月別アーカイブ  [ 2017年08月 ] 

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました完(ブロマガ転載禁止)

僕は、優美の排泄物を片付けると、嬌声が響き続ける寝室を目指しました。優美は、声を抑える努力も放棄して、大きなあえぎ声を出し続けています。

寝室のドアを開けて中に入ると、部長の上に優美が乗っていて、さらに石田が優美のアナルに極太を挿入していました。二本差しのセックスなんて、アダルトビデオの中だけの話だと思っていた僕は、言葉もなく固まっていました。

「おっ、来たか。こんな時は仕事早えーんだな」
石田は、優美のアナルをガンガン突きながらそんな事を言います。

「井上、嫁さんすっかり二本差しが気に入ったようだぞ。オマエはそこでセンズリしてろ」
部長は、冷たい目で僕を見ながら言います。優美をオモチャにされ、僕は小馬鹿にされているのに何も出来ません。もう、包丁で刺してやるという気持ちも消えてしまいました。僕は、すっかりと洗脳されてしまったみたいです。
そして、僕は3人に見られながら、ズボンとパンツを降ろしてペニスを取り出します。部長や石田のペニスに比べると、情けないほど小さく、皮まで被っています……。

『あなた、凄く気持ち良いの。アナルもおまんこも、ギチギチになってるの。ちゃんと見てて。私がイキまくるところ、オナニーしながら見てて』
優美は、そんな事を言いながら部長にキスをしました。部長の太い舌が、優美の口の中に差し込まれていきます。優美はそれを夢中で吸って、自分の舌を絡みつかせています。
嫌々するキス……には、とても見えません。

「井上、嫁のアナル、マジでスゲぇぞ。俺の動きにあわせて、締めつけてくるぜ。全部搾り取られそうだぞ」
石田はそんな感想を伝えてきます。僕も、あの時優美のアナルに入れることが出来ました。でも、石田が言うような締めつけは感じられませんでした。僕の細いペニスでは、それを感じることが出来なかったのだと思います。そして、それは膣でも同じです。最近では、嫁の膣に入れてもほとんど感触がない感じです。早漏の僕でも、なかなかイク事がない程です。

『あぁっ、イクッ! ケツマンコイクッ! ううぅぅう゛っ!』
優美は、部長とのキスをやめて叫びました。
「ハハ。夫婦そろって早漏だなぁ」
部長は、小馬鹿にしたように言います。でも、優美は気にする様子もなく、
『今度は部長さんが動いて下さいね。おまんこでもイカせて下さい』
優美は、とろけきった顔で言います。もう、僕の出世のためとか関係なく、二人の巨根に夢中になっているように見えます。

「仕方のない奥さんだなぁ。よし、イカせてやるぞ」
部長はそう言うと、腰を突き上げ始めました。逆に石田は動きを止め、ニヤけた顔で僕を見てきます。僕は、そんな状況なのにオナニーの手を止めることが出来ません。
『うぅあっ、部長さん凄いです。うぅあっ、あっ、気持ち良いっ! おまんこ気持ち良いっ! 子宮潰れてるのっ、もっとっ! もっと強くぅ』
優美は、のけ反り気味の格好で叫びました。アナルと膣の両方を貫かれ、快感に顔をとろけさせている優美……。僕は、その姿をとても美しいと思ってしまいました。

「しっかし、淫乱だな。こんな良い女がド淫乱で、オマエも嬉しいだろ」
石田は、僕のことを見ながら言います。不思議とバカにしたような感じはなく、初めて見るような優しげな顔です。僕は、どうしてそんな顔で僕のことを見るのだろう? と、不思議に思いながらもオナニーを続けていました。

『イクッ! イックッ! おまんこイクッ! うぅあああぁあ゛あ゛っっ!!』
優美は、背中を反らせるようにしながら叫んでいます。天井を見上げ、白目でもむきそうな表情のまま身体をガクガクッと震わせる優美……。僕では、絶対にそこまで連れて行ってあげることは出来ません。

「ほら、石田も動け。狂い死にさせてやるぞ」
部長は、石田に指示をします。すると、石田はニヤッと笑い、黙って腰を動かし始めました。
部長の腰の動きを妨げず、タイミング良く腰を振る石田。この二人は、いつもこんなことをしているんだなと思いました。

『イグぅっ! ンオオォオおぉっ! 気持ちいいぃっ! こんなのダメぇっ! 死んじゃうッ! おまんこもケツマンコも良すぎるのぉっ! イグッ! イッグッ! イギぃっンッ!!』
優美は、とてもセックスしているような声ではなくなってきました。快感のあえぎ声というよりは、断末魔の悲鳴……。そんな感じです。

「おらっ、もっとイケっ! 狂え!」
石田は、優美の胸を鷲づかみにしても見ながら言います。優美は、もう言葉にもなっていないような声をあげながら、ガクガクッと身体を震わせ続けています。

部長と石田は息の合った動きを続け、ついには優美は潮吹きを始めました。二人の動きにあわせて、ビチャビチャッと水音が響き続けます。あっという間にベッドは水浸しになりますが、吸水シートを敷いてあるので大丈夫です。
しばらくすると、今度はアンモニア臭も広がり始めます。
『んぐぅああぁあああ゛あ゛っ、死んじゃうぅっ! イッてるっ! イッてるのっ! もうダメッ!』
優美は、おしっこを漏らしながらあえぎ続けます。女性をこんなになるまで追い込む2人に、僕は羨ましいという気持ちも持ってしまいました。僕では、絶対に出来ないことです……。

「よし、イクぞっ、たっぷり子宮で飲めよっ!」
部長は気持ちよさそうに叫びます。そして、優美の膣奥深くに射精を始めました。
『ギィッンッ、う、うぅ……あぁ、熱いのわかるぅ……ドクンドクンしてるよぉ』
優美は、夢見心地な感じで声を漏らします。すると、部長はさっと優美の下からどいてしまいました。射精したら、もう用はない……そんな意思表示のようです。

「よし、ケツをもっと開発してやるよ」
石田はそんな事を言うと、ペニスを抜きました。
『ひぃぐぅ……』
ビクビクッと身体を震わせている優美。石田は抱え上げて四つん這いにしました。ちょうど僕の目の前に優美のアソコとアナルが見えています。アソコからはダラダラと部長のザーメンが流れ出ています。そして、優美のアナルはポッカリと穴が空いたように開いていて、中のピンクの肉が見えているような感じです。

石田は、ベッド脇にあったボトルのローションを手に取ると、自分の指や手の甲にたっぷりと塗っていきます。そして、空手の貫手のような状態にして、指をアナルに入れていきます。
『うぅあっ、む、無理、そんな……ひぃぎぃ……』
優美は、苦しげな声をあげます。すでに、石田の指は4本も挿入されていて、さらに押し込まれていきます。拳頭の部分が引っかかり、それ以上入るのは無理という感じです。でも、石田は無表情で押し込んでいきます。

「おら、力抜けって。括約筋切れたら、一生オムツだぞ」
石田は怖いことを言います。
『うぅあぁ、わ、わかりました……うぅう゛っ』
優美は、苦しげな声をあげっぱなしです。でも、上手く脱力が出来てきたのか、石田のゴツい拳頭部が、徐々に優美のアナルに入っていきます。僕は、自分の嫁をこんな風にオモチャにされているのにオナニーを続けていて、もう限界が来ていました。

『ダ、ダメぇ、裂けちゃうぅ、こんな、あぁっ、壊れちゃうっ! ケツマンコ裂けちゃうぅっ!』
優美は、泣きながら叫んでいます。顔をブンブンと激しく左右に振りながら、泣き叫んでいます。

すると、急にドアが開いたような感じで、一気に石田の拳が優美のアナルに消えました。もう、手の甲もほとんど見えていません……。
『ギャァッッ!!』
優美は、殺される人のような感じで絶叫しました。僕は、優美の切迫した叫び声を聞きながら、射精をしていました……。

「凄いな。フィストが出来るなんて、やっぱり昔、相当調教されてただろ」
部長が、あきれたように言います。でも、煙草を吸いながら携帯をいじっていて、さして興味がないようにも見えます。

「さすがにこれが限界か。切れたらめんどくせーしな。よし、抜くぞ」
石田はあっさりとしたものです。拳を入れたことで満足してしまったようみも見えます。

『ダッ、ダメっ! 抜いちゃダメッ! 今抜いたら——』
必死の顔で叫ぶ優美。でも、石田は優美の言葉の途中で、一気に拳を引き抜きました。優美はビンッと、身体を硬直させ、
『ンギィッ!』
と、断末魔のような声をあげ、さっきの浣腸では出し切れなかった分を噴出し始めました。勢いよく飛び散る排泄物、優美は言葉も出せずにガクガク痙攣しています。さっき、あれだけ出したにもかかわらず、勢いよく出続けます。まるで、本当に栓が壊れてしまったようです……。

「あーあ、なにやってんだよ」
部長は、顔をしかめて吐き捨てると、寝室を出ていきました。でも、石田はウキウキした顔で、
「奥に溜まってたヤツまで噴き出してるな。可愛い顔して、どんだけ出すんだよ。ヤベぇな、たまんねーぞ」
と、嬉しそうに言います。本当に目を輝かせ、子供のように無邪気な笑顔を浮かべています。石田のことをサイコパス的な男と思っていましたが、ある意味で純粋な男なのかもしれないと思い始めていました。

優美は、うめくような声をあげるだけで、気を失っているのに近い感じです。
「よし、ちょっと綺麗にするか。来いよ」
石田は、優美の髪の毛を鷲掴みにすると、寝室の外まで引っ張っていきます。ドアから出る間際、
「片付けとけよ」
と、僕に無表情で命令しました……。

僕は、我に返ったような気持ちになりました。ベッドは優美の排泄物でグチョグチョで、僕はオナニーでイッてしまい、やっぱりグチョグチョになっています。

何をしているのだろう? そんな気持ちになりながら、惨状とも言える寝室を片付け始めました。でも、こんな屈辱的なことをさせられているのに、僕のペニスは信じられない程の固さになっています。

寝室に戻ると、部長が優美にペニスをくわえさせている最中でした。それは、普通に考えればとんでもない場面なのですが、僕はもうなにも感じませんでした。すっかりと慣れてしまいました。
でも、部長はフェラチオさせているのではありませんでした。
「よし、出すぞ。全部飲めよ、こぼすなよ」
部長はそう言うと、優美にペニスをくわえさせたままブルブルッと体を震わせました。
「よし、そうだ、全部だぞ」
部長は、楽しそうに言います。どうやら、優美の喉奥に放尿しているようです。優美は必死で飲み干していき、喉が何度も鳴っています。すると、優美いきなりむせ始めました。ゴホゴホッと何度も咳き込む優美。でも、すでに全部飲み干したようで、一滴もこぼすことはなかったようです。

「スゲぇな。マジで便器かよ」
石田が大げさに驚いたような感じで言いました。
「よし、じゃあこれで興奮させてもらうかな。ほら、始めなさい」
部長は、石田のものよりもさらに大きなディルドを優美に渡しながら言いました。
『そんな……。本物が良いです。部長さんのおチンポが良いです』
優美は、甘えたような声で言います。もう、すっかりと部長にもなついてしまっているように見えます。僕は、優美がどんどん変えられていくようで今さら焦りを感じますが、何も出来ません。

「興奮させてくれないと、勃たないしな。ほら、早くやりなさい」
部長は興奮している感じがあまりしません。もう、優美に対して飽きてきているのかも知れません……。
「ほら、コイツも期待しているぞ。興奮させてやれよ」
石田が、僕のことを見ながら言います。優美は僕の方を見ると、
『まだ見るの? さっきイッたんでしょ?』
と、冷たい口調で言いました。僕を見る目も、いつも以上に冷たい感じがします。

優美はそれだけ言うと、その大きすぎるディルドを舐め始めました。まるで、フェラチオでもするように丁寧に舐めていき、人間ではあり得ないくらいに張り出したカリ首を、興奮した顔で舐めていきます。
『凄く大きい……。それに、本当に固い……』
優美は、完全にスイッチが入ったような顔になっています。そして、そのディルドを吸盤で床に固定すると、それに向かって腰を降ろしていきました。
床から不自然に生えたディルド……。僕の粗末なペニスと比べると、子供と大人以上の差があります。あんなに大きな石田のペニスよりも、さらに一回り大きいサイズです。多分、日本人ではあり得ないサイズなのだと思います。色も黒いので、黒人なんかをモデルにしているのかも知れません。

『うぅあぁ、ダメぇ、大きすぎる、ひぃあぁ……こんなの無理……うぅ』
優美はそんな事を言いながらも、どんどん腰を降ろしていきます。あんなに大きなディルドが、結局スムーズに入ってしまいました。
『うぅ……こんなの無理……大きすぎるから』
優美は、少し怯えたような顔で言います。
「早く動けって。ケツにはもっとゴツいの入れただろ?」
石田は、自分の握り拳をアピールしながら言います。確かに、石田の握り拳はこのディルドよりは太かったと思います。
『うぅ、わかりました……』
優美は、怯えたような声で言うと、腰を上下に動かし始めました。
『うぅっ、ひぃ……ンッ、うぅっ、ダメぇ、太すぎて……うぅっ!』
優美は、感じているという雰囲気ではありません。でも、部長と石田の目の前で、卑猥なスクワットを繰り返していきます。
「ほら、もっと早く動かせよ」
「奥まで入れないと感じないだろ? 奥さんは奥が好きなんだから」
部長も石田も、好きなことを言います。優美は、言われるままに腰の動きを早くしていきました。

『ううあっ! あっ、あっ、こすれるぅ、ひぃっ、あんっ、うぅっ!』
優美は、徐々に感じ始めたようです。長さの半分程度までしか入れていなかったのが、さらに奥まで入っていき、3分の2くらいは優美の膣中に収まってしまっています。
「スゲぇな。ケツも膣もガバガバじゃねーかよ。これじゃ、井上の粗チンじゃ入れてもわかんねーだろ」
石田は、無邪気な顔で言いました。
『あっ、アァンッ、大っきいのが良いのっ、奥まで届くのが良いのっ! い、石田さん、おチンポ下さい。くわえさせて下さいっ』
腰を上下動させながら、優美が石田に哀願しました。石田は、僕の方を見てニヤッと笑うと、勃起したペニスを握ってジョイスティックのように動かしながら誇示します。そして、優美の横に立つと、
『これが欲しいのか?』
と言って、ペニスを頬に擦り付けていきます。すると、優美は顔を横に向けながら舌を伸ばしていきます。でも、石田はペニスを動かして舌に触れさせないようにします。優美は、逃げるペニスを追うような動きをしてなんとか舐めようとあがきます。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


彼女の同じクラスの子から、彼女が浮気してるとたれ込みがあった

大学3年の夏に経験したトラウマ的な出来事です。

大学1年の時、バイト先(個別塾)で担当してた生徒(当時高1、16歳)にやたらアドレスを聞かれ、それから3ヶ月後には塾に内緒で付き合うようになってました。

都内三大バカ高(って自ら言ってました…)の生徒だった彼女は、ロリ顔で小柄(150弱)・細身体型の割に胸はそこそこあってC~Dありました。

【続きを読む】
[ 2017/08/31 17:19 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました(ブロマガ転載禁止)

結婚して5年経ちますが、まだ子供はいません。結婚直後から子作りを意識して夜の生活をしていましたが、なかなか授かることが出来ず、あっという間に3年経ちました。さすがにおかしいなと思い、2人でクリニックで受診したところ、私にほぼ種がないことが判明してしまいました。
健康には自信があり、中学からテニスをやっていて、インターハイにも出場経験のある私にとって、初めての病気というか、肉体的なネガティブな要素でした。

ドクターいわく、自然な性交渉での受精確率はほとんどないということで、不妊治療が始まりました。と言っても、原因は私にあったので、突き詰めれば人工授精くらいしか方法はないのですが、嫁の景子はあくまで自然な受精を望みました。

それから2年、苦しい妊活が始まりました。原因は私にあるので、食生活の改善や、なるべくストレスを受けないようにするなど、そんな対処療法的な事をしつつ、タイミングをみて性交渉をするという日々でした。子宝の湯や、子宝神社、お守り、妊娠体操等々、オカルト的なものにも頼りながらの2年間でしたが、結局、結果を出せませんでした。

「もう、人工授精しかないんじゃないかな? 本当に、ゴメンね……」
私は、自分の自尊心や存在意義などに自信を失いながらも、景子にそんな提案をしました。
『……それはダメ……。絶対にダメ……。平気だよ、きっと、授かれるよ。そんなに落ち込まないで。ほら、きっと今日は大丈夫だよ』
そう言って、景子は私に抱きついてキスをしてきました。景子は、私を興奮させるために、積極的に愛撫をしてくれます。男性が興奮状態の方が、元気の良い精子が出てくる……。そんな、根拠も何もないことを信じているようです。

景子の舌が私の乳首を這い回り、そのまま手でペニスをしごき始めると、一気に私の興奮が高まっていきます。景子は2年間の妊活で、性戯のテクニックが飛躍的に上昇しました。

景子が私のペニスをくわえてフェラチオを開始すると、すぐに舌がカリ首の周りに巻き付いてきて、すでに勃起していたペニスがより固くなっていきます。私のペニスを口で責め立てながら、指で睾丸や乳首も愛撫してくれます。私は、我慢しきれずに景子に覆いかぶさりました。
『アン。すごく固いよ。あなた、愛してます』
景子は、嬉しそうにあえぎ始めました。私は、キスをしながら腰を振り続けますが、1分ももたずに射精感が限界になってきました。

「ご、ごめん、もう出る」
私は、申し訳ない気持ちになりながらうめくように言うと、
『イッて! 奥にっ! なるべく奥に出してっ!』
と、景子は腰を持ち上げ気味にしながら言います。いつものことですが、少しでも奥に、そして、注いだものがすぐに流れ出ないようにという工夫なのだと思います。私は、もう少し自分のペニスが長ければいいのになと思いながら、目一杯腰を押し込みながら射精を開始しました。

景子は、すぐにベッドサイドテーブルからタンポンを取り出すと、慣れた動きでそれを膣に押し込みます。少しでも妊娠する確率が高くなるようにと、景子が思いついてやっていることです。そして、クッションを二段重ねにすると、そこにお尻を乗せるようにして仰向けで寝転びました。すると、腰の位置が高くなり、なおかつ膣が上を向くような体勢になるので、より奥へと精子が流れ込んでいくはずです。
景子は、そんな体勢のまま、
『きっと大丈夫だよ。授かれるよ』
と、微笑みながら言ってきました。でも、今回もやっぱり無理でした……。

そんな苦しい生活をしている中、夏休みが来ました。久しぶりに私の実家に帰りがてら、墓参りや観光をしようということになりました。あまり実家に行くのは好きではないのですが、今回は景子が積極的に段取りをしてくれたこともあり、10日ほど滞在することにしました。

車なら2時間もかからない場所にある実家ですが、なかなか子供が授かれないこと、そして、兄がいることもあって足が遠のきがちです。兄は悪い人間ではないのですが、いわゆるオタクというか、人との関わりが苦手なタイプで、趣味にこもる感じの男です。結婚もしていませんし、そもそも、女性と付き合ったことすらありません。
一家の恥……とまでは言うつもりはありませんが、なるべく景子に会わせたくないと思っているのは事実です。

でも、景子は兄に悪い感情は持っていないようで、小太りな兄を、ぬいぐるみみたいだとか愛嬌があるとまで言っています。今回の里帰りでも、食事の時など、景子の方から積極的に話しかけているような感じでした。兄も、さすがにもう景子には慣れているのか、一見普通に会話しているような感じでした。

結婚もせずにフラフラして! と、私の両親が兄に小言のようなことを言っても、
『まだ焦る歳でもないですよね。きっと、良い出会いがありますよ』
と、景子がフォローするような感じでした。両親が寝た後、リビングで景子と少し晩酌をしている時、風呂上がりの兄が通りかかりました。
『お義兄さんもどうですか? まだ、寝るには早いですよね』
と、景子が声をかけました。景子は、風呂上がりに髪をアップにしていて、Tシャツに短パンというラフな格好です。いつもの風呂上がりと同じで、ブラもしていません。私は、そんな無防備な格好の景子が、兄を誘ったことが少しイヤでした。でも、どうせ一緒に飲まないだろうなとも思っていました。

「ハァ、じゃあ、少しだけ」
予想に反して、兄は景子の誘いに乗りました。私は、少し意外だなと思いながらも、ちょっとドキドキしていました。兄とは言え、他の男にこんなラフな格好の景子を見られるのは、正直イヤな気持ちでした。

『お義兄さん、けっこう強いですよね。どれくらい飲めるんですか?』
景子は、兄にビールを注ぎながらそんな質問をします。確かに、兄が酔っ払っているところは見た記憶がありません。でも、一緒に飲む機会自体がほとんどないので、当然とも言えます。

「う〜ん。わかんないなぁ。酔っ払うまで飲んだことないし」
兄はそう言いながら、グラスのビールを空にしました。
『すご〜い。お義兄さん、格好いいですね』
景子は、そんな風に兄を褒めます。たぶん、本気で言っているような感じです。兄は、ビールのせいか照れのせいかわかりませんが、頬を赤くしています。

『お義兄さんって、彼女作ったことあるんですか?』
景子も酔っ払っているのか、タブー的なことを聞きます。兄に、彼女なんて出来るはずもないので、聞いてはいけない話題の一つだと思います。
「いや、ないよ。俺なんて、相手にされるわけないじゃん」
兄は、そんな事を言います。少し寂しそうにも見えます。
『そんなことないですよ。お義兄さん、優しいしお酒強いし、素敵だと思いますよ』
景子は、からかっているような感じはないです。
「そ、そんな事ないって」
兄も、リアクションに困っています。たぶん、女性にそんな事を言われた事はないのだと思います。
『じゃあ、もしかして、まだエッチしたことないんですか?』
景子は、そんな質問をしました。
「な、ないよ。あるわけないじゃん」
兄は、少しムッとした感じの顔で言います。でも、景子はおかまいなしに、
『風俗とかもないんですか?』
と、さらに突っ込んだ話をします。
「ないよ。そんな所、行くわけないじゃん」
『どうしてですか?』
「だって、お金でどうとかって、むなしいじゃん」
兄は、いたってまっとうなことを言いました。私は、かなり意外でした。きっと、風俗には行きまくっているのだろうなと、勝手に決めつけていました。
『そうですよね。お義兄さん、真面目ですね。なんか、素敵です』
景子は、酔いのせいもあるのかもしれませんが、そんな事を言いました。
「あ、ありがとう……」
兄も、困ったような顔です。
『私で良ければ、お相手しましょうか?』
景子は、いきなりぶっ飛んだことを言い出しました。
「な、なにいってんの! からかっちゃダメだよ」
兄は、耳まで真っ赤にして言いました。
『からかってないですよ。本気です。私なんかじゃ、ダメですか?』
景子は、真顔で言いました。私は、判断に迷ってしまいました。景子は、冗談で言っているはずだ……でも、冗談にしては真剣な顔過ぎる……。

「そ、そんなことないけど……」
『じゃあ、決まりですね。じゃあ、お義兄さんの部屋行きましょう!』
元気いっぱいで言う景子。兄は、困り切った顔で私を見ます。
「光治、景子さんどうしたの? ドッキリ?」
兄は、半分パニクっています。私は、どう答えて良いのかわからず、景子のことを見ました。

『いいよね? お義兄さんだったら、イヤじゃないでしょ?』
景子は、私に真顔で言います。
「な、なに言ってんの! イヤとかそういう問題じゃなくて、そんなのダメでしょ」
私は、声が裏返り気味でした。
『どうして? 経験すれば、お義兄さんも自信つくでしょ? そしたら、きっと彼女も出来るし、結婚も近いんじゃない? それくらいのお手伝い、してもいいんじゃない?』
「い、いや、そんなの普通じゃないって! 風俗とかでもいいんじゃないの?」
私もパニックになってきました。どうやら、景子は冗談で言っているわけではないようです。
『ダメだよ。風俗なんて、病気も怖いでしょ? それに、ハマっちゃったらどうするの?』
嫁は、もっともなことを言いました。私は、言葉を失ってしまいました。すると、景子はスッと立ち上がり、戸惑っている兄の腕を掴んで強引に立たせました。そして、そのまま引っ張っていきます。

兄の部屋は、趣味のアニメや映画を観るため、簡易的ではありますが防音仕様になっています。ですので、なにをしていても両親に声が聞こえたりすることはないと思います。でも、私は心の整理なんてつくはずもなく、
「ちょっ、ちょっと、ダメだって、冗談きついって!」
と、景子をとめようとしました。でも、景子は黙って兄の部屋を目指します。そして、兄も無言で歩き続けます。私の方を見ることもなく、緊張した顔で歩き続けています。

そして、兄の部屋に入ると、アニメやアイドルのポスターが貼ってあったり、フィギュアが飾ってあったり、典型的なオタクの部屋という感じです。でも、意外に小綺麗になっていて、ゴミ一つ落ちていません。
『へぇ、綺麗にしてるんですね。これ、可愛いですね。でも、おっぱいこぼれちゃいそう』
景子は、フィギュアを見ながらそんな事を言います。確かに、露出過多なフィギュアも多く、キモオタコレクションという感じがします。でも、景子は嫌悪感を持っている気配もないです。

景子は兄をベッドに座らせると、自分も横に座りました。そして、私の方を見ると、
『あなた、見るの? なんか、恥ずかしいな……』
景子は、頬を赤くしながら言います。私は、景子にそんな事を言われて、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました。でも、理由はわかりませんが、さっきから私は興奮していました。景子を兄に抱かせる……。そんなシチュエーションは想像したこともありませんでした。でも、自分以外の男性に景子が裸体をさらし、あまつさえ抱かれてしまう……。そう思った途端、今まで感じたことない景子への執着を感じ、それがそのまま興奮に変わってしまったような感じがしました。

「景子さん本気なの? 俺、さっきも言ったけど、経験ないから……」
兄は、私の妻を寝取るということに抵抗を感じているのではなく、単に自分が童貞なのに良いのかな? と、思っているようでした。
『全然平気ですよ。お義兄さんが変わるきっかけになれたら嬉しいですし、私も、一度は童貞の人とエッチしてみたいって思ってたんです』
景子は、そんな事を言いました。確かに、景子と初めて結ばれた時、私は童貞ではありませんでした。でも、景子も処女ではありませんでした。私は、景子がどこまで本気で言っているのかわからず、戸惑うばかりです。
「じゃあ、どうすればいいのかな?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


実用的な寝取られ動画、寝取られコミックのランキング 更新

2016年下期の売上ランキング更新!

2016年度下期 DMM 人妻系、寝取られ系同人作品ランキング
寝取られ系の同人作品(コミック、ゲーム)です。1位は、圧倒的な強さであの作品でした。

2016年度下期 人妻・寝取られ動画ランキング DMM
妻が同窓会に行ったりする系の動画が人気です。

寝取られ系姉妹サイトオリジナル作品
姉妹サイトも含め、管理人の全ての作品を紹介します。

・寝取られ系の素人動画 FC2コンテンツマーケット
素人系の独特のイヤらしさと臨場感で、寝取られがリアルに感じられます。

・ブログ内の話を全面的に書き直して、アマゾンのKindleの電子書籍にしました。


痴漢されたい願望をこじらせて

600 名前: ポチ ◆WARsTxlfPE 投稿日: 03/03/05 15:49 ID:sLdq2UWz
私は中学2年生の女の子です。
自分で言うのもなんですが体はもう大人の女になっています。
よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われて、その時にはなによお。って
ごまかしています。でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。


【続きを読む】
[ 2017/08/29 08:30 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

同じ学科のあの子を風俗で指名したw

とりあえずスペック


大学3年
ブサメン
オタク
童貞
彼女いない歴=年齢

好きな女の子
同じ大学、同じ学科、同じ学年
可愛い
黒髪だけど巻いてる
いわゆる黒髪ビッチ
背はあんまり高くない
おっぱいは普通
足か細い
AV女優の有村千佳に似てる
(以下、仮名で千佳とします)

大学入学した時に、調子に乗って大学デビュー(笑)を目指していた
メガネからコンタクトにしたり、髪を染めたりした
そして彼女が欲しい一心で、同じ学科の女の子に話しかけまくった
多分ウザがられてただろうけど、話しかけまくった

【続きを読む】
[ 2017/08/27 14:00 ] 男性の体験談 風俗での体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺5(転載禁止)

「里帆ちゃん、どうしたの? 腰がイヤらしく動いてるよ」
拓は、嫁に乳首を舐められながらそんな事を言う。
『だ、だってぇ……。拓くんの、ずっと子宮にキスしてるから……。うずいちゃうよ』
嫁は、恥ずかしそうにモジモジしながら言う。もうすぐ30歳になるとは思えないくらいに、可愛らしい仕草だ。俺は、精液でドロドロになったペニスを激しくしごきながら、そんなやりとりを見ている。俺がバカなことさえ考えなければ、嫁は他の男とセックスをする事なんてなかったはずだ。
自分から幸せを壊すようなことをする……。俺は、おかしくなってしまったみたいだ。

【続きを読む】
[ 2017/08/26 12:15 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が強いです

自分はいわゆる「妻に他人棒」という欲望が数年前から湧き上がってきていて、昨年の1回だけですが一応成功しました。

凛太郎(仮名・21)という男の子がいて、彼は私たち夫婦が住む某市内の簿記専門学校に通うために、2年ほどに隣県から来て一人暮らししています。
市が定期的に開催する市民交流の場で、1年半ほど前に私たちと知り合い、それからはそこでよく出会うようになりました。

【続きを読む】
[ 2017/08/24 17:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2(転載禁止)

今日は週末ということもあって、嫁と夕ご飯を食べがてら、買い物もするためにショッピングモールに来ている。それなりに余裕のある生活をしているので、ショッピングモールなんかで買い物しなくても、百貨店やブランドで買い物したり、フードコートで食事なんかしなくても、もっと洒落たレストランに行っても問題ないはずだ。
それでも、嫁はフードコートで食べることも大好きだし、買い物なんかもショッピングモールの専門店街で充分だと言う。私は、そんな嫁のことがたまらなく愛おしいと思うし、良い嫁と結婚出来たなと感謝する日々だ。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 23:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

息子と混浴温泉に入ったら人妻さんがいて、ムスコがお世話になりました完【転載禁止】

私は、セーラー服姿の夕子さんと夢中でキスを続けました。私の耳には、夕子さんの名前をうめくように呼ぶ旦那さんの声が聞こえています。チラッと旦那さんの方を見ると、彼はオナニーを開始していました。

夕子さんが元カレとエッチする姿を見たい……。それは、いわゆる寝取られ性癖というヤツだと思います。私は、40過ぎの夕子さんのセーラー服姿に、もの凄く興奮しながらも、いいのかな? と思っていました。

『なお君、いつもみたいにおっぱい舐めて欲しいな』
夕子さんは、元カレの名前で私を呼びながら、甘えた声でおねだりをします。私は、彼女のセーラー服の上着をまくり上げ、ピンク色の可愛らしいブラジャーを下に引き下ろしました。ブラをしたままおっぱいが丸見えになる夕子さん。

張りがあって大きなおっぱいですが、多少垂れていますし、乳首も大きめで色素沈着もあります。女子校生のおっぱい……と言うには無理があります。でも、私はそのギャップがたまらなくイヤらしいと感じます。

『なお君、恥ずかしいよ、そんなに見ないで』
可愛らしく胸を腕で隠す夕子さん。昨日は淫乱な痴女というような感じだったのに、今はまるで恥じらう少女のような仕草だ。役に入り込む役者さんみたいだ。

「綺麗だよ。夕子、愛してる」
そう言って、私は彼女の腕を外し、乳首に舌を這わせました。すでにカチカチになっている乳首に舌が触れると、夕子さんは身体をビクッと震わせます。
『なお君、気持ち良い。もっとして、愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、そんな事を言ってきます。夕子さんが愛しているとい言うと、旦那さんはうめき声をあげます。旦那さんに見られながら、その奥さんの乳首を舐めるのは、ものすごく背徳感があります。いいのかな? と、思いながらも、異常なシチュエーションに興奮がどんどん大きくなります。

私は、指でも夕子さんの乳首を責めていき、ギュッとつまんだり、歯でも噛んだりします。
『うぅあっ、気持ち良いっ。なお君すごく気持ち良いっ! なお君、愛してる。大好きだよ』
夕子さんは、演技というよりは、昔に戻ってしまったような感じです。私は、乳首を責めながら、彼女のスカートの中に手を滑り込ませてました。そして、ショーツの上からアソコを触り始めると、すでにグチョグチョに濡れてしまっています。
「夕子はワルい子だね。こんなに濡らしちゃって、エッチな子だ」
私は、夕子さんの彼氏というノリで責め続けていきます。
『ごめんなさい。だって、なお君に触られるだけで気持ち良いから……。エッチな夕子に、お仕置きして下さい』
夕子さんは、興奮した顔でそんな事を言いました。私は、一気に彼女のショーツを引き下げ、ツルツルのパイパンをあらわにしました。

これだけ明るい照明の下で見ると、陰唇も多少肥大していて、色素も沈着しています。でも、私はむしゃぶりつくように舐め始めました。大ぶりなクリトリスはすでに包皮が剥けて剥き出しです。私の舌が触れると、
『っぁっ、気持ち良いっ、もっと、もっと舐めてっ。なお君、気持ち良いっ』
と、夕子さんはとろけた声を上げ続けます。すると、旦那さんが強めにうめき声をあげました。チラッと彼を見ると、彼は射精をしていました。自分の奥さんが他の男にクンニされているのを見て、こんなに早く果ててしまう彼……。でも、そのままオナニーを継続しているようです。どれだけ興奮しているんだろう? と、驚いてしまいます。

すると、夕子さんがググッと体勢を変えながら私の股間をまさぐってきました。
『なお君の、大っきくなってる。今度は私がするね』
夕子さんは可愛らしく言うと、私のペニスを剥き出しにしていきます。
『ふふ。なお君のおちんちん、やっぱり大きいね。大っきいおちんちん、大好きだよ。今日も、いっぱい奥までイジメてね』
夕子さんは、大きいという言葉を強調しながら言います。すると、旦那さんのうめき声が大きくなりました。
「夕子……。あぁ、そんなに大きいのがいいのか……」
悲しそうな声で言う旦那さん。確かに、旦那さんのペニスは見てわかるほど短小です。私のペニスが標準より大きめなのに対して、明らかに平均値以下に見えます。

夕子さんは、私のペニスをくわえてフェラチオを開始しました。
『やっぱり大きい。ごめんね、歯が当たっちゃうね』
そんな事を言いながら、フェラチオを続ける彼女。私は、優越感を感じながらも、やり過ぎなんじゃないかな? と、心配も大きくなります。

『あぁ、素敵。本当に固くて大きい……。男らしくて逞しいよ。愛してる。なお君も、なお君のおちんちんも大好きだよ』
夕子さんは、さらに旦那さんを煽るような事を言い続けます。夕子さんは、言っている内容とは違い、下手くそではなく巧みなフェラを続けます。カリ首を夕子さんの舌が這い回るたび、射精感がどんどん高まっていきます。私は、彼女のアソコに手を伸ばしていきます。そして、指を彼女の膣中に挿入して、Gスポットを意識しながらこすり始めると、
『ンッ! ン〜っ! ンッふぅ』
と、フェラチオしながらあえぎ続ける夕子さん。膣が強烈に締まってきて、指が痛いくらいです。そして、降りてきている子宮に指が触れる度、夕子さんは身体をビクンと跳ねさせます。

『なお君、もう我慢出来ないよ。入れて。この大っきなおちんちん、エッチな夕子に入れて下さい』
夕子さんは切なげな声を上げます。私は、すぐに彼女に覆いかぶさっていきます。セーラー服姿の彼女を押し倒すと、一瞬、いけないことをしている感覚になります。そして、ペニスを彼女の膣口に押し当てていき、
「コンドームはしなくてもいいんだよね?」
と、あえて聞きました。もう、何度も中に出していますし、彼女が避妊手術をしているのも聞いています。それでも、旦那さんが望んでいるんだろうなと思い、あえて聞いてみました。


『うん。安全日だから大丈夫だよ。なお君の、直接感じたいの』
夕子さんは、そんな事を言いました。私は、旦那さんの視線を痛いほど感じながら、生のペニスを夕子さんの膣中に押し込んでいきました。絡みついてくる膣肉の感触と、経産婦なのに痛いくらい締めてくる圧力に、私は軽くうめき声を漏らします。
『あぁ、なお君の入ってきたぁ。愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、目を潤ませながら言います。もしかして、本当に当時のことを思い出しているのかな? と、感じてしまいました。

そして、私は腰を動かし始めました。さすがに昨日から射精し続けているので、私にもまだ余裕があります。私は、イッてしまうのを心配せずに腰を動かし続けます。

『あっ、あっ、気持ち良いっ、奥まで当たってるよ、なお君のおちんちん、夕子の一番奥に届いてるっ』
夕子さんは、気持ちよさそうに声を出します。その言葉を聞き、旦那さんはうめきっぱなしです。チラッと見ると、彼はすごい勢いでオナニーをしていました。私には理解出来ないなと思いながらも、夕子さんが旦那さんを煽るような言葉を言って興奮させているのを見て、これも一つの愛の形なのかな? と、思うようになっていました。

「夕子、愛してる。すごく子宮が降りてきてるよ。そんなに気持ち良いの? そんなに妊娠したいの?」
私も、旦那さんが興奮するだろうなと思うワードを口にしました。
『気持ち良いっ! なお君の赤ちゃん、欲しいっ! 妊娠したいのっ! なお君、愛してるっ! 妊娠させてぇ』
夕子さんは、うわずった声で言います。芝居じみたことばかり言っていますが、本当に感じているようです。

「夕子、自分でクリトリス触ってごらん」
私は、夕子さんにそんな指示をしました。すると、夕子さんは一瞬ニヤッとした顔になり、すぐにクリトリスをまさぐり始めました。正常位で責められながら、自らクリトリスをまさぐる夕子さん……。卑猥の一言です。

『気持ち良いっ! なお君ダメぇ、イッちゃうっ、夕子イッちゃうよ。いい? イッてもいい?』
すごい勢いでクリトリスをまさぐりながら、夕子さんはそんな許可を求めています。顔が快感に歪み、初々しい女子校生という感じは消えてなくなりました。私は、夕子さんのイヤらしい姿に興奮し、さらに腰を強く振っていきます。
「まだダメだよ。イク時は一緒だから。いっぱい中に出すからね!」
私は、そんな事を口走りながら腰の動きを早めていきました。すると、夕子さんが私の乳首を舐めてきます。身体を折り曲げ、私の乳首に吸い付くようにしながら舐める彼女。でも、クリトリスはまさぐり続けたままです。

私は一気に射精感が大きくなり、限界が来てしまいました。
「夕子、ダメだ、もうイクッ、一緒にっ!」
私がうめくように言うと、
『イッてっ! 中に欲しいっ! 愛してるっ! うぅああぁっ、イッくっ! イクッ! イッグゥッ!!』
と、脚をピンと伸ばしながらのけ反りました。私は、思い切り彼女の膣奥に射精しながら、彼女にキスをしていました。快感と背徳感でゾクゾクッとしている私の耳に、旦那さんのうめき声が聞こえて来ました。見なくても、射精しているんだろうなとわかります。

『ふふ。いっぱい出したね。気持ち良かった?』
夕子さんは、女子校生モードをやめて、妖艶な笑みを浮かべながら言います。私は、気持ち良すぎて言葉もなく、ただうなずきました。

『あなた、興奮してくれましたか?』
私と繋がったまま、そんな質問をする夕子さん。旦那さんも、言葉もなくうなずくだけです。

『あなた、もっと近くに来て下さいね』
そう言って、旦那さんを招き寄せる夕子さん。旦那さんは、言われるままに夕子さんのすぐ近くまで移動しました。旦那さんの息遣いは荒く、まだ興奮状態なのがわかります。すると、
『見てて下さいね。今、この大っきなおちんちん抜きますから』
と、私に目配せをしながら言う夕子さん。私は、すぐにペニスを抜きました。すると、穴が空いたようになっている膣口から、私のザーメンが流れ出ていきます。何度も射精した割にかなりの量が出たようで、自分でも驚くほどザーメンが流れてきます。

「あぁ、夕子……すごい……」
旦那さんは、自分の奥さんの膣から流れ出る他人のザーメンを見て、興奮の極地にいるような顔になっています。寝取られ性癖も、ここまで極まってしまうと怖いなと思ってしまいます。

『あなた、こんなに濃いの出されちゃったら、妊娠しちゃうわ。お願いしますね』
夕子さんはそんな事を言います。すると、旦那さんは快感に震えるような顔で、夕子さんのアソコに顔を近づけていきました。私は、えっ!? と、声が出てしまいました。でも、旦那さんはかまわずに彼女のアソコに口をつけ、私のザーメンを吸い取り始めました。

『そう……もっと吸わないと……。また妊娠しちゃうわ』
夕子さんは、そんな事を言います。避妊手術をしたというのは、ウソだったのだろうか? 私は、そんな不安に襲われ始めました。旦那さんは、音を立てながら私のザーメンを吸い取り続けます。私は、優しげな顔金持ちの男性だと持っていた彼が、こんな寝取られマゾだと知って、本当に驚いていました。

『そうよ、もっと……すって……』
夕子さんは、興奮しきった顔でそんな事を言います。

『ザーメン、飲ませて……。若返るから』
すると、旦那さんが夕子さんにキスをして、口の中の私のザーメンを移動させていきます。夕子さんは、それをゴクゴクと飲み干しながら、旦那さんのペニスを指でもてあそび始めました。

『ふふ。ごちそうさま。あなた、もう固くなってますね。あんなに出したのに、まだ足りませんか?』
妖艶としか言えない顔で言う夕子さん。旦那さんは、興奮しきった顔で何度もうなずきました。夕子さんは、私の目の前で旦那さんにフェラチオし始めました。

『ふふ。こんなに固くなったの、いつ以来かしら?』
夕子さんは嬉しそうに言いながら、旦那さんのペニスをフェラチオし続けます。近くでみると、旦那さんのペニスは小さくて細く、そして包茎でした。これでは、エッチな夕子さんは満足出来ないだろうな……そんなことを考えながら、目の前の夕子さんのお尻を眺めていました。
スカートがまくれ上がり、白いお尻が丸見えです。アソコと同じで、お尻の周辺にもまったくへアがありません。手入れが行き届いているのか、それとも、もともと生えてこないのかわかりませんが、毛がないだけですごく幼く見えますし、キレイだなと思います。

でも、よく見ると夕子さんのアナルは、キュッと引き締まった感じではなく、若干開き気味見えました。私は、夢中でフェラチオを続ける夕子さんに無断で、アナルに指を這わせてみました。

『あぁっ、ダメぇっ、お尻はダメっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


弟だし、大目に見てあげようと思っています

194: 名前:名無しさん@下着大好き! 投稿日:2010/10/12(火) 23:24
もちろん処女ではなかったけど、無理やりヤラレルのは好きじゃありません。
まあ、弟だし、大目に見てあげようと思っています。

195: 名前:194 投稿日:2010/10/14(木) 00:05
一昨日の夜中、酔っ払って家へ帰ってきたら、部屋でそのまま洋服を脱ぎ捨ててベッドに倒れこむように眠ってしまいました。
午前3時ごろ人の気配を感じて、突然目が覚めました。
高校生の弟が私の足元でパンティを脱がせようとしていました。
驚いてその場にいた弟を蹴り飛ばそうと思いましたが、でもまだかなり酔っていたので、金縛りにあったみたいに体が言うことを利きませんでした。
「何やってるの?」と問い詰めようとしましたが、言葉まで呂律が廻りません。
弟は私にのしかかり、私の口を手で押さえ、「姉貴、怪我をしたくなかったら一回だけやらせて」と脅してきたのです。

【続きを読む】
[ 2017/08/19 21:00 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

※取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3(転載禁止)

嫁は、両脚まで絡めながらジェフ君にしがみついています。そして、夢中でキスをし続けていました。私は嫁のその姿を見ながら、今までで一番と言ってもいいくらいの気持ち良い射精を、パンツの中にしていました。

私は、手も触れずに射精したことに驚きながらも、我慢出来ずにうめき声をあげていました。
すると、夢中でジェフ君とキスをしていた嫁が私の方を見て、
『あれ? パパもイッちゃったの? 触ってないよね?』
と、不思議そうな顔で聞いてきました。私は、口ごもるばかりで何も言えません。

【続きを読む】
[ 2017/08/17 12:11 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

高校の音楽の担任とバーに行って卒業したw

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/03(月) 19:39:01.55 ID:S0aYPrDOO [2/35]
担任スペック
教科は音楽
俺より10歳年上
身長160くらい、体型は肩幅広い以外は普通体型


俺スペック
179 66 多分フツメン
 
高校時代、俺は特に目立つわけではなかったが
みんなとワイワイやったりしてどちらかと言えばリア充だった
3年間彼女いなかったが

担任は、教師の中では若く女だったこともあり
結構いじられキャラ的なポジションだった
俺ももちろんよくからかってた

【続きを読む】
[ 2017/08/15 22:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

元カノで幼稚園の先生の優子と

72 :うね 02/06/15 21:40
じゃあ書くね。

俺の元カノの優子は幼稚園の先生で、寮に入ってました。
寮と言っても園長の持ち家で一軒家。
そこに同僚の純ちゃんと二人で住んでたんです。
二人は短大時代からのつきあいで仲が良かったんで、
結構上手くやってるみたいでした。
俺は純ちゃんとも仲が良かったので結構三人で遊びに逝ったりしてましたし、
当然ながら男子禁制の寮にこっそり泊まったりしてました。
優子と純ちゃんは普段から手をつないだりしてたし、
膝枕でテレビを見たりしてましたが、俺は特に不審には思いませんでした。
高校生の頃とかそんな女の子結構居ましたから。
当時俺は大学出たばっかりで、優子と純ちゃんは短大出て2年目でした。
優子は小柄で色白の華奢な女の子で、純ちゃんはボーイッシュで背の高い
スリムな子で、細身のジーンズがよく似合ってました。

【続きを読む】
[ 2017/08/15 17:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妹「どうしてもおさまらないからちょっとお願いできない?」

280 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2009/05/26(火) 22:38:45 ID:p4Mneayd0
ここの報告を見てると、どのケースも相手に対する恋愛感情みたいなものが常にあるね。
俺の場合は全くそういうのがないからすごい違和感がある。
といっても嫌ってるとかじゃなくて、普段は完全に家族の一員としてしか見られない。
 
俺27歳・妹20歳なんだけど、普通家族の誰かが風呂上り薄着でうろついてたら
なんか気まずいから目を逸らしてしまうでしょ。妹とは寝てる関係だけど、普段は
やっぱり女の部分なんて目にしたくない。
タンクトップで乳首浮いてたり、ダボダボのTシャツで袖から乳首見えたりすると
「ちっ、そんな格好で家の中うろちょろすんなよ」と舌打ちしてしまう。

だからセックスに突入するときも、真っ暗な部屋でじゃないと始められない。
昼間するとか明るい部屋でするとか絶対無理。


【続きを読む】
[ 2017/08/14 17:06 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7(転載禁止)

『本当に、会った方がいいの? 後悔しない?』
嫁は、高校生時代の初体験の相手に会いに行く日、迷ったような顔で言ってきた。俺は一瞬言葉に詰まったが、すぐに後悔なんてしないと答えた。すると、嫁はニコッと笑いながら、
『そう言うと思った。浩介って、ドヘンタイだけどブレないね。そういうところ、好きだよ』
と、言ってくれた。俺は、褒められているのか馬鹿にされているのかいまいちわからなかったけど、ありがとうと答えてみた。

【続きを読む】
[ 2017/08/12 00:09 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

可愛い妹カナと一線を越えてしまった

「ああ、うぅ、あはっ♡」
「うっ!カナ!兄ちゃん、もう逝く!」
「はあ、お兄ちゃん!な…かに、中に!出して!」
「うあらぁぁぁ!!!」
「あっ!、あっ!、あっ!、あっ!いくぅ!!!」
ドピュッ!ドピュッ!
 
 俺は今高校一年生。妹は二つ下で中学二年生。ついこの間、俺たち兄妹は越えてはならない一線を越えてしまった。
 話は今から五日ほど前までさかのぼる。あの日の夕方、両親は仕事の関係で家を留守にしていた。俺はいつもどおり、妹の分と合わせて二人分の夕食を作って、二人で食べた。

【続きを読む】
[ 2017/08/10 21:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

SNSで知り合った業者で嫁をAVデビューさせた

自分は彼女が他の男とセックスしているのを想像していつも興奮していました。
実際に行動に移す機会は無かったので寝取られ系のSNSに入って同じ趣味の人達と情報交換などをしていました。

彼女には内緒で、横顔や身体の画像などを他の人に見せて彼女についてコメントをもらったりして興奮して楽しんでいました。

そんなある日、男性から1通のメッセージが届きました。

【続きを読む】
[ 2017/08/10 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

会社の後輩に嫁を寝取ってくれと頼まれた

わたしは(仮名Aとします)36歳独身で建設会社に勤めています。
後輩(仮名Bとします)から「相談があるのですが」と言われ
会社の帰りに飲みに行きました。
Bはわたしの8年後輩で、可愛がっている後輩の1人でもあります。
Bが結婚をしたのは半年前で、結婚式にも出席をしました。
結婚する前には良く飲みに言ったり、遊んだりした後輩です。そのBから
「相談」と言われたので、仕事の事か何かで悩んでいるのかな?と思っていましたが
相談内容に驚いたのです。

【続きを読む】

カラオケで酔っ払って彼女を取り違えた結果、妻と愛人が出来ました

彼女とカラオケでデートしてた。
酔っ払ってトイレ行ったんだが、帰った部屋が知らない人の部屋だと気付かないほど酔ってた。

ヒトカラで来てた女の子だったらしい。
俺は自分の彼女だと思い込んで抱きついてキスしてた。

【続きを読む】

小5の冬の合宿で、リス顔のりっちゃんとエロい思い出を作りました

そんな小学校5年の冬の事だったと思う。
我が小学校の5年生は例年某山中腹あたりにある青年の家のような所に1泊2日で合宿に行く事になっているのだ。
ところでその宿って結構大きかったような気がするのだが部屋自体は小さく一部屋に3〜4人部屋だったと記憶している。
何故記憶してるかというと部屋割りで友達同士で3〜4人で組めと先生に言われた記憶があるからなのだ。もちろん男女別である。
俺はリトルリーグの友達4人と組むことになった。

【続きを読む】
[ 2017/08/07 22:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

出来婚したヤンキーな姉が、DVで出戻ってきて娘を連れてきた

僕が大学生の時、18で出来ちゃった結婚した姉が離婚して実家に帰ってきた。
姉は昔からお世辞にも頭がいい人ではなくて所謂ヤンキー
旦那も頭悪い族上がり、離婚の理由は旦那のDVと浮気
しかも殆ど紐同然だったので全く稼ぎがないから慰謝料もろくにとれなかった。
 
姉は実家に帰ってきても相変わらずで
パートはするけど男と遊びにいったりするから殆ど家に居ない
一人娘のセリナを親父達に任せっぱなし

【続きを読む】
[ 2017/08/07 20:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

ライバル意識の強い隣の嫁さんとラブホテルに入った結果

私の妻と向かいの奥さんとはライバル意識が非常に強く、何かにつけて競争してました。
妻がPTA役員になると、向かいの奥さんは婦人会の会長になったりと、バトルを繰り広げてました。
当然子供の進学先にも影響を及ぼし、相手よりランクが上の高校に進学させようとしていました。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 22:07 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

仕送りを止められた女子大生が、裏の大家にハメられて落ちていく

その部屋に住もうと決めたのは、都心の駅から近く家賃が安かったからだった。

今年の春に三年目の大学生活を迎えた彼女は、昨年まで親の仕送りに頼って生活していた。

しかし、前回帰郷した際に進路のことで、両親と折合いが悪くなり仕送りを止められてしまったのだ。

仕送りを止めればすぐに反省して謝るだろうと両親はタカをくくっていたが、娘は自立の道を選んだ。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 21:05 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

憧れのお姉さんが家庭教師をしてくれて、童貞まで卒業させてくれました

高校3年の夏、童貞だった俺は初めてセックスをした。
お相手は、大学生の憧れの先輩。
夏休みなので家庭教師を引き受けてくれた先輩の名前は、彩美さん。
綺麗なお姉さんって感じです。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 19:01 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

新任の女教師が部活の顧問になって恋仲になりました

学校の先生と一度だけ恋仲になったことがある。
中学三年の時、中途で新任の教師、R先生が赴任してきた。
先生は社会科の先生でしたが、剣道が非常に上手とのことで臨時コーチになった。
私は柔道部に入っていたので、練習は武道館で一緒になる。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 14:30 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

バツイチ27歳の彼女は、媚薬で狂ってフィスト目前です

前に付き合っていた彼女と、媚薬を使ったセックスにどっぷりハマってました。

その彼女は27歳のバツイチでした。

出会い系で知り合ったのですが、付き合いだして3年経って、セックスが少しマンネリになってました。

ひょんな事からネットで媚薬を見つけて、試してみるかな・・・なんて悪魔の囁き。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 13:30 ] 男性の体験談 SM調教した体験談 | TB(0) | CM(-)

よくナンパされるけど、夫一筋の主婦が夫の後輩に寝取られるまで

「一人で寝ちゃいましたねえ」
31歳の城島という名の夫の後輩がビールを飲みながらいった。
5歳上の妻である彩子は45歳になるが、スレンダーで10歳以上若く見られるせいか、街中でも若い男からナンパされることが多い美女である。

熟した大人の色気が漂いながらも、スポーツジムで鍛えていることもあって、モデル体型だ。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 12:37 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果完(転載禁止)

嫁は、メイド服姿のまま麻雀を続けている。俺は、それだけでも集中出来ないのに、メイド服の下に穴あきのランジェリーを着ていると思うと、麻雀の勝負どころではない気持ちだ。

「久美子ちゃん、いつもヘア整えてるの?」
明雄はパイを打ちながらボソッと聞く。俺は、明雄に言われて気がついた。いつもの久美子は、もっとヘアが濃いはずだ。さっき穴あきのランジェリーから見えた嫁のヘアは、短く整えられていたような気がする。

【続きを読む】
[ 2017/08/06 12:25 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

快楽のために中出し不倫に狂って、妊娠までしたのに後悔しない女

男性にとって『中出しセックス』が気持ちいいように、女性も同じように『中出しセックス』は気持ちいいものです。
子宮をめがけて大量に流し込まれる『精液』痙攣する『陰茎』ココロもカラダも一体になる『満足感』・・・実はそういうセックスに何年も飢えていました。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ