそうにガツガツと食べている。
「だって、本当に美味いですもん! 先輩が羨ましいですよ」
達也は調子よく言う。でも、実際嫁の料理は美味いと思う。
『作ってくれる子探さないと。もう、いい歳でしょ? 早く結婚しないとね』
嫁はそんな事を言う。まだ下ネタになる雰囲気もなく、ただの食事会の雰囲気だ。すると、私のスマホが鳴った。私は、慌ててスマホの所に行き、スマホを耳に当てて、
「もしもし、はい、えっ? はい」
と、言いながらリビングを出た。実際は電話ではなくアラームなのだが、電話をしているフリを続ける。しばらくしてリビングに戻ると、二人が心配そうに見てくる。

「ゴメンな。会社からだよ。発注に間違いがあったみたいで、ちょっと行ってくるよ」
私はそう言った。
『お疲れ様。大変だね』
嫁は、心配そうに言ってくれる。
「あらら、俺も行きましょうか?」
達也もそんなを言ってくる。でも、そもそも部署が違う。

私は、そんなに遅くならないので適当に食べててくれと言って家を出た。家を出るとき、私は心臓が壊れそうな程ドキドキしていて、なおかつ軽く勃起もしてしまっていた……。

私は、ネットカフェに直行した。そして、すぐにパソコンを立ち上げ、自宅のカメラにアクセスした。このためだけに、リモートアクセスできるカメラに交換をしておいたので、IPアドレスでアクセスしパスワードを入力すると、あっけなく画面が出てきた。

すぐにヘッドホンを装着すると、
「じゃあ、お腹いっぱいになったんで、そろそろ帰りますね」
と、達也の声が聞こえた。
『え? すぐ帰ってくるって言ってたわよ』
「いや、発注ミスの処理なら、けっこうかかりますもん」
『そうなんだ。でも、つまみも買っちゃったし、少し飲んでいけば?』
私には、妻がやたらと積極的な感じに思える。
「良いんですか? じゃあ、少しだけ」
達也も、すぐにそんな風に答える。でも、なんとなく緊張しているような声色だ。

そのあとは、主に会社の事を話題にする二人。会社での私の事を聞いているみたいだ。そして、結構なペースでワインとチーズを消費している。嫁の口調は、明らかに軽くなっていく。
『そう言えば、彼女いないのよね?』
「はい。今はいないですね」
『アッチはどうしてるの? 風俗とか行くの?』
嫁は好奇心剥き出しで聞く。私は、私がいない状況で始まった下ネタに、激しく動揺していた。
「行かないっすよ。相手には困ってないですもん」
達也は、少しムキになって言う。
『そうなの? セフレってヤツ?』
嫁がそんな事を聞く。
「まぁ、そうですね。でも、最近会ってないですけどね」
『どうして?』
「う〜ん、なんとなくかな?」
『飽きちゃったの? でも、溜まっちゃうでしょ?』
嫁は、口調が変わった感じだ。なんと言うか、牝の匂いがする。

「まぁ、自分で出したりしてますし」
『オナニーするって事?』
「そりゃしますって。奥さんだってしてるんでしょ?」
達也はそんな事を言った。

『さぁ? それより、どうやってするのか見せてくれる? 男の人がするのって、見たことないのよね』
嫁は、そんなリクエストをした。私は、想像以上にハイペースで展開している事に危機感を感じながらも、完全に勃起してしまっていた。
「良いですよ! じゃあ、しますね!」
達也は、一切の迷いなくズボンとパンツを膝まで降ろす。そして、まだ勃起していないペニスを握ってしごき始めた。あまりに躊躇も無駄もない滑らかな動きだ。こうなることを想定していたのだろうか?

『そんなに早く動かすの?』
嫁は、好奇心いっぱいの顔で聞く。
「はい。こうやって勃起させるんですよ。完全に勃ったら、もう少しペース落としたりします」
『へぇ、そうなんだね』
嫁は不思議そうな顔で見ている。私は、自宅に勃起した男と嫁が一緒にいる状況に、今さら後悔と危機感を感じた。でも、息苦しいほどの興奮も感じる。

『それって、完全に勃ったの?』
嫁が質問する。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました4(ブロマガ転載禁止)

私は、パンツの中にたっぷりと射精をしたまま、そっと部屋に戻りました。そして、汚れたパンツの中をティッシュで拭き、布団に潜り込みます。景子が兄の部屋に忍び込み、あの巨根で狂わされている……。そう思うと、脚が震えてきます。

私は、なかなか戻ってこない景子のことを考え、悪い想像ばかりが広がっていきます。一体、何時間セックスをしているのだろう? それとも、疲れ果てて一緒に寝てしまっているのだろうか? そんな想像ばかりが広がります。

私は眠ることも出来ず、景子が戻ってくるのを待ちました。でも、結局外が明るくなるまで待っても戻ってきませんでした。私もいつの間にか寝てしまったようで、気がつくと景子が私の肩を揺すっていました。

『おはよう。もう10時だよ。朝ご飯、食べなきゃ』
景子は、いつもの笑顔で言ってきます。私は、寝ぼけながら起き上がり、おはようと言いました。でも、すぐに昨日のことを思い出し、イヤな汗が出てきました。
景子は、昨日の事なんてなかったような顔で、私に微笑みかけています。でも、ドア越しに聞こえて来た景子の言葉は、耳を塞ぎたくなるようなものばかりでした。

私は、昨日のことが夢だったら良いのにと思いながらダイニングに移動しました。すると、すでに食事を終えた両親はリビングに、兄はまだ食事の最中でした。
「あ、おはよう。遅かったな」
兄は、ぶっきらぼうに言います。でも、挨拶があるだけましな気もします。兄は兄なりに、景子を抱かせてもらったことに感謝をしているのかな? と、思いました。
両親の手前、変な話も出来ず、黙々と食事をしました。すると、景子が兄に買い物に行こうと誘いました。私と3人で、服なんかを買いに行こうという話です。
『お義兄さんも、少しオシャレしたら良い人見つかりますよ』
景子は、親しみを感じさせる言い方で兄に言います。私は、景子と兄の距離が一気に縮んでしまったことを感じながら、その話には同意しました。
真夜中、確かに景子は兄のオナホになると叫んでいました。このままでは、景子を奪われてしまうかもしれない……。そんな心配をしてしまいます。でも、兄に恋人でも出来ればその心配もなくなる気がします。そう言った意味でも、兄にオシャレになってもらうのは良いアイデアに思えます。

食事を終えると、意外に乗り気な兄と3人で買い物に出かけました。両親も、兄の積極的な動きにかなり驚いていました。でも、どこか嬉しそうで、親なんだなと感じます。

そして、車でショッピングモールに着くと、景子が主体で積極的に店を回りました。と言っても、ショッピングモールに入っているショップなので、いわゆるファストファッションと呼ばれるような店です。でも、兄は見ていて可愛そうなくらい緊張している顔です。

『お義兄さんなら、こんな感じが似合うと思いますよ』
景子は、本当に積極的に色々な服を兄にあてがっています。義兄と弟嫁の関係を超えているように感じるのは、昨日のことがあったからなのでしょうか?

「こっちが良いかな? うん、これにするよ」
兄は、景子の見立てで数着服を決めました。今までの兄からすると、信じられないくらいに垢抜けたと思います。今の兄なら、髪を少し切れば本当にすぐ彼女が出来そうな雰囲気です。

「なんか、ありがとう。一人だと、絶対に出来なかったよ」
兄は、素直にお礼を言います。すると、景子は笑顔で、
『ふふ。良かったです。でも、よく似合ってましたよ。格好良くなった』
と、言いました。兄は、照れ臭そうにしています。二人とも、本当に楽しそうです。私は、兄がこんなにも他人に心を開いているのは、見た記憶がないです。

「じゃあ、なんか食べようか。お礼にごちそうするよ」
兄は、そんな事を言いました。本当に打ち解けたように感じます。
『じゃあ、お好み焼きにしましょうよ! お腹ペコペコです!』
景子はそんな風に言うと、兄と腕を組んで引っ張っていきます。兄は、照れ臭そうにしながらも、そのまま一緒に歩き出します。腕を組んで歩く二人を追いかけながら、私はドキドキしていました。
兄の腕は、完全に景子の胸に密着しています。と言うか、わざと押しつけているように見えます。兄は、まんざらでもなさそうな顔で、チラチラと景子の胸の谷間を覗いています。今日の景子は、胸元が少しルーズなニットに、膝より20cm近く短いスカートをはいています。白くて綺麗な脚がかなり強調されてます。

こうやって見ると、景子は本当にスタイルが良いと思いました。胸があれだけ大きいのに、ウェストは細いし脚も綺麗だと思います。私にさえ子種があれば、他の男に抱かれることもなかったのにと思うと、悔しくてしかたないです。
兄には、何一つ負けていない自信がありました。私は、テニスでインターハイにも出ましたし、学歴も就職先も、ルックスですら勝っていると思っていました。

でも、私はやっと気がつきました。男の本当の価値は、女性をどれだけ夢中にさせることが出来るかだという事に……。セックスで女性を夢中にさせることが出来る男が、結局ピラミッドの頂点にいる……。そういうことだと思います。

お好み焼き屋さんに入ると、景子は兄の横に座りました。楽しそうな雰囲気です。
『お義兄さん、何にしますか?』
景子は、私には聞かずに兄にばかり聞いています。
「そうだね、モダン焼きにしようかな? でも、もんじゃも美味しそうだね」
兄はそんな風に答えました。
『じゃあ、はんぶっこしましょうよ! 両方頼んで、シェアしましょ』
景子は、兄にそんな事を言いました。兄を見る景子の目は、なんと言うか妙に色っぽい感じがします。媚びているような気がします。
『あなたは? 何にする?』
景子は、一応私にも聞いてくれました。でも、シェアしようとは言ってきません。私は、仲間はずれにされた気持ちになります。

そして、店員さんを呼んで注文を始めました。さっき決めた料理と、ビールとコーラを頼みます。運転手の私がコーラです。そして、注文の終わりがけ、
『あと、この牡蠣フライとガーリックライスもお願いします』
と、景子が注文しました。それを入れると、結構な量になります。
「あれ? そんなに食べられるの? 結構な量でしょ?」
兄は、心配そうに聞きます。
『お義兄さんが食べるんですよ。精力つけてもらわないと、頑張れないでしょ? あとで、薬局で精力剤も買いますね』
景子は、牝の顔で言いました。もう、発情が始まっているような、潤んだ目をしています。
「う、うん。わかった。頑張るよ」
兄は、私を気にしながら言います。
『じゃあ、いっぱい食べて下さいね』
景子は、笑顔で言いました。私は、今日もするつもりなのかな? と、不安な気持ちでいっぱいです。確かに、子供は欲しいです。でも、兄の種で妊娠するなんて、やっぱり抵抗はあります。DNA的にも、血脈という意味でも繋がるのかもしれませんが、割り切れない気持ちが強いです。昔はそういうことは珍しくなかったとも聞きますが、受け入れるのには時間がかかりそうです。

『あなた、赤ちゃんの服も見ていかない?』
景子は、笑顔で言います。もう、赤ちゃんが出来たような気持ちになっているみたいです。私は一瞬戸惑いながら、良いねと答えて赤ちゃん用品を見ました。兄も一緒に見ながら、
「へぇ、可愛いのが多いんだね。こんなのまであるんだ」
と、意外なほど楽しそうにコメントします。兄は、子供なんて嫌いなんだろうなと思っていたので、ちょっと意外でした。
『子供好きなんですか?』
景子が兄に質問します。
「そうだね。こういうの見ると、欲しくなるかな? でも、俺なんて一生無理かもね」
兄が、少し寂しげに言います。
『そんな事ないですよ。あとは髪だけ切ればモテモテになりますよ』
景子は、真面目な顔で言います。
「そうかな、そうだといいけど」
兄は、照れ臭そうに言います。
『絶対大丈夫ですよ! それに、子供にはすぐ会えるじゃないですか』
と、景子は意味深なことを言いました。
「そ、そうだね、頑張るよ」
兄は、良いのかな? と言う顔になっています。でも、私は聞こえない振りをすることしか出来ませんでした。種がないだけで、こんな気持ちを味あわなければいけないなんて、情けなくて涙が出てきそうです。

そして、買い物も終わり、家に向かいます。でも、景子が急に、
『あなた、あそこに寄って下さい』
と、前方を指差します。指差した先には、ラブホテルがありました。
「な、なんで? どうして?」
私は、そんな事しか言えません。
『まだお父様もお母様も起きてるでしょ? それに、お義兄さんにラブホテルも経験させないと、良い人見つかってデートした時に困るでしょ?』
景子は、そんな説明をします。
「いや、そんなの無茶苦茶だよ」
私は、さすがにそう言いました。でも、
『こんなにさせて、説得力ないよ。すごく興奮してるでしょ? カチカチじゃない』
と、私のペニスをズボン越しに触りながら言う景子。私は、言い返せずに口ごもります。そして、渋々ラブホテルの駐車場に車を滑り込ませました。まだ夕方前のラブホテルは、意外なほど車が停まっていて、この建物の中で大勢がセックスをしていると思うと変な気持ちでした。

『じゃあ、ちょっと待っててね。すぐ戻ってくるから、寝てても良いよ』
景子は、当たり前のようにそう言うと、車を降りました。慌ててあとを追う兄。バツの悪そうな顔で私を見ます。でも、景子に呼ばれて小走りで行ってしまいました。
確かに、ラブホテルに3人で入るのは出来ないと思います。探せばあるのかも知れませんが、こんな田舎ではまずないと思います。
私は、複雑な気持ちでした。買い物の時も、食事の時も、景子は兄にべったりでした。そして今、二人がラブホテルに入っているのに、私は駐車場です。切ない気持ちで涙が出そうです。でも、どうしても勃起がおさまってくれません。

今頃、兄の巨根で狂わされているのかな? 中に注ぎ込まれているのかな? など、悪い想像ばかりが広がります。

でも、二人は1時間ほどで戻ってきました。思っていたよりも早くて、ホッとする私がいます。
『ゴメンね、お待たせ』
景子は、言葉少なに言います。私は、景子の顔を見て、中で何があったのか理解出来てしまいました。景子の顔は、牝そのものでした。上気したように頬が朱に染まり、目が潤んでいます。乱れた髪もそのままですし、メイクも中途半端に落ちています。どう見ても、情事の直後という雰囲気です。
それに引き換え、兄は自信に溢れたような顔になっています。
「悪いな。お待たせ」
兄は、申し訳なさそうに言いますが、なんとなく尊大な態度に感じます。短小早漏の私を、馬鹿にしているのではないか? そんな気持ちになってしまいます。

そして、2人は車に乗り込みました。でも、さっきまでとは違い、景子は後部座席に座りました。私が、どうして? と、聞くと、
『ゴメンね。ちょっと疲れちゃったから。休ませて』
と、妙に色っぽい声で言いました。私は、そう言われてしまうとそれ以上何も言えず、車を走らせました。疎外感を感じながら車を走らせていると、
『ん、んぅ』
と、かすかに景子の声が聞こえます。バックミラーで後ろを見ると、景子は目をつぶって口を半開きにしていました。セックスをしているときのような、イヤラシい顔になっています。

私は、気がつかない振りをして運転を続けますが、
『んっ、ふぅ……ダメ……』
と、聞こえるかどうかと言う小さな声で、景子が言うのが聞こえます。私は、ドキドキしながら、猛烈に興奮していました。私にバレないように、イタズラ? をする2人。私は、チラチラと後ろを気にしながら運転を続けます。

そして、時折景子の悩ましい声を聞きながら、家に到着しました。
『いっぱい買いましたね。お疲れ様でした』
兄にそんな事を言う景子。兄は景子にお礼を言って、買った荷物を持って自分の部屋に移動しました。

そして、部屋に戻ると、景子は私に抱きついてキスをしてきました。いきなり舌を差し込み、濃厚なキスをする彼女。息遣いも荒く、すでに高まっているようです。
『あなた、もう我慢出来ない……入れて下さい』
景子は、とろけきった顔で言います。私は、
「どうして興奮してるの?」
と、わかりきったことを聞きます。すると、景子は私のペニスを握りながら、
『聞こえてたでしょ? 車の中で、お義兄さんに指でイカされてたの。でも、指じゃ足りないの』
景子は、あっさりと白状しました。私は、その言葉に興奮して、慌てて下半身裸になると、景子を抱きしめました。すると、景子は私のペニスを握り、そのまま挿入してしまいました。ショーツをはいていないようです。

「あれ? 下着は?」
私が聞くと、
『お義兄さんに脱がされちゃったの。お義兄さんが持ってるよ。ねぇ、動くよ』
と、景子は言って動き始めました。対面座位で、腰を前後にスライドさせるように動かす景子。でも、いつもと感じが違います。緩くなったとか、形が変わったとか、そういうことでもなく、上手く言えませんが変わってしまった感じがします。

『んっ、んっ、フゥ、あなた、固くなってる。興奮してるの? お義兄さんとラブホテル行ったの、イヤじゃなかったの?』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


※子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果3(転載禁止)

前回の話

私は、イヤホンを外したあと、パンツの中を確認した。すると、やっぱり精液だらけになっている。私は、手も触れていないのに射精してしまったことに、あらためて驚いてしまった。
妻の浮気の動かぬ証拠を聞いているのに、興奮して射精までしてしまったことに激しく動揺した。どう考えても、興奮する要素などないはずで、怒り狂うような状況のはずだ。私は、ティッシュで精液を拭い取り、ペニスを綺麗にした。
そして、少し落ち着いてさっきの録音のことを考え始めた。部長との不倫は、ずっと前からだと思う。どう聞いても、そんな感じだ。たぶん、私と結婚する前から肉体関係はあったと思う。

【続きを読む】
[ 2017/11/28 08:46 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

夫の部下が、書類を取りに家に来た

「ごめんくださーい」
ある昼下がりの時間に、1人の若い男が家を訪れてきた。
セールスマンではなさそうだけど…スーツ姿がまだあどけない新人の雰囲気があった。

私の名前は秀美。29歳のごく普通の主婦です。12歳年上の夫とは何ら不自由なく普通に

夫婦生活を送っていました。ただ性生活のほうは全くダメで結婚してからすぐに疎遠な
形となりました。毎日毎日、家事に明け暮れ家にいることが苦痛な感じで…かといって
何か始めようとしても続かず、人生の岐路にたたされた気持ちでした。彼に会うまでは…

「あの…佐藤部長に言われて、書斎にある会社資料を取りに伺ったのですが…」
スーツ姿の男は、キョドキョドしながら言った。

「あ、ちょっとま待ってて。確認しに行ってみるから。」
「はい。すみません」
そう言葉を交わしながら、わたしは、そそくさと夫の書斎へと足を向けた。

【続きを読む】

アパートの斜め下に引っ越してきた若夫婦

アパートの一階、斜め下の部屋に若い夫婦が引っ越してきた。
奥さんは20代前半くらい。旦那は30代くらいで、とても仲の良さそうな夫婦だ。
奥さんは小柄で、すこしぽっちゃりしていていい肉付き。
すごく愛想のいい奥さんで、可愛らしい。
夏は薄着で玄関の掃除とかをしている。
薄着だけならまだしも、半ケツで谷間全開。
若干乳首が浮いていて何回もそれをおかずに抜いた。
正直旦那がかなりうらやましい。

【続きを読む】

いとこの家で過ごしたときのエッチな思い出は……

父子家庭で育った私は、夏休みになると祖父母のいる叔父の家で過ごすのが常であった。
叔父には同い年の娘、それより4つ上の兄がいて、私を従えて遊び回るのだった。

ランドセルを担ぎはじめて4度目の夏。
叔父家の兄は私の家に遊びに来ていた。

【続きを読む】
[ 2017/11/26 23:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

息子は、1時間でも私のアソコを舐め続けてくれます

私は久美子、39歳の主婦です。

夫は43歳の銀行員ですが地方の支店に単身赴任をしており、今現在は私と17歳の息子・晃との二人きりの生活です。

夫がいない淋しさからというわけではないのですが、私は女性として、母親として絶対に許されることのない大きな罪を犯してしまいました。

その罪とは一人息子の晃と男女の関係になってしまったこと、それも私が晃をそそのかすようにして関係を結んでしまったのです。

【続きを読む】
[ 2017/11/26 02:00 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

オートキャンプ場に、妻と娘と僕の兄で行った結果

先週の土曜日に僕は兄と一緒に妻(28)娘(5)を連れ、琵琶湖近くの山間部に在るオートキャンプ場に1泊2日の小旅行に出掛けました。

当初の予定では兄嫁も同行する予定でしたが、前日に風邪をこじらせたようで一緒に行けなくなり、兄も辞退すると言っていたのですが、兄嫁の「アウトドアのベテランが行かないと、野外では上手く御飯が炊けないでしょ」の一言で兄だけが僕の家族に同行する事になりました。

【続きを読む】
[ 2017/11/26 00:28 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

クラブでナンパされた男と後日ラブホで

私も、男も当時20歳。クラブ帰りにナンパされ、その日は連絡先交換のみ。

後日二人で飲みに行った時のお話。


ナンパされた時、私は酔っ払っていたため、男の姿をあまり把握していなかった。

だから二人で会うのは少し怖かった。

しかし、会ってみると意外に私好みの雰囲気や話し方で、好印象だった。

そのためか、かなり心を許してしまい、日本酒などを飲みまくってしまった。

今考えると男はメロンフィズとか可愛いカクテルばかり飲んでおり、

多分、あまり酔っ払ってなかった。

【続きを読む】

ネットで奴隷調教されていたのは妻

私は42歳になる男です。
妻は38歳、子供は2人です。

皆さん投稿サイトはご覧になりますか?。
私は結構好きで見て回ることが多いです。

【続きを読む】
[ 2017/11/25 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

韓流スター(笑)似のディーラーの若い子に

結婚8年目38歳、妻桜子33歳、娘麻衣5歳の3人家族です。
私の悩みは、妻がセックスに消極的な事でした。
妻はセックスに関しては幼い感じで、毎晩手を繋いで眠りたがるのですが、セックスは好きではないようです。
特に子供が生まれてからは断わられることが多くなり、今では月に2回が良いところで、多くても3回ほどしか応えてくれません。
それも必ず正上位で、どんなに感じていても後ろからなどはさせてもらえず、以前妻がイク直前で我を忘れている時にバックに変化させましましたが、最後までいきたい気持ちよりも恥ずかしさが勝ってしまうのか、怒ってやめてしまいました。
ましてや女性上位などはもっての他で、そのような事をさせようとすれば、怒ってしまって口も利いてくれません。
フェラも自分からはした事が無く、感じてしまっている時に口に当てると、ただ口の中に入れさせてくれるという程度で、舌など使った事はありません。
ですから妻とのセックスはほとんどパターンが決まってしまっていて、しばらくキスをしてからオッパイを触り、次にオッパイを舐めながら妻が感じてきたところで下に手を持って行くのですが、まだ感じ方が浅いと手を押さえられて拒否されてしまう事もあります。
その後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分を刺激してやって、ようやく正上位で交わって、妻にタイミングを合わせて出します。
そのタイミングがまた難しく、妻が先にイクと私がまだでも逃げられてしまう事があるのです。
そのような妻でも私は惚れていて、浮気をする気などは全く無く、私の望みは妻と色々なセックスを楽しむ事なのです。


【続きを読む】
[ 2017/11/25 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

息子の友達と一線を越えて

息子の友達と言っても、息子とは少し歳が離れていますが、お世話になっている方に私もお世話になっています。

私は10代で子供が出来て、それから結婚・離婚を繰り返しているうちに歳を重ねてしまい、

今ではもう40代半ばになります。

子供たちは私に付いてきた子達はそれぞれ独立し、他の子はそれぞれの父方に行ってしまっているので、

家には私一人です。

結構寂しさを感じてしまっていました。

そんな時、息子がその友達と飲んでいるからと連絡をくれて、私は会社帰りにそのまま息子と友達が飲んでいるお店に行きました。


【続きを読む】
[ 2017/11/25 01:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

一晩中入れ墨の4人に犯し抜かれた妻

結婚3年目で二人で旅行したとき、田舎町の温泉宿行きました、当時、私が30、妻が27でした。温泉宿といっても離れが4軒ほどの小さなやどで露天風呂付。その頃はヤリまくり旅行のようなものでした。
 その日の客は、私たち夫婦と4人組み男客のみでした。母屋で食事をしたときは妻に対する目線が気になったのですが、わたしは特にはきにしないようにしていましたが、その後で大変なことになっていました。

【続きを読む】
[ 2017/11/24 23:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

レイプされたくて生足にミニスカートで山道を歩いていたら

レイプされたくて夏の夜に生足にミニスカートに、おヘソが見えるチューブトップで山道を一人であるいてました。ワンボックスカーが止まり中から四人の男の人が降りてきました。無理矢理にワンボックスカーの後ろの席に入れられました。山の頂上まで連れてかれました。

【続きを読む】
[ 2017/11/24 13:06 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

ばあちゃんの家で、母さんと

僕は、20歳の学生です。僕も、母さんとセッ○スをしています。
 母さんは46歳で、ぽっちゃり型の美人です。家族は48歳の親父と、母さんと、僕の3人です。
 きっかけは、母さんと僕とで、田舎のばあちゃんの家(親父の実家)に泊りに行ったときに起きました。
 ばあちゃんは、じいちゃんを亡くして、一人暮らしです。
 だから、僕達が遊びに行くと喜んで、話し始めたら止まりません。
 その日も、夕食後、遅くまで、ばあちゃんは母さんと話し込んでいましたが、ついに、ばあちゃんも話し疲れたのか、「もう寝ようかね」といって、自分の部屋へ行きました。
 なが話しに付き合っていた母さんも、「もう遅いから先に寝るわよ」といって、いなくなりました。
 僕は、居間に残ってチューハイを飲みながら、テレビを見ていましたが、2時ごろになって番組もいいのが無くなったので、寝る事にしました。
 ばあちゃんの家で泊まるときは、いつも客間で寝ることになっています。
 客間に入ると、布団が二組、並べて敷いてあり、豆電球の薄明かりの中で、母さんが寝ていました。
 母さんは、お腹のあたりに、タオルケットをかけて、少し、疲れたのか、かすかに寝息をたてて、熟睡している様子でした。

【続きを読む】
[ 2017/11/24 02:08 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

腰を痛めた息子の友達の母親に座薬を入れた

先日、暑い日の昼下がりでした。
私は、息子とその幼稚園のお友達を、私の家で預かっていました。

私はプログラマーをしており、ほとんどが在宅での勤務です。
お友達のお母さんは、景子さんといい、36才で3人の息子さんがいます。

【続きを読む】

夏期講習に姉の友達の女子大生が来て襲われた

俺のチェリーボーイを貰ってくれた姉の友達の薫さんとの体験談。

俺は校2の三学期から予備校に通ってたんだけど、高3の夏期講習にその予備校にバイトで薫さんがいたのにはビックリした。どうも就職内定した薫さんが暇つぶしに確信犯的に来たみたいだった。

【続きを読む】
[ 2017/11/24 00:00 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

実の弟に妻を抱かせたら夫婦円満になった

結婚して8年。妻(32歳) が自分以外の男に抱かれる姿を見たいという願望が日に日に強くなった。
3Pをしたいと妻に告白すると最初は嫌がったが、半年掛けて説得し、何とか承諾を得た。
相手の男はすでに決めていた。私の実弟(29歳)だ。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 22:07 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園4(転載禁止)

前回の話

香織は夢中でキスをしていたが、膣中の伸也のペニスが柔らかくなっていくのにあわせて、冷静さを取り戻していった。そして、慌てて伸也から顔を離し、立ち上がりながら伸也のペニスを抜いた。ペニスが抜けるとき、内臓が引きずり出されるような感覚になり、艶めかしい声が漏れてしまったがとにかく慌てて離れた。
床に散らばった下着や服を腕に抱え、部屋の隅に移動する。そして、慌てて服を着る。その途中でも、膣中から伸也のザーメンが流れ出てくる。香織は、中に出されてしまった現実に足が震え出す。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 20:26 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

教育実習の女教師と久しぶりに再会したらツバメになれた

俺が裏日本の田舎で必死こいて勉強して、東京の西のはずれの国立大学に入った頃の話です。
もう4年前かあ。。

下宿も決めて、公園のやたら多い街のショッピングセンターで生活道具を揃えて、くたびれて噴水のベンチで座っていると、俺の目の前をお金持ちの若奥様風の二人が通っていった。
「!」
俺はびっくりして、思わず声をかけた。

【続きを読む】

留学に行った彼女と久しぶりにセックスしたらアナルがめくれ上がってた

大学の時に付き合ってた女の話です。

お互い英語系の同じ学科で、二年の時に同じゼミになった。

お互い趣味がダーツってこともあって、一緒にダーツバーとかネットカフェ行ってたら距離が近付いて、恋人同士に。

性格は、純粋だけどどこかズレてるところもある子だけど、基本的には真面目で一生懸命。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 18:09 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

職場の同期の人妻は酔うと記憶がぶっ飛ぶと有名だった

某工場に入社して15年が過ぎようとしています。
1年程前に人事異動で、私は違う職場に移動になったんです。
その職場には同期の女性(由美子)がいます。
彼女は10年程目に結婚し、今は1児の母だったと思います。
童顔な彼女はポッチャリ(ちょっと太めかなぁ)体系で、大人しい感じでしたが酒を飲むと人が変わると言う噂があったんです。


【続きを読む】

男を見下す私が堕ちたレイプイキ地獄

一流大学を卒業後、大企業に入社、今年でOL5年目の27歳です。
大抵の女より美人で仕事もできると自負しています。
かつての私は、道行く人や職場の同僚から受ける嫉妬・羨望の眼差しに快感を感じ、見下した態度をとるイヤな女でした。
こんな私を変えてくれたのは、ある男たちです。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 12:03 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

S6の妹が自宅に先生を連れ込んでいた

私が高校2年生のときのことです。

9月下旬のあの日、平日で共働きの両親は当然仕事に出かけ、私も学校でしたが、当時小学6年生だった妹の綾香は、運動会の振替休日ということで休みでした。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 08:08 ] 女性の体験談 身近な男性との体験 | TB(0) | CM(-)

寝取られるために、19歳の子を処女のままじっくり育てたw

5年程前の話。
プロフィール
俺32才、普通の会社員。
彼女19才、派遣、鈴木心春似。
当時モバゲーで1年くらい仲の良い状態が続いてた19才派遣の子がいた。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 02:09 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

居酒屋で仲良くなった夫婦の奥さんが酔っぱらったのでホテルに連れて行った

 行きつけの小ぢんまりとした居酒屋に訪れる政夫・京子夫妻と何時しか意気投合し、互いに連絡先を交換する仲となって久しくなっていました。政夫は大手企業の中間管理職の51歳で私の1歳下。。京子は福祉系の派遣社員の46歳。2人には子供がなく、周囲が照れてしまう程の仲の良さ。

【続きを読む】

旦那を迎えに来た嫁を駐車場で犯してみた

会社の仲間と居酒屋へ行った時のこと。
みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事のこと、どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。

そのなかで、20の後輩が、もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。
「そろそろ」と後輩が嫁に電話をして、「迎えにきて」と電話をしました。

【続きを読む】
[ 2017/11/23 00:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

マッサージで肩こり解消のつもりが性欲まで解消してもらっちゃったw

先日、都心の駅に併設されたデパートのマッサージ店でのことです。

元々私は肩こりが酷く、純粋にマッサージを受けにそのお店に入りました。
まだ学生の身ですし、一番安い20分の肩マッサージコースを表の看板で見てから施術を頼みたかったのです。

【続きを読む】
[ 2017/11/22 23:04 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

出張中、妻をカメラで盗撮した結果、中出し浮気してた

私は35歳の会社員、妻、恵美子は32歳の主婦、結婚3年目のごく一般的な夫婦です。
いえ・・・だと思っていました・・・妻の浮気を知るまでは・・・。
私は月に数度、仕事で出張をします、男ですから当然出張先ではキャバクラや風俗などにも行きます。

【続きを読む】
[ 2017/11/22 22:08 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

チェリーボーイを食べちゃったお話しますw

では、チェリーボーイを食べちゃったお話します(笑)

その日は、男性からのハントを目的ではなかったのですが、同僚3人で買い物に行った帰りに居酒屋に入りました。

早い時間からお店に入ったので、中はガラガラでしたが、時間が経つとそれなりに店は混んで来ました。

【続きを読む】
[ 2017/11/22 20:06 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ