月別アーカイブ  [ 2017年08月 ] 

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

☆美雪37歳、目隠し寝取られ編 旦那と入れ替わった他人棒が何も知らない奥様の膣内で大胆に中出し


旦那は奥様に気付かれないよう必死です。
侵入者がドアを開く音をかき消す為にも、奥様を感じさせて喘ぎ声を上げてもらわねばならないのです。
そして、いよいよこちらが用意した寝取り役とカメラマンがこっそり部屋に入ります。
おそらく、この時の旦那の胸中は期待と不安で押し潰されそうになっていた事でしょう。
まず、旦那は奥様を四つん這いにし、寝取り役が完全に勃起するまで時間を稼ぎます。
奥様は何も見えていませんし、気付いていません。
まさか後ろでスタンバイしてる肉棒が他人の物だなんて夢にも思ってないはずです。



美人魔女119


かのママ web版


飢えた雌犬のように男根を頬張る奥様。
完全に堕ちてしまったと言えるでしょう。
そして、ついに他人棒が旦那の目の前で奥様に突き刺さる瞬間です。
旦那は奥様の腕をそっと掴みます。
どのような想いでいたのでしょうか…

【続きを読む】
[ 2017/08/22 23:24 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

※寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2(転載禁止)

今日は週末ということもあって、嫁と夕ご飯を食べがてら、買い物もするためにショッピングモールに来ている。それなりに余裕のある生活をしているので、ショッピングモールなんかで買い物しなくても、百貨店やブランドで買い物したり、フードコートで食事なんかしなくても、もっと洒落たレストランに行っても問題ないはずだ。
それでも、嫁はフードコートで食べることも大好きだし、買い物なんかもショッピングモールの専門店街で充分だと言う。私は、そんな嫁のことがたまらなく愛おしいと思うし、良い嫁と結婚出来たなと感謝する日々だ。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 23:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました(ブロマガ転載禁止)

結婚して5年経ちますが、まだ子供はいません。結婚直後から子作りを意識して夜の生活をしていましたが、なかなか授かることが出来ず、あっという間に3年経ちました。さすがにおかしいなと思い、2人でクリニックで受診したところ、私にほぼ種がないことが判明してしまいました。
健康には自信があり、中学からテニスをやっていて、インターハイにも出場経験のある私にとって、初めての病気というか、肉体的なネガティブな要素でした。

ドクターいわく、自然な性交渉での受精確率はほとんどないということで、不妊治療が始まりました。と言っても、原因は私にあったので、突き詰めれば人工授精くらいしか方法はないのですが、嫁の景子はあくまで自然な受精を望みました。

それから2年、苦しい妊活が始まりました。原因は私にあるので、食生活の改善や、なるべくストレスを受けないようにするなど、そんな対処療法的な事をしつつ、タイミングをみて性交渉をするという日々でした。子宝の湯や、子宝神社、お守り、妊娠体操等々、オカルト的なものにも頼りながらの2年間でしたが、結局、結果を出せませんでした。

「もう、人工授精しかないんじゃないかな? 本当に、ゴメンね……」
私は、自分の自尊心や存在意義などに自信を失いながらも、景子にそんな提案をしました。
『……それはダメ……。絶対にダメ……。平気だよ、きっと、授かれるよ。そんなに落ち込まないで。ほら、きっと今日は大丈夫だよ』
そう言って、景子は私に抱きついてキスをしてきました。景子は、私を興奮させるために、積極的に愛撫をしてくれます。男性が興奮状態の方が、元気の良い精子が出てくる……。そんな、根拠も何もないことを信じているようです。

景子の舌が私の乳首を這い回り、そのまま手でペニスをしごき始めると、一気に私の興奮が高まっていきます。景子は2年間の妊活で、性戯のテクニックが飛躍的に上昇しました。

景子が私のペニスをくわえてフェラチオを開始すると、すぐに舌がカリ首の周りに巻き付いてきて、すでに勃起していたペニスがより固くなっていきます。私のペニスを口で責め立てながら、指で睾丸や乳首も愛撫してくれます。私は、我慢しきれずに景子に覆いかぶさりました。
『アン。すごく固いよ。あなた、愛してます』
景子は、嬉しそうにあえぎ始めました。私は、キスをしながら腰を振り続けますが、1分ももたずに射精感が限界になってきました。

「ご、ごめん、もう出る」
私は、申し訳ない気持ちになりながらうめくように言うと、
『イッて! 奥にっ! なるべく奥に出してっ!』
と、景子は腰を持ち上げ気味にしながら言います。いつものことですが、少しでも奥に、そして、注いだものがすぐに流れ出ないようにという工夫なのだと思います。私は、もう少し自分のペニスが長ければいいのになと思いながら、目一杯腰を押し込みながら射精を開始しました。

景子は、すぐにベッドサイドテーブルからタンポンを取り出すと、慣れた動きでそれを膣に押し込みます。少しでも妊娠する確率が高くなるようにと、景子が思いついてやっていることです。そして、クッションを二段重ねにすると、そこにお尻を乗せるようにして仰向けで寝転びました。すると、腰の位置が高くなり、なおかつ膣が上を向くような体勢になるので、より奥へと精子が流れ込んでいくはずです。
景子は、そんな体勢のまま、
『きっと大丈夫だよ。授かれるよ』
と、微笑みながら言ってきました。でも、今回もやっぱり無理でした……。

そんな苦しい生活をしている中、夏休みが来ました。久しぶりに私の実家に帰りがてら、墓参りや観光をしようということになりました。あまり実家に行くのは好きではないのですが、今回は景子が積極的に段取りをしてくれたこともあり、10日ほど滞在することにしました。

車なら2時間もかからない場所にある実家ですが、なかなか子供が授かれないこと、そして、兄がいることもあって足が遠のきがちです。兄は悪い人間ではないのですが、いわゆるオタクというか、人との関わりが苦手なタイプで、趣味にこもる感じの男です。結婚もしていませんし、そもそも、女性と付き合ったことすらありません。
一家の恥……とまでは言うつもりはありませんが、なるべく景子に会わせたくないと思っているのは事実です。

でも、景子は兄に悪い感情は持っていないようで、小太りな兄を、ぬいぐるみみたいだとか愛嬌があるとまで言っています。今回の里帰りでも、食事の時など、景子の方から積極的に話しかけているような感じでした。兄も、さすがにもう景子には慣れているのか、一見普通に会話しているような感じでした。

結婚もせずにフラフラして! と、私の両親が兄に小言のようなことを言っても、
『まだ焦る歳でもないですよね。きっと、良い出会いがありますよ』
と、景子がフォローするような感じでした。両親が寝た後、リビングで景子と少し晩酌をしている時、風呂上がりの兄が通りかかりました。
『お義兄さんもどうですか? まだ、寝るには早いですよね』
と、景子が声をかけました。景子は、風呂上がりに髪をアップにしていて、Tシャツに短パンというラフな格好です。いつもの風呂上がりと同じで、ブラもしていません。私は、そんな無防備な格好の景子が、兄を誘ったことが少しイヤでした。でも、どうせ一緒に飲まないだろうなとも思っていました。

「ハァ、じゃあ、少しだけ」
予想に反して、兄は景子の誘いに乗りました。私は、少し意外だなと思いながらも、ちょっとドキドキしていました。兄とは言え、他の男にこんなラフな格好の景子を見られるのは、正直イヤな気持ちでした。

『お義兄さん、けっこう強いですよね。どれくらい飲めるんですか?』
景子は、兄にビールを注ぎながらそんな質問をします。確かに、兄が酔っ払っているところは見た記憶がありません。でも、一緒に飲む機会自体がほとんどないので、当然とも言えます。

「う〜ん。わかんないなぁ。酔っ払うまで飲んだことないし」
兄はそう言いながら、グラスのビールを空にしました。
『すご〜い。お義兄さん、格好いいですね』
景子は、そんな風に兄を褒めます。たぶん、本気で言っているような感じです。兄は、ビールのせいか照れのせいかわかりませんが、頬を赤くしています。

『お義兄さんって、彼女作ったことあるんですか?』
景子も酔っ払っているのか、タブー的なことを聞きます。兄に、彼女なんて出来るはずもないので、聞いてはいけない話題の一つだと思います。
「いや、ないよ。俺なんて、相手にされるわけないじゃん」
兄は、そんな事を言います。少し寂しそうにも見えます。
『そんなことないですよ。お義兄さん、優しいしお酒強いし、素敵だと思いますよ』
景子は、からかっているような感じはないです。
「そ、そんな事ないって」
兄も、リアクションに困っています。たぶん、女性にそんな事を言われた事はないのだと思います。
『じゃあ、もしかして、まだエッチしたことないんですか?』
景子は、そんな質問をしました。
「な、ないよ。あるわけないじゃん」
兄は、少しムッとした感じの顔で言います。でも、景子はおかまいなしに、
『風俗とかもないんですか?』
と、さらに突っ込んだ話をします。
「ないよ。そんな所、行くわけないじゃん」
『どうしてですか?』
「だって、お金でどうとかって、むなしいじゃん」
兄は、いたってまっとうなことを言いました。私は、かなり意外でした。きっと、風俗には行きまくっているのだろうなと、勝手に決めつけていました。
『そうですよね。お義兄さん、真面目ですね。なんか、素敵です』
景子は、酔いのせいもあるのかもしれませんが、そんな事を言いました。
「あ、ありがとう……」
兄も、困ったような顔です。
『私で良ければ、お相手しましょうか?』
景子は、いきなりぶっ飛んだことを言い出しました。
「な、なにいってんの! からかっちゃダメだよ」
兄は、耳まで真っ赤にして言いました。
『からかってないですよ。本気です。私なんかじゃ、ダメですか?』
景子は、真顔で言いました。私は、判断に迷ってしまいました。景子は、冗談で言っているはずだ……でも、冗談にしては真剣な顔過ぎる……。

「そ、そんなことないけど……」
『じゃあ、決まりですね。じゃあ、お義兄さんの部屋行きましょう!』
元気いっぱいで言う景子。兄は、困り切った顔で私を見ます。
「光治、景子さんどうしたの? ドッキリ?」
兄は、半分パニクっています。私は、どう答えて良いのかわからず、景子のことを見ました。

『いいよね? お義兄さんだったら、イヤじゃないでしょ?』
景子は、私に真顔で言います。
「な、なに言ってんの! イヤとかそういう問題じゃなくて、そんなのダメでしょ」
私は、声が裏返り気味でした。
『どうして? 経験すれば、お義兄さんも自信つくでしょ? そしたら、きっと彼女も出来るし、結婚も近いんじゃない? それくらいのお手伝い、してもいいんじゃない?』
「い、いや、そんなの普通じゃないって! 風俗とかでもいいんじゃないの?」
私もパニックになってきました。どうやら、景子は冗談で言っているわけではないようです。
『ダメだよ。風俗なんて、病気も怖いでしょ? それに、ハマっちゃったらどうするの?』
嫁は、もっともなことを言いました。私は、言葉を失ってしまいました。すると、景子はスッと立ち上がり、戸惑っている兄の腕を掴んで強引に立たせました。そして、そのまま引っ張っていきます。

兄の部屋は、趣味のアニメや映画を観るため、簡易的ではありますが防音仕様になっています。ですので、なにをしていても両親に声が聞こえたりすることはないと思います。でも、私は心の整理なんてつくはずもなく、
「ちょっ、ちょっと、ダメだって、冗談きついって!」
と、景子をとめようとしました。でも、景子は黙って兄の部屋を目指します。そして、兄も無言で歩き続けます。私の方を見ることもなく、緊張した顔で歩き続けています。

そして、兄の部屋に入ると、アニメやアイドルのポスターが貼ってあったり、フィギュアが飾ってあったり、典型的なオタクの部屋という感じです。でも、意外に小綺麗になっていて、ゴミ一つ落ちていません。
『へぇ、綺麗にしてるんですね。これ、可愛いですね。でも、おっぱいこぼれちゃいそう』
景子は、フィギュアを見ながらそんな事を言います。確かに、露出過多なフィギュアも多く、キモオタコレクションという感じがします。でも、景子は嫌悪感を持っている気配もないです。

景子は兄をベッドに座らせると、自分も横に座りました。そして、私の方を見ると、
『あなた、見るの? なんか、恥ずかしいな……』
景子は、頬を赤くしながら言います。私は、景子にそんな事を言われて、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました。でも、理由はわかりませんが、さっきから私は興奮していました。景子を兄に抱かせる……。そんなシチュエーションは想像したこともありませんでした。でも、自分以外の男性に景子が裸体をさらし、あまつさえ抱かれてしまう……。そう思った途端、今まで感じたことない景子への執着を感じ、それがそのまま興奮に変わってしまったような感じがしました。

「景子さん本気なの? 俺、さっきも言ったけど、経験ないから……」
兄は、私の妻を寝取るということに抵抗を感じているのではなく、単に自分が童貞なのに良いのかな? と、思っているようでした。
『全然平気ですよ。お義兄さんが変わるきっかけになれたら嬉しいですし、私も、一度は童貞の人とエッチしてみたいって思ってたんです』
景子は、そんな事を言いました。確かに、景子と初めて結ばれた時、私は童貞ではありませんでした。でも、景子も処女ではありませんでした。私は、景子がどこまで本気で言っているのかわからず、戸惑うばかりです。
「じゃあ、どうすればいいのかな?」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


8月22日新作アップしました ブロマガコンテンツ更新案内

すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

[ 2017/08/22 23:19 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

変態のイケメンと友人だと女に困らない

寝取られっていう言葉をネットで初めて知った。
まさに友人Aがそれ。
こいつは自分の彼女を他人に抱かせて喜びを得る変態君。
でもこいつのおかげで、モテない俺は何人もお世話してもらってる。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

旦那の上司に月イチくらいで生入れされてる

638 なまえを挿れて。 2012/05/28(月) 19:19:01.66 ID:w6WnchB/O
旦那の上司に月一くらいで抱かれてる…
完璧に肉便器扱いです。
最近ナマでやりたいとか中出ししたいって言われる。
ゴムつけないで入れようとしてくる…でも抵抗できない。

639 なまえを挿れて。[sage] 2012/05/28(月) 20:36:59.54 ID:yvULfpYu0
>>638
なれそめをkwsk
640 なまえを挿れて。[sage] 2012/05/28(月) 21:38:57.21 ID:w6WnchB/O
>>639
私・24歳(子供なし・結婚2年目)
旦那・29歳
旦那の上司(Aさん)・36歳(既婚)

去年末に旦那が仕事中に事故にあって、
幸い命に別状はなかったのですが
3週間入院することになりました。
Aさんは毎日のようにお見舞いに来てくれ、
旦那が入院して1週間ほど経った日の夜、
雪が降ってたので車で家まで送ってもらいました。


【続きを読む】
[ 2017/08/22 21:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

出会い系で知り合った少しガッカリな年上男性に

去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。
その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。
主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。
私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。
その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待
でいっぱいで、彼に会いに行きました。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 19:04 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

仕事で疲れ切った妹にエロマッサージした

去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。
そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。
そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~新人は色々やることがあって、覚える事もあって大変なのらぁ」と人の枕に顔を埋めて、そのまま寝てしまいそうな勢いだった。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 17:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

修道院で出会った現実離れして美しい女性

中学2年のGWに体験した話。
旅行で九州地方の温泉地を訪れた際、ある修道院を見学しました。

その夜の事。
旅館で寝ていると、部屋の入り口の戸を開ける音がしたので目が覚めました。



【続きを読む】
[ 2017/08/22 14:00 ] 男性の体験談 アブノーマル 男性 | TB(0) | CM(-)

※自慢の嫁が、俺の借金をお口で返してくれた

「もう、100万くらい行ってるんじゃね?」
祐介があきれたような顔で言った。祐介は、俺の大学のときからの友達で、社会人になった今も親友だ。
「いや、89万5千円だよ。ていうか、また上手くなってないか?」
俺は、スマホのメモアプリを見ながら答えた。祐介とは、大学の頃からビリヤードをよくやった。そして、毎回賭けで勝負をしているが、実際にお金のやりとりはなく、こうやって数字上の金額だけを記録し続けている感じだ。

それにしても、俺もいい負けっぷりだと思う。一勝負500円程度の賭けで、ここまで負けが貯まってしまうということは、俺にはビリヤードの素質はないのかも知れない。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 12:10 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

バツイチ二児の子持ちの幼馴染みと久しぶりに再会したら

オレは大学を卒業し、そのまま都会で就職したのだが、家の仕事を継ぐ為、久しぶりに地元へもどってきた。ある日コンビニで買い物をしていると「○○君?」と声をかけられた。

振り向くとそこには小学生の頃からの幼なじみのアユミが立っていた。下を見るとベビーカーが。結婚の報告は聞いていたが子供がいる事は知らなかった。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 10:00 ] 男性の体験談 身近な女性との体験 | TB(0) | CM(-)

嫁を会社の後輩に抱かせようかと思っていたら、先に部長にやられた

163 :えっちな18禁さん :2014/07/25(金) 02:08:44.29
嫁に可愛いよって言うのが恥ずかしくて、
いつも後輩がお前のこと可愛いかわいいって言ってるぞって言って、
嫁が喜んでる姿見てこっちもほっこりしてたんだけど
嫁がその後輩に興味を持ち始めて若干複雑な心境。

【続きを読む】
[ 2017/08/22 08:08 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

痴漢で感じすぎたJKの私

高校生の時です。 長くてすみません・・・

朝、駅のホームでいつもみたいに並んでたんです。
後ろの人やけに息が荒いなあ、とか思いながらメールしてたの。 
で、電車に乗ろうとした瞬間、その人にぴたっとくっつかれ、 
人込みの波にまぎれてすごい勢いで押され、 
車両の角に押し付けられてしまいました。

私はいつも最後尾の車両で、車掌室との間の壁に 
寄りかかるようにしてるんだけど、それを知ってたみたいなんです。

電車が動き始める。かなり混んでいる。 
その人は体の前に両手でカバンを持ってるみたい。 
こぶしのごつごつしてるところが私のおしりにあたる。
 
いつもなら、咳払いをしたり、カラダをずらしたり 
するんだけど、そのときはなんか違う気分だったの・・・。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 22:00 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

男性経験が夫しか無いことを相談してきた人妻のリエちゃん

ネットで出会った人妻のリエの話。
メールで仲良くなって相談を受けるようになった。
まぁエロい感じではなくて悩み相談みたいな感じ。

【続きを読む】

※友達の爆乳でお姉さんみたいな母親を、弱みを握って脅した

僕には、小学生の頃からの友達がいる。タカシという名前で、僕とはそれなりに気が合う。でも、凄く気が合うかというと、そういうわけでもないし、共通の趣味があったりするわけでもない。
それでも、中学3年の今に至るまでずっとつるんでいるのは、他に理由があったからだ。

それは、タカシのお母さんだ。初めてタカシの家に遊びに行ったときに、タカシのお母さんの結衣さんと初めて出会い、僕は一目惚れみたいな感じになってしまった。

結衣さんと最初に挨拶をしたとき、僕はタカシのお姉さんだと思った。実際は、その時結衣さんは29歳だったので、おばさんと言えばおばさんな年齢だった。僕が初めて会ったのは、5年生の時だったので、結衣さんは18歳の時にタカシを産んだという事になる。

【続きを読む】

母と妹と僕とワイン

僕の母さんは今年34になります。1月16日が誕生日だったので僕はプレゼントを買って帰りました。
親父が今は福岡にいるので、家には僕と妹の江美と母さんの3人だけです。
母さんはワインが好きなので、そんなに高くはないですが3千円のワインとケーキを買って帰りました。


【続きを読む】
[ 2017/08/21 17:29 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

友達にビデオで見た黒人のアレの話をした結果

美保は先日学生時代から付合っていた亮と別れをとげた。
 亮は短大に入学してから、今現在美保が保母の職業につくまでの2年と少し付合った相手で、美保の初めての交際相手であり、始めてSEXした相手でもある。
 最近は社会人になった美保が大学生の亮を幼く感じていたのは確かだが、それは別れの直接の原因では無かった、別れの原因はそれとは関係の無いところで美保に新しい恋人いや、パートナーができたからである。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 14:48 ] 女性の体験談 外国人男性との体験 | TB(0) | CM(-)

エロい格好でやってくる先輩の彼女のアナルを奪いました

大学時代のことです、もうだいぶ昔。同好会の集まりにあるときから先輩の一人が恋人を連れてくるようになりました。美人と言うより色っぽい女性でした。レースのワンピースを着てくるのですが、ブラジャーをつけないで皆の前に現れるのです。勿論乳首のところには刺繍があって直接見えるわけではないのですが、学生時代の若い自分には充分悩殺的でした。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 12:19 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

10歳下の姪の美香

10歳下の姪が就職することになり、近くに越してきた。
おじさん(俺)が近くにいるからいざというときは頼りになるから、という理由で兄夫婦もOKしたのだが、
実は、俺と姪は兄夫婦も知らない秘密があった。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 10:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

※友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園(転載禁止)

『あなた、ネクタイ曲がってるよ。はい、これでOK』
香織は、夫の孝治のネクタイを直しながら微笑みかける。
「ありがとう。今日はそんなに遅くならないはずだから、どこか食べに行こうか?」
孝治は、最近仕事が忙しくて帰りの遅い日が続いていたことを気にして、そんな事を言う。
『本当に? 嬉しい! じゃあ、久しぶりにフォーでも食べに行く?』
香織は、嬉しそうな顔で孝治に提案した。結婚する前からよく食べに行っていたアジアンバルの事だ。ベトナム、タイ、インドなどの料理が食べられる店で、ほとんどローカライズされていない味が評判の店だ。クセがある味だが、ハマると通ってしまうようになる。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 08:26 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

姉の下着をはく生活を1年以上続けています

姉貴のショーツを履く生活になって1年弱。
それに姉貴とセックスするようになって半年以上。
姉貴と俺は都内の某マンションで共同生活(性活?)してる。
実家は九州の田舎だ。
俺は23歳。姉貴27歳。どっちもカレシ、カノジョなし。

【続きを読む】
[ 2017/08/21 08:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

骨折で入院したら、2年も病院にいる17歳と

318 名前: さすらいびと [sage] 投稿日: 2011/06/21(火) 08:07:30.82 ID:5XePmkvtO
高校2年の時、1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、とある病院に入院した時の話。

需要ある?


321 名前: さすらいびと [sage] 投稿日: 2011/06/21(火) 19:03:04.75 ID:5XePmkvtO
それじゃあ…
 
 
…俺が入院した時にある噂がその病院に流れていた。
見た目悪いトコないのになぜか退院せずに2年も病院に居座る女がいるらしい。

彼女の年齢は17才。身寄りがないため、児童保護?かなんかで療養として入院している。
スタイル良く胸も大きい伸びきった髪をかきあげる姿は病院の浴衣のせいもあり、妙に色っぽかった。


322 名前: さすらいびと [sage] 投稿日: 2011/06/21(火) 19:10:16.03 ID:5XePmkvtO
俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで自由な入院生活をしていた。

そんなある日、談話室の自販機にでジュースを買っていると、後ろから例の彼女に話しかけられた。

他愛ない話。学校何処?とか彼女いる?とか。

良く覚えてるのは浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。綺麗な胸してた…やらしい丸みをおびててね。

そんな彼女は良く夜眠れなくて一階…病院の外来の待合室でテレビみたりしてるらしい。“夜、一緒に話したいから11時に降りて来て”と、約束をした。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 22:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

妻と不倫相手の奴隷になった私

妻は38歳、とてもスレンダーで若く見える。
生保の営業をやってる妻はいつも8時ごろ帰宅の準備をする。
たまたま自分の仕事の関係で近くを通ったんで、ついでに迎えて
一緒に帰ろうかと思い、妻の会社まで行ったら、
ちょうど事務所の明かりが消えたところだった。
もういないのかな? と思って、出口の方に目をやると、
妻が40歳ぐらいの渋い男性と出て来たところだった。
すぐに声を掛けて見ようとすると、なにやら二人の様子がおかしい。
手をつないでいたのだ。


【続きを読む】
[ 2017/08/20 21:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

EDになった僕が、友人に妻を抱かせる事になった

僕37歳、妻(Y美)27歳の子供なしの夫婦です。僕はEDで、妻を他人に抱かせる結果となった。
それまで、Y美と何回も話し合った。そして、僕とY美の共通の友人Sを選んだ。

当日、Sは何も知らずに我が家に来て、夕食を共にした。程なくして僕が切り出した。
僕 『実はさ… 聞いてほしい事があるんだ…』

【続きを読む】
[ 2017/08/20 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

専業主婦の恵理子と犬のケンタ

黒いロングヘアー、ファッションモデルのようなすらりとしたプロポーション、眼鏡をかけたその顔は理知的で、どこか、大学の講師を思わせる。赤塚恵理子は35歳になっていた。
赤塚恵理子は郊外の一軒家に夫と15歳になる娘の沙樹、とともに専業主婦として暮らしていた。傍から見れば、普通の幸せな家族、確かにそうだった。恵理子は夫にとっての理想の妻になろうと、娘にとっての理想の母親になろうとずっと努力してきていた。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 17:16 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)

妻の友達家族といった温泉旅行

妻の友達家族といった温泉旅行の話をします。
妻”ミユキ”は最近スイミングスクールに通い始め、誘われたのはそこで友達になったご夫婦からだそうです。
妻の話だと以前から温泉旅行は数家族で行ってるみたいで、当番制で1家族が子供達の面倒を残ってみて温泉旅行に行くのは残りの家族で夫婦水入らずというものでした。
私達家族は初参加という事でもあり、居残り組みから外され、久しぶりの夫婦旅行という事もあり参加をOKしました。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 14:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

※EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩

『あなた、今晩久しぶりにどうですか? 今日は2人ともいないでしょ?』
夕食後、妻の里美が恥ずかしそうに言ってきた。今日は、息子達二人はテニススクールの合宿でいない。里美は、顔を赤くしてモジモジと誘ってくる。恥ずかしがり屋な里美は、まるで少女のようにはにかんでいた。

子供2人を産んで、もう30代半ばになったのに、童顔と肌の美しさのおかげか、まだ20代に見える。もちろん、夫のひいき目もあると思うが、子供が2人いると言うとまず間違いなく驚かれる。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

童貞狩りにプールへ行くビッチ二人

月の下旬にお休みを取って、真理と二人で少し離れた遊園地のプールへ行きました。
その頃は彼が長期出張で二人共、欲求不満な状態が続いていました。
それで、二人でプールでプレイしようという事になりました。

私が以前に名古屋であった事を話したら、真理が凄く興奮して「童貞狩りをしてみたい」と言い出しました。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 10:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

息子と混浴温泉に入ったら人妻さんがいて、ムスコがお世話になりました完【転載禁止】

私は、セーラー服姿の夕子さんと夢中でキスを続けました。私の耳には、夕子さんの名前をうめくように呼ぶ旦那さんの声が聞こえています。チラッと旦那さんの方を見ると、彼はオナニーを開始していました。

夕子さんが元カレとエッチする姿を見たい……。それは、いわゆる寝取られ性癖というヤツだと思います。私は、40過ぎの夕子さんのセーラー服姿に、もの凄く興奮しながらも、いいのかな? と思っていました。

『なお君、いつもみたいにおっぱい舐めて欲しいな』
夕子さんは、元カレの名前で私を呼びながら、甘えた声でおねだりをします。私は、彼女のセーラー服の上着をまくり上げ、ピンク色の可愛らしいブラジャーを下に引き下ろしました。ブラをしたままおっぱいが丸見えになる夕子さん。

張りがあって大きなおっぱいですが、多少垂れていますし、乳首も大きめで色素沈着もあります。女子校生のおっぱい……と言うには無理があります。でも、私はそのギャップがたまらなくイヤらしいと感じます。

『なお君、恥ずかしいよ、そんなに見ないで』
可愛らしく胸を腕で隠す夕子さん。昨日は淫乱な痴女というような感じだったのに、今はまるで恥じらう少女のような仕草だ。役に入り込む役者さんみたいだ。

「綺麗だよ。夕子、愛してる」
そう言って、私は彼女の腕を外し、乳首に舌を這わせました。すでにカチカチになっている乳首に舌が触れると、夕子さんは身体をビクッと震わせます。
『なお君、気持ち良い。もっとして、愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、そんな事を言ってきます。夕子さんが愛しているとい言うと、旦那さんはうめき声をあげます。旦那さんに見られながら、その奥さんの乳首を舐めるのは、ものすごく背徳感があります。いいのかな? と、思いながらも、異常なシチュエーションに興奮がどんどん大きくなります。

私は、指でも夕子さんの乳首を責めていき、ギュッとつまんだり、歯でも噛んだりします。
『うぅあっ、気持ち良いっ。なお君すごく気持ち良いっ! なお君、愛してる。大好きだよ』
夕子さんは、演技というよりは、昔に戻ってしまったような感じです。私は、乳首を責めながら、彼女のスカートの中に手を滑り込ませてました。そして、ショーツの上からアソコを触り始めると、すでにグチョグチョに濡れてしまっています。
「夕子はワルい子だね。こんなに濡らしちゃって、エッチな子だ」
私は、夕子さんの彼氏というノリで責め続けていきます。
『ごめんなさい。だって、なお君に触られるだけで気持ち良いから……。エッチな夕子に、お仕置きして下さい』
夕子さんは、興奮した顔でそんな事を言いました。私は、一気に彼女のショーツを引き下げ、ツルツルのパイパンをあらわにしました。

これだけ明るい照明の下で見ると、陰唇も多少肥大していて、色素も沈着しています。でも、私はむしゃぶりつくように舐め始めました。大ぶりなクリトリスはすでに包皮が剥けて剥き出しです。私の舌が触れると、
『っぁっ、気持ち良いっ、もっと、もっと舐めてっ。なお君、気持ち良いっ』
と、夕子さんはとろけた声を上げ続けます。すると、旦那さんが強めにうめき声をあげました。チラッと彼を見ると、彼は射精をしていました。自分の奥さんが他の男にクンニされているのを見て、こんなに早く果ててしまう彼……。でも、そのままオナニーを継続しているようです。どれだけ興奮しているんだろう? と、驚いてしまいます。

すると、夕子さんがググッと体勢を変えながら私の股間をまさぐってきました。
『なお君の、大っきくなってる。今度は私がするね』
夕子さんは可愛らしく言うと、私のペニスを剥き出しにしていきます。
『ふふ。なお君のおちんちん、やっぱり大きいね。大っきいおちんちん、大好きだよ。今日も、いっぱい奥までイジメてね』
夕子さんは、大きいという言葉を強調しながら言います。すると、旦那さんのうめき声が大きくなりました。
「夕子……。あぁ、そんなに大きいのがいいのか……」
悲しそうな声で言う旦那さん。確かに、旦那さんのペニスは見てわかるほど短小です。私のペニスが標準より大きめなのに対して、明らかに平均値以下に見えます。

夕子さんは、私のペニスをくわえてフェラチオを開始しました。
『やっぱり大きい。ごめんね、歯が当たっちゃうね』
そんな事を言いながら、フェラチオを続ける彼女。私は、優越感を感じながらも、やり過ぎなんじゃないかな? と、心配も大きくなります。

『あぁ、素敵。本当に固くて大きい……。男らしくて逞しいよ。愛してる。なお君も、なお君のおちんちんも大好きだよ』
夕子さんは、さらに旦那さんを煽るような事を言い続けます。夕子さんは、言っている内容とは違い、下手くそではなく巧みなフェラを続けます。カリ首を夕子さんの舌が這い回るたび、射精感がどんどん高まっていきます。私は、彼女のアソコに手を伸ばしていきます。そして、指を彼女の膣中に挿入して、Gスポットを意識しながらこすり始めると、
『ンッ! ン〜っ! ンッふぅ』
と、フェラチオしながらあえぎ続ける夕子さん。膣が強烈に締まってきて、指が痛いくらいです。そして、降りてきている子宮に指が触れる度、夕子さんは身体をビクンと跳ねさせます。

『なお君、もう我慢出来ないよ。入れて。この大っきなおちんちん、エッチな夕子に入れて下さい』
夕子さんは切なげな声を上げます。私は、すぐに彼女に覆いかぶさっていきます。セーラー服姿の彼女を押し倒すと、一瞬、いけないことをしている感覚になります。そして、ペニスを彼女の膣口に押し当てていき、
「コンドームはしなくてもいいんだよね?」
と、あえて聞きました。もう、何度も中に出していますし、彼女が避妊手術をしているのも聞いています。それでも、旦那さんが望んでいるんだろうなと思い、あえて聞いてみました。


『うん。安全日だから大丈夫だよ。なお君の、直接感じたいの』
夕子さんは、そんな事を言いました。私は、旦那さんの視線を痛いほど感じながら、生のペニスを夕子さんの膣中に押し込んでいきました。絡みついてくる膣肉の感触と、経産婦なのに痛いくらい締めてくる圧力に、私は軽くうめき声を漏らします。
『あぁ、なお君の入ってきたぁ。愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、目を潤ませながら言います。もしかして、本当に当時のことを思い出しているのかな? と、感じてしまいました。

そして、私は腰を動かし始めました。さすがに昨日から射精し続けているので、私にもまだ余裕があります。私は、イッてしまうのを心配せずに腰を動かし続けます。

『あっ、あっ、気持ち良いっ、奥まで当たってるよ、なお君のおちんちん、夕子の一番奥に届いてるっ』
夕子さんは、気持ちよさそうに声を出します。その言葉を聞き、旦那さんはうめきっぱなしです。チラッと見ると、彼はすごい勢いでオナニーをしていました。私には理解出来ないなと思いながらも、夕子さんが旦那さんを煽るような言葉を言って興奮させているのを見て、これも一つの愛の形なのかな? と、思うようになっていました。

「夕子、愛してる。すごく子宮が降りてきてるよ。そんなに気持ち良いの? そんなに妊娠したいの?」
私も、旦那さんが興奮するだろうなと思うワードを口にしました。
『気持ち良いっ! なお君の赤ちゃん、欲しいっ! 妊娠したいのっ! なお君、愛してるっ! 妊娠させてぇ』
夕子さんは、うわずった声で言います。芝居じみたことばかり言っていますが、本当に感じているようです。

「夕子、自分でクリトリス触ってごらん」
私は、夕子さんにそんな指示をしました。すると、夕子さんは一瞬ニヤッとした顔になり、すぐにクリトリスをまさぐり始めました。正常位で責められながら、自らクリトリスをまさぐる夕子さん……。卑猥の一言です。

『気持ち良いっ! なお君ダメぇ、イッちゃうっ、夕子イッちゃうよ。いい? イッてもいい?』
すごい勢いでクリトリスをまさぐりながら、夕子さんはそんな許可を求めています。顔が快感に歪み、初々しい女子校生という感じは消えてなくなりました。私は、夕子さんのイヤらしい姿に興奮し、さらに腰を強く振っていきます。
「まだダメだよ。イク時は一緒だから。いっぱい中に出すからね!」
私は、そんな事を口走りながら腰の動きを早めていきました。すると、夕子さんが私の乳首を舐めてきます。身体を折り曲げ、私の乳首に吸い付くようにしながら舐める彼女。でも、クリトリスはまさぐり続けたままです。

私は一気に射精感が大きくなり、限界が来てしまいました。
「夕子、ダメだ、もうイクッ、一緒にっ!」
私がうめくように言うと、
『イッてっ! 中に欲しいっ! 愛してるっ! うぅああぁっ、イッくっ! イクッ! イッグゥッ!!』
と、脚をピンと伸ばしながらのけ反りました。私は、思い切り彼女の膣奥に射精しながら、彼女にキスをしていました。快感と背徳感でゾクゾクッとしている私の耳に、旦那さんのうめき声が聞こえて来ました。見なくても、射精しているんだろうなとわかります。

『ふふ。いっぱい出したね。気持ち良かった?』
夕子さんは、女子校生モードをやめて、妖艶な笑みを浮かべながら言います。私は、気持ち良すぎて言葉もなく、ただうなずきました。

『あなた、興奮してくれましたか?』
私と繋がったまま、そんな質問をする夕子さん。旦那さんも、言葉もなくうなずくだけです。

『あなた、もっと近くに来て下さいね』
そう言って、旦那さんを招き寄せる夕子さん。旦那さんは、言われるままに夕子さんのすぐ近くまで移動しました。旦那さんの息遣いは荒く、まだ興奮状態なのがわかります。すると、
『見てて下さいね。今、この大っきなおちんちん抜きますから』
と、私に目配せをしながら言う夕子さん。私は、すぐにペニスを抜きました。すると、穴が空いたようになっている膣口から、私のザーメンが流れ出ていきます。何度も射精した割にかなりの量が出たようで、自分でも驚くほどザーメンが流れてきます。

「あぁ、夕子……すごい……」
旦那さんは、自分の奥さんの膣から流れ出る他人のザーメンを見て、興奮の極地にいるような顔になっています。寝取られ性癖も、ここまで極まってしまうと怖いなと思ってしまいます。

『あなた、こんなに濃いの出されちゃったら、妊娠しちゃうわ。お願いしますね』
夕子さんはそんな事を言います。すると、旦那さんは快感に震えるような顔で、夕子さんのアソコに顔を近づけていきました。私は、えっ!? と、声が出てしまいました。でも、旦那さんはかまわずに彼女のアソコに口をつけ、私のザーメンを吸い取り始めました。

『そう……もっと吸わないと……。また妊娠しちゃうわ』
夕子さんは、そんな事を言います。避妊手術をしたというのは、ウソだったのだろうか? 私は、そんな不安に襲われ始めました。旦那さんは、音を立てながら私のザーメンを吸い取り続けます。私は、優しげな顔金持ちの男性だと持っていた彼が、こんな寝取られマゾだと知って、本当に驚いていました。

『そうよ、もっと……すって……』
夕子さんは、興奮しきった顔でそんな事を言います。

『ザーメン、飲ませて……。若返るから』
すると、旦那さんが夕子さんにキスをして、口の中の私のザーメンを移動させていきます。夕子さんは、それをゴクゴクと飲み干しながら、旦那さんのペニスを指でもてあそび始めました。

『ふふ。ごちそうさま。あなた、もう固くなってますね。あんなに出したのに、まだ足りませんか?』
妖艶としか言えない顔で言う夕子さん。旦那さんは、興奮しきった顔で何度もうなずきました。夕子さんは、私の目の前で旦那さんにフェラチオし始めました。

『ふふ。こんなに固くなったの、いつ以来かしら?』
夕子さんは嬉しそうに言いながら、旦那さんのペニスをフェラチオし続けます。近くでみると、旦那さんのペニスは小さくて細く、そして包茎でした。これでは、エッチな夕子さんは満足出来ないだろうな……そんなことを考えながら、目の前の夕子さんのお尻を眺めていました。
スカートがまくれ上がり、白いお尻が丸見えです。アソコと同じで、お尻の周辺にもまったくへアがありません。手入れが行き届いているのか、それとも、もともと生えてこないのかわかりませんが、毛がないだけですごく幼く見えますし、キレイだなと思います。

でも、よく見ると夕子さんのアナルは、キュッと引き締まった感じではなく、若干開き気味見えました。私は、夢中でフェラチオを続ける夕子さんに無断で、アナルに指を這わせてみました。

『あぁっ、ダメぇっ、お尻はダメっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


宅飲みで男2人女2人の飲み会したら短小バカにされた

サークルの友達との飲み会で

サークルの仲間4人で、俺の家で飲み会をした時の話。
メンバーは男2人女2人。

【続きを読む】
[ 2017/08/20 08:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー